個人事業主・自営業でも借入可能なカードローン:ビジネスローンについて

個人事業主向けカードローン、どこがいい?

ビジネスローンに限って比較すれば、スピード、使い勝手など他社を圧倒する便利さを誇るカードローン。

 

個人事業主がカードローン審査に通りにくいって本当?

個人事業主・自営業でも借入可能なカードローン
個人事業主が銀行や消費者金融から融資を受けようとする場合、一般的なサラリーマンより少し難しいと言われています。
理由は2つ。「見かけの収入が低いこと」「収入が不安定と思われてしまうこと」です。

個人事業主は収入が低く不安定?

いいえ。個人事業主であるが故に、あくまで一見すると低く見えるだけです。
審査の折、サラリーマンは「会社に努めていること」、つまり在籍確認がそのまま収入を証明することになったりするのですが、個人事業主は確定申告書を収入証明として提出する必要があります。
個人事業主さんならお気づきかと思いますが、確定申告書にはもろもろの経費や控除を引いた額が記載されていますよね。普段はその収入をいかに少なく見せるかに心を砕く(?)ものだと思いますが、カードローンの審査においてはその額面の少なさで「この人、収入少なくない?」と判断されてしまいかねません。

 

加えて、カードローンの審査においては「年収」よりも「年収の安定性」が重要視されます。
審査における安定性の順位は公務員が1位で、以下に大企業の社員、中小企業の社員、個人事業主、アルバイト・パートと続きます。
安定した収入を得ている個人事業主さんも多いことでしょう。しかしたしかに、個人事業主さんは自分に何か突発的な病気やケガがあると収入が危うくなってしまう可能性も。

 

よって、個人事業主さんはたとえ収入がサラリーマンの数倍あったとしても、多くの金融機関が融資を躊躇ってしまうのが現状です。

 

じゃあ個人事業主が融資を受けるには?

以上の理由で、個人事業主さんは一般的なサラリーマンよりもカードローン審査が通りにくい。比較的審査が厳しい銀行カードローンならなおさらです。

 

そもそも、一般的な個人向けカードローンでは事業資金を借りることができません。
使途は原則自由となっているけれど、事業資金にするのはNGとしている金融機関が多いんです(生活費ならOK)。

事業資金以外の使いみちで探すなら「カードローン人気ランキング」

 

「じゃあ個人事業主はどうやったらお金を借りられるの?事業資金が入用なのに!!」

 

そんなときに便利なのが、個人事業主さん向けに各銀行や消費者金融が提供している個人事業主向けの事業者ローン(ビジネスローン)です。

 

>>ビジネスローン例:オリックスVIPローンカード BUSINESSを見てみる

 

事業者ローン(ビジネスローン)って?

個人事業主・自営業でも借入可能なカードローン
以前はここまで述べてきた理由から、個人事業主はお金を借りるのにとても不利でした。その状況を打破すべく開発されたのがビジネスローン。
ビジネスローンとは、個人事業主や中小企業をサポートを目的とした無担保のローンです。クレジットカード会社や消費者金融が取り扱っており、最近は銀行も消費者金融と提携したサービスを展開するようになりました。

 

ちなみに……本当に使途フリーで、事業資金に使ってもいい「フリーローン」もあります。
しかし、個人事業主が申し込む場合の審査は通常より極めて厳しく行われます。
使途が事業資金の場合、フリーローンはあくまでビジネスローンがダメだった場合の補助的なものとして考えたほうがいいと思います。

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

ビジネスローンのメリット

通常の銀行融資と比べると審査通過率が高い

個人事業主であるがゆえに通常の銀行融資が難しい場合でも、ビジネスローンなら審査に通ったということも多々あるようです。
個人事業主特有の「所得が低く見える」現象にも理解があるので助かりますね。

銀行融資と比べると手続きが迅速でカンタン

書類が揃っていて所定時間に手続きを完了すれば、最短で即日融資が受けられるところもあります。

 

急いでおらず、せっかくだから金利も低い銀行系ローンの審査にもトライしたい!というかたはこちら↓

銀行カードローンのメリットとは

担保・保証人は不要

銀行融資や不動産を担保にするローンと違って、担保や保証人の必要がありません。

事業に使うのであれば、具体的な使いみちは問われない
  • 売上入金までの運転資金
  • 銀行からの融資が得られるまでのつなぎ資金
  • 従業員への給料支払い
  • 下請け会社への支払い
  • 設備購入費 などなど……

使途の自由度が高く、事業性資金であれば、使いみちは問われません。

 

借りたお金を生活費に充てたいという方はこちら↓

おすすめカードローン|みんなに人気のカードローンはココ!

総量規制の対象になる?
  • 法人格を有さず事業を営む個人
  • 資金使途が事業資金であること
  • 直近の確定申告書、事業計画、収支計画及び資金計画の提出
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること

以上の要件を満たせばビジネスローンを利用することができます。
ビジネスローンは総量規制の対象にはならず、年収の3分の1を超えての借り入れも可能です。
しかし、ビジネスローンによっても異なるので、申込前に確認をするようにしましょう。

 

ビジネスローンのデメリット

金利が高い

保証人が必要なくハードルが低い代わりに、銀行融資よりは金利が高い傾向があります。
金利が高いと長期的な利用は苦しいので、あくまで一時的な利用、次の融資までのつなぎとしての利用が好ましいと思います。

限度額が低い

銀行融資に比べると、上限額は高くなってしまいます。
具体的に挙げるとすれば、例えば知名度・使い勝手に定評のあるオリックスVIPローンカード BUSINESS
で、借入上限は500万円です。
それより大きいまとまった額の融資を希望している場合は、ビジネスローンよりも銀行融資を受けたほうが良いです。

悪徳業者に注意

提携会社が闇金でないことを確認しましょう!
以下のサイトから調べることができます。
【金融庁】違法な金融業者に関する情報について
【日本貸金業協会】悪質業者の検索

 

個人事業主のための消費者金融の選び方

個人事業主・自営業でも借入可能なカードローン
ビジネスローンを選ぶ時にチェックしたいポイントを以下にまとめました↓

  • 金利

    …必要な額に当てはまる金利をチェック

  • 限度額

    …必要な額を満たしてる?

  • 保証人と担保

    …必要?不要?

  • 対象条件

    …年齢制限や事業実績条件など確認

  • 融資までの時間

    …申し込みから融資までどれくらいかかる?

  • 来店は必要?

    …申込/契約/借入時の来店は必要か

  • 振込融資

    …可?不可?

  • 使用可能ATM

    …どこの銀行やコンビニが使えるか

  • 借入の最長期間は?

    …いつまでに返済できるか考えて、長引きそうなら余裕を持って選ぶ

  • 信頼性は?

    …悪徳業者じゃない?要確認→【日本貸金業協会】悪質業者の検索

 

選び方を踏まえて…

上記を踏まえて選ぶ時、人気のビジネスローンの中から一つ挙げるなら…

個人事業主向けローンの要チェック項目

金利 6.0%~17.8%

>>業界トップクラスの低金利!オリックスVIPローンカード BUSINESSの詳しい金利を見てみる

限度額 500万円・400万円・300万円・200万円・100万円・50万円の6コース

>>コース詳細

保証人・担保 不要
対象条件 法人格を有さず事業を営む個人の方で、以下の条件をすべて満たす方

(1)お申し込みいただいたお客様(個人)の直近の確定申告書のご提出があること。
(2)お申し込みいただいたお客様(個人)の事業計画、収支計画及び資金計画のご提出があること。
>>オリックスVIPローンカード BUSINESSの利用条件を詳しく!

融資までの時間 最短60分で審査可能

平日14:30までにご契約内容の同意手続き完了で当日融資も可能

来店 申込から契約まで来店不要
振込融資 可能※登録口座への即時振込サービス
使用可能ATM セブン-イレブンなどのコンビニATM、みずほ銀行などのATMなど全国トップクラスの173,000台

>>オリックスVIPローンカード BUSINESSで使えるATM例

借入期間 ご利用内容により異なります。最長10年2ヶ月122回
信頼性 知名度の高いオリックス・クレジット株式会社

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSその他概要

返済方法 リボルビング払いまたは1回払い
対象年齢 20歳~69歳まで
使用用途 事業資金であれば自由

 

ビジネスローンは金利が高い!という方は…

ビジネスローンは事業資金に使えるカードローンですが、個人事業主の生活費に使う分にはビジネスローンじゃなくても良いわけで…

事業資金以外の使いみちで探すなら「カードローン人気ランキング」

 

 

カードローンは、個人事業主や自営業であっても利用することができる。そもそも、消費者金融が提供するカードローンは銀行が提供しているカードローンと融資の基準がまったく異なっていることを知っておかなくてはいけません。銀行からお金を借りるときには、将来的にきちんと返済をしてくれる人物かどうかを見極めるため、厳格な所得の証明をしなくてはいけません。そのため、必要となる書類も多くなり、確実に審査に通りたいのならば正社員として会社の所属していることが好ましいと言えます。
しかし、消費者金融のカードローンでは書類による所得の審査というものを行いません。個人事業主や自営業であっても、在籍確認で在籍を確認すること画でいればお金を借りることができるため、何の問題もないのです。
また、個人事業主や自営業者に対しては、カードローンだけではなく中小企業向けのビジネスローンが専用に用意されています。このローンを利用することによって会社によっては数千万円というお金を借りることができるため、非常に利用しやすいサービスとなっているのです。
消費者金融のカードローンに関しては、大型のローンと異なって一定以上の年収を得ていなくてはならないなどと言った条件がありません。一定以上の収入を得ていなくてはならないのではなく、最低限の収入を得ていれば必ずその収入に対して融資の上限を設定することが法律的に決まっているため、個人事業主や自営業者であってもお金を借りることができます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る