女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

今すぐできるアイフルのシミュレーション完全活用ガイド!

アイフルのシミュレーションを使ってみよう

アイフルの公式HPには、融資可能かシミュレーションできる「1秒診断」と、
各回の返済額をシミュレーションできる「返済シミュレーション」が用意されています。
どちらも無料で気軽に使えます。
ここでは試して納得!借入をご検討中の方に、シミュレーション利用方法と賢い返済方法をご紹介したいと思います。

 

アイフルの審査シミュレーション

融資可能?1秒診断の方法

早速「1秒診断」をやってみましょう。

 

年齢・雇用形態・年収・他社借入金額を入力します。
他社借入金額はクレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除くキャッシングローンの借入金額です。

 

例えば

  • 年齢 20歳以上
  • 雇用形態 従業員(派遣・パート)
  • 年収 180万円
  • 他社借入額 20万円

と入力して「診断開始ボタン」をクリックすると、
「ご融資可能と思われます。ご融資の検討が可能です。ぜひこのままお申し込みください。
本審査にて審査結果・ご融資可能金額を算出させていただきます。」
というメッセージとともに「いますぐお申込み」ボタンが表示されました。

 

では、ちょっと条件を変えて

  • 年齢 20歳未満
  • 雇用形態 従業員(派遣・パート)
  • 年収 180万円
  • 他社借入額 20万円

と入力して「診断開始ボタン」をクリックしてみます。

 

「 大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません。
お申し込みのタイミングにて、以下条件に該当する場合は、
当社規定によりお借り入れができません。あらかじめご了承ください。

  • 19歳以下のお客様
  • 70歳以上のお客様
  • 専業主婦のお客様
  • 無職のお客様

※ご融資は、満20歳以上69歳以下の定期的な収入(パート・アルバイト含む)と返済能力を有する方で、当社基準を満たすお客様になります」
というメッセージが出て「戻る」ボタンが表示されました。

  • 年齢 20歳以上
  • 雇用形態 専業主婦
  • 年収 180万円
  • 他社借入額 20万円

 

この条件でも「大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません~」のメッセージです。
次にすでに借入金額が年収の3分の1を超えている場合、つまり総量規制にひっかかっている可能性があるケースはどんなメッセージが出るのでしょうか?

  • 年齢 20歳未満
  • 雇用形態 従業員(派遣・パート)
  • 年収 180万円
  • 他社借入額 65万円

「ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。
このままインターネットやお電話にてお申し込みいただけましたら、ご融資可能か否か(本審査結果)を回答させていただきます。」
というメッセージとともに「いますぐお申込み」ボタンが表示されました。
借入をしている他社が貸金業者か銀行か分からないので、総量規制にひっかかっているとは判断できないということですね。
この結果から、「1秒診断」では必要最低限のチェックのみおこなっているということが予想できます。

 

1秒診断が終わったら…

「1秒診断」結果画面に「いますぐお申込み」ボタンが表示されていたら、そのボタンをクリックすれば、そのまま申込画面に移動できます。
注釈にもあるように、もし申込みをした後に「やっぱりやめよう」と思ったら、キャンセルも可能です。
これは助かりますね。

 

毎月の返済がどのくらいになるか不安という場合は「返済シミュレーション」を使って、返済計画をたてると安心です。
返済シミュレーション画面は キャッシングのアイフルTOP>返すときは から行くことができます。

 

 

 

アイフルの返済シミュレーション

各回の返済金額をシミュレーションする方法

「返済シミュレーション」を使ってみましょう。
支払方式・支払サイクル・ご利用金額・貸付利率(実質年率)を入力します。

 

例えば

  • 支払方式

    A.借入後残高スライド元利定額リボルビング

  • 支払サイクル

    A.35日サイクル制

  • ご利用金額

    10 万円

  • 貸付利率(実質年率)

    18.0 %

と入力して「実行」ボタンを押すとシミュレーション結果として、
トータルの内容の後に、支払い回数ごとの月次分割額・利息充当分・元金充当分・残元金が表示されます。
スクロール画面で見づらい場合は、「シミュレーション結果を別ウィンドウで開く」の文字をクリックすると、別ウィンドウで一覧表形式の結果を確認することができます。
この別ウィンドウは見易くて良いですね。

 

※ 本シミュレーションの結果は参考値であり、実際のものと異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用ください。

 

貸付利率ってどう入力すればいいの?

初めてアイフルを利用する場合は、下記の『貸付利率の目安』を参考にして貸付利率を入力します。

 

<貸付利率の目安>

 

  • ご利用金額が100万円未満の場合:18.0%
  • ご利用金額が100万円以上300万円以下の場合:15.0%
  • ご利用金額が300万円超500万円まで:12.0%

実質年率は融資額に対応しており、融資額が高くなるほど低くなる仕組みになっています。
初めての場合はほとんどのケースで、少額融資で最高金利の18.0%が適用されます。
なぜこのような仕組みになっているかと申しますと、法律(利息制限法・貸金業法)で融資金額毎の金利の上限が定められているためです。
この上限金利を法定金利と呼び、下記のように定められています。

 

融資額 法定金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

 

アイフルの初めて利用では、法定金利が適用されているということですね。

 

返済シミュレーションで金利計算してみたけどいまいちピンと来ない…??

支払方式:「借入後残高スライド元利定額リボルビング」と「元金定率リボルビング」

リボルビングという言葉は知っていても、アイフルの2通りの支払方式の違いはちょっと分かりづらいかもしれませんね。

 

「借入後残高スライド元利定額リボルビング」とは、借入直後の残高で毎回の返済金額が決まる方式です。
返済中に新たに借入をした場合、その時点で次回からの返済金額が再設定されます。

 

例えば支払サイクルが「35日サイクル制」であれば、借入直後残高に対して返済金額は下記のように設定されています。

 

借入直後残高 返済金額
1円 ~100,000円 5,000円
100,001円 ~200,000円 9,000円
200,001円 ~300,000円 13,000円

 

 

返済金額の内訳は利息+元金の一部。
返済金額から先に利息分へ充当、その残りが元金の返済に充てられます。

 

「元金定率リボルビング」とは借入金額に対する割合で返済金額を算出し、それに利息分をプラスして毎回返済する方法です。
借入金額に対する割合の設定方法は残念ながら公式HPには出ていませんでした。
返済シミュレーションで実際にやってみると下記の様になりました。

 

借入金額 返済金額 割合
100,000円 5,000円+利息 5.0%
200,000円 10,000円+利息 5.0%
300,000円 10,500円+利息 3.5%

 

アイフルでは支払方式を平成23年9月3日に切り替えていますので、契約時期によって支払方法が異なります。
平成23年9月3日以前から契約があった人は「元金定率リボルビング」、
これから初めてアイフルから借りる人は「借入後残高スライド元利定額リボルビング」での返済になります
返済シミュレーションを使う場合も契約時期に従って、支払方法を選択するようにします。

 

支払いサイクル:「35日サイクル制」と「約定日制(毎月払い)」

支払いサイクルは「35日サイクル制」と「約定日制(毎月払い)」のいずれかを指定できます。

 

「35日サイクル制」とは返済期日が、前回返済日の翌日から数えて35日目になるサイクルです。
(最初の返済期日は借入日の翌日から35日後です。)

 

「約定日制(毎月払い)」とは利用者が指定した毎月指定日が返済期日になるサイクルです。
(例:毎月25日払い)

 

返済シミュレーションで結果を比べてみましょう。

 

  • 支払方式

    A.借入後残高スライド元利定額リボルビング

  • ご利用金額

    A.10万円

  • 貸付利率(実質年率)

    A.18.0%

 

【35日サイクル制の場合】
お支払い回数: 25回 月次分割額: 5,000円 (最終回: 3,709円)
お支払い期間: 2年5ヶ月 お支払い総額: 123,709円

 

【約定日制(毎月払い)の場合】
お支払い回数: 32回 月次分割額: 4,000円 (最終回: 2,260円)
お支払い期間: 2年8ヶ月 お支払い総額: 126,260円

 

「35日サイクル制」より「約定日制(毎月払い)」の方が、支払サイクルが短い分、月次分割額が少なく設定されているので、結果として支払回数も支払総額も多くなっています。

 

アイフルのシミュレーション結果を賢く利用!

余裕がある時は追加で返済&一括返済で利息分を節約

 

返済シミュレーション結果でお分かりになったかと思いますが、そもそもリボルビング払いは一回の支払金額を低く抑えることができますが、
そうすることで支払回数も支払総額も多くなるというデメリットのある仕組みなのです。

 

カードローンを利用する場合は、必ず追加返済や一括返済をおこないましょう。
追加返済や一括返済分のお金は、全て元金の返済に充てられますから、その分利息が減り、返済総額が少なくなります。

 

下記の条件で、途中、追加返済3万円をした場合を机上シミュレーションしてみます。

  • 支払方式

    A.借入後残高スライド元利定額リボルビング

  • 支払いサイクル

    A.35日サイクル制

  • ご利用金額

    A.10万円

  • 貸付利率(実質年率)

    A.18.0%

 

返済回数 月次分割額 利息充当 元金充当 残元金
1 5,000円 1,726円 3,274円 96,726円
2 5,000円 1,669円 3,331円 93,395円
3 5,000円 1,612円 3,388円 90,007円
4 5,000円 1,553円 3,447円 86,560円
5 5,000円 1,494円 3,506円 83,054円
6 5,000円 1,433円 3,567円 79,487円
7 5,000円 1,371円 3,629円 75,858円
8 5,000円 1,309円 3,691円 72,167円
9 5,000円 1,245円 3,755円 68,412円
10 5,000円 1,180円 3,820円 64,592円

 

ここで30,000円追加返済します。 残元金: 34,592円

 

返済回数 月次分割額 利息充当 元金充当 残元金
11 5,000円 579円 4,403円 30,549円
12 5,000円 527円 4,473円 26,076円
13 5,000円 450円 4,550円 21,526円
14 5,000円 371円 4,629円 16,897円
15 5,000円 291円 4,709円 12,188円
16 5,000円 210円 4,790円 7,398円
17 5,000円 127円 4,873円 2,525円
18 2,568円 43円 2,525円 0円

 

支払い回数が18回、支払い総額: 117,568円に減りましたね。
追加返済しない場合に比べると、6,141円の利息を支払わなくて済みました。

 

給料日やボーナスのタイミングをチェック!

支払サイクルを選ぶ際のポイントは、給料日やボーナス日を考慮して設定することです。
そのタイミングであれば、返済できなくなることもありませんし、思い切って追加返済、一括返済をしてしまおうという気になるものです。

 

今すぐできるアイフルのシミュレーション完全活用ガイドまとめ

  • 「1秒診断」では必要最低限のチェックのみおこなっている
  • 月々の返済がどのくらいになるか不安という場合は「返済シミュレーション」を使って、返済計画とたてると安心
  • リボルビング払いは追加返済や一括返済で利息を安くおさえることが肝要
  • 支払サイクルを選ぶ際のポイントは、給料日やボーナス日を考慮すること

 

 

いますぐ申し込みたい!アイフルの即日借入

アイフルのお急ぎ審査・即日融資は、インターネットから申し込み後、≪【アイフル】カード申込・受付完了メール≫が届いたら、
フリーコール(0120-337-137)に電話することで対応してもらえます。

 

お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。

 

カードローンを賢く利用するコツはなんといっても計画的であることです。
「借入額を抑えて早めに返す」を心がけて、安全に利用しましょう!

カードローンを利用したいけど気になるのが審査に通るかです。せっかくカードローンに申し込んでも審査で通らなかったら意味が無いです。審査に問題無く通る状態だったらいいけど、すでに他から借りていてそれなりに借入残高が有る場合は審査が通るか通らないかは分かりません。それに総量規制で貸金業者は貸し出しに制限があるから、審査は前よりも厳しくなっています。それで審査が通るか分からない場合は、アイフルの電子仮審査を受けてみることです。電子仮審査とはインターネットのアイフルのサイトで仮審査をやっていて、年齢と雇用形態と年収と他社借入総額を入力するだけで判断してくれます。1秒で診断結果が出て借りられると判断されれば、申し込んでみればいいし、駄目と判断されればあきらめるだけです。仮審査は個人情報を入力する必要は無いから、仮審査を受けても誰にもばれませんから大丈夫です。しかしアイフルの電子仮審査で融資可能と判断されても、アイフルで借りることが出来るとは限りません。仮審査と本審査は違うから仮審査が通っても本審査が通るとは限りません。電子仮審査はあくまでも簡易的な判断でして、簡易的な判断でも借りられないと判断されるかを調べる為に有ります。だから電子仮審査で融資可能と判断されてもアイフルで借りられると思わないで、カードローンが必要なら本格的な審査を受けて、審査が通って融資を受けられることを待つしかないです。それで審査が通ればカードを使ってキャッシングをするだけです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る