女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

アコムは総量規制の対象外?融資限度額はどうやって決まる?

これから融資を受けようと思っている方にとって、どれだけ借入できるかは重要な問題です。
すでに借入を行っている場合は、アコムが「総量規制」の対象外かどうかが気になるのではないでしょうか。

 

アコムは総量規制の対象外?

銀行のカードローンは総量規制対象外です。
アコムは三菱UFJファイナンシャルグループのため銀行のカードローンと思っている方もいますが、アコムは消費者金融系です。
アコムやアイフルなどの消費者金融カードローンは総量規制の対象になります。
そのため、消費者金融は年収の3分の1を超えるような貸付を行うことはできません。

 

今回は総量規制を踏まえて、「あなたの年収でいくらまで借りられるのか」や「総量規制の対象外となる商品」について解説します。

 

総量規制の影響|年収600万円ならいくらまで借りれる?

年収が600万円のサラリーマンの場合、いくらまで借りられるのでしょうか。

 

総量規制により「借入総額は年収等の3分の1までに制限される」と貸金業法で決まっています。
これを参考に考えると、他からの借入がなく600万円の収入の場合、借入可能な金額は200万円までとなります。
ただ、これは法律による制限で実際、この限度額が適応されるわけではありません。
ほとんどの場合、これよりも低い限度額となります。審査が不安な場合には、アコム公式サイトから3秒診断をしてみるのがおすすめです。

>>アコムの公式サイトで3秒診断する

 

複数のカードローンを契約するよりも1社から総量規制いっぱいまで借りるほうが得?

それではカードローンを申し込む場合は、複数社で契約する方が条件は良いのでしょうか。
それとも一社から多くの金額を借りる方が良いのでしょうか。

 

結論から伝えると一社から総量規制いっぱいまで借りた方が毎月の返済が楽になるケースがあります。
消費者金曜や銀行の貸付金利は契約極度額によって決まります。
例えば、アコムのキャッシング専用カードローンの場合、極度額が100万円未満の場合と極度額が501万円以上の場合の実質年率では限度額が高いほうが低くなります。
一方、同じ金額でも複数社から少額ずつ借入を行うと、高金利で返済することになります。

 

つまり、一社の限度額を挙げて借りた場合は、低金利になり月々の返済額が下がる可能性があるといえます。

 

アコムで総量規制いっぱいまでの増額するのは難しい?

一社から総量規制いっぱいまで融資を受けるのが効率的な借入方法ですが、実際には借入限度額は総量規制よりも低く設定されることが一般的です。
総量規制は法律によって賃貸業者が貸付をいくらまで行ってよいか定めた法律です。
一方、実際の貸付金額を決めるのはアコムなどの賃貸業者です。賃貸業者は総量規制の範囲内で計算し、本人が返せると判断した金額を借入金額に設定します。
初めて借入を行う場合は、アコムとの信頼関係ができていないため、限度額は低めに設定されます。

 

総量規制対象の消費者金融は収入証明書類が必須?

消費者金融で借入を申し込む場合、収入証明書類は必要なのでしょうか。
総量規制は安定した収入を基準とします。
そのため、所得証明書などの書類が必要な場合もあります。
しかし、消費者金融によっては、借入状況や借入希望金額によって不要となる場合もあります。
アコムでは、下記のような場合に収入証明書が必要です。

 

アコムで収入証明書類が必要になるケース
  1. アコムでの利用限度額が50万円以上の場合
  2. アコムの利用限度額と他の貸金業者の借入合計額が100万円以上の場合
  3. アコムに収入証明書を提出してから3年以上経過している場合

 

 

アコムに総量規制対象外のローンはありますか?

このように消費者金融では総量規制の範囲内までしか借金ができません。
しかし、自動車ローンや住宅ローン・医療費ローンなどのローンは総量規制の対象から除外されます。
このように、他社のサービスではローンを借りる理由によって追加融資を受けられるケースもあります。
アコムにも総量規制の対象外となる商品があります。
ここからは、アコムのカードローンで総量規制の対象になる貸付と総量規制の対象外となる貸付を解説します。

 

総量規制の対象となる貸付一覧

・カードローン
・クレジットカード(カードローン付き)

 

アコムのビジネスサポートカードローンは総量規制の対象外?

アコムの商品にはビジネスサポートカードローンがあります。
これは、個人事業主の方を対象に最大で上限300万円までの限度額で事業資金の貸付を行うサービスです。
このビジネスサポートカードローンは審査に通れば、年収の3分の1以上を超える借入額も可能です。
賃金業法では個人事業者に対する事業用の貸し付けは総量規制の例外として扱われています。
そのため、ビジネスサポートカードローンは総量規制の対象外となっています。

 

アコムの借換え専用ローンは総量規制の対象外?

また、アコムには個人向けの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」があります。
これは、複数社の借入をアコムで借り換えるためのローンです。
一般的におまとめローンと呼ばれているアコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」は総量規制の対象外です。
これは「顧客に一方的有利となる借換え」は例外として総量規制の対象外となるからです。
アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」は、他者の借り入れを一本化しまとめることで金利が下がることがあります。
このようにデメリットがなく顧客の負担を軽減できるメリットがある場合は、借入総額を超えていても借換え専用ローンが利用できます。

 

クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象?

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。
現金を引き出せるキャッシング枠は総量規制の対象です。
年収の3分の1を超えて引き出すことはできません。一方でショッピング枠は対象外です。
そのため、総量規制いっぱいまで借りている状態でもクレジットカードでお支払いを行うことは可能です。

 

 

アコムのカードローンと総量規制の関係まとめ

アコムは保証人不要で審査もスピーディな評判のよいカードローンです。

 

  • 消費者金融の一般的なカードローンは総量規制対象
  • 総量規制は年収の3分の1を超える借入を規制
  • 複数の金融機関から少額ずつ借りるよりも一社から多く借りる方が低金利でお得
  • 一社で総量規制いっぱいまで限度額を挙げるのは難しい
  • 借入状況によっては、収入証明書が必要になる
  • アコムも借換専用ローンは総量規制の対象外

 

総量規制は借り過ぎによって消費者に負担が掛かることを避けるための作られた法律です。
緊急事態であっても闇金や違法業者などの運営者から借りると家族にも大きな被害が出ます。
借入を申し込む場合は自分の返済能力と相談して対応できる範囲で行うようにしましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る