カードローンが使える年収の目安はいくら?審査のポイント!

カードローンが使える年収の目安はいくら?

年収が不安なら借入診断が便利!

「自分の年収でも借りれる?」
そんな時は、カードローンの借入診断が便利です!
詳しい個人情報なしで、幾つかの項目を入力するだけですぐに借入可能かの目安を診断してくれます。

借入診断できるおすすめカードローンはこちら

 

年収いくらならカードローン審査に通る!といった明確な基準は、一概には言えません。
一般的には、年収200万円程度あれば銀行カードローンの審査にも通る年収レベルと考えられています。
年収400万円あれば、カードローン審査の収入額の項目では何ら問題がないといえます。
消費者金融の審査基準は比較的緩やかですので、月給10万円前後、つまり年収にして100万円程度でも継続安定した収入と返済能力があれば、審査通過の可能性は十分にあります。また、希望する借入限度額を少なくすれば、その分審査のハードルは下がります。

 

キャッシングの審査は年収だけで決まらない?

高収入だから絶対にカードローン審査に受かる、あるいは、低収入だから審査に絶対落ちるとは限りません。
カードローン審査においては、年収の額だけでなく次のような点も審査されます。

  • 職業や勤続年数から測る収入の安定性
  • 年齢
  • 信用情報

 

希望する最大限度額をMAXで借りた場合の支払能力の有無を、総合的に検討し、融資可能か判断されます。特に、個人信用機関が保有する信用情報の中身は大切です。
他社借入状況や過去のキャッシング・クレジットカードの利用実績など、審査において重視される情報が多々記録されているからです。
年収がそれほど高くなく、また勤続年数が短い、雇用形態がアルバイトや自営業など、審査において不利になる条件があったとしても、延滞なく借金を毎月返済して完済した記録があると、審査において有利に作用します。

 

収入はカードローンの限度額に影響

カードローン審査において、年収額が影響を及ぼすのは審査の可否だけではありません。
一つのカードローンでお金を借りられる最高額である融資限度額は、人によって異なります。申込時に希望した限度額が必ずしも通るわけではありません。
消費者金融系会社や銀行の保証会社は、審査の中で融資の可否と共に、申込者の限度額を決定します。この最高限度額決定の大きな要因の一つが、申込者の年収額なのです。

カードローンの限度額について詳しくはこちら

 

限度額は年収の何割までが審査に通る目安?1/3って本当?

希望限度額が年収の3分の1までなら審査に通る、と考える人がいます。理由は、貸金業法に定められている総量規制の内容の一つに、「個人の借入総額は、原則として年収の3分の1までに制限される」というルールがあるためです。
たしかに、貸金業法の適用を受ける消費者金融や信販系会社は、おまとめローン、住宅・自動車ローンなど例外や除外となるケースを除いて、申込者の年収の3分の1を上回る金額を融資することはできません。
カードローン運営者が銀行なら総量規制対象外ですが、無制限に融資するわけではもちろんなく、やはり年収の3分の1程度が目安とされています。
でも実際には、必ずしも年収の3分の1までなら借りられる、というわけでないので注意しましょう。
年収条件による限度額の制限は、あくまでも法律が定める上限規制です。
複数社から借金をしている人や、勤務形態が週3日のバイトで低収入といった人の融資範囲を狭めるという金融機関の対応は、何ら問題ないのです。

カードローンの総量規制について詳しくはこちら

 

銀行と消費者金融の審査で年収の重要度が違う?

銀行と消費者金融では、適用される法律が異なります。
でも、どちらのカードローン審査でも、年収が重要なポイントであることに変わりはありません。銀行は銀行法に基づいて運営されていますので、貸金業法の総量規制の適用は受けません。
年収の3分の1までという法的な融資の縛りがないので、初回融資でも公務員のように職業の安定性評価が高い人は、高額融資を受けられる可能性があります。
業界最低水準金利のオリックス銀行カードローンは、通常のカードローンで最高800万円まで融資を受けられます。一方で、低利息・高限度額の大手銀行融資はリスクが高い分、消費者金融よりも融資には慎重な側面があります。

 

年収の計算方法は手取り?

年収は税込で入力!

カードローン申込時の年収の申告は正確にしないと、審査落ちの要因になり得ます。では、税込と税抜き、どちらの年収を書けばいいのでしょうか。
年収が高いと、審査や限度額決定において有利に作用することは、たしかです。税込年収と税抜年収では、だいぶ差が出てくるので悩ましいところですが、この場合は「税込年収」を記載して問題ありません。
そもそも、年収とは一年間の収入の合計をいいます。税金や社会保険料などを差し引く前の、年間収入の総額という理解で大丈夫です。つまり、カードローン申込時の年収欄には、手取よりも多い税込年収の記入が適切だということです。

 

前年度年収がない場合は見込みで入力!

また、前年は学生だった新社会人の方、現在の職場に転職して間もない方など、勤続年数が1年未満の場合、年収の書き方に悩むケースは多いです。
この場合は、「見込み年収」といって、申込時点の勤務先の月収額・賞与額で年収のおおよその見込みを計算して記載します。賞与額がはっきりしない場合は単純に、基礎となる月収の12ヶ月分(12倍)で算出する方が無難です。

 

金融機関が年収を確認する方法

カードローン審査において、金融機関が申込者の年収を確認する方法を解説します。基本的には、申込者が提出する収入証明書類と勤務先の在籍確認の2方面から確認します。収入証明書類には、主に次のようなものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2~3ヶ月分+賞与があれば賞与明細書)

たいていは、上記のいずれか1点を用意すれば事足ります。
総量規制が適用される消費者金融などの貸金業者には、融資額が50万円超もしくはその申込者の総借入額が100万円超となる場合は、この収入証明書類の取得が義務付けられています。よって、大手消費者金融アコムプロミスアイフル、ノーローンは、限度額50万円以上を希望する場合、収入証明書類の提出が必須です。
銀行カードローンは法的な規制はありませんが、一定額以上の限度額の場合には収入証明書類の提出が求められます。
いくらから書類提出が必要となるかは、金融機関によって異なるので要チェックです。

 

年収で嘘をつくとばれる?

無利息貸付期間サービスがある大手消費者金融のカードローンは人気がありますが、年収に対する希望額の割合が3分の1を超える、いわゆる総量規制超の場合は、その限度額では審査に通りません。
では、申込み、審査において、ウソの年収を申告して審査通過はできるのでしょうか?答えは、ノーです。1円単位の誤差まで指摘されることはありませんが、明らかに事実と異なる過大申告をした場合には、残念ながら融資不可となります。

 

・「収入証明書類を提出しないケースなら、バレないのでは?」

 

・「最短即日のスピード審査だし、ちょっと位数字が増えても気付かれないのでは?」

お金を早く借りたい人が上記のようなことを考えることは、金融機関も織り込み済みです。正確な入力を心がけるようにしましょう。

 

希望限度額が少ないときや、銀行カードローン申込で収入証明書不要の場合でも、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数から金融機関は年収の目安を割り出すことができます。
また、スピード審査でもカードローン審査においては、個人信用情報の確認は必ず行われます。カードローン審査をする金融機関は、それぞれが加盟する信用情報機関に対して、申込者の信用情報の照会をかけます。
この信用情報は定期的に更新され、新たな情報も随時追加登録されていきます。
年収は単体ではこの信用情報に記載されませんが、申込者の過去の借入状況は確認できるので、年収の大幅なウソは大体見破られるものです。
300万円、250万円、など切りのいい数字にすると大雑把な印象を与えます。年収欄は出来る限り正確に、最低でも10万円単位での誤差が出ないように、慎重に計算して記入することが審査通過のコツです。

 

収入がない・低い場合はキャッシングの審査に通らないの?

収入がない専業主婦や、月収10万円に満たないアルバイト勤務の方は、カードローンで借りるのは無理だと諦めていませんか?
選り好みできる立場ではないからと、銀行カードローンや大手消費者金融を避けて、審査が甘そうな中小の消費者金融を探しているかもしれません。

 

ここでは、自身の収入がない専業主婦や収入が少ない人向けの、ネット申込可能で安心かつサービス面も充実のおススメカードローンをご紹介します。
配偶者に安定継続収入があれば、専業主婦でも低金利の銀行カードローンから融資を受けられる可能性が十分あります。
ネット銀行ならではの低金利で人気の、ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」は、専業主婦でも申込可能です。
主婦にうれしいサービスが豊富なイオン銀行カードローン、楽天ショッピングでもお得サービスが使える楽天銀行カードローンも、専業主婦でも申込可能です。
新生銀行カードローン レイクは、ローンカード発行なしで振込融資にも対応しているので、誰にも見られず早く確実に借りたい専業主婦に人気があります。
ただ、銀行カードローンの中には専業主婦の申込ができない金融機関も多くあるので注意しましょう。

専業主婦でも利用できるカードローンについて詳しくはこちら

 

収入が不安なアルバイト、パートなどの方はまずは、借入診断をしてみるのが良いでしょう。
低金利の銀行カードローンは、審査が消費者金融よりも厳しい傾向があるので、収入や雇用形態によっては審査通過が難しいかもしれません。
収入面で審査に不安を感じている人は、希望融資額を必要最小限にすることもポイントです。
そうすることで、条件の良いカードローン審査でも通過できるチャンスが広がります。希望限度額に応じて、審査もシビアになるからです。

 

専業主婦の場合

専業主婦が無担保・保証人不要の便利なキャッシング利用をしたいときは、申込可能な銀行カードローンの審査を受けることになります。気になる審査内容ですが、専業主婦だからといって特別な負担はありません。専業主婦の融資枠は通常20~50万円以下なので、ご主人の収入証明書類の提出も不要です。ご自身の運転免許証や保険証といった本人書類のみで済みますし、銀行によっては既に口座を持っていれば本人書類も不要な場合があります。
専業主婦でも申込可能な新生銀行カードローン レイクなら、レディースレイクという女性専用のコースも設けています。

専業主婦でも利用できるカードローンについて詳しくはこちら

 

アルバイトの場合

収入が少なくてもアルバイトとして勤務しているのであれば、カードローン申込は可能です。
アルバイト勤務の方は、審査が比較的緩やかな消費者金融に申込む人が多いです。アルバイト勤務でも審査は通常通りで、書類審査に加えて個人信用情報の照会と、在籍確認が行われます。
大手消費者金融の在籍確認は通常、電話で行われます。
「勤務し始めたばかりなのに、バイト先への電話は困る」
そんな不安もあるかもしれませんが、電話は担当者の個人名でかけますし、詳しい用件も言いません。

 

収入が少なくても、後から限度額を増額することも可能

年収面で審査が心配・・・という人が、カードローン審査にパスして即日融資を受けるコツを解説します。それは、申込時に記載する希望額を必要最小額にしておくことです。
希望融資枠が少ないと、審査のハードルが低くなる上に、より迅速な審査が期待できます。カードローン審査で重要なのは、収入の安定性です。この点において、雇用形態がアルバイトだったり、勤務し始めてからの期間が短いと不利になります。
そのため、このマイナスをカバーして審査に通るためには工夫が必要なのです。銀行でも消費者金融でも、金融機関は真面目に返済してくれる人には融資をしたいと考えています。
少額融資希望でカードローン審査に通って、借入返済実績を積み重ねれば、ゆくゆくは借入限度額を増枠することも可能になります。
限度額増額申請はいつでもできますので、数ヶ月間利用実績を積んでから増額申請をすることをおすすめします。

少額で借入できるカードローンについて詳しくはこちら

 

カードローンの審査に通る年収についてのまとめ

どの金融機関のカードローンでも、年収は重要な審査項目の一つです。
でも、年収だけで審査の可否や融資可能限度額が決定されるわけではありません。より重視されるのは、年収額よりはむしろ、収入の安定性です。
この収入の安定性というのは、勤続年数や雇用形態、勤務する会社の規模や職業などから、総合的に判断されます。
自分の年収でカードローン審査に通るか不安な人は、大手消費者金融の公式サイト上にあるお試し診断を受けてみることをおススメします。
年齢・雇用形態・年収・他社借入金額などを入力するだけで、すぐに結果を確認できます。

無料で簡単!借入診断できるおすすめカードローン一覧

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る