女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

カードローンは家族に内緒で借りられる?バレないポイント

カードローンに契約をすると、ローン会社からの郵便物や電話があり、周りに知られる可能性があります。
でも、ローン会社の中には、郵便物の送付や電話連絡をしないサービスをするところがあります。周りに内緒でカードローンを利用したい方は、このようなサービスを利用することです。

カードローンを内緒で借りるためのポイント

カードローンを内緒にしたい相手は、大きく分けて家族と職場だと思います。
それぞれの場合で気をつけたいポイントを説明していきます。

 

家族にバレないように気をつけたいポイント

家族と同居している場合には、まず郵送物に注意をすることが必要です。

 

ローン会社から郵送物が送られてくるタイミングとしては、カードローン申込み時の契約書の郵送や、借入や返済をした際の利用明細書の郵送があります。
これらの郵送物のうち、申込み時の契約書の郵送については、ネットで申込みを行って契約を済ませることができれば、契約書が自宅に郵送されることはありません。
また、無人契約機を利用して契約書を受け取ることも可能です。

 

利用明細書の郵送に注意!

利用明細書は、通常、「Web明細サービス」に登録すれば、ネット上で管理することができるので自宅への郵送を避けることができます。
ところが、契約しているローン会社と提携関係にある会社のATMで借入や返済をした場合は、利用明細書が自宅に郵送されることがあります。たとえばプロミスでは、一部を除いた提携ATMを利用として借入や返済をした場合は、利用明細書が自宅に郵送されます。他社の提携ATMの利用は、自宅に利用明細書が郵送される可能性があるので、避けた方が無難でしょう。
また、自分の指定する銀行口座に振込によって借入(振込キャッシング)を行った場合にも、利用明細書が自宅に郵送されてきますので、注意が必要です。

 

ローンカードの受取方法に注意

利用明細などの郵送物以外にもローンカードの取り扱いにも注意したほうが良いでしょう。

 

ローンカードの受け取り場所に注意

ローンカードを受け取る方法には、自宅へ郵送してもらう方法と、契約機で発行する方法があります。
ローンカードを自宅へ郵送してもらう場合は、一般的に簡易書留で配達されてきますが、家族の在宅中に配達されると家族が受け取ることも考えられます。このような場合、差出人が金融機関名であると、家族にカードローンの利用を勘ぐられる恐れもあります。消費者金融では、通常、郵便の差出人を消費者金融とは判りにくい別の名称にしてくれます。したがって、差出人が別の名称になると確認できれば、家族が郵便物を開封しない限り家族に内緒でカードを受け取ることができます。逆に、差出人が別の名称になると確認できない、または家族が郵便物を開封しないという確信を持てないケースでは、別の方法を検討すべきでしょう。

 

本人限定受取なら安心

「本人限定受取郵便」でカードを郵送してくるローン会社もあります。
本人限定受取郵便は、郵便窓口または自宅配達時に本人のみが受け取ることができます。
本人限定受取郵便では、まず郵便局から「到着通知書」が送付され、その後、「到着通知書」を確認して郵便局へ受け取り方法を連絡します。このとき、家族に内緒でカードを受け取るためには「到着通知書」を本人が受け取る必要があります。
差出人が金融機関名であると、家族にカードローンの利用を勘ぐられる恐れがあるからです。「到着通知書」を本人が受け取り、しかも「本人限定受取郵便」を郵便窓口で受け取れば、確実に家族に内緒でローンカードを受け取ることができます。
この本人限定受取郵便に対応しているローン会社としては、たとえばみずほ銀行があります。

 

配達時間指定でより安心♪

また、ローンカードの配達時間を選べるサービスがある消費者金融もあります。
配達時間を家族のいない本人だけの在宅時間に選択できれば、確実に家族に内緒でカードローンを受け取ることができます。
このサービスには、たとえばアイフルの「えらべーる」があります。
さらには、ローン会社の中には、ローンカードを発行しないサービスを提供する業者があります。
このようなサービスを利用すれば、ローンカードは自宅に送られてこないので、家族にバレずにカードローンを利用することができます。このようなサービスを提供するローン会社としては、たとえばSMBCモビットがあります。
一方、契約機でローンカードを発行してもらう方法は、郵送による方法と比べて、より確実に家族に内緒でカードローンを受け取ることができます。

但し自宅近くの契約機を利用する場合、契約機が設置された店舗の出入りを家族や知り合いに見られる可能性があり、その結果、カードローンの利用がバレてしまうことも考えられます。
あまりに家や職場に近い場所は避けたほうが良いかもしれません。

 

ローンカードの保管に注意

家族にローンカードを見られることで、カードローンの利用がバレてしまうケースも考えられますので、ローンカードの保管にも注意が必要です。財布内のカードケースに入れておくこともよくあります。財布を紛失して警察などに届けられていた場合に家族が立ち会うとローンカードの存在が家族にバレることになります。したがって、ローンカードは、必要時以外は自宅に保管しておくのがよいでしょう。

 

また、銀行のキャッシュカードと一体型のローンカードを利用するという手もあります。
銀行カードローンの中には、普通預金のキャッシュカードにカードローン機能をセットした「キャッシュカード一体型カードローン」を提供しているところがあります。
このサービスを利用すれば、カードを家族に見られてもキャッシュカードであると説明することができます。さらに、契約完了後にすぐにキャッシュカードでATMから借り入れが可能になり、ローンカード郵送による家族バレを回避することができます。このような銀行としては、たとえば、三井住友銀行があります。
カードレス(振込み)での融資が可能なローン会社には、カードを全く使用しなくてもカードローンを利用することが可能なケースがあります。
そのため、カードを秘密の場所に保管しておくことで、家族がカードを見る機会をほぼ完全に遮断できます。
さらに、秘密の場所を忘れてしまっても、カードローンの利用には支障を来さないというメリットもあります。
また、カードレスでの融資が可能であれば、ローンカードの紛失の心配もありません。

 

 

職場にバレないように気をつけたいポイント

カードローンの審査の中で、申込時に申告した勤務先が正しいかを確認する在籍確認が行われます。この在籍確認の方法は、申告の勤務先に電話をかけて申込者がその会社に勤めていることを確認する方法が一般的です。電話の際、ローン会社は、一般的に会社名を名乗ることはなく個人名を名乗りますので、本人以外の職場の方が電話に出ても、すぐにカードローンの事が勤務先にバレることはありません。銀行の場合、銀行名で在籍確認の電話が入ることもあります。その際に同僚などに聞かれても、「決済用にクレジットカードを作ったので、その在籍確認です」で済みます。本人が電話に出た場合には、電話をかけてきたローン会社の担当者の質問に答えることになりますが、ここでうっかり、職場の人にカードローンの利用を勘ぐられるような言葉を吐かないように気をつけましょう。
 また、一部のローン会社には、書類審査で在籍確認を認めてくれるところもあります。たとえば、書類として社会保険証(または組合保険証)と給与明細書の写し画像を、WEBのアップロードで提出させる、または契約機で読み取らせるという方法です。このような方法を選択できれば、確実に職場にバレないでカードローンを利用することができます。

 

主婦・個人事業主の在籍確認はどうなる?

専業主婦がカードローンを申し込む場合の在籍確認は、一般的に自宅の固定電話や携帯電話に電話して、所在の確認を行うことになりますが、身分証明書の確認のみで、このような電話による確認がないところもあります。さらに、ご主人の勤め先に在籍確認の電話が入る場合もありますが、それがないケースが多いのです。したがって、専業主婦が家族に内緒にカードローンを利用したい場合は、在籍確認の電話があるか、主人の勤め先に在籍確認があるかを確認する必要があります。
個人事業主がカードローンを申し込む場合の在籍確認は、申し込み時に申告した屋号の固定電話に電話をかけることで行います。この電話に家族が出ると、家族にカードローンの利用がバレてしまうことになるので、注意が必要です。そこで、営業許可証などの事業実態を証明できる書類によって在籍確認を許可するところもあります。個人事業主が家族に内緒にカードローンを利用したい場合は、家族が在籍確認の電話に出ないとの確信が持てない限り、このような書類で在籍確認を許可するローン会社を選ぶ方が無難でしょう。

 

バレないためにも返済には要注意!

返済滞納時には、自宅に、支払督促状等の書類の郵送や電話連絡等があり、家族バレの原因になります。これらは返済の遅延がなければ確実に避けることができます。ローン会社では、返済遅延を防ぐため、返済の口座振替(自動引落し)に対応したり、返済期日を知らせるメールサービスを設けたりしているところがあります。返済の口座振替では、たとえばアイフル、SMBCモビット、東京スター銀行、返済期日のメールサービスでは、たとえばセブン銀行、SMBCモビット、住信SBIネット銀行があります。返済遅延を避けるため、これらのサービスを利用するといった対策を採っておきたいところです。

 

主婦が旦那に内緒でカードローンでお金を借りることはできる?

消費者金融では、夫の収入証明書や同意書が必要であり、夫に内緒で借りることはできませんが、銀行のカードローンは、夫の同意書を提出する必要もなく、夫や家族に内緒で借りられます。

 

専業主婦が内緒で借りる場合

そもそも専業主婦はカードローンに申し込みできる?

総量規制の例外として、専業主婦もキャッシングできる配偶者貸付制度が設けられています。一方、総量規制の対象外である銀行のカードローンは、夫に収入がある限り専業主婦でもカードローンの申し込みができます。

 

専業主婦が内緒で借りるためのポイント

専業主婦が家族に内緒でカードローンを利用するためにクリアしなければならないのが、在籍確認の電話と、ローンカードの受け取りと、契約書や利用明細書などの郵送物です。在籍確認では自宅の固定電話や携帯電話に連絡がきますが、希望連絡先を携帯電話にしておけばよいのです。このようにしておけば、ローン会社からの在籍確認は自分の携帯電話にかかってくるので、家族が電話に出てバレることはありません。また、ローンカードは、自動契約機で発行してもらい郵送を避けるようにします。利用明細書については、ほとんどweb上で確認できます。

 

収入のある主婦が内緒で借りる場合

パートやアルバイト、派遣などで収入のある主婦の方はカードローンに申し込みできる?

申し込みができます。
安定した収入があれば、申込をすることができます。

 

収入のある主婦が内緒で借りるためのポイント

収入のある主婦の場合は、通常、在籍確認の電話が勤め先に入ります。
でも、職場の人に聞かれたときの言い訳を考えておけばよいのです。
ローン会社の中には、担当者の個人名で電話をしてくれ、しかも本人が電話に出られる日時を指定できるサービスを提供しているところもあります。契約機やテレビ窓口を利用すれば、自宅にローンカードや契約書類が郵送されることはありません。また、利用明細書については、ほとんどweb上で確認できます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る