女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

主婦・学生でも安心して申し込みできるカードローンってある?

キャッシング・カードローンは、大きく2種類あります。
1つは消費者金融のカードローン。そして、もう1つは銀行のカードローンです。

 

それぞれの特徴は次の通りです。
消費者金融では、収入を得ない人がカードローンを申し込む事が出来ません。
銀行では、収入を得ていなくても配偶者に収入があれば配偶者貸付制度を利用し、カードローンを申し込む事が出来ます。

 

主婦や学生でも利用できるカードローン・キャッシング

収入がない人でも申請出来るカードローンは、銀行のカードローンのみとなります。
主婦の場合には銀行のカードローンでは配偶者貸付制度により配偶者の収入を元に審査を受ける事が可能となっています。
これにより、専業主婦でもカードローンを申請する事が出来ます。

 

また、学生の場合でもカードローンに申請し、審査を受ける事が可能です。
この場合は、アルバイトなどによる収入がなければ申請する事が出来ません。
逆に、アルバイトなどで一定の収入が見込める学生は消費者金融への申請、審査を受ける事も可能です。

 

但し、専業主婦やアルバイトの方が高額の融資を受ける事は難しいと考えた方がよいでしょう。小額(10万円~30万円)の借入が上限だとお考え下さい。

 

専業主婦でも契約できるカードローン

専業主婦がカードローンを作る場合は、配偶者貸付制度を利用する事になります。
配偶者貸付制度では、配偶者の年収を参考にするために、配偶者の同意書及び夫婦関係証明書類が必要となります。
但し、これは連帯保証人という扱いではなく、指定信用情報機関へ信用情報を提供するための同意書になります。
これにより、カードローンの審査を受ける事が可能となります。
注意点として、年金者は融資対象外となっていますので、配偶者が社会人として収入を得ている人に限られます。

 

主婦でもパート・アルバイトをしていれば借入可能?

主婦でもパートをしていれば申込可能!

専業主婦ではなく、アルバイトやパートをして安定収入がある人であれば、配偶者貸付制度を利用する必要はありません。
安定した収入があると認められれば、契約者を自分名義としてカードローンを申請する事が出来ます。
その場合には、基本的に収入証明書(源泉徴収書、給料明細等)、身分証明書が必要です。
基本的に収入があれば、銀行でも消費者金融でも審査を受ける事は可能でしょう。
消費者金融の場合は、貸金業法に基づく融資となりますので、年収の1/3以上の借入は出来ません。
アルバイトやパートで年収が60万円程度の人は、その1/3に当たる20万円が上限融資(総量規制)となります。
実際には審査により上限融資金額が決定されるため、20万円未満になる可能性があります。

 

学生でも契約できるカードローン

20歳以上で安定した収入が必要

学生でも契約が出来るカードローンがあります。
しかしながら、学生と言ってもカードローンを契約出来るのは、満20歳以上の人からになりますので、大学生の中でも、成人を終えた人が条件となります。
また、その中でも月々安定した収入を得ている人と言う事が条件となります。
収入を得ていない人は審査を受ける事が出来ません。

 

 

学生でもアルバイトをしていればカードローンの申し込みは可能?

学生の中でも、安定した収入を得ている人はカードローンに申し込む事が出来ます。
安定した収入を得ているというのは、正社員や派遣社員といった事ではなく、アルバイトやパートでも、月々に収入を得ていれば立派な安定した収入を得ていると言う事になります。
また、そのアルバイト先での勤務年数が長ければ長いほど、審査には通り易くなると言えるでしょう。
学生がカードローンの審査を受ける場合の在籍確認は、アルバイト先に連絡が入ります。
そこで、あなたがアルバイトをしているかどうかという確認が入ります。
確認方法は、カードローンの担当者が個人名で電話をしますので、カードローンを組むための在籍確認という事はばれません

 

主婦・学生のカードローンの審査

アルバイトやパートをしていて、月々安定した収入を得ている主婦や学生の方が審査を受ける場合に、事前に確認しておいた方がよい事をお話しします。
学生の場合、まずは学生への融資を対象としているかどうかという点を確認してください。消費者金融や銀行によっては学生を融資対象外としているところもありますので、必ず学生を融資対象としている事を事前に確認しておく必要があります。
インターネットのホームページで予め融資対象者を確認しましょう。

 

また、アルバイトやパート職の場合、収入を証明出来る資料が手間取るのではないかと思われます。
基本的にカードローンは50万円未満の場合は収入証明を要しない事が多いですが、主婦や学生の方の場合は、50万円未満の取引でも収入が証明出来る資料の提出を求められる可能性が高く、最低でも給料明細の過去2ヶ月分は用意しておく事です。
また、特に注意をしておいて頂きたいのが、金融事故です。
クレジットカードの遅延・滞納があった場合は、既に信用情報機関に登録されている可能性があります。
この様なケースでは審査は通りません。お手持ちのクレジットカードがある場合には金融事故をしていないかどうかが重要になります。
近年よくあるのが、携帯電話を滞納しているケースです。携帯電話の料金は、本体を分割して支払っている人が多いですよね。この分割は割賦払いに該当し、立派なローンの1つになっているのです。そのため、毎月引き落とされる携帯電話代の中には携帯電話本体の金額も含まれている事が多く、これを繰り返していると金融事故になっている可能性もあります。
審査では、収入と同等に、返済能力があるかどうかという点を重視してみられます。金融事故は返済能力がないという事に繋がります。
十分注意しておいて下さい。

 

主婦・学生の借入限度額

借入限度額の決定は銀行と消費者金融によって異なります。銀行の場合は「銀行法」に基づいて借入限度額を決定します。また消費者金融は「貸金業法」に基づいて借入限度額を決定します。
その審査基準を公表している銀行や消費者金融は残念ながらありません。消費者金融の場合明確に言える事は、「貸金業法」の「総量規制」に基づき、借入限度額は「年収の1/3を超える融資を行ってはならない」となっていますので、この金額を超えた借入限度額の設定は出来ません。ただ、やはり主婦や学生の場合は、正社員並みの収入を得ている訳ではありませんので、借入限度額は多くて30万円が限度だと考えておく方がよいでしょう。

 

主婦・学生が金利で返済に困らないようにするポイント

主婦や学生の方が融資を受けた後、返済で苦しむ理由の一つに金利が高いという問題があります。
主婦や学生の場合、消費者金融なら18~20%、低金利な銀行でも14~16%程度の金利(年率)がかかってくる可能性が高いです。
そうなると、返済出来ないといった事態に陥る可能性があります。30万円の融資を受けた人が月々返済する金額は、1.8万円以上になるでしょう。
この金額はアルバイト・パートの収入からみるとかなりのウェイトを占めるのではないでしょうか。
収入の限られた主婦や学生が融資を受ける場合は、月々しっかりと返済金額を確保が出来る生活サイクルを作らなければなりません。
また、繰り上げ返済が出来るのであれば、規定の返済日よりも前倒しで返済を早めていくなどして、元金を減らしていく努力が必要です。

 

主婦・学生がカードローンを利用する方法まとめ

以上の様に、主婦や学生がカードローンを利用する方法として注意しておかなければならない事は

  • 専業主婦、収入を得ていない学生(無職の人)は消費者金融への申請は不可
  • 安定した収入のある主婦、学生でも借入限度額は多くて30万円程度まで
  • 収入が少ないため、返済困難に陥る可能性がある
  • 返済は計画的かつ繰り上げ返済を心がける事が重要

 

です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る