女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

カードローンを簡単に利用したい!申し込みや審査って大変?

カードローン|手間を省いて簡単に審査を受けさせてくれる会社は?

カードローンを利用するためには、まず始めに銀行や消費者金融といった金融機関に申し込みをして、その会社のローン審査を通過する必要があります。
ローン審査とは「このひとにお金を貸してもちゃんと返してくれるか?」ということを、個人のデータをもとに客観的にチェックすることです。
審査の詳細な基準は各金融機関で独自に設定しており、一般に公開されるものではありませんが、年収や勤務先、勤続年数、年齢などの「属性」と過去の取引実績や他社からの借入額・借入残高などの「信用情報」をスコアリングして、融資の可否を判断しているということでは共通しています。
審査を受けるためには、申込者の情報を提供しなければなりませんから、いくつかの書類が必要になります。
早急にお金が必要なときに、あれもこれもと書類を用意をするのは、正直、手間ですよね。
そこでなるべく手間を省いて、簡単に審査を受けさせてくれる会社があればいいなと思いませんか?ここではそんな会社を見つけるためのポイントをご紹介したいと思います。

 

 

カードローンを簡単に利用できる会社のポイント

カードローンを簡単に利用できる会社のポイントは2つ
・提出書類が少なく手続きが簡単
・審査のスピードが早い
それでは、詳しくみていきましょう。

 

カードローン審査|収入証明不要なら簡単手間いらず 何万円までなら不要?

カードローンの申し込みに必要な書類で少々やっかいなのが収入証明書です。
収入証明書とは「そのひとがどのぐらいの収入を得ているかを証明するための書類」のことです。
源泉徴収票、給与明細書、所得証明書、課税証明書などが該当します。
会社員や自営業(確定申告済み)であれば、特に問題なく用意できるのですが、稀に用意するのが難しいケースがあります。
例えば、アルバイトで給料は受け取っていても、きちんとした明細を渡されていないケース。
雇い先が役所に申告をしていないと、所得証明書も発行してもらえません。
自営業で確定申告をおこなっていない場合も同様です。
でも大丈夫です。
借入れ希望額によっては、収入証明書の提出が不要な場合があるのです。
金額の基準は金融機関によって異なりますが概ね以下のとおりです。

 

・消費者金融:借入れ希望額が50万円以下でかつ他社との合計が100万円以下の場合
・銀行カードローン:借入れ希望額が100万円以下の場合(200万円以下、300以下という銀行もあります)
この条件内であれば、収入証明書を発行してもらえなくても、または紛失して再発行が必要であっても、提出不要ですから問題ありませんね。

 

審査スピード|銀行カードローンと消費者金融どっちが早い?

すぐにお金が必要なのに、審査に時間がかかるようでは困ってしまいますね。
急ぎの時ほど、審査が早いカードローンを選びたいものです。
では、銀行カードローンと消費者金融ではどちらの方が審査が早いでしょうか?最短即日対応としているところは銀行にも消費者金融にもあります。
そのようなところに申込めば、審査スピードには大きく差はありません。
即日対応してもらうには、提出書類に不備がないこと、前提条件をクリアしていることが必須ですから、そこはぬかりのないようにしてください。

 

例えばSMBCモビットのWEB完結申込みなら、
1.三井住友銀行または三菱UFJ銀行に申込者本人名義の預金口座がある
この条件を満たし、本人確認書類と勤務先がわかる健康保険証や給与明細書を用意して、平日の午前中にパソコンやスマホから申込めば、インターネットの手続きだけで最短即日対応可能です。

 

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

みすほ銀行カードローンのWEB完結申込みなら、
1.みずほ銀行に申込者本人名義の預金口座がある
2.みずほ銀行のみずほダイレクトを利用している、またはキャッシュカードや通帳を手元に用意できる
3.希望限度額が200万円以下
この3つの条件を満たし、平日の午前中にパソコンやスマホから申込めば、インターネットの手続きだけで最短即日対応可能です。

 

審査簡単・スピード融資のカードローンでも闇金は絶対にダメ!

すでに複数の金融機関から借金している場合や返済を滞納・延滞しているなどいわゆる訳ありやブラックな状態だと、消費者金融や銀行のカードローン審査にはとおりづらいでしょう。
だからといって、闇金やソフト闇金といわれるような違法業者からお金を借りては絶対にだめですよ!そんなところから借りたら最後、とうてい返すことができず、雪だるま式に借金が増えていくだけです。
「簡単・スピード融資」と宣伝している業者は沢山あって、皆同じように見えるので区別がつかないという意見もありそうですね。
それは確かにそのとおりです。
違法業者でも窓口の担当者はいたって普通で、接客態度も丁寧ですから、見た目や態度で見抜くことも難しいでしょう。
そもそも違法業者とは、国や都道府県から正式な許可を得て貸金業者登録をせずに、貸金業をおこなっている業者のことです。
貸金業者は貸金業法や利息制限法の範囲内で貸金業を営まなければなりません。
貸金業法では、個人が貸金業者から借入できる借入総額の上限(借入限度額)を、年収の3分の1までと規定しています。
これを総量規制といいます。
また利息制限法では、融資の際の上限金利を下記のように定めています。

 

・元本10万円未満:年利20%
・元本10万円以上100万円未満:年利18%
・元本100万円以上:年利15%
しかし違法業者はこのような法律など無視して、訳ありでもブラックでも即日対応と甘い言葉で誘ってきて、週利20%などという、とんでもない金利で貸し付けてくるのですから、たまったものではありません。

 

正式に貸金業者として登録している業者かどうかは、金融庁「登録貸金業者情報検索入力ページ」http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.phpで確認できます。
ここで検索してもヒットしない業者は違法業者です。

 

専業主婦でもカードローンを利用したい!

改めてカードローンとは何かといいますと「銀行や消費者金融などのノンバンクが個人向けにおこなう無担保融資」のことですね。
無担保での融資ということは、金融機関は個人の返済能力だけを頼りにお金を貸し出すわけです。
返済能力として最も重要視されるのは、安定した収入が見込めるかということです。
個人で定期的に収入を得ていない専業主婦や無職のひとは、残念ながらこの条件にはあてはまりません。
また、貸金業法の総量規制では、個人の年収をもとに借入限度額を決めますので、こちらも年収のない専業主婦や無職のひとは対象外になってしまいます。
実際のところ、このように専業主婦がカードローンを申込むのはハードルの高いことなのです。

 

銀行カードローンなら専業主婦でも大丈夫!

だからといって専業主婦はまったくカードローンを利用することができないというわけではありません。
総量規制の制約のない銀行が発行するカードローンなら、専業主婦でも利用できる可能性があります。
銀行カードローンには配偶者に安定した収入があることを条件にしているところと、そうでないところがあります。
配偶者の収入を条件としない場合は、融資額は少なめに設定されますが、急な出費で借りたいという程度であれば問題ない金額です。
むしろ借りすぎを抑制できるので、安心感がありますね。

 

専業主婦が家族にバレずにカードローンを利用するには?

カードローンを利用したいけど、夫や家族に知られずに内緒で借りたいという専業主婦の方もいらっしゃるでしょう。
そのような方には、先にご説明した銀行カードローンの中でも、配偶者の収入を条件にしないところがおすすめです。
または、配偶者の収入を条件にしているところでも、「収入証明や同意書の提出不要」のところもいいですね。
うっかりして夫や家族にバレてしまわないように、事前に申し込み条件をしっかり確かめるようにしましょう。

 

専業主婦でも申し込み可能(参考)
・イオン銀行カードローン「カードローンBIG」
・楽天銀行カードローン「スーパーローン」
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
配偶者に安定した収入があれば申し込み可能
・みずほ銀行カードローン
・東京スター銀行カードローン「スターカードローン」

 

 

クレジットカードでキャッシングも甘くない

カードローンと同じように無担保でお金を借りることができる方法に、クレジットカードでのキャッシングがあります。
クレジットカードのキャッシングとはクレジットカードに付帯している機能で、提携先のATM・CDから利用限度額内であれば、繰返しお金を借りることができるものです。
返済方法は翌月一括払いが基本ですが、リボルビング払いにすることができるものもあります。
クレジットカードの利用限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠に分かれており、多くの場合、キャッシングの利用限度額はショッピングの利用限度額より少なく設定されています。
例えば、ショッピング枠は30万円、キャッシング枠は10万円といった具合です。
クレジットカードを作るときにも審査を受けなければなりませんが、ショッピング枠とキャッシング枠の審査は別におこなわれます。
キャッシング枠は総量規制の対象になりますので、ショッピング枠よりも審査基準が厳しく、カードローンと同等の内容になっています。
訳ありやブラックな状態だと審査通過が難しいのも同じです。
クレジットカードのキャッシングで、特に気をつけていただきたいのが適用金利です。
カードローンより気軽に使えるイメージのあるクレジットカードのキャッシングですが、一般的にショッピングの分割払いに比べると、金利は高く設定されています。
おおむね100万円未満の場合で年利18.0%ですから、消費者金融とほぼ同じ水準になります。
便利だからとちょこちょこ使っていると、ものすごい借金になっていたということにもなりかねませんから、気を引き締めて利用して下さい。

 

 

カードローン|返済負担軽減は借り換えで

すでにカードローンを借り入れていて新たな借り入れ先を探している場合は、借り換えて一本化するという方法があります。
借り換えは「おまとめローン」とも呼ばれているもので、より金利の低い金融機関1社から融資を受けて、返済負担を軽減する方法です。
金利の低い金融機関から借りたお金で、その他の借金を一括返済、以降は最後に融資を受けた1社に対して、月々の負担を減らしつつ期間をかけて計画的に返済していきます。
このように消費者に一方的に有利になる融資の場合は、総量規制対象外となりますので、借金の総額が年収の3分の1を超えていても借り換え可能です。
注意していただきたいのは、毎月の返済金額を減らして返済期間を延ばすことで、低金利のところに借り替えたとしても、トータルの返済金額が増えてしまうケースがあることです。
借り換えの一番の理由が、月々の返済額の軽減であれば、これも致し方ないことかもしれませんしかしそういった場合でも、工夫の余地はあります。
もっと低金利のところを探す、月々の返済金額を増額する、追加返済をするなどの返済計画の見直しがおこなえます。
金融機関公式HPのシミュレーション機能を使って、より有利な方法を検討してみると良いでしょう。

 

 

カードローンを簡単に利用したいならこれだけは覚えておこう!

・カードローンを簡単に利用するには、提出書類が少なく手続きが簡単、審査のスピードが早いところがよい
・消費者金融では、借入れ希望額が50万円以下でかつ他社との合計が100万円以下の場合、
銀行カードローンでは、借入れ希望額が100万円以下の場合に収入証明書が不要なので手間が省ける
・簡単にお金を借りたいからといって違法業者(闇金)を利用するべきではない
・専業主婦でも銀行カードローンなら借りられるところがある
・クレジットカードのキャッシングにもカードローンと同様の審査がある
・多重債務であれば借り換えて一本化することを検討した方がよい

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る