女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

アイフル、年収いくらで借入可?収入によって限度額ちがう?

アイフルは年収がいくらなら借入できる?

アイフルからお金を借りる場合、年収がどれくらいあれば十分なのか気にする人がいます。
しかし、カードローンはそもそも年収の明確な基準がないことを知っておきましょう。

 

年収が同じでも申し込む金融機関によって融資額は大きく変わってきます。
そのため、カードローンに申し込む際には収入は総合評価の一つの項目に過ぎないとおぼえておきましょう。
とはいえ、給与である程度は「どれくらい借りれるか」といったことがわかりますから、目安としては良い尺度となります。

 

 

アイフルのカードローン|年収と限度額との関係性は?

アイフルで借りれる額を知る上で、確認しておきたいのが総量規制です。
総量規制とは「年収の3分の1以下しか融資を受けられない」という日本の法律上の決まりのことですが、アイフルは他の金融機関と同じようにこの総量規制の対象です。
例えば、300万円をアイフルで借りようと思ったら、まずはその3分の1の100万円以上の年収がないといけないということです。

 

銀行グループでも総量規制の対象?

総量規制の対象となるのは消費者金融、事業者金融、クレジットカード会社、リース会社、ソーシャルレンディングサービス、NPOバンクなどです。

 

アイフルは消費者金融に含まれますから、アイフルで借りる際には総量規制の対象となります。

 

また、この総量規制は銀行には当てはまりませんが、だからといって銀行で借りる際にも年収の3分の1以上借りれるとは限りません。

 

確かに銀行は総量規制の対象外ですが、銀行は自主的に総量規制を取り入れている場合があるのです。
そのため、「年収の3分の1以上借りる」といったことは基本的に難しいことを知っておきましょう。

 

年収300万円なら限度額はいくら?

サラリーマンの平均年収は300万円から400万円ほどですが、年収300万円の場合にはどれくらいのお金を借りれるのでしょうか。
これは申し込む消費者金融によっても異なりますが、これを考える上で参考になるのが総量規制です。
総量規制のために、年収300万円の人であれば最高でも100万円しか借りれないことになりますが、これは飽くまで借りれる「最高額」です。

 

実際には審査によって更に借りれる額は落ちてきます。
そのため、現実的には50万円程度しか借りれないと考えておくと良いでしょう。
もちろん、これは初期の借入額であり、その後の追加審査を受けることでも増やしていくことができます。

 

年収の審査は年収で申告?手取りで申告?

カードローンを初めて申込む際、「年収・手取りのどちらを記載すれば良いのか」悩む人が少なくありません。
これは企業に勤めている人の場合、ボーナスを含めた年収を書くのがおすすめです。

 

そうすることでよりお金を借りやすくなります。
人によっては手取り額を記載する人もいますが、これだと借りれる額が少なくなってしまいます。
また、自営業の人であれば最終利益を記載するようにすると良いでしょう。

 

副業している場合の年収の申請方法

メインの給料収拾以外に副業収入がある際にはどうなるのでしょうか。
この際にはメインの収入と副業収入を合わせた額を申告書に記載すれば大丈夫です。

 

アイフルの年収を証明する必要書類

申し込みの際に年収を証明するため、以下の書類の提出を求められることがあります。

  • 源泉徴収書や直近2ヶ月分の給与明細書
  • 住民決定通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 支払調書
  • 収支内訳書など

自営業の人であれば青色申告決算書や所得証明書でも構いません。
このどれかのコピーを提出すれば十分ですから、アイフルに申込む際には用意しておくと良いでしょう。

 

所得証明書類の提出が必要なケース

アイフルでは収入証明書の提出が必要になることがあります。

 

例えば、アイフルの利用限度額が50万円を超える場合などです。
他にも、他の消費者金融などから借り入れしている額が100万円を超える場合や、収入証明書を提出してから3年以上経つ場合にも収入証明書の提出が求められます。
逆に収入証明書の提出が面倒であれば、借入額を制限することも効果的です。

 

年収で嘘の申告をするとばれる?

アイフルでは限度額が50万円以上であれば所得証明書が求められます。
この意味で虚偽の申告をすることは必ずバレるといっても過言ではありません。

 

しかし、収入証明書が求められない場合でも、年収を偽ることはおすすめできません。
もしもばれた場合には今後一切借り入れができなくなることもありますし、クレジットヒストリーにキズがつくこともあるからです。

 

カードキャッシングの申込には年収と年齢が絶対条件

アイフル利用時には最低限の条件を満たしているか確認しておきましょう。

 

例えば、ファーストプレミアムカードローンであれば「年齢が23歳以上かつ59歳以下」といった決まりがあります。

 

加えて、一定以上の年収がないといけません。
他にも「わんポチッと」は「年齢20歳以上かつ定期的な収入がある」事が求められます。
このように年収と年齢の最低限の決まりがありますから、申し込む際には確認しておきましょう。

 

カードローンの審査を受けるための年収や年齢の基準はある?

アイフルの借り入れでは基本的に「一定以上の収入があること」が求められます。
とはいえ、これは明確に決まっているわけではありませんから、自分の年収が条件を満たしているかどうか解りにくいものです。

 

アイフルの利用において審査に不安のある方は、公式サイトに「一秒診断」が用意されています。

 

年齢、雇用形態、年収、他社借入れ額を入力することで、借入れ可能かどうかを仮審査できます。

 

>>今すぐ1秒診断を受けてみる!

 

カードローンの審査は雇用形態も重要?

アイフルの審査では雇用形態や職業、従業員数、最終学歴大卒なども重要なポイントになります。

 

例えば、派遣社員の場合には「収入が安定していない」とされてしまい、審査も受かりにくくなります。

 

とはいえ、派遣社員だからといって必ず借りれなくなるというわけではありません。
飽くまでも雇用形態も融資額を決める一つの基準と考えておきましょう。

 

アイフルの限度額の増額には年収がポイント?

アイフルでは融資額の増額ができます。
この増額には「年収の増加」が大きく関わってきます。
また、それまでの利用実績などの評判も見逃せないポイントです。

 

逆にカードローンを契約してから1回も使っていないといった場合には増額にもマイナスになります。
また、非管理職から管理職に変わったといった場合にも、増額ができることもあります。

 

転職した場合には年収などを再度申告する?

転職や引っ越し、携帯番号の変更をした際にはアイフルに申告する必要があります。
これをしておかないと「音信不通」とされてカードが使えなくなってしまうこともあるのです。
また、転職の情報などを知らせておけば増額の勧誘も来ることがありますから、しっかりと伝えておくと良いでしょう。

 

アイフルの年収と借入額まとめ

  • 年収は融資額が決まる一つの基準
  • 不安ならば公式サイトで融資額を確かめてみる
  • 雇用形態も融資額に関係する
  • 総量規制の存在
  • 年収が上がったら増額ができることがある
  • 申込書には年収を書くことがオススメ
  • 増額時には年収だけでなく利用実績も重要なポイントとなる
  • 収入所得証明書の申し出がひつようになることがある

といった点に注意しておく事が大事です。
このようにチェックポイントは多いですが、年収が幾ら低くてもお金を借りれる可能性があることは知っておきましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る