銀行カードローンの審査は厳しい?審査が緩いところはないの?

低金利で安心感がある銀行カードローンの審査は、通るか不安・・・と感じる人は多いものです。
でも、実際にはサービス面が充実した大手銀行カードローンでも、敷居が低く利用しやすいカードローンは存在します。
スムーズに銀行カードローン審査に通るためには、公式サイト上で無料お試しの借入診断ができたり、審査結果が出るまでの時間が早い銀行カードローンを選ぶことがポイントです。

 

審査通る??借入診断ありのカードローンはレイク

新生銀行カードローン レイクの特集ページはこちら

 

審査が早いカードローンは三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特集ページはこちら

 

銀行カードローンの審査基準

総量規制対象外でも高額借入は厳しい!

原則として申込者の年収の3分の1までしか融資ができないという総量規制の適用がないのが、銀行カードローンです。
自身に収入のない専業主婦は、総量規制のある消費者金融からは借りられなくても、銀行カードローンなら大丈夫といった噂を聞いたこともあるかもしれません。
たしかに、銀行カードローンは独自の判断で年収額に制限されることなく融資ができます。従って、専業主婦でも配偶者に収入があれば申込可能とする銀行カードローンは多くあります。

 

銀行カードローンの審査で重要なことは、主に下記2点です。
基本的には、大手消費者金融の申込条件と同様です。
①安定した収入があること
②年齢条件を満たしていること

 

総量規制対象外の銀行カードローンといえども、収入に見合わない高額な限度額を希望すると審査落ちの原因になり得ます。
多くの銀行カードローンは利息率が低い分リスクも高くなるため、審査には慎重な側面が見られます。

高額な限度額を希望すると、審査の結果「~万円なら融資可能です。」と提示されることもありますが、金融機関によってはすぐに審査落ちとなる場合もあるので、必要最低限の金額で申し込むようにしましょう。

 

こんなケースは銀行カードローンの審査に通る?通らない?

専業主婦の銀行カードローンの申込について

専業主婦でも申込可能な銀行カードローンは多数あります。
下記にご紹介する銀行カードローンは、専業主婦でもご自分の健康保険証や運転免許証など本人書類だけで申込ができます。
ご主人の身分証や収入証明書類、印鑑等は一切不要です。
また、配偶者の勤務先への在籍確認もないので、家族に内緒で借りたい専業主婦の方も安心できます。

専業主婦のカードキャッシングについて詳しくはこちら

 

専業主婦(夫)のカードローンの代表格といえば、イオン銀行カードローンがまず挙げられます。
専業主婦でも限度額は最大50万円まで、月々の返済は3,000円からと、ピンチを乗り切りつつ無理のない返済が可能です。
金利年1,9%~14.5%と業界最低水準の低金利の楽天銀行スーパーローンは、専業主婦・パート・アルバイトの方が多数利用しています。楽天銀行カードローンに無料入会すると、1ポイント=1円相当でショッピングに使える楽天スーパーポイントを進呈してもらえます。
金利の異なる2つのコースが用意されているみずほ銀行カードローンは、自社銀行の普通預金口座を持っていれば手持ちのキャッシュカードで融資を受けられます。
コンビニATM等だけでなく、普段から行く銀行のATMでキャッシングができるので、いつ誰に見られても心配ありません。

 

自身の収入がある主婦の方の申込について

パートなどでご自分の収入がある主婦の方なら、銀行カードローンだけでなく消費者金融や信販系(クレジットカード会社)カードローンと、選択肢はさらに広がります。
消費者金融や信販会社は貸金業者のくくりなので、貸金業法の規定する総量規制が適用されます。この総量規制の中に、「申込者の年収の3分の1を超える融資をしてはならない」というルールがあるのです。
そのため、収入のない専業主婦は、この総量規制が適用される消費者金融は自動的に申込対象外となります。
でも、月数万円でもパート収入がある主婦の方なら大丈夫です。
消費者金融は年収額のハードルが銀行と比べて低い傾向にあるので、成人した学生アルバイトの方も多く利用しています。

 

初回30日間無利息サービスがあるアイフルは、女性専用窓口アイフルSuLaLiが発行されるカードも可愛く、主婦の方に人気です。

SuLaLiは既にアイフルと契約している方は利用することができないため、注意が必要です。

 

同じく無利息サービスがあるアコムは、カードローン付クレジットカードも発行しています。
ACマスターカードにショッピングとカードローンの利用合計の上限が800万円まで付くので、財布にローン専用カードを入れたくないという主婦の方に好評です。

女性におすすめのカードローンについて詳しくはこちら

 

他社借入がある場合の銀行カードローンの申込について

カードローン申込時点で既に他社借入がある方は、カードローンの選び方に注意が必要です。
その理由は、総量規制という法律上のルールが存在するためです。
コツを押さえた対策をすることで、有利な借換も可能になります。
まず、総量規制が適用される消費者金融や信販系カードローンの場合、年収の3分の1を超える借入れができないというデメリットがあります。

 

銀行カードローンの場合は、総量規制対象外です。
とはいっても、無制限に融資可能というわけではありません。
申込者の職業や年収、家族構成、他社借入の返済額、持ち家の場合はローン金額、賃貸なら家賃額などの生活状況から、新たな借り入れをした場合の返済能力の有無が判断されます。
様々な審査項目を総合的に考慮して、毎月の返済が可能な範囲で融資限度額も決定されます。

 

審査に通りたいからといって、申込フォームの他社借入額入力欄に実際よりも低い金額を記入してしまうと、審査落ちにつながるのでやめましょう。どのカードローン審査においても、信用情報機関に対する個人信用情報の照会は必ず行われます。この信用情報には、他社借入件数、それぞれの金融機関での借入金額、返済状況まで全て記録されています。他社借入件数や金額は、必ず正確な情報の確認が行われますので、正直に申告することが審査通過のポイントです。

おまとめカードローンについて詳しくはこちら

 

銀行カードローンの審査に通るポイント

銀行カードローンの審査に通過する可能性を少しでも上げるためには、次のような工夫をすることが有効です。

 

希望限度額を必要最低限にする

カードローンに申込をするときは、「希望限度額」「借入希望額」といった項目の入力が求められます。
審査で決定された金額を初回に一括して融資してもらい、後は返済だけという住宅ローンやフリーローンとちがって、カードローンの場合は自由に借入できる枠を付与してもらうからです。申込時に、いくらまで借りたい、という希望の融資枠の額を入力するわけです。何かあったときのために、と考えてつい多めの金額を記入してしまう人がいます。これが意外な落とし穴で、希望限度額が高額になるほど、審査基準は厳しくなるのです。入力する希望限度額を必要最小限の金額に留めることで、審査通過のチャンスを広げることができます。

 

申込内容に間違いがないかを確認する

金融会社は、申込書記載の内容を鵜呑みにするのではなく、必ず事実の裏付け調査を行います。特に他社借入状況は信用情報の照会ですぐに事実がわかりますので、ウソを書いてもバレてしまいます。故意ではなく入力ミスや勘違いによる間違いであっても、内容によっては審査落ちにつながります。年収額も、できるだけ正確に記入することが大切です。少なくとも、10万円以上の誤差は出ないよう、税込年収を計算して記載するようにしましょう。

 

すでに借り入れがある場合はできるだけ完済して件数を減らす

申込時点で他に借入がある人は、審査通過のハードルが通常よりも高くなります。複数社からの借入がある人は、残高が少ないところから完済を目指し、借入件数を少なくしてから申込をするといいでしょう。銀行カードローンは消費者金融等と比べて低金利なので、多重債務を抱える人が借り換えをして、借金を一本化する「おまとめローン」としても人気があります。

 

銀行カードローンの審査に落ちる理由は属性をチェック

キャッシングやカードローン審査において、信用情報と共に必ずチェックされるのが「属性」です。属性とは、いわゆる個人情報のことで、年齢、勤務先、勤続年数、雇用形態、収入、未婚既婚といった項目があります。
大手銀行カードローンや消費者金融は、コンピューターを活用した自動審査が主流です。申込フォームに記載された属性項目を機械が自動処理して、蓄積されたデータをもとにスコアリング審査が行われるのが通常です。

メリット多数!おすすめの銀行カードローンはこれ!

 

どんな属性がカードローンの審査には有利なの?

収入は額よりも安定性が重要!

 

カードローン審査で見られる属性には、主に次のような項目があります。

  • 年令
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先会社名
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 住宅ローンや家賃の毎月の負担額
  • 家族構成
  • 健康保険の種類

 

上記属性の中で特に重視されやすいのは、年収、勤務先、勤続年数です。

 

「じゃあ、年収が高くないと銀行カードローンの審査は通らないのでは?」
これは、よく誤解されることなのですが、この年収の属性で重視されるのは年収額だけでなく収入の安定性なのです。
年収額に限れば、年収400万円あれば高額融資のおまとめローンでも問題がないレベルと考えられています。
年収200万程度あれば、希望限度額にもよりますが収入額の属性においては心配ないでしょう。
また、給与システムが歩合給や時給制ではなく、固定給の人は、収入の属性審査ではプラス評価となります。
毎月の収入にバラつきがないと、返済計画を立てて確実な返済をしやすいためです。
収入の安定性を評価するために重視されるのが、勤務先と勤続年数です。
勤務先としては、公務員や大企業勤務の人は評価が高いです。逆に年収が高くても、自営業者は会社員と比べてリスクも高いため、経営する会社の規模や経営年数によって評価が異なります。

カードローン審査と年収について詳しくはこちら

 

年収だけじゃない!勤続年数にも要注意

銀行カードローン審査で重要視される属性の一つが、勤続年数です。
入社、転職してから1年未満だと、審査において不利になるケースがあります。
ただ、その場合でも職業や勤務先、雇用形態などから総合的に判断されます。
入社したばかりなら銀行カードローン審査は通らない、というわけでは必ずしもありません。

 

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいって本当?

一般的に、消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査が厳しいと言われていることは事実です

 

銀行のメリットでもある安定経営の維持のためにも、銀行カードローンの審査においては「確実に返済してくれる人」を見極めているのです。

 

「審査が慎重なら、融資までの時間もかかる?」
銀行カードローンの審査スピードについては、大手消費者金融と同等レベルのカードローンも増えています。
三井住友銀行カードローンなら、自社銀行口座のない人でも最短即日融資が可能です。

他にもセブン銀行カードローンなら、さらに最短10分融資という驚異的な審査スピードです。
ただ、このセブン銀行カードローンは審査は最短10分で完了しますが、キャッシュカード受取後の契約となるので実際の利用にはカードの郵送受取までの日数を要します。
セブン銀行口座を持っている人なら、審査完了後すぐに契約手続きをして、キャッシング利用ができます。

 

銀行カードローンの審査の特徴

銀行カードローンの審査の特徴を解説します。
カードローンに申込をする人は、その日中に借りたい、できればスグにでもお金が必要、という人が多いです。
銀行カードローンの審査時間は、三井住友銀行カードローンは平日に限らず土日祝日でも、審査時間最短30分を公表しています。
これは大手消費者金融の最短審査時間と同等で、業界最短スピードといえるでしょう。
銀行によって審査時間は異なりますが、申込日当日中に審査回答をしてくれる銀行が多く、審査スピードも短縮化されつつあります。

 

新生銀行カードローン レイクは、8:10~21:50までの間にパソコン・スマートフォン・アプリまたは携帯電話で申込みの場合、必要情報を正しく入力すれば画面上でスグに審査結果を案内します、と公式サイトに掲載しています。

 

銀行カードローンの審査に必要な書類

銀行カードローン審査の特徴として、収入証明書提出不要のケースが多いことが挙げられます。
収入証明書とは、申込者の具体的な収入額を証明する書類で、代表的なものは源泉徴収票、確定申告書、数ヶ月分の給与明細書です。
こうした書類は家族が保管していたり、破棄してしまっている場合もあるので、すぐに用意することが難しいことも少なくありません。
総量規制が適用される消費者金融等では、自社からの貸付残高が50万円超、もしくは他社分も含めた総借入残高が100万円超となる場合は収入証明書の確認が法律で義務付けられています。
銀行カードローンにはこうした規制がないので、希望限度額が200~300万円程度までは収入証明書不要で、運転免許証や保険証など本人書類のみで申込可能です。

 

銀行カードローンの審査は保証会社も行う

銀行カードローンと消費者金融や信販系カードローンとのちがいの一つに、保証会社の有無があります。
ほとんどの銀行カードローンは、保証会社を用意しています。申込者個人は、無担保・保証人不要のカードローンなので、保証料等を支払う必要はありません。
銀行が保証料を負担して保証会社を立て、万が一返済が滞った場合のリスクを回避しているのです。つまり、返済トラブルがあったときに困るのは、どちらかというと保証会社なわけです。銀行カードローンの商品概要には通常、「保証会社の保証を受けられること」が申込条件の一つとして記載されています。この保証を受けるために、銀行カードローンの場合は保証会社が実際には審査を行うようになっています。

 

銀行カードローンのメリット

低金利

銀行カードローンの多々あるメリットの中から、特に人気が高いものをご紹介します。
まずは、金利の低さです。金利設定は銀行にもよりますが、全体的な傾向としてカードローンの中では銀行カードローンが最も低金利です。
カードローン利用者が融資の返済と共に月々支払う利息額は、この金利によって異なります。金利が低ければ低いほど、総支払額が少なく済むので、お得な融資が可能となります。
カードローンは、「金利年〇%~〇%」といったように、金利幅を持たせた表示をしています。これは、適用限度額や条件によって適用金利が個別に異なるためです。通常、限度額が高くなるほど適用金利は低くなります。
利息制限法において法定される上限金利は、次のようになっています。

 

利息制限法

貸付額

借入利率

10万円未満

年20%

10万円以上100万円未満

年18%

100万円以上

年15%

 

限度額が高い

銀行カードローンは低金利に加えて、総じて高限度額です。
500~1,000万円の高額融資が可能な銀行カードローンが多く、どの銀行カードローンも総量規制対象外です。
申込者の年収額にかかわらず、銀行独自の判断で高額融資を受けられるため、おまとめローンとしても人気が高いのです。
複数の借金を低金利の銀行カードローンで一本化することにより、返済管理が楽になり、月々の負担も減らせるというメリットがあります。

 

収入証明書不要

総量規制が適用されない銀行カードローンは、希望限度額が一定金額以内であれば収入証明書の提出が不要です。
運転免許証や保険証など、普段から手元に持ち歩いている本人書類のみで借りられるので、重宝される銀行カードローンの特色の一つです。
年に一度発行の源泉徴収票や確定申告書はどこかにしまい込んでしまっていたり、破棄紛失してしまっているケースもあるので、すぐに借りたいというときに不便さがあります。
こうした煩わしさがないことも、銀行カードローンのメリットです。

 

銀行カードローンの審査まとめ

「低金利で評判の良い銀行カードローンは、年収や職業が高スペックの人しか審査に通らないのでは?」
「銀行は借りるまでの手続に時間がかかるんでしょう?」

 

銀行カードローンには、そんなイメージをお持ちの人もいるでしょう。でも、この数年で状況は大きく変わりました。
この記事で取り挙げた銀行カードローンは、インターネット接続環境があれば、自宅や職場、どこからでも申込可能です。
即日融資可能で、振込融資対応の便利な銀行カードローンも増えています。
無人の自動契約機でローンカードを受け取れば、自宅への郵送物もなく、終日好きなときにATMからキャッシング出来ます。
気になる審査も、手順としてはスピード審査の消費者金融と同じです。属性審査と、信用機関登録の個人信用情報の審査が行われます。
大手銀行カードローンであれば、提携関係にある銀行系大手消費者金融が保証会社として実質的な審査を担当するケースが多いです。
そのため、カードローン業界最速の30分審査や最短即日審査回答の銀行カードローンも多数あります。
低金利・高限度額と安定・安心感が魅力の銀行カードローンは、個人向けの融資にも近年積極的な傾向が見られます。

 

初めて銀行カードローンを利用するなど、審査が心配な場合は借入診断できるカードローンや審査スピードが早いカードローンがおすすめです。

審査通る??借入診断ありのカードローンはレイク

新生銀行カードローン レイクの特集ページはこちら

 

審査が早いカードローンは三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特集ページはこちら

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る