女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

総量規制対象外で即日も可能な人気カードローンはこれ!

総量規制とはなんですか?

総量規制とは、消費者金融等から年収の1/3以上の借り入れを規制する法律です。
これは、貸金業法という法律で定められています。平成18年の貸金業法改定に伴い、段階的に施行され、平成22年6月には完全施行されました。

 

平成18年まではカードローンで借り入れ出来る上限額が定められておらず、その結果、貸倒れ(借金が返せなくなった人)が増加すると共に、債務整理を行う人も増加。
これに伴い、国はその様な事態にならないように総量規制という法律を定めました。この「年収の1/3以上の借り入れ」とは、消費者金融から複数の借り入れがある場合、その金額の合計を指します。

 

但し、この総量規制とは貸金業法に基づいて運営を営む業者からの借り入れに限ります。
よく混乱してしまう人もいますが、銀行からの借り入れはこの総量規制には該当しません
なぜなら、銀行は貸金業法に基づいて運営されている訳ではなく、銀行法に基づいて運営されているため、この総量規制には該当しません。

 

総量規制って何??カードローンと総量規制の関係

具体的に総量規制はどの様な計算になるのでしょうか。
例えば、年収600万円の方が、初めてカードローンに申し込む場合について考えます。
総量規制とは、借り入れが年収の1/3の金額までしか借りられないという法律ですので、

 

600万円×1/3=200万円

 

がカードローンで借り入れ出来る最高金額という事になります。
ですが、一般的な消費者金融の場合、年収が600万円だからと言って、上限金額を200万円に定めた契約は行ってくれません。申請者自身の与信等を考慮し、融資可能枠を決定します。
つまり、法律的には200万円まで借入が出来る事には変わりませんが、その上限金額はカードローン会社の審査により変わってきます。大体は1社で50万円までの融資可能枠となる事が一般的です。

 

この様な事から、総量規制に達するのは数社(3~4社)から借り入れた場合の借入合計が総量規制に影響してきます。また、消費者金融への審査を受ける場合、既借入先が2社までなら審査に大きく影響しませんが、3社、4社になると審査に影響し、融資不可と判断する業者も少なくありません。

 

総量規制の対象外のカードローン

総量規制の対象外となるカードローンは銀行カードローンや消費者金融でもおまとめローンと称しているものになります。

消費者金融の融資は総量規制の対象ですが、おまとめによって明らかに融資を受ける方にメリットがある場合には、例外として1本化が可能な場合があります。

 

銀行カードローン
楽天銀行カードローン、りそな銀行カードローン、、イオン銀行カードローン、三菱UFJカードローンなど

 

消費者金融
アイフルの「おまとめMAX」、アコムの「借換え専用ローン」

 

総量規制対象外のカードローンのメリット・デメリット

総量規制対象外のカードローンには次のようなメリット・デメリットが有ります。

 

総量規制対象外のカードローンのメリット

金利が低い

総量規制対象外となるカードは、銀行カードローンが対象です。一般的には銀行カードローンの金利は、
4%~14%程度となり、消費者金融のカードローン13~20%と比較してかなり低く設定されています。

 

専業主婦でも借入可能

消費者金融の場合は、貸金業法に基づき融資を行います。貸金業法では、収入の無い方には融資が出来ないと規定されているため、専業主婦の方は残念ながら借入が出来ないケースがほとんどです。
しかし、銀行カードローンの場合は、銀行法に基づき融資を行います。銀行法では、配偶者に安定した収入があり、配偶者の同意があれば、融資が可能とる場合もあります。

 

収入証明は不要

消費者金融の場合は、1社からの借入が50万円を超えている場合や、貸金業法に基づいた借入の総額が100万円を超えている場合は、収入証明の提出が義務づけられています。
一方で、銀行カードローンは、銀行法に基づいて融資されますので、多くの金融機関では何百万といった高い限度額を希望する場合にのみ収入証明が必要になる場合が多いです。

 

総量規制対象外のカードローンのデメリット

即日融資対応は消費者金融の方が上

銀行カードローンのデメリットの一つは、審査から融資までの時間がかかってしまうという点です。これは銀行が審査を外部業者に委託しているためです。そのため、審査結果が出るまでに時間がかかります。
その銀行の口座が必要で口座を持っていない場合には、その手続もする必要が有るので、審査から融資までは通常で約1~2週間ということもあります。
最近では、色々な金融機関で即日審査・融資対応を行っているため、そのニーズに対応するべく、サービス向上を図っている銀行もありますが、消費者金融の融資スピードには至っていないのが現状です。

 

銀行カードローンの審査は厳しい

これも様々なところで言われる事ですが、銀行カードローンは消費者金融と比較して、審査が厳しいと言えます。それは銀行が貸金を主とした業務としていないからです。消費者金融は貸金を主な業務とし消費者に融資を行い、その利息で利益を得ています。しかし、銀行の主な業務は、為替などの取引手数料や預貯金の引出、入金の手数料で利益を得ているため、融資業務が本業ではないのです。そのため、無理に集客する必要はなく、少しでも不安がある消費者は審査に通さない傾向があるため、消費者金融と比較し、審査が厳しくなるのです。

 

総量規制対象外のカードローンはこんな方におすすめ

以上のメリット・デメリットをふまえて、総量規制対象外のカードローンがおすすめなのは次のような方です。

 

低金利で長期の借り入れ、借り換えをしたい方

専業主婦などの収入がない人や、安定した収入があり金融事故などの履歴がない方で、なるべく低金利で借入をしたいとお考えの方は、消費者金融に申し込む前に、まずは銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。
また、複数社からの借入が重なってしまってしまい、借入を一本化し金利を下げたい人も、銀行カードローンに申し込む事をお勧めします。
逆に、即日融資を希望する人は銀行カードローンには不向きと言えます。

 

総量規制の対象となるカードローン

総量規制の対象となるカードローンというのは、貸金業法に基づいて運営している融資会社の事を指します。
広くは、信販会社や消費者金融を指しますが、主だって取り上げると、消費者金融(代表例 : アコム、アイフル、プロミス)です。
これらの会社は、お金を融資し、その利息を得る事で利益を得ている会社です。
そのため、可能な限り多くの消費者へ融資する事が会社の利益に繋がります。
また、信販会社ではクレジットカードのキャッシング枠も、この総量規制の対象に該当します。信販会社は主な業務を「商品購入サービス」としているため、認識は薄くなりがちですが、信販会社のキャッシング枠も立派な総量規制の対象になると認識しておきましょう。

具体的には、次のようなカードローンが総量規制の対象となります。
消費者金融の大手では、アコム、アイフル、プロミスが有名です。
その他、ノーローン、SMBCモビットなども、総量規制の対象になります。

総量規制対象に例外はある?

貸金業法に基づいて運営されている消費者金融は、基本的に総量規制の枠を超えた融資は出来ません。
ですが、総量規制の例外として融資が行える商品を扱っています。それが、借換え専用ローン(俗に言う、おまとめローン)です。
貸金業法で定められている「消費者の個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約」となりますので、年収の1/3以上の借入が可能です。
しかし、これはあくまで借換え専用ローンとしての商品で、現状の債務総額を上回った借入は出来ません。
追加融資も出来ませんので、おまとめローンをした後は、返済専用のカードローンとなります。

 

総量規制の対象となるカードローンの特徴

総量規制の対象となるカードローンは、一般的に次のような特徴があります。
消費者金融のカードローンは、とにかく融資までの時間が早く、多くの消費者金融で最短で即日審査・振込融資を実現しています。
これが銀行カードローンと比較し、最も異なる点です。消費者金融の場合、より多くの顧客を抱える事で利益に繋がります。消費者にとってメリットの一つである融資までのスピードを速くする事で、顧客拡大を目指していると言えます。

 

融資までのスピードは早いですが、銀行カードローンと比較し、金利は高くなります。貸金業法では、金利は次の様に定められています。
10万円未満の取引 : 金利20%(年率)まで
10万円を超え100万円未満の取引:金利18%(年率)まで
100万円を超える取引:金利15%(年率)まで

 

初めて申し込む人の場合は、その信用性が分からないため、各取引金額における最大の金利で契約をする事になる事が一般的です。
これは、銀行カードローンの4%~14%程度と比較すると、高いと言えます。
サービス面が行き届いている反面、金利は高いと言う事を覚えておいて下さい。
ただ、少額の融資や短期間の融資ではそれほどのデメリットにならないでしょう。

 

カードローンと総量規制の関係まとめ

色々と記載しましたが、簡潔にまとめると次の通りです。

  • 消費者金融からの借入は、借入総額が年収の1/3を超えた融資不可
  • 総量規制が該当する会社とは貸付業法に基づいた運営をしている消費者金融
  • 銀行カードローンやおまとめローンは総量規制の対象外
  • クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象

これらの事を覚えておいて下さい。

 

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る