カードローンの審査基準って?※審査に落ちる人と通る人の違い

カードローンの審査基準は会社によって違い、詳しい中身も公開されていません。
しかし、審査に通るかの目安を診断してくれるカードローンであればより早く審査結果の目安を知ることができるのでおすすめです。
審査が心配な場合は、審査のスピードと審査に通るかの目安を診断してくれるかをポイントにカードローンを選びましょう。

審査に通るかの目安を診断してくれる
審査がスピーディ

 

審査の早さなら「モビット」「プロミス」がおすすめ!
モビット プロミス

10秒で事前審査結果表示

スピーディー審査で最短30分回答

モビット

プロミス

⇒モビットの公式サイトはこちら ⇒プロミスの公式サイトはこちら

 

審査がスピーディーな「モビット」と「プロミス」がおすすめ!

審査の対応がスピーディなモビットとプロミスは人気の消費者金融系カードローンです。
プロミス、モビットはどちらも最短30分で審査結果を知ることができます。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

どちらのカードローンでもインターネットから申し込むことができます。
ネット申込みなら、一度も来店せずに自宅で審査を待つことができるので、わざわざ店舗に出向く手間を省くことができて便利です。
このような申込手続きの利便性や審査対応の速さは消費者金融ならではと言えます!

審査が不安な方は審査対応のスピードと事前診断可能な消費者金融がおすすめですが、最近では、借入診断ツールがある銀行カードローンもあります!
⇒審査が早い&事前診断あり!の銀行カードローンをチェック

 

モビットがオススメな理由

  • 10秒で事前審査結果表示
  • 郵送物・電話連絡なし!のWEB完結申込

 

モビットは、氏名などの個人情報を入力することによって事前審査を行ってくれます。
10秒簡易審査でとてもスピーディに借入の可否の目安知ることができます。
この10秒簡易審査は、正式な審査の一部という扱いになっています。

 

入力する氏名などの情報は正確なものを入力しましょう。
そうすることによって、その後の審査や手続がスムーズに進みます。
⇒モビットのカードローンに申し込む

 

プロミスがオススメな理由

  • スピーディな審査で最短30分回答!
  • 借入診断ツール有り

 

プロミスもモビットと同様に最短30分で審査結果が通知されます。
さらに公式ページでは借入診断ができます。生年月日、年収、現在の他社からの借入総額の3つを入力するだけでお借入診断をしてくれます。
プロミスが初めての利用なら、メールアドレスとWeb明細書の登録をすることで30日間の無利息サービスを受けることができるので、初めての方にはとてもおすすめです。
※診断結果は簡易的なものです。実際のお申込みでは、より詳細なお客さま情報に基づいてご審査いたしますので、ご希望に添えない場合があります。
⇒プロミスのカードローンに申し込む

 

カードローンの審査基準とは?

カードローンの申込をすると、申込をした方に返済能力があるかを様々な項目から審査していきます。
スムーズに借り入れするためにも、記入漏れや内容の誤りが無いようにしましょう。

 

カードローン審査の属性について

お申込の際には、

  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 保険の種類

など様々な入力項目があります。

 

これらひとつひとつの項目を「属性」と呼びます。
そしてその属性を基準に審査が始まります。

 

審査が不合格になるのはどうして?

属性に問題がある

審査が不合格の場合、なぜ落ちたのかを教えてもらうことはできません。
ただ、不合格のケースの多くは属性に問題があった可能性が高いです。
不安定な職業だったり、勤続年数が半年以下だったり、年収が少なかったり、賃貸だったり、一人暮らしだったりすると評価が低いとされてしまうことがあります。

 

属性の評価が低い場合、職業や勤続年数などその多くはすぐに変えれるものではありません。
なので、自分にあったカードローンを探したり、希望限度額を少なくしたりするなどの工夫が必要です。

信用情報の記載

また、個人の信用情報もチェックされます。
クレジットやローンなどでお金を借りると、その利用記録などが一定期間だけ信用情報に残ります。
さらに遅延や延滞、債務整理などで事故情報の記録が残っている場合は審査に落ちる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

銀行カードローンと消費者金融系カードローンの審査の違い

カードローンの種類は、そのサービスを提供する会社によって次の3つに分かれます。

  • 銀行カードローン
  • 信販系カードローン
  • 消費者金融系カードローン

一概には言えませんが、上の順番が審査の厳しい順だと言われています。
銀行カードローンは、低金利で借りられる分、審査がより厳しかったり、審査に時間がかかったりする傾向があるようです。
>>銀行カードローンについて詳しく知る

 

各社の審査基準は違うので1つ審査に落ちたからといって、他のカードローンの審査も通らないとは限りません。
しかし、短期間に多くのカードローンに申し込みをするのはおすすめできません。
カードローン会社は、他の金融機関への借入申込の情報も共有しているので返済能力を疑われ、審査に通らない原因となってしまいます。
なので、カードローンを利用する際は、自分にあったカードローンをしっかりと見極めた上で申し込みをすることが重要になります。

 

消費者金融系カードローンの審査

銀行カードローンのような低金利ではありませんが、消費者金融系カードローンはスピーディな審査というメリットが有ります。
審査が早くスピーディで借入までがスムーズなので、できるだけ早く借りたいという場合には消費者金融系カードローンがおすすめです。

 

モビットは審査が早くてスピーディ
モビット

 

実質年率 年3.0~18.0%

最大限度額

800万円
審査時間

10秒で簡易審査結果表示
即日融資も可能
土日の即日融資も可能
※当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要。ただし審査結果によっては振込不可の場合あり

特徴
  • WEB完結申込は電話連絡なし、郵送物なし
  • 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方ならOK
  •  

    プロミスは審査が早くてスピーディ
    プロミス

     

    実質年率 年4.5~17.8%

    最大限度額

    500万円
    審査時間

    スピーディな審査で最短30分回答
    最短1時間で融資
    土日の即日融資も可能

    特徴
  • 30日間無利息サービス

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • Web契約で即日振込みも可能
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • 三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス
  •  

    銀行カードローンの審査

    消費者金融のようなスピーディな審査対応は苦手だった銀行カードローンですが、最近では最短即日での融資※もできる対応がスピーディな金融機関も増えてきています。
    一般的には銀行カードローンの方が審査が厳しいと言われていますが、新生銀行カードローン レイクなら診断シミュレーションもできます!
    銀行カードローンを利用いしたい方にとってはとても嬉しい特徴だと言えます。

     

    事前診断あり!の新生銀行カードローン レイク
    新生銀行カードローン レイク

     

    実質年率 年4.5~18.0%

    最大限度額

    500万円
    審査時間

    申込み完了画面に表示

    特徴
  • 「30日間無利息」もしくは「5万円まで180日間無利息」

    ※180日間の無利息は契約金額が1万~200万円、借入額は5万円まで

  • 銀行カードローンだから安心
  • パート・アルバイトなどでも安定した収入があれば申込可能
  • 提携ATM手数料0円

    (提携ATMの詳細はレイクHPよりご確認ください)


  •  

    レイクの審査の特徴

    レイクはWebから24時間申し込みをすることができます!
    来店不要で、自分名義の口座へ振込をしてもらうことも可能です。
    ネットから申込を完了すると、審査結果画面で限度額や審査結果を確認することができます。
    本人確認書類の提出も、アプリ、メール、FAXで行えるので郵送や来店が不要でとてもスピーディで便利です。

     

    審査が心配な方は、「借入診断」で生年月日、年収、他社からの借入件数と借入額を入力すれば審査結果の目安をすぐに診断できます!
    >>お申し込み・借入診断はコチラからどうぞ

    失敗しない!カードローン選びレッスン

    ページトップへ戻る