フリーローンで低金利のところを比較検討してみた

何かを買う、催す等の目的で資金を借り入れたい。
そんな場合に利用出来るのが、フリーローンと呼ばれるものです。
フリーローンは様々な金融機関で取り扱っていますが、商品を選定する上で、まずは何を考えるべきでしょうか?

 

実は何を目的にローンをするかによって、フリーローンでも選ぶべき商品が異なります。
このページでは、フリーローンを組む上での選定方法や知ってて得する情報を皆さんへ発信したいと思います。

 

そもそもフリーローンとは?

そもそもフリーローンとは何ですか??

フリーローンとは素直に日本語に置き換えると、自由なローンという意味と捉えられがちですがフリーローンとは別の言い方をすると、多目的ローンと言われています。
つまり、フリーローンは、単に自由なローンではなく、目的別による多彩なローンという意味です。

 

フリーローンは、何かを買う、催す等、目的が明確な場合のローンであるため、目的がない場合は組めないケースが多いのです。
事業性資金を除いて原則使途が自由なカードローンとはその点で少し違うので、はっきりとした目的ながないケースでは審査に通らないことも考えられます。
ショッピングなどに利用する場合や少額融資を希望する場合なら、利便性の点からもカードローンの方が利用しやすいでしょう。

 

カードローンとの違いはなに??

フリーローンとは、目的に応じて一括で融資を受け、随時返済していきます。
カードローンとは、明確な目的はなく、上限融資限度額までの範囲なら自由に借入、返済が出来ます。

 

つまりカードローンは、限度額の範囲で返済と借入を繰り返し行うことができるのです。

生活資金、ショッピングならカードローンが便利

一定期間利息0円で便利なカードローン!

 

また、フリーローンを取り扱っている多くの金融機関は銀行です。
カードローンは銀行でも消費者金融でも、様々な金融機関で取り扱っています。

 

フリーローンを使ったほうがいい場合

フリーローンとは、目的が明確な事が前提にある事をご説明しました。
そして、その目的として、金融業者各社が特に大きく取り扱っている商品が次の様なものです。
・マイカーローン
・冠婚葬祭におけるローン
・海外旅行費のローン
他にも、家具などの購入、引っ越し、ライセンス取得など、様々な目的としたローンが展開されています。
この様に、特に明確な使用目的がある場合は、カードローンを利用するよりも、フリーローンを利用することで金利を低く抑えることができます。
また、車や住宅の購入はフリーローンでなくても、専用のローンもあるので併せて検討するのが良いでしょう。

 

フリーローンじゃなくてもいい場合

逆に、目的が明確ではなく、日常の生活費やちょっとした出費の穴埋めなどに利用する場合は、フリーローンではなく、カードローンを利用する方が良いでしょう。
カードローンなら、上限融資限度額までの範囲であれば、自由に出し入れが可能です。
何かの出費に備えて、1枚用意しておけば安心なローンと言えます。

金利が低いカードローン!担保なしですぐ借りれる

 

使えるフリーローンを選ぼう!

低金利のフリーローンを選ぶなら

では、何かの目的を持ってお金を借りる場合、
どの様な基準で金融業者を絞り込んでいくのがよいのでしょうか。
まず、鉄則と言える方法は、銀行を検討するという事です。
銀行であれば、お金を借りる場合も安心して借りる事が出来ます。

 

安心とはどういう事でしょうか?
これは、違法に運営している怪しい業者などの様に、借りた後、不当な請求などは一切なく、安心して借りられるという事です。
もちろん消費者金融でも大手消費者金融であればそのような心配はいりませんが、消費者金融からお金を借りることにあまり良くないイメージを持っている方も多いと思います。
一方、銀行なら絶対的な安心感があります。

 

銀行フリーローン比較

フリーローンを組むには銀行が一番良いという事が分かりました。
しかし、一言に銀行と言っても色々な銀行があります。大きく分けて、メガバンクと呼ばれる大手銀行、地元に密着した地方銀行、店舗を持たないネット銀行があります。
金利が低く抑えられると言う点では、どの銀行もほぼ共通して言える事ですが、それ以外の点で、色々な特色があります。

 

メガバンクの特色

貸付条件が厳しく、前年度の年収(200万円以上)や、
勤続年数(2年以上)という制約が多いため、簡単に借入れする事が出来ない。

 

地方銀行の特色

その銀行の営業エリアに住んでいるか、勤務していなければ対象者になれない。
また、その銀行の銀行口座を作る必要がある場合が多い。

 

ネット銀行の特色

ネット銀行は、店舗を持たずに、インターネットだけで運営している銀行で、
すべてのやり取りはネット、電話、郵送となる。
そのため、担当者と対面で直接相談する事が出来ず、メガバンクや地方銀行と比較し、自分で手続きを進めていかなければならない点で、面倒と感じる可能性がある。

 

メガバンクのフリーローン例

みずほ銀行

商品名称 みずほ銀行多目的ローン
金利 5.875%(変動金利方式)、6.550%(固定金利方式)
申込条件 20歳以上~66歳未満の方

勤続年数2年以上の方
前年度税込年収が200万円以上の方

限度額 300万円
期間 7年
特徴 住宅ローン利用者の方は金利優遇制度有。

3.375%(変動金利)、3.850% or 4.500%(固定金利)

 

三菱東京UFJ銀行

商品名称 ネットDE多目的ローン
金利 5.475%(変動金利)
申込条件 20歳以上~完済時が満70歳の誕生日までの方

勤続年数1年以上の方
前年度税込年収が200万円以上の方

限度額 300万円
期間 10年
特徴 最長10年という期間で返済が出来るため、余裕を持った返済計画が可能。

 

三井住友銀行

商品名称 フリーローン
金利 5.975%(変動金利)
申込条件 20歳以上~65歳以下の方

前年度税込年収が200万円以上の方

限度額 300万円
期間 10年
特徴 300万円を超える融資を希望する人は、有担保型のフリーローンも用意されており、

最高1億円までの借り入れが可能。

 

 

地方銀行のフリーローン例

スルガ銀行

商品名称 夢航路
金利 5.5%~14.9%
申込条件 20歳以上~70歳以下(77歳までに返済可能な方)
限度額 1,000万円
期間 10年
特徴 親孝行型と目的型で金利が変わる。

目的型の中でも様々なプランがあり、内容により金利が変動。

 

千葉銀行

商品名称 クイックパワー<アドバンス>
金利 1.7%~14.8%
申込条件 20歳以上~70歳未満

住まい、勤め先の所在地がちばぎん本支店の営業地域内にある方

限度額 最大800万円
期間 7年
特徴 トラベル、ブライダル、メモリアル、介護、医療など多種のローン有。

利用しやすいフリーローン。

 

横浜銀行

商品名称 横浜銀行フリーローン
金利 1.9%~14.6%
申込条件 20歳以上~69歳以下

神奈川県、東京都、群馬県一部に居住又は勤務している方

限度額 1,000万円
期間 10年
特徴 勤続年数や年収の条件がなく申請しやすい。

 

群馬銀行

商品名称 ぐんぎんネットDEローン
金利 4.9%~14.8%
申込条件 20歳以上~満70歳までに返済が可能な方

群馬銀行に銀行口座が必要

限度額 700万円
期間 7年
特徴 借入金額によってキャッシュバックキャンペーンがありお得。

 

トマト銀行

商品名称 充実生活
金利 3.8%~14.5%
申込条件 20歳以上~満75歳までに返済が可能な方

トマト銀行の営業エリアに居住又は勤務先がある
トマト銀行に口座開設が必要
勤続年数3年以上
前年度の年収が200万円以上

限度額 1,000万円
期間 10年
特徴 インターネット、電話、スマホ、FAX、郵送、窓口等

色々な申請方法があり申し込みやすい。

 

北日本銀行

商品名称 ASUMO
金利 4.0%~14.5%
申込条件 20歳以上~満76歳までに返済が可能な方

北日本銀行の営業エリアに居住又は勤務先がある

限度額 1,000万円
期間 10年
特徴 おまとめローンにも利用可能で、使用用途が幅広い

 

八千代銀行

商品名称 八千代銀行フリーローン
金利 4.3%~14.5%
申込条件 20歳以上~満76歳までに返済が可能な方

八千代銀行の営業エリアに居住又は勤務先がある

限度額 500万円
期間 10年
特徴 事業性資金にも利用が可能。

 

仙台銀行
商品名称 スーパーフリーローン
金利 4.5%~14.8%
申込条件 20歳以上~満76歳までに返済が可能な方
限度額 500万円
期間 10年
特徴 パート・アルバイト、年金受給者の方でも申込可能。

 

静岡中央銀行

商品名称 CSフリーローン
金利 4.0%~14.5%
申込条件 20歳以上~満76歳までに返済が可能な方

静岡中央銀行の営業エリアに居住又は勤務先がある

限度額 500万円
期間 10年
特徴 おまとめローンにも利用可能で、使用用途が幅広い

 

滋賀銀行

商品名称 ジャストサポート
金利 5.675%~8.175%
申込条件 20歳以上~満70歳までに返済が可能な方
限度額 500万円
期間 10年
特徴 地方銀行の中でも、上限金利が10%を下回る銀行。

他社から借り入れるよりも、利息が少なくて済む。

 

 

ネット銀行のフリーローン例

ジャパンネット銀行

商品名称 ジャパンネット銀行フリーローン
金利 2.5%~18.0%
申込条件 20歳以上70歳未満(完済時年齢73歳未満)の方

ジャパンネット銀行に銀行口座が必要

限度額 200万円
期間 7年
特徴 他銀行と比較し、最大金利設定が高い。

 

オリックス銀行

商品名称 オリックスVIPフリーローン
金利 3.0%~14.5%
申込条件 20歳以上65歳未満の方

年収400万円以上の方

限度額 800万円
期間 8年
特徴 おまとめローンにも利用可能。

 

住信SBIネット銀行

商品名称 フリーローン
金利 3.775%~12.000%
申込条件 20歳以上~満70歳までに返済が可能な方

住信SBIネット銀行に銀行口座が必要

限度額 1,000万円
期間 10年
特徴 使用使途は自由で、生活資金にも活用可能。

 

じぶん銀行
商品名称 じぶんローン
金利 2.4%~17.5%
申込条件 20歳以上~70歳未満の方
限度額 800万円
期間 1年間(自動更新)
特徴 自営業者、学生、パート・アルバイト、専業主婦の方でも申込可。

 

低金利フリーローン選び方

フリーローンを利用するには、銀行が一番であるとお話ししました。
銀行は銀行でも、メガバンク、地方銀行、ネット銀行と、色々な特徴がある中で、より借入やすく、利用しやすい銀行の条件はどの様なものでしょうか。
それは、次の3点になります。

 

  • 最大金利が10%未満の銀行を選ぶ
  • 年収、勤続年数、口座有無等の利用条件をクリアしている銀行を選ぶ
  • 繰り上げ返済手数料無料の銀行を選ぶ

 

という点です。

 

最大金利が10%未満の銀行を選ぶ

やはり、利息を少なくするのであれば、当然金利が低い銀行を選ぶべきです。
中でも、注目して欲しいのは最大金利です。
金利は、審査の上決定されますが、大抵の場合は最大金利が適応されます。
と言う事は、最大金利がより低い銀行(出来れば10%未満)を選ぶべきです。

 

年収、勤続年数、口座有無等の利用条件をクリアしている銀行を選ぶ

ただ、金利が低い銀行は、当然貸付条件も厳しくなっています。
自分がその利用条件をクリアしているかどうかは、先にチェックして望むようにして下さい。

 

繰り上げ返済手数料無料の銀行を選ぶ

そして、もう1点大切な事は、繰上げ返済を実施した場合に、手数料が無料のところを探して下さい。
お金に余裕が出来、早く返済しようと考える場面は、多々発生します。
もちろん、その分利息も減りますし、繰上げ返済は返済を行う上で、かなり有利な手段です。
ですが、その繰上げ返済に手数料を取られてしまっては、せっかく早く返済するのに、
余計な費用が発生します。繰上げ返済は、ネットバンク等の場合は無料となっている場合が多いです。
その様な観点からも、この手数料が取られない銀行を選ぶようにしましょう。

 

「フリーローンで低金利のところを比較検討してみた」まとめ

フリーローンは、何かの目的でお金を借りる場合や何かを催す場合に最適なローンである事をお話ししました。
また、目的により多種のフリーローンを用意している銀行もあります。
しかしながら、条件によってはフリーローンではない方が良い場合があるのです。

 

フリーローンを利用する時に注意して欲しいのは
・選んだフリーローンの金利より、他のローン(カードローンなど)より高くないか?
・主目的が違っても、他のフリーローンを適用する方が金利が安くなる可能性がある。
という点です。

 

大抵の銀行は、目的別で異なるフリーローンの金利が設定されています。
目的を変える事で、金利を低く抑える事が出来る場合だってあるのです。
また、フリーローンは一括で借入、返済を行っていく手段ですが、まとまったお金が必要ではなく、
少し借りたい、または必要な時に借りたいという場合は、カードローンを利用する方が便利です。

 

カードローンの場合は、繰り返し借入・返済が可能なため、利便性は高いのです。
すべての場合において、フリーローンが有利ではないため、あなたの利用目的によって、
賢い選択をするようにして下さい。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る