女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

アイフルの審査時に必要になる書類

アイフルで求められる必要書類と申し込み方法

必要となる書類

カードローン会社のアイフルと契約する時に、必ず必要になるのが本人確認書類と収入証明書類の2種類の書類です。

 

本人確認書類

アイフルの申し込み時に必要となる書類の1つである本人書類は、氏名、生年月日、住所の記載のあるもので、なおかつ顔写真入りのものに限ります。よって、アイフルで認められている本人確認書類には、下記のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • その他条件を満たす公的証明書類

ちなみに、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合には、「申込者氏名」と「現住所」の記載のある下記の書類も合わせて必要になります。

  • 電気、ガス、水道・などの公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

 

収入証明書類

アイフルの申し込みで必要になるもう1つの書類に収入証明書類があります。収入証明書は安定した収入を証明するために必要になるもので、最新発行分1部(給与明細書のみ2部)が必要です。アイフルでは下記の収入証明書を有効としています。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 住民税決定通知書・納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

 

在籍確認書類

アイフルでは審査の時に、必ず勤務先に在籍確認の電話があります。しかし、勤務先にどうしても電話をされたくない方の場合、アイフルのオペレーターに相談してみると、書類での在籍確認を行なってくれる場合もあるようです。しかしこれは、どうしてもやむなき事情がある時に限るので、希望した全員が書類での在籍確認ができるわけではありません。ちなみに、書類で在籍確認を行なう場合には、申込者がアイフル側に申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかの確認をします。そのため、以下のような書類が必要になる可能性があります。

  • 社会保険証(会社名入り)
  • 社員証
  • 直近2ヶ月分の給与明細書

この他にも書類の提出を求められる可能性もありますので、書類での在籍確認を希望する場合には、どのような書類が必要なのかも一緒に確認しておくことが大切です。

 

書類の提出が求められるタイミング

必要書類が求められるタイミングは、基本的に新規申し込みの契約時ですが、限度額の増額申請をする場合やアイフルが書類の再提出が必要と判断した場合に、書類を求められることがあります。

 

新規申込時

新規申し込み時に必要となる書類は、本人確認書類と収入証明書類です。本人確認書類は顔写真付きの運転免許証やパスポートなどが必要です。また、収入証明書類は自営業者の場合は確定申告書、アルバイトやパートを含む給与所得者の場合は源泉徴収票や給与明細書(直近2ヶ月分)などが必要です。

 

限度額の増枠をお願いする時

限度額の増枠を希望している場合には、最新の源泉徴収票または、直近2ヶ月分の給与明細書などの提出が必要になります。

 

アイフルが必要と判断した時

また、アイフルの利用限度額が50万円を超える場合、他社からの借入も含めた借入総額が100万円を超える場合、前回の収入証明書の提出から3年が経過している場合などに、書類の再度提出が求められる場合があります。この場合にも最新の源泉徴収票や給与明細書(直近2ヶ月分)などが必要になります。また、住所変更などの申告があった場合にも運転免許証などの書類の提出を求められる可能性があります。

 

申し込み方法による書類の出し方

アイフルの申し込み方法には店舗、インターネット、電話という3つの申し込み方法があります。
店舗はアイフル店舗窓口や無人契約機など来店をして申し込みを行なう方法で、インターネットは、アイフルの公式ホームページから申し込みを行なう方法です。また、電話は、アイフルの申し込みフリーコールなどを利用して申し込みを行なう方法です。

 

インターネットで申し込む場合

インターネットでは、公式ホームページ内で必要事項を入力するだけで申し込みが可能です。書類を提出する場合には、「書類提出サービス」を利用するかメールでの書類の提出となります。書類提出サービスとは、アイフル独自で行なっている書類提出のためのサービスで、スマホなどで撮影した本人確認書類や収入証明書を添付し、指定のサイト内にアップロードし必要項目に入力をして提出する方法です。また、Eメールなどに添付して指定のメールアドレスに送信する方法などもあります。

 

電話で申し込む場合

電話で申し込みの場合、申し込みフリーコールや女性専用ダイヤルに電話をし、口頭で必要事項を回答して申し込みを行ないます。しかし、書類提出までを電話で完結させることはできません。そのため、直接店舗窓口や無人機に来店するか、ネットでの提出を行なうかで書類を提出します。もちろん郵送での提出も可能ですが来店やネットの提出に比べると時間がかかってしまいます。

 

無人契約機で申し込む場合

無人契約機で申し込みをする場合、設置してある電話機を使用して、オペーレーターの案内のもとで申し込みを行ないます。契約時の書類の提出は、同じく無人機内に設置してあるスキャナを利用して、書類の提出をします。

 

店頭窓口で申し込む場合

店頭窓口で申し込む場合には、店頭の担当者の案内のもとで申し込みをします。店頭の場合は担当者がいますので、持参した必要書類を担当者に提出するだけです。

 

アイフルの審査時に必要になる書類のまとめ

今回は、アイフルの審査時に必要となる書類について調べ、以下のような結果が出ました。

  • アイフルに申し込みをする場合、本人確認書類と収入証明書類の2種類が必要である
  • 書類が求められるタイミングは新規申し込み時以外にも増額申請時、アイフルが必要と判断した時にも再提出が求められる場合がある
  • インターネット・店舗・電話での申し込み方法の違いで、それぞれ書類の提出方法も変わる

アイフルと契約してキャッシングサービスを受けるためには、必要書類の提出は必須です。申し込み時に不備なくスムーズな融資を受けるためにも、書類は事前にしっかりと用意しておきましょう。

お金を借りる際は、手続きを行い、審査を受ける必要がありますので、手続き前には必要書類はきちんと用意しておきましょう。

必要書類がどんなものが必要なのかということとなりますが、消費者金融のキャッシングなら、手続きに必要な書類は少なく済みますので、準備も手軽に行うことができます。

アイフルも大手消費者金融として知られていますが、アイフルで融資を受けるなら、まずはどんな準備が必要なのか確認しておきましょう。

アイフルの手続き方法としては来店、自動契約機、インターネット、電話など様々な方法があり、来店でも来店なしでも手続きを行うことができます。

まず、本人であることを証明しなくてはいけませんので、必要書類では本人であることを確認できる書類が必要です。
この場合は運転免許証があればそれを用意しておくと良いですし、持っていないという場合はパスポートや健康保険証が役立ってくれます。
本人確認書類の記載の住所が現在の住所とは異なる場合は氏名と現在の住所が記載されている公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書などを合わせて用意することとなります。

そしてアイフルの利用が50万円を超える場合、他社との借入れの合計が100万円を超える場合は収入を証明できる書類の提出も必要です。

この場合は源泉徴収票や確定申告書、所得証明書、そして給与明細の場合は直近2か月分が必要となりますので、まとまった金額の融資を受けたい場合はこうした書類も用意しておきましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る