審査の甘いカードローンってある?審査に通らない理由

消費者金融は安定した収入がある方が融資対象ですが、専業主婦などの自身に収入がない方でも融資を受けられる可能性はあります。
ただし、配偶者に安定した収入があることなどの条件があり、返済能力があるかが総合的に判断されます。
収入が多くなければいけないと勘違いする方もいるかもしれませんが、大切なのは年収が多いことよりも毎月安定して収入があることです。
もちろん、収入に応じた限度額になる可能性は高いですが、「私でも借りられる?」と疑問に感じたら事前診断を利用してみるのが良いでしょう。
収入や他社からの借入状況などの数項目を入力すると、目安の審査結果を診断してくれます。

審査のシミュレーションができる金融機関一覧

 

審査が甘いカードローンって?金融機関によって審査は違う?

具体的な中身は各金融機関で非公開ですが、どのような点が見られているのかや各金融機関の審査の特徴を知ることはできます。
カードローンなどキャッシングを展開している金融業者は、一般的に銀行、消費者金融、信販会社があります。

 

これら3つの種類のカードローン、厳密には融資を行う上で適用している法律が違います。
銀行は「銀行法」に基づき運営されています。一方で、消費者金融や信販会社は、「貸金業法」に基づき運営されています。
両法律とも、融資を行う上で、基本となる規定は
・本人に安定した収入と返済出来る能力がある
という事が条件となっています。

 

更に「貸金業法」においては、次の事も規定されています。
・収入がない人には貸付する事が出来ない
と、明確に規定されているのです。これは2006年の「貸金業法」改定時に規定されました。
そのため、現在では原則として専業主婦の方、無職の方は消費者金融に申し込む事は出来ません。
つまり、どの金融機関でもしっかりと審査はしているということです。

 

ただ、銀行カードローンの中には限度額に制限がある場合が多いですが、専業主婦の申込が可能な金融機関もあります。
例えば、スルガ銀行カードローンは専業主婦の申込も可能です。

 

銀行カードローンの審査はどう?

銀行カードローンの審査は、消費者金融の審査よりも厳しいと言われています。
その理由は次の通りです。

 

・融資する事を主な仕事としていないため、少しでもリスクのある人には融資しない

 

そもそも銀行は、消費者金融の様に融資をする事を目的とした運営を行っていません。
つまり、少しでもあなたの信用調査において不安要素が発覚された場合は、融資不可という判断となってしまいます。
ですが、消費者金融と比べてすごく審査が厳しいかというと、実際に借り入れした方の体験談を見てみると必ずしもそうは言えないようです。
どのような場合であっても、信用情報に問題がなく、返済能力があるかが重要になるということです。

 

消費者金融の審査はどう?

消費者金融のカードローン審査は、スピードも早く、審査診断ツールが利用できる金融機関も多いのが特徴です。
審査結果の通知が遅いと、申込をしても落ちてしまったら再度、他の金融機関を検討することになり、想像以上に融資までに時間がかかることになります。

カードローンの審査は早いほうが良い!おすすめは?

 

前述の通り、銀行は融資をする事を目的とした運営を行っていません。
一方で、消費者金融は融資をする事で利益を出しています。
そのため、消費者金融はより多くの消費者を取り込みたいと考えているのです。
但し、収入の無い人、金融事故がある人、債務整理をした人は審査に通ることは難しいでしょう。
また、「貸金業法」における総量規制にかかる人(消費者金融からは合計で年収の1/3までしか借入れ出来ない)も、融資を受けることができません。

 

信販会社、クレジットのキャッシングの審査はどう?

信販会社のカードローン審査も、消費者金融と同様です。信販会社は、「貸金業法」により運営されています。
但し、消費者金融と異なる点は、消費者金融が「金銭融資」を主な業務にしている事に対し、「商品代金立替」を主な業務として運営している点です。
ですので、消費者金融と比較して、キャッシングという点に力を入れている訳ではありません。
そのため、クレジットカードは持っているが、キャッシングは出来ないというケースになる可能性もあります。
クレジットカードの発行審査と、キャッシングを利用するための審査は別なので注意しましょう。
また、クレジットカードではなく信販会社のカードローンというものもあります。
例えば、三井住友カード ゴールドローンは、銀行カードローンのような低金利で、長く利用すると金利が下がるという特徴があります。

→三井住友カード ゴールドローンについて詳しくはこちら

 

加えて、信販会社のキャッシング枠は、当然ながら総量規制の対象となりますので、消費者金融から多額の借金がある場合は、審査に通るのは難しいでしょう。

 

即日融資の場合は審査が厳しい?

お金が無くて即日融資を希望する場合は、必ず次の3つの書類を用意しておきましょう。
・身分証明書(免許証、パスポートなど)
・保険証
・収入証明書(源泉徴収書、給料明細書など)
審査を受ける上では、身分証明書と保険証は必須、収入証明書は必要により提出が必要となります。
基本的に即日融資を希望する場合でも、普通に審査を受ける場合でも、審査内容は変わりません。
あなたに安定した収入があり、金融事故などの経過が無いことが重要です。

ただ、会社勤めの方は、会社への電話での在籍確認が行われます。従って、会社が休みで電話にでることができる方がいないと利用開始まで時間がかかる場合があります。
在籍確認自体は、個人名での連絡なので会社の方にバレるような心配はないでしょう。

審査が甘いのは闇金かも!大手からの借入が安心

インターネット上では、甘い勧誘で融資をほのめかす金融業者が後を絶ちません。
これまで説明した通り、銀行でも、あらゆる消費者金融でも、貸せない人には貸せないのです。
その貸せない人の条件は、例えば
・安定した収入の無い人
・総量規制にかかっている人(消費者金融の場合)
この様な人は、絶対に融資を受ける事ができません。
その業法を無視して、融資が可能と公告している業者は、違法な業者な可能性があります。
違法な融資の話に手を出せば事態は最悪な展開になります。友人、知人、家族、会社に大迷惑をかけると共に、あなたへ法外な費用請求をしてくる事になりますので、いくらお金に困っていても手を出してはいけません。

 

キャッシングサービスを利用するなら大手が安心

大手銀行カードローン一覧

それでは、大手銀行カードローンの代表的なものをご紹介します。

  • 楽天銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • スルガ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 住信sbiネット銀行(ミスターカードローン)
  • 東京スター銀行カードローン

 

銀行カードローンを選ぶなら、どのくらいの額を借りたいかで選びましょう。
少額でも低金利で借りるのにおすすめのカードローン:

  • 三井住友銀行カードローンカードローン
  • スルガ銀行カードローン

 

借り換え・おまとめにおすすめのカードローン:

  • じぶん銀行カードローン

 

大手消費者金融カードローン一覧

次に、大手消費者金融カードローンの代表的なものをご紹介します。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

 

消費者金融の中には、初めての利用なら一定期間利息がかからないサービスをしているところもあります。
無利息期間ありのおすすめ消費者金融:

  • アイフル
  • プロミス

 

カードローンの審査に通らない理由

カードローン審査の結果、落ちてしまってもその理由は金融業者から開示される事はありません。
ですが、これまでもお話しした通り、次の様な条件の人は、必ず審査には通りません。

  • 安定した収入がない人
  • 債務整理中、債務整理後5年を経過していない人
  • 金融事故がある人(クレジットカードなどの支払遅延・滞納のある人)

 

この様な人は、まず審査に通らないという事を理解しておきましょう。
あとは、キャッシングサービスの利用には対象年齢があります。この年齢制限は、金融機関によって違いますが、診断ツールを用意しているカードローンなら、年齢や収入などの最低限の条件を満たしているか一気に診断してくれます。
もちろん診断は無料で、診断したからといって金融機関が個人情報を得るということもないので安心しましょう。

 

やっぱりカードローンの審査が心配

 

専業主婦|配偶者の同意が必要な場合の審査

専業主婦の方は、銀行カードローンのみ審査を受ける事が出来ます。消費者金融では基本的に借り入れ出来ません。
では、専業主婦の方が銀行カードローンの審査を受けた場合、どの様な事を確認されるのでしょうか。
専業主婦な場合には、配偶者の同意がある場合のみ申込可能というところもあります。そのときは配偶者の年収を申告して手続きをします。
その場合には
・配偶者(夫)に安定した収入があるかどうか
・配偶者(夫)の会社への在籍確認
この2点の確認は必ず発生します。
配偶者(夫)の方に、安定した収入が見込まれると判断された場合は、融資を受ける事が出来ますが、多額の融資額は期待しないようにしましょう。

 

専業主婦|配偶者の同意が不要な場合の審査

配偶者に知られずに借入したいなら、専業主婦の申込が可能となっている銀行カードローンを選びましょう。
専業主婦の申し込みが可能な銀行カードローンで、配偶者の年収ではなく自身の年収などの情報で申込をする場合には、職場のない専業主婦は携帯電話や家の固定電話への電話連絡が行われます。
このタイプの銀行カードローンでは、専業主婦の場合の限度額が設定されていることが一般的です。

 

配偶者には知られたくないという時は、専業主婦の申込が可能と明記されている銀行カードローンを選ぶのがよいでしょう。

 

いわゆるブラックの審査はどう?

ブラックリストに載ったという言葉を耳したことがあるかもしれません。
ブラックリストに載るというのは、信用情報機関に金融事故として登録される、と言う事を意味しています。
信用情報機関とは、ほぼすべての金融業者が、申請者の過去の取引を参照できる、与信状況の確認が出来る機関です。
あなたがもしクレジットカードなどの金融機関のカードをお持ちであれば、過去の取引や状況はすべてこの信用情報機関に登録されているのです。
ここに、「返済遅延」、「滞納」、そして「貸倒」という登録がされてしまった場合、ブラックリストに載ったという事になります。
こうなってしまっては、一定期間、あらゆる金融機関との取引(カードローン、クレジットカード発行)は出来ない(審査に通らない)事になります。

 

パート・アルバイトの審査はどう?

安定した収入がある人は、正社員や会社で働いている人という意味ではありません。
アルバイトやパートの人でも、月々の収入が安定していて、それなりの収入がある人は、融資を受ける事が出来るのです。審査は、正社員かそうでないかという点ではなく、あくまで安定した収入があるかないかと言う点を確認されます。
ですので、アルバイトやパートの方でも、審査申請は可能です。

 

ただ、限度額は収入に応じて決まります。
初めてのカードローンは信用がない状態の申込なので、高い限度額を希望するのはなおさら難しいでしょう。
限度額が低いということは、金利も上限に近い金利になってしまいます。
初めてカードローンを利用する場合でも、利息0円期間があるカードローンを使ってお得に借り入れしましょう。

 

無利息期間のあるカードローンが得!

おすすめ!無利息期間ありのカードローン

 

他社からの借り入れがある場合の審査はどう?

他の金融機関から借り入れがある人が審査を受ける場合は、一般的に次の様な状況の場合
審査に通過する事が難しいと言えます。

 

・総量規制の1/3近くの借り入れがある場合
・借入業者が3社以上ある場合

 

この様な状態の人は、返済能力がない、いわゆる自転車操業状態に陥っていると判断される場合が多く、審査通過はかなり難しくなります。
新たに融資を受けるのではなく、銀行カードローンを利用しておまとめ・借り換えして毎月の返済額が減らないか検討するのが良いでしょう。

おまとめ・借り換えにおすすめの銀行カードローンについて

 

審査に担保や保証人は関係する?

カードローンを申請する時は、保証人や担保が必要なのではないかと心配する人もいます。
ですが、心配は要りません。銀行や消費者金融のカードローンは「信用貸付」を行っています。
文字通り、消費者を信用し貸付を行うと事です。保証人や担保は不要なのです。
逆に、カードローンの審査が必ず行われるのは、この「信用貸付」だからと言えます。
信用以外に保障するものがないから、消費者をより厳しく審査する必要があるのです。

 

収入証明書は必要?

収入証明書の提出必要の有無については次の様に定められています。
貸付業法では
・消費者と契約する金額が50万円を超える場合
・または借入れ総額が100万円を超える場合
この場合は、収入証明書の提出が義務付けられています。
そのため、アコム、アイフル、プロミスを代表する消費者金融では原則として、上の条件に当てはまらなければ収入証明の提出は必要ありません。
逆に、これに該当する人は収入証明の提出が必要です。

 

審査の甘いカードローンはないけど、事前診断はできます!

一度審査に落ちてしまっても、他の金融業者で審査を受ければよいと安易に思ってはいけません。
実は、カードローンの審査を、度々行っていると申込ブラックという状態に陥ります。
申込ブラックとは、1ヶ月に3社以上の金融業者から融資不可とされるなどの場合を指します。
誰にでもお金を貸して欲しいと頼んでいる人は信用しにくいですよね。

 

そうならないように、各金融業者のホームページで載せている事前診断を受ける事をお勧めします。
まずは事前診断で、審査に通る見込があるかをチェックしてみましょう。

審査のシミュレーションができる金融機関一覧

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る