女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

初めてのカードローン審査も安心!バレずにすぐ借りたい!

カードローンを利用すれば、金融機関(銀行、消費者金融など)からお金を借りる事ができます。
お金を借してもらう代わりに、利息を付けてお返しするという事が基本です。
文字通り、カードを使用した取引を行います。借入・返済を専用のカードを使用して取引します。

最近では、カードローンのサービスの中に、振込による融資でカードを発行せずに借り入れできるサービスもあります。

 

初めてで不安!カードローンの審査について

カードローンの審査で確認される事は、あなたに安定した収入があり、
返済する能力があるかどうかを確認するという事です。
あなたに安定した収入があるかどうかの確認は、
現在安定した収入を得られる仕事をしているかどうか確認するという事です。
そのため、多くの場合に審査では、次の書類の提出と確認が行われます。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 保険証
  • 勤務先への在籍確認

収入証明書類と保険証は不要な場合もありますのが、本人確認書類と在籍確認は必須だと考えて間違いないでしょう。

 

事前診断で借り入れできるかをチェック!

カードローンを申請するにあたり、各金融業者のホームページでは、「借入診断」や「事前診断」といったサービスがあります。

 

いくつも申し込めばどこかに通るだろうという甘い考えは駄目です!
短期間での複数社への申し込みや、審査に通らなかったという情報は信用の低下につながり、審査に不利に働くからです。
こうならないように、本審査の前に、簡易的に診断を受ける事が出来るサービスを利用し、事前に自分が審査に通るかどうかを判断するという事が大切です。
ただこの診断サービスは行っている金融機関とそうでない金融機関があります。
アイフルやプロミスは事前診断や返済のシミュレーションがあり、さらに最短30分審査で融資までがスピーディで、無利息期間もあるので初めての方に特におすすめのカードローンと言えます!

→アイフルの1秒診断はこちら

 

→プロミスの3秒診断はこちら

 

カードローンの申請があった場合、金融業者は「信用情報機関」という機関に、申請された人の情報及び申請内容を登録する義務が発生します。
うまく融資可という判断をしてもらえれば問題ありませんが、融資不可となった場合にはその理由も併せて信用情報機関に登録される事になります。
この内容が3つ以上の金融業者に登録されてしまうと、あなたはどこからも融資を受けられなくなる可能性が高くなってしまいます。(※申込ブラックと言います。)

初めての方におすすめの事前診断できるカードローン

新生銀行カードローン レイク

初めてでなんとなく消費者金融から借りるのは抵抗がある・・・
という場合には銀行カードローンがおすすめです。
一般的には消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査が厳しく、敷居が高いイメージがありますがレイクは銀行カードローンには珍しく事前診断が可能です。
審査が不安な方は、一度事前診断を試してみて下さい。

新生銀行カードローン レイク

事前診断可能な銀行カードローン!
新生銀行カードローン レイクは生年月日や年収などの4項目を入力するだけで借り入れできるかどうかの目安を診断してくれます♪

選べる2つの無利息期間!
初めての利用なら30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息です!返済計画によって都合の良い方を選択しましょう。

金利

限度額

審査時間

4.5%~18.0%

最大500万円

申込完了画面に表示

 

初めて借りる!カードローン利用の流れ

カードローンの申請で、近年主流なのはインターネットからの申込、書類提出、審査、契約の順番でカードローン契約を行います。
無人契約機など、足を運ぶ事が面倒な人は、Web契約でカードを郵送で受け取るといった形も可能ですし、無人契約機に行って、カードを受け取る事も可能です。

 

初めてなら特に気になるカードローンの審査と返済

カードローンの審査では次の事を確認されるので、よく理解しておいて下さい。
1. 身分証明書の提出(免許証、パスポートなど)
2. 保険証の提出(必要により提出)
3. 収入証明書の提出(源泉徴収書など。必要により提出。)
この3点さえ揃えておけば、カードローンの審査は受けられます。

 

これに加え、会社への在籍確認がほぼ必須事項となります。
返済はどの金融業者も大抵の場合、残高スライド返済方式を採用しています。
簡単に言うと、借入残高に伴い返済金額が変動する方式です。
返済は、各社ホームページで返済シミュレーションができる場合もあるので、参考にしてみて下さい。

審査・返済のシミュレーションが可能なおすすめ金融機関一覧

 

カードローン初めてさん用!基本用語ていねい解説

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンとは、「貸金業法」に基づく運営を行っている金融業者から融資を受けるという事です。
銀行からの融資ではありません。貸付金利が18%や20%に設定されている業者は消費者金融です。
銀行の場合は、金利15%程度で融資を行っている場合が多いです。
「貸金業法」に基づく運営をしている金融業者は、「消費者にお金を融資する事」で利益を上げています。
銀行は「消費者が預貯金の預け入れ、為替の売買に伴う手数料」で利益を上げているため、「消費者にお金を融資する事」で利益を上げる事を主な業務としていません。
信販会社やクレジット会社も、広い意味で消費者金融に属します。

 

消費者金融カードローンはこれ!

消費者金融のカードローンでは次の様に多くの商品があります。
アコムカード
アイフルキャッシングローン
かりかえMAX(アイフル)
おまとめMAX(アイフル)
事業サポートプラン(アイフル)
SuLaLi(アイフル)
ファーストプレミアムカードローン(アイフル)
フリーキャッシング(プロミス)
自営者カードローン(プロミス)
SMBCモビットカードローン
などあります。

 

アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」「SuLaLi」は既にアイフルを契約している方は利用することができないため、注意が必要です。

 

消費者金融のカードローンのメリットについて詳しく知る

 

銀行カードローン

銀行カードローンとは「銀行法」に基づく運営を行っている金融業者から融資を受けるという事です。
銀行から融資を受ける場合、「貸金業法」に基づく金融業者から借入する場合と異なり、金利設定は低くなる場合が多いです。
先ほど述べた通り、銀行融資は、あくまで主たる業務としていないため、少しでも消費者に返済能力のリスクがある場合は融資を断る傾向にあります。
そういう点で、審査が厳しいと言われています。

銀行カードローンはこれ!

銀行カードローンもまた、多くの商品が展開されています。
オリックス銀行カードローン
楽天銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
イオン銀行カードローン
新生銀行レイク
などがあります。

銀行カードローンのメリットについて詳しく知る

 

限度額

借入をする場合に、よく表現されるのが「借入限度額」です。「借入限度額」とは、あなたが融資を申し込んだ時に借りる事が出来る上限金額を意味します。
「貸金業法」に基づき、融資を受ける場合(消費者金融等)は、利用限度額は次の様に定められています。「年収の1/3を超える借入は出来ない」ですので、年収が300万円の人は、100万円までの借入が法律的に限界の借入額という事になります。
法律的には上記の通りですが、実際初めての人が融資申請をした場合には、100万円までの借入は出来ないケースが多いです。
100万円までの借入をする場合は、金融取引による実績を増やし、取引の信頼度を高める事により、初めて金融会社から100万円までの融資可決をもらう事が出来るようになります。
今までカードローンを利用していない人(借入・返済の実績がない人)は、高額での融資をするには信用の面で不十分ということです。

 

審査

審査は、あなたにお金を貸しても問題ないかという確認を行うという事です。
大まかには次の3点がポイントになります。

  • 在籍確認(場合によっては保険証)で仕事をしているか確認
  • 収入証明書でいくらまで融資できるかを確認
  • 過去に返済の遅延・延滞がないかを確認

 

あなたにお金を貸して問題ないかどうかは、あなたが安定した収入を得ているかどうかを確認します。
それには、保険証と会社への在籍確認で、あなたが仕事をしている事を確認します。
これをクリアすれば基本的に融資は可能になります。次に問題なのが、融資上限額の設定です。
あなたが現在、どれくらいの収入を得ているかという事を確認します。
それには、収入証明(源泉徴収書、給料明細書)を確認します。
もう1点確認される事は、あなたに過去金融事故があるかどうかという点です。
少なくとも過去5年以内の間に、クレジットカードの大幅な滞納や頻繁な遅延などがある場合は、
融資不可という判断をされる可能性があります。
それらの情報は、信用情報機関で得る事が出来るのです。

 

在籍確認

在籍確認は、先ほどの説明の通り、あなたが安定した収入を得ているかどうかの確認の一つです。
これには、あなたが会社で働いているかどうか、直接電話をして確認する方法が確実です。
それでは会社に借入申請をしている事がバレるのではないか?と心配する人もいると思います。
そこは、金融業者も繊細な配慮を行っており、電話をする時には金融業者名は名乗らず、個人名で電話を掛けます。
そして、あなたがその会社にいるという事が分かれば、それで電話は終了です。

 

金利

金利とは、貸したお金に対する利息をどれくらいにするかという指標です。
貸したお金の○○%を利息として取る場合、○○%が金利と呼ばれます。
信用が無い人は金利が高くなり、信用がある人は金利は低くなります。
この金利は、基本的には年率という表現をしており、貸したお金に対して1年間で○○%利息として貰いますよという意味です。
100万円借りて、金利が18%の場合は、1年後には合計で18万円利息として徴収するように、月々分割して徴収するという事になります。

 

利息

利息とは、貸しているお金にかかる手数料と考えて下さい。
貯金に例えば、銀行に預けておけば、少なからずお金は増えていきますよね。
お金を借りる場合はこの反対の事が起こります。
お金を借りる場合は、少なくとも借りているお金に対して手数料を支払う事になります。
その手数料が、利息、つまり借入残高×金利という事になるのです。

 

実質年率

実質年率とは、借りているお金に対する利息の他に、金融業者側に発生する経費などを上乗せした金額という事になります。
基本的には月々の返済金額の中に、利息+経費を含めて返済します。
この利息+経費の費用が借入残高の何%になっているのかを表しているのが実質年率です。

 

カードローンはじめてさんQ&A

急いでる!複数社いっぺんに申し込んでもいい?

複数社いっぺんにカードローンの申請をすると何が起こると思いますか?
金融業者は、借入の申請があったと同時に、信用情報機関に登録をする義務を負います。
その信用情報機関に借入申請という情報がいっぺんに登録されます。
信用情報機関は、情報を提供するだけではなく、情報を収集する機関でもあります。
つまり、申請した業者は申請した人が今どの様な状態かという事が確認出来るのです。
いっぺんに申請すると、複数社に借入申請した事が丸分かりになると言う事です。
そうすると、この人は資金繰りが非常に困難になっている、返済が出来るような余裕はない。
と判断されてしまうのです。
その結果、どの金融業者からもお金が借りられなくなるといった負の連鎖になってしまいます。
ですので、複数社いっぺんにカードローンの申請をしてはいけません。
本当にお金に困って、すぐに融資を受けたい人は、
即日融資に対応している消費者金融を1社に絞り、申請をするようにして下さい。
早ければ3時間後には融資を受けられる可能性があります。

融資のスピードに定評あり!即日も可能なカードローンについて詳しくはこちら!

即日・最短で融資を受けられるカードローン

 

 

主婦・アルバイト・フリーターだけど借りれる?

カードローンを申し込む際の基準は安定した収入を得ているかどうかという事です。
安定した収入が証明出来れば、カードローンを利用する事が出来るのです。
安定した収入とは、正社員ではなく、契約社員、アルバイト、パートの人でも、その収入を証明する事で借入が可能です。
但し、専業主婦の場合は、収入がありません。この場合、消費者金融からの借入は不可です。
収入を得ていない場合、融資は出来ないからです。
専業主婦の場合は、銀行にカードローンを申し込みましょう、
銀行の中には、配偶者に安定した収入がある事を証明出来れば、借入は可能となる場合もあります。

収入が不安な方はまず借入診断を!

事前診断ができるおすすめ金融機関一覧

 

 

回りにバレたくないんだけど…

あなたがカードローンを利用するにあたり、誰にもばれたくないと考えているのであれば、ネット完結のカードローンに申し込むようにしてみて下さい。
ネット完結の場合は、来店する必要もなく契約が完了し、カードは自宅へ簡易書留などにより届けられます。これならば誰にもばれません。
自宅への郵送物を避けたいなら、カードの受取だけ自動契約機を利用したり、振込融資可能なカードローンを利用するのもおすすめです。

バレたくない!周りに知られずに借りられるカードローン

 

 

少しでも利息を抑えたいんだけど…

少しでも金利を抑えて借入をしたい人は、銀行のカードローンに申し込んで下さい。
銀行で借りた場合の利息は、大体4~15%以下の消費者金融よりも低い金利で借りられる場合が多いのです。
しかし、融資には日数がかかる場合もあるので即日融資は求めないようにしましょう。

低金利が良いけど、審査が遅いのは嫌!そんな方は三井住友銀行カードローンがおすすめです。

→三井住友銀行カードローンのお申し込みはこちら

 

銀行の審査は厳しいイメージが・・・
そんな方は、無利息期間があるアイフルがおすすめです!初めての利用なら最大30日間利息0円なので、お得に融資を受けることができます。

→アイフルのお申し込みはこちら

 

 

自分は審査に通る?

カードローンを申請する場合は、いきなり本審査を受けるような事は避け、
できるだけ各社が用意している「借入診断」ツールで、あなたの状況を確認した上で申し込むようにして下さい。
ぶっつけ本番で信用情報機関に×を付けるよりも、ある程度審査に通るところに的を絞る事をお勧めします。

審査も返済もまずはシミュレーションが大切!

審査・返済のシミュレーションが可能なおすすめ金融機関一覧

 

 

目的別!初めてさんにおすすめカードローン

とにかく急いでる!即日融資を視野にいれるならプロミス

とにかく急ぎ融資を受けたいという人は、プロミスへ申請する事をお勧めします。
プロミスでは、ネットで申請し、電話で急ぎ融資をして欲しい事を伝えると、優先的に審査を行ってくれます。最短で30分あれば審査は完了。
審査で融資可という判断となれば、振込融資対応ですぐに融資を行ってもらえます。
時間がない人にはお勧めです。

プロミス

審査が早くてカードレスOK!

プロミスは、審査の対応がスピーディなので即日融資を希望する方に人気のカードローンです!
とくにWEBからの申込がとても便利で、融資までは最短1時間と本当にはやい!
ローンカードを発行しないカードレスでの融資にも対応していて、郵送物が面倒・嫌な人、スマートに融資を受けたい方に好評です!
→プロミスのお申込みはこちら

3項目で3秒診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

金利

限度額

審査時間

融資時間

Web申込み

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※1

可能

 

初めてだから不安…安心して借りれる低金利カードローンならみずほ銀行カードローン

初めてカードローンに申請する人は、何かと不安が付きもの。
そんな時は、みずほ銀行カードローンに申し込んでみて下さい。
申込方法は多種多彩に用意されており、PC、モバイル、メール、電話、窓口など、あなたに合った申込方法が見つかります。
話しを聞いて不安を取り除きたい方は、窓口で申請。
誰にも会わずに手続きをしたい方は、PC、モバイル、メールなどからの申請。会話をしながら、不安を取り除きたい方は電話からの申請。色々な手段で、申込みをしやすい方法を用意しています。

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 来店不要
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能

→みずほ銀行カードローンのお申込みはこちら

金利はいくら?

返済額はいくら?

>>金利をチェック!

>>返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンのスペック

金利

限度額

受付申込時間

自動契約機

2.0%~14.0%(※1)

最大800万円

WEB完結申込なら24時間可能

なし

※ カードローン口座開設には、みずほ銀行普通預金口座の開設が必要となります。
みずほ銀行の口座をお持ちでない場合は、お申し込みの時間帯により、仮審査結果のご連絡が2週間程度かかります。
※1 住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げることができます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

「カードローン利用が初めての人へ」まとめ

初めてカードローンに申し込む人は、希望する内容により申し込む金融業者が異なります。
即日融資を希望するなら、消費者金融へ申込みする事が一番ですし、低金利を重視するなら、銀行カードローンに申し込むのが最良の方法でしょう。あなたがお金を借りる上で、何を希望するかにより、人それぞれの借り方があります。じっくり検討してみて下さい。

 

融資をお急ぎの方!無利息期間ありが良い方におすすめ

消費者金融のカードローンのメリットについて詳しく知る

 

低金利で借りたい方!おまとめ・借換にもおすすめ

銀行カードローンのメリットについて詳しく知る

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る