女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

カードローン|法人・個人事業主が資金調達に利用することはできる?

法人向けのカードローンってあるの?

法人を経営している代表者や個人事業主は、取引の際に急な出費や一時的に資金が必要になる場合があり、事業資金を調達する上で融資を受けることもしばしばあります。
事業資金を目的とした融資には日本政策金融公庫から事業資金の融資を受けられるものもありますが、その多くは申込をしてから融資に至るまでに期間が必要ですし、担保や保証人が必要になる場合も多く、急な出費に対応するのにはあまり向いていません。
逆に消費者金融などで取扱っている個人向けのローンの利用目的は、生活費などに限定されているものがほとんどで、まとまった金額の融資には対応できません。
そのため銀行やノンバンクでは、事業資金の調達を目的とした融資にも対応できる、法人向けのカードローンを取り扱っています。

 

法人向けのカードローンには最短即日で融資を受けられるものもあり、融資額についても総量規制の対象外なので年収に関係なくまとまった金額の融資を受けることも可能です。
また無担保・無保証で申し込みができるものもあり、法人経営者や個人事業主が事業資金を調達する場合とても便利な商品があります。
今回の記事では、法人・事業者向けのローンの特徴について解説していきます。

 

 

 

ビジネスカードローンを利用する際のメリットとデメリッ

ビジネスカードローンのメリットは、事業資金目的の融資を受けられることです。
通常の消費者金融や銀行などで扱われている個人向けのカードローンでは、資金使途が生活費などに限られており事業資金では利用することができません。
また消費者金融での融資の場合、貸金業法の総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える融資を受けることができません。
事業者ローンの融資額は、総量規制の対象外なのでそのような制限もなく、融資額についても事業資金の場合高めに設定されています。
通常高額な融資を受ける時に必要な担保や保証人も要求されないところもあり、最短では即日で融資を受けられるのも大きな魅力となっています。

 

一方、日本公庫と比べると貸付金利が若干高めなので、これはデメリットと言えます。
しかし公庫の事業融資には担保や保証人が必要なケースもあり手続には長期間かかるため、一時的に資金調達を目的として利用する場合には、やはり銀行やノンバンクなどのビジネスカードローンの方が都合は良いでしょう。

 

 

資金調達をカードローン以外ですることは可能?

カードローン以外で資金調達をする方法としては、公的機関からの融資があげられます。
前述した日本政策金融公庫以外にも商工組合中央公庫や地方自治体による融資制度もあります。
また公的機関の保証を受けて銀行で融資を受けられる制度もあります。

 

特徴としては貸付金利が2%前後とかなり低く設定されていることと、融資金額が億単位のものなど高額であることです。
そういった高額の事業者向けのローンの場合は、会社役員全員を連帯保証人にする必要があるものや担保が必要になるものもあります。
担保提供があれば担保に対しての評価なども審査基準に含まれることになりますので、審査にはかなりの時間を要しますし、長い場合は申込から1ヶ月以上必要なものもあり急な出費に対応するのは難しいです。

 

法人向けのカードローンは即日融資可能?

法人向けのカードローンは銀行や消費者金融会社、ノンバンクなどから様々な商品が提案されています。
申込から借入まで即日で可能なところとなるとやはり消費者金融会社が無人契約機を設置しているため有力です。
銀行やノンバンクの場合は、申込からカード受取までの間に郵送で手続きするところもあるため、申し込んだその日に融資を受けられるというのはあまりありません。
しかし事前に申し込みをしてカードさえ作っておけば、利用枠内でいつでも引き出しができるというところは多いため、一枚カードを作っておくのも良いでしょう。

 

・プロミスの自営者カードローン
最高300万円までの融資額で年率は6.3%~17.8%です。
申込条件として年齢が20歳以上65歳以下の自営業者で利用目的は生計費、事業費に限定されています。
申込には本人確認書類に加え、収入証明書類として前年分の確定申告書、青色申告決算書または収支内訳書が必要となります。
また事業実態を疎明する書類として営業許可証や受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細などの書類が必要となります。

 

申込は自動契約機、電話、有人窓口、郵送で可能です。
即日融資を希望の場合は来店が確実でしょう。

 

・アコムのビジネスサポートカードローン
最高300万円までの利用限度額で年率は12.0%~18.0%です。
申込条件は業歴1年以上の個人事業者です。
申込には本人確認書類に加え、直近1期分の確定申告書の写しが必要です。
また100万円を超える融資を希望の場合は、青白申告の場合は直近1期分の青色申告決算書の写し、白色申告の場合は直近1期分の収支内訳書の写しが必要です。

 

申込は電話で行った後、店頭窓口や自動契約機に来店してカードを受け取ることで即日融資を受けることができます。

 

・アイフルの事業サポートプラン
最高500万円までの利用限度額で年率は6.0%~18.0%です。
申込条件は法人または個人事業主で、利用は事業資金に限られます。
申込には本人確認書類、確定申告書、事業内容確認書が必要となります。
法人の場合は代表者の連帯保証が必要となります。

 

申込はインターネットで行った後、電話にて必要項目の聴き取りと必要書類をFAXで送信し、結果連絡後に自動契約機に来店することで即日融資が可能です。

 

 

銀行融資で審査通なかった場合は法人カードローンも審査は難しい?

大手銀行などからの融資は、通常のカードローンでも審査は厳しく事業者ローンとなると融資額も高額となるため、より一層審査は慎重に行われます。
赤字決算が続いている状況や資金繰りがうまくいっていない状況では、銀行からの融資を受けるのはほぼ無理といってよいでしょう。
消費者金融やノンバンクの法人向けカードローンも、個人向けのローンに比べると決して審査が緩いわけではありませんが、銀行で借りられなかった人でも融資を受けられたという口コミも多くあがっています。
体験談を見てみると申し込みをしてみる価値はありそうです。

 

 

法人・個人事業主用ビジネスローンについての各社情報

楽天銀行の事業者用のローン〔ビジネスローン〕

楽天銀行はスーパーローンや住宅ローンなどを展開していましたが、2016年8月4日から新しく楽天銀行ビジネスローンの取扱いが開始されました。
まだ開始間もないこともあり情報があまり出ていませんが、現在分かる範囲の情報をまとめたいと思います。

 

まず金利ですが、固定・変動金利となっており審査の結果によって所定の利率が適用されるようです。
融資限度額は100万円以上1億円以下で設定は10万円単位になります。
審査にかかる時間もはっきりとした期間は不明ですが、原則担保の提供や経営者または実質支配者の保証が必要となっていますので、短時間では審査が終了することはないと思われます。

 

申込の条件は法人・個人事業主で、楽天銀行のビジネス口座を開設している人、確定決算書または確定申告書3期分の提出ができる人、申込時に税金等の滞納や他金融機関からの借入の延滞がないこと、審査基準を満たすこととなっています。

 

資金使途は運転資金のみとなっています。
印紙代などの諸経費は実費を別途負担することになります。
また、繰り上げ返済をする時に手数料が発生する可能性があります。

 

三井住友銀行の中小企業用のローン〔ビジネスセレクトローン〕

三井住友銀行のビジネスセレクトローンの貸付金利は変動金利の場合は、2.125%~とかなり低金利です。
変動金利以外にも固定金利や各種金利優遇制度があり、最終的な金利は審査によって決定されます。
融資限度額は1億円以内です。
審査にかかる時間は、審査内容にもよりますが、三井住友銀行の窓口に来店しなければなりませんし、高額の場合は審査も慎重に行われますから場合によっては数週間かかる可能性もあります。

 

申込の条件は、業歴2年以上で三井住友銀行の支店があり取引が可能な地域であること、最新決算期で債務超過になっていないこと、申込時に税金の未納がないこととなっています。

 

資金使途は運転資金、設備資金、決算・賞与資金としても利用が可能です。
担保や第三者保証人は原則不要ですが、代表取締役全員の連帯保証は必要となっています。
また不動産担保を提供すると借入限度額が最大3億円まで申込をすることができるようになります。

 

申込の際必要な書類は、最新の税務申告書の原本が3期分、最新決算期の納税証明書、商業登記簿謄本です。

 

オリコの個人事業主用の法人カードローン〔CREST for Biz〕

オリエントコーポレーションの【CREST for Biz(クレスト フォービズ)】の実質年率は6.0%~18.0%で、融資限度額は最高で300万円、総量規制対象外の融資です。
審査にかかる時間は短く、口座があれば最短で即日融資も可能です。
申込はオンラインで行い、審査後必要書類をFAXか郵送で提出すると後日カードが送られてきます。
即日融資を希望する場合は必要書類をFAXで送信することと、借入方法を口座振込にすることが条件となります。

 

申込の条件は個人事業主で、資金使途は事業に関する資金に限定されています。
担保・保証人は不要で申し込みに必要な書類は本人確認書類、所得証明書として確定申告または青色申告決算書もしくは収支内訳書、「事業状況のご確認」と借入計画書等が必要となります。

 

カードの年会費は無料で、返済方法は口座振替、ATM返済、コンビニ返済が可能です。
またWeb明細の申込をすることで紙媒体の明細書の郵送を停止するサービスもあります。

 

オリックスの事業者向けの融資〔VIPローンカードBUSINESS〕

オリックスクレジットのVIPローンカードBUSINESSの実質年率は6.0%~17.8%で、融資限度額は最高500万円、総量規制対象外の融資です。
審査にかかる時間は短く、午前中に申し込みをした場合最短で即日融資も可能です。
申込・必要書類の提出はWebで行い、その後申込内容確認と審査結果の電話連絡またはメールがきます。
Web上で契約内容の確認と同意が完了すれば、指定の口座に振り込みで融資を受けることができます。

 

申込の条件は20歳~69歳までの業歴1年以上の個人事業者または法人格を有する事業の代表者で、資金使途は自由です。
担保・保証人は不要で、申し込みに必要書類は本人確認書類と確定申告書ですが、審査の際に現在の事業状況と今年度の事業計画、収支計画、資金計画等についての書類が必要となる場合があります。

 

カードの年会費は無料で、カードはコンビニATMで利用することができます。

 

 

法人・個人事業主が利用できるカードローンまとめ

事業を行っていると急な出費や一時的に資金が必要になる場面があります。
融資に関しての審査が短いところは、金利も高くなりがちです。
必要になったときに慌てて作るよりも、法人用のカードローンを一枚作っておくと良いかもしれません。
しかし事業者ローンは大口の融資ですから、常用するのはリスクが高くなってしまいあまりオススメできません。
カードローンを利用する場合には、ゆとりのある返済計画をしっかり立てて利用しましょう。
また一時的な資金調達なら、売掛金を売るファクタリングなどの方法もありますので、検討してみるといいかもしれません。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る