女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友銀行カードローンは手数料はかかる?無料にするポイント

三井住友銀行カードローンはキャッシングに手数料はかかる?

三井住友銀行カードローンを利用するなら三井住友銀行本支店のATMもしくはコンビニATMから利用するのがおすすめです。
こうしたATMであれば借り入れ・返済時の手数料が原則として無料になります。
一方で手数料がかかってしまう利用法もあります。
そんな三井住友銀行カードローンの手数料に関する話題について、更に詳しく解説していきます。

 

 

三井住友銀行カードローンはローンカードによって手数料が違う?

三井住友銀行カードローンでは契約時にローン専用カードが発行されます。
これ以外にも三井住友銀行預金口座のキャッシュカードを兼用して借り入れ・返済することも可能です。
どちらにするかは契約時に選ぶことができますが、どちらも一長一短あります。
まず、既存のキャッシュカードを利用すれば余計にカードを持つ必要性がなくなります。
また、審査後に直ぐに手持ちのキャッシュカードを利用して借り入れが開始できます。
一方、ローン専用カードを発行してもらえば、預金口座用のカードと借り入れ用のカードを区別することができます。
そのため、メリハリある借り入れができるはずです。
しかし、兼用キャッシュカードはインターネットバンキングを利用している人専用の特典です。
そのため、三井住友銀行に銀行口座を解説していなかったり、インターネットバンキングを契約していない際には利用できません。
一方、ローン専用カードには「ゆうちょ銀行に設置してあるATM利用時の手数料がかからない」といった利点があります。
こうした手数料の点ではローン専用カードの方がお得でしょう。
とはいえ、提携金融機関のATMを利用する際には時間外手数料や利用手数料がかかってしまいますから気をつけておきましょう。

 

ローン専用カードとキャッシュカード兼用カードはどっちが便利?

ローン専用カードはキャッシュカード兼用カードよりも便利な点が多いことは知っておきましょう。
例えば、ローン専用カードをイーネットのATMで利用する場合、借入残高の確認や返済借り入れが無料でできます。
時間外手数料などもかかりません。
そのため、深夜でも返済や借り入れが自由にできるのです。
他にも、ゆうちょ銀行のATMも無料で利用できます。
もちろん、三井住友銀行本支店ATMを利用するときにも手数料はかかりません。
一方で、提携金融機関のATMを利用する際には手数料がかかることがあります。
これは提携金融機関によって様々です。
手数料が数百円以上かかることもありますから、提携金融機関利用時にはしっかりと費用について確認しておきましょう。

 

三井住友銀行カードローンは振込での返済には手数料がかかるので注意!

三井住友銀行では3つの返済方法から好きに選ぶことができます。
まず、最も便利なのがATMでの返済です。
ATMであれば夜間帯に返済することも可能ですし、手数料もかかりません。
兼用キャッシュカード利用時にもATMから返済することはできますが、ゆうちょ銀行からは兼用キャッシュカードだと返済することができません。
このATMを利用する他に、振り込みでも返済はできます。
これはインターネットバンキング契約者のみが利用できるもので、自宅に居ながらにして返済ができるのがメリットです。
しかし、ATM返済とは違って振込手数料がかかります。
他にも、口座振替による返済も可能です。
約定返済期日に指定した口座から引き落としで返済が行われるもので、返済の手間がかかりません。
もしも口座に十分なお金が無かった場合、追加の借り入れができなくなることもありますから注意しましょう。
引き落とし額は利用額によって決まりますが、金利の関係もありますから、具体的な金額はフリーダイヤルに電話して案内を確認しておくと良いでしょう。
このように返済方法のバリエーションは多いですが、場合によって使い分けていくこともおすすめです。
例えば、三井住友銀行の本支店が身近にある場合にはATM返済が便利でしょう。
一方、インターネットバンキングを利用している人であれば、振り込みによる返済が便利です。
また、誤解する人もいますがローン契約機から返済することはできません。

 

ATM以外で手数料や年会費がかかる場合はある?

三井住友銀行でかかる手数料は提携金融機関利用時の手数料だけではありません。
他にも、カードを紛失した際には「カード再発行手数料」がかかります。
再発行は店頭窓口に行けば即日でしてもらえますが、本人確認書類を持っていく必要性があります。
また、カードをなくした際には、すぐにコールセンターに電話してカードの使用を停止しておくと良いでしょう。

 

また、年会費や申込手数料はかかりません。
そのため気軽に契約することができます。
ふたつ目のカードローンとして契約しておくのも良いでしょう。
他にかかる手数料としては、返済遅延手数料があります。
これは返済が遅れた際にかかるものであり、返済を遅延しないかぎりは問題ありません。

 

 

三井住友銀行カードローンの手数料のポイントまとめ

・三井住友銀行カードローンは借り入れ
・返済時の手数料がかかりにくい
・ローン専用カードと兼用キャッシュカードから選べる
・ローン専用カードはより便利に使える
・返済方法にはATM・振り込み・口座振替から選べる
・振り込みによる返済には銀行振込手数料がかかってしまう
・他にかかる手数料としては、再発行手数料などがある
三井住友銀行カードローンは手数料がかかりにくいのが利点です。
特にローン専用カードを利用すれば更に便利に使っていくことができるでしょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る