女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

アコムに保証人は必要?

ローン組む時には通常、保証人または連帯保証人が必要になります。
万一お金を借りている債務者本人が様々な要因で返済できない状況に陥った時に、お金を貸している債権者は、この保証人に返済を要求して損害を被らないようにするためです。

 

しかし借り入れる金額の大小に関わらず、消費者金融のカードローンでは保証人が不要で申込めます。
もちろん、アコムも保証人や担保などがなくても申し込むことができるのです。
保証人を立てた方が審査に有利になると思うかもしれませんが、アコムには保証人のシステム自体がないので関係ありません。

 

アコムは保証人不要!お申込みはこちらからどうぞ

 

アコムのカードローンは保証人や担保不要で契約できる!

アコムで借り入れを申し込む時に必要なものは、基本的には本人確認書類のみの提出でOKです。

 

借入状況・希望限度額によっては収入証明書類が必要

今回の申し込みでの借り入れ限度額を50万円以上に設定する場合や、今回借り入れたい金額と他社から既に借り入ている金額の合計が100万円以上になる場合は、本人確認書類と併せて収入証明書類も提出する必要があります。
運転免許証等の本人確認書類と収入証明書類の提出で、収入や住所など必要な情報を把握できるので、一般的に借金をする時に必要な保証人、連帯保証人、担保、印鑑、通帳などは一切必要ありません。

 

ただし、返済を口座振替で行う場合には引き落とし口座がわかるものと口座届出印も必要になります。

 

<本人確認書類の例>
本人確認書類には、運転免許証等が必要になります。

  • 運転免許証

 

<収入証明書類の例>
以下の書類が期限切れだったり、記載内容と現時点で変更がある場合などは、十分な確認ができず、審査を通過できない可能性があります。
必ず最新のものを用意して提出するようにしてください。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 市民税・地方税税額決定通知書
  • 給与支払明細書(一番最近1ヶ月分)
  • 所得証明書
  • 課税通知書

 

 

保証人と連帯保証人の違いは何?

最近では、保証人よりも連帯保証人を必要とする場合が多くなっています。
保証人と連帯保証人はどちらも、お金を借りている本人である債務者が何らかの原因で返済できなくなった場合に、債務者に代わって返済をしなければいけないという点では同じです。
保証人は、債務者がどうしても返済できない場合にだけ代わりに返済をしなければいけないのに対し、連帯保証人は、債務者と全く同じ返済の義務を負うので、連帯保証人の方が保証人よりも責任が重大になります。
具体的な違いは、以下の3つです。

 

催告の抗弁権の有無

お金を貸している債権者が債務者の借金の返済を請求してきた場合に、保証人であれば債務者にまずは請求するよう主張することができます。
連帯保証人はそのような主張をすることができず、請求を受けた直後から返済の義務が発生します。

 

検索の抗弁権の有無

債務者に不動産や車などの資産があり返済能力があると認められるにもかかわらず返済を拒否している場合は、保証人であれば債権者に対して債務者の財産を強制執行するよう主張することができます。
連帯保証人はそのような主張をすることができず、債務者に返済能力があっても債権者に対して返済する義務があります。

 

分別の利益の有無

保証人、連帯保証人が複数いる場合、保証人であればその人数で割った金額を返済すればよいのですが、連帯保証人はそうとは限りません。
例えば、100万円の借金に5人の保証人がいた場合、保証人一人当たりが支払わなければならない金額は20万円で、その20万円を支払えば残りの4人が支払っていなくてもそれ以上の返済は求められません。
しかし、5人の連帯保証人の場合は、5人で合計100万円を返す義務があるだけで、一人当たりの上限がありません。
5人の内の一人で100万円全額の返済を負う場合もありえます。

 

 

保証人不要のアコムは自身の収入が申し込み条件

一般的なローンでは、返済が滞ったいざという時の場合に、保証人や担保、貯金などから返済が行われて債権者が損害を被らないようになっていますが、アコムでは保証人などが不要なため、申込者本人の収入のみが返済力を判定する材料になります。
以上のことから収入があることが申し込みの絶対条件となります。
言い換えれば、アコムでのキャッシングを申し込むには、安定した十分な収入がないかぎり却下になります。

 

保証人・担保不要だから学生、契約社員、フリーターも申込可

アコムの審査では、職種や就業形態については何ら問われないので、パート、アルバイト、契約社員の方でも収入が安定していれば大丈夫です。

 

ただし、学生の場合は以下の点に注意してください。

  • 収入があっても未成年は申込不可
  • 仕送りやお小遣いなどは収入とはみなされない

 

収入なしの専業主婦は申込不可

アコムの申し込みは上述の通り、保証人や担保などは不要で、本人の収入のみで返済力の有無が問われます。
また、アコムでは旦那さんの年収の1/3までが借りられるという配偶者貸付は扱っていないため、無職で収入のない専業主婦の女性は、残念ながら申し込むことはできません。

 

 

アコムは保証人不要だから周りに内緒で借りられる

お金を借りたいということは他人にはなるべく知られたくないですが、保証人不要のアコムなら、自分一人の審査でOKなので、家族や親族、友人など周りに知られず申し込み、契約ができ安心です。
ただし、派遣会社在籍ではなく個人でやっている家庭教師など勤務先が一定でない仕事に就いている方で、就労、収入の証明書類の入手が難しい場合は、作業先に電話確認がいく場合もあります。

 

収入なし・高額融資希望でも保証人はたてられない!

申込者本人に収入がない場合や、年収の1/3である総量規制以上の融資可能を求める場合など、保証人を立てて借入可能額を上げたい、審査を有利にしたいと思うかもしれません。
しかし、アコムには保証人のシステム自体がないので、保証人を立てることはできません。

 

 

アコムなどの消費者金融は保証人無しだから金利は高め?

アコムやアイフルなど消費者金融のローンの金利はほとんどが上限18%ほどに設定されていて、銀行などのローンの金利に比べると高めです。
金利を低くした方が利用者が増えて良いように思えますが、高金利には次のような理由があります。

 

審査が早くて簡単、来店不要で無人契約機で即日融資も可能と便利で利用者が多い消費者金融のローンですが、無担保無保証での貸付に信用が重要です。
そのため、消費者金融は貸し倒れで経営難にならないために金利を高くして一定の利益を確保する必要があるのです。

 

一方、保証人や担保を必要とするローンの場合は、申し込みと審査が複雑で時間がかかります。
万一返済が滞ったとしても、保証人に請求したり担保をお金に換えて回収することができるためリスクが低く、金利を高くしなくても一定の利益が見込まれると言えます。

 

銀行カードローンの審査には保証会社がある

銀行系カードローンを申し込む時も、保証人や担保が不要な場合が多いですが、その場合、保証会社によって返済が保証されるのが一般的です。

 

保証会社の保証があるので、銀行にとっては貸し付けたお金が回収出来ないというリスクはないのが特徴です。
銀行は保証会社に審査を依頼して、保証会社が申込者の収入や過去の借り入れ状況などを調査し、判断します。
保証会社はアコムやプロミスなど消費者金融会社であることが多いのですが、自社のローン審査よりも銀行カードローンの審査の場合の方が厳しく対応します。
これは申込者が万一返済ができなくなった場合に、代わりに銀行に対して返済をすることになるので当然です。

 

もし保証人・担保不要のカードキャッシングの返済ができないとどうなる?

もしも保証人や担保が不要のカードローンで、返済できなくなったとしたら一体どうなるのでしょうか。

 

万が一、返済が滞った場合、債権者から取り立てが行われます。
取り立ての方法に関しても、法律によって規制されているのでいきなり、自宅に押しかけてくるようなことはありません。

 

一般的には、まずは携帯などに返済の意志確認の連絡などがあります。
それでも、連絡が取れないとより連絡がつきやすい自宅などに電話や手紙が行く可能性が高まります。

 

返済は、今後の信用にも関わることなので、返済シミュレーションなどを利用してしっかりと計画を立てましょう。

 

アコムの保証人・連帯保証人まとめ

  • アコムは保証人や担保は不要
  • アコムの申込みには本人確認書類が必要
  • アコムの申込には安定した収入が必要
  • アコムは高額の借入をしたい時でも保証人は立てられない

 

アコムなどのカードキャッシングは、保証人や連帯保証人が不要なので、周りに知られずに申し込みをすることができます。
アコムの申込には、安定した収入が必要なので、自身に収入のない方の申込は不可です。
返済のこともしっかりと考えた上で、借入・返済を行うようにしましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る