女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

アイフルで金利を下げたい!利息を安くする方法

アイフルの金利は消費者金融の中では低い?

アイフルは最短即日融資可能なカードローンです。プロミスやSMBCモビットなど他の消費者金融と比べると下限金利は高めですが、上限金利は他の消費者金融と同じくらい。多額の借り入れを行う場合は、下限金利が低いアコムなどの方が良いですが、少額の借入はアイフルを利用するのもよいでしょう。

 

アイフルは限度額が高額になると金利は下がる?

アイフルでは限度額が高くなるほど、金利は低くなります。例えば、借入金額が50万円までの場合の実質年率は18.0%で、借入金額が100~300万円の場合は15.0%です。またこれまで消費者金融の上限金利は29.2%までとされていましたが、賃金業法の改正によって20.0%まで下がりました。
以前は、高い利率で返済金額が膨らみ返済できなくなることがありました。この法律はそのような事態を減らすことで、安心してキャッシングできるようにするために作られた法律です。現在でも、ヤミ金融で借金をすると借入可能額は高く、利息額が莫大になるため消費者金融を利用するようにしましょう。

 

カードローンの下限金利が低くても意味がない?!

カードローンでは「最低金利3%」と書かれていることがあります。一般的には、これは下限金利のことです。下限金利は借入金額が多い場合などに適応されます。そのため実際には、借入を行う場合に下限金利に書かれている低金利で借りられるわけではありません。

 

アイフルのカードローンは初めてなら金利0円の無利息期間あり

アイフルに初めて申し込みを行った人の場合、契約日から30日間は利息0円で借りることができます。
これは30日以内の返済が条件です。30日の返済期間中に返済した金額については無利息になりますが、返済が完了しなかった分については利息がかかるため注意が必要です。

 

アイフルで30万円借りたら利息はいくら?

例えば、アイフルで30万円を借りた場合の金利は18.0%です。この場合の利息は54,000円です。つまり、返済時は354,000円を返済する必要があります。金利はパーセンテージで表記されるため返済額がどの程度になるかが理解しないまま利用してしまい、後で苦労してしまうこともあります。そのため、前もって返済金額をしっかりと理解しておくことが重要です。

 

そもそも金利と利息って何が違うの?

利息は、借入を行った場合の利子です。つまり、利息はこれはお金のレンタル料金のようなものです。一方、金利は借入額に対して1年間で「利子がつく割合」を表したものです。例えば、30万円を借りた場合の金利と利息の関係は次のようになります。

 

30万円(元金)×18.0%(金利) = 54,000円(利息)

 

30万円の借り入れを行った場合、、返済額は元金30万円に利息の54,000円を追加した354,000円になります。

 

アイフルの金利、返済が心配なら返済シミュレーション

アイフルでお金を借りた場合の返済について不安が残るなら、公式サイトで返済シミュレーションを行うのがオススメです。支払い方式や、支払い頻度、借入希望額、実質年率を入力することで月々の返済プランを算出することができます。毎月の返済が不安な方はこのネット診断サービスを利用しておきましょう。

 

※ 本シミュレーションの結果は参考値であり、実際のものと異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用ください。

 

金利優先でカードキャッシングを選ぶならアイフルよりも銀行カードローン?

もしもカードローンを選ぶときに金利を低く抑えたい場合は、銀行カードローンがオススメです。例えば、りそな銀行のカードローンの場合は、金利が6.5%~14.0%と低く設定されています。カードローンを選ぶ際に金利を優先するなら、消費者金融よりも銀行カードローンが便利です。

 

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しい?

一般的には、銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいと言われています。銀行系カードローンは、審査を行う場合に銀行独自の審査と、保証会社での審査を行います。消費者金融に比べて審査が多いことが借り入れ難易度を挙げている理由の一つです。

 

アイフルの金利を下げる方法ってある?

限度額の増額が金利を下げる1つの方法

アイフルで契約した後、増額申請を行うことで借入限度額をあげることができる可能性があります。金利は限度額に基づいて設定されます。一般的には上限金額が100万円の場合よりも、300万円の場合の方が、金利は低くなります。そのため、金利を低くしたい場合には他社での借り入れを増やすのではなく限度額の増額を申し込むのも良いでしょう。

 

キャッシングの枠を増額するには信用と年収が重要

増額を行いう場合には、審査が必要です。この審査では総量規制という年収の3分の1を超えていないか、支払いの滞納が過去に生じていないかを確認されます。これまでに、借りた金額を期日内に返済できている実績があれば、返済能力がある人と判断されるため増額を受けやすいと考えることができます。返済履歴などの信用情報は、増額の審査に限らず他社で新規の申込を行う場合にも参照される場合があります。信用情報に傷がついていると審査に通りづらくなる可能性があるため返済はきっちりと行うようにしましょう。

 

 

アイフルの金利まとめ

最後にポイントをまとめておきます。

  • アイフルの上限金利は他の消費者金融と同じくらい
  • 少額を借りる際は下限金利ではなく上限金利が低い方がお得
  • 金利は利子率、利息は実際に支払うレンタル料金
  • 初めての方は、30日間利息ゼロで借りることができる
  • 金利を低くしたい場合は、消費者金融よりも銀行カードローン

 

返済に滞納が生じてしまうと、他の金融機関でも借り入れを行うことができなくなる可能性が有ります。そのため、契約前に借り入れを返済できるかをシミュレーションしておくことが大切です。

資金が不足してしまっている状態のときには、お金がどうしても必要ですので、消費者金融のキャッシングを使いたいと検討している人もいると思います。
消費者金融のキャッシングには、それぞれの金融業者ごとに特徴が異なりますので、事前に自分のニーズに適したサービスを行っているところはどこか調べておくことがおすすめです。
キャッシング選びのポイントの1つに、金利が安いかどうかという点があると言えます。
借り入れを行った金額は必ず返済する必要がありますので、金利はできる限り安いほうが、返済金額が少なくなるのでお得です。
金利が安い消費者金融として、人気のあるキャッシングサービスを行っているところはアイフルです。
アイフルの金利は、年率で4.5%から18%で融資が受けられますので十分な低金利のサービスを実現していると判断できます。
借り入れ可能な限度額は、最大で500万円までの設定ですので、大きな融資にも対応してもらうことが可能です。
アイフルには低金利で融資が受けられる、おまとめMAXやかりかえMAXのサービスがありますので、他の消費者金融から既に多額の融資を受けているときには、1本化させることができます。
アイフルのおまとめローンであれば、金利が12%から15%で複数の債務を1本化させることができますので、返済計画の見直しを行ったり、返済金額そのものを大幅に減らせるのでおすすめです。
アイフルのキャッシングは20歳以上から70歳未満の人が利用できますので、若い人だけではなく、資金不足で困っている高齢者の方にもおすすめできる消費者金融と言えます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る