女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

女性向けのカードローンをご存知ですか?レディースローンなら安心して借入出来る?

カードローンの【レディースローン】とは何か?女性も安心して借りられる!

レディースローンとは、女性専用のカードローンで男性は利用することができません。
現在はカードローンと呼ばれていますが、以前は消費者金融やキャッシングなどと呼ばれていた信用貸付。
そのイメージの悪さから初めてローンを利用するかた、特に女性から「お金を借りるのが不安」という声が上がっていました。
そのため、大手金融会社を中心に、女性専用のローン商品を作って女性が利用しやすいようにしました。
レディースローンはお金を借りることが恥ずかしいと感じていたり、何となく怖いと思っている女性におすすめな商品だといえます。

 

 

レディースローンと他のカードローンとの違いを徹底解説!

・融資の相談がしやすい
レディースローンは女性が安心して利用できるよう、オペレーターなどの対応をすべて女性スタッフが行うという特徴があります。
カードローンの申込みをした際に、申込み後すぐに内容確認のための電話があり、仮審査通過後にも電話がかかってくるケースがあります。
その際の電話応対もすべて女性スタッフのため、自宅に電話がかかってきても不安を感じる必要がありません。
ですが実は、他のカードローンもほとんどのオペレーターは女性なので、レディースローンでなくても女性スタッフとやり取りすることになります。
しかし、家族の目が気になるなどの理由から絶対に女性スタッフが応対してくれなくては困るというかたは、レディースローンを選ぶとよいでしょう。

 

・プライバシーに配慮してくれる
女性には、女性にしかわからない事情や悩みがあります。
男性スタッフには話しにくいことでも、女性スタッフなら気軽に話すことも出来るでしょう。
レディースローンのスタッフは、借金することを家族や周囲に絶対にバレたくないという女性に対して、必ず秘密を守ってくれます。
インターネットで申込みが出来るため、来店不要なので借入の際に気まずい思いをすることもありません。
その代わり審査の際には免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどの本人確認書類が必要です。
もちろん普通のカードローンも顧客情報は厳守されますし、入店の必要もありません。
唯一の違いとしては、女性は所得の低いかたも多いため、審査時に本人確認書類の他に収入証明書が必要になる場合があります。
レディースローンを利用するにあたって、この点だけはデメリットといえるかもしれません。

 

・金利や特典で優遇
基本的に、普通のカードローンとレディースローンの仕組みは同じです。
しかし、レディースローンの最大のメリットは、普通のカードローンと比べると少しだけ低金利で設定されていることです。
一般的には年利で0.2~0.5%程度の下げ幅とされていますが、普通のカードローンと同じ仕組みで利用できるのであれば、女性ならレディースローンを選択したほうがよいといえるでしょう。
なぜレディースキャッシングにこのような優遇措置があるのかというと、貸金業法が2010年に施行されて総量規制が制定されたためだといってよいでしょう。
総量規制とは、借入額が原則として収入の3分の1までに制限する法律です。
それ以降、女性によるカードローンの利用が激減したため、各消費者金融会社で女性が借入する場合は少しだけ優遇するような商品を作ったといわれています。
さらにレディースローンによくある特典として、無利息期間のキャンペーンがあります。
これは、初回借入から1週間~1ヶ月間の無利息期間を設けるというサービスになっています。
利息が発生しないため、期間内に完済すれば元金だけ返済すればよい方式になっています。
これなら、給料日前に急にお金が入り用になった女性も気軽に利用出来るといえるでしょう。

 

女性向けカードローンがある金融機関【おすすめレディースローン一覧】

レディースローンカードは、消費者金融系と銀行系に分かれています。

 

・プロミスレディース
審査も早く、最短30分ほどで利用可能額を知らせてくれるスピードを誇っています。
30日間無利息サービスを行っている点も、利用しやすいといえるでしょう。

 

・その他、アコムやSMBCモビットにもレディースカードローン商品があります。

 

・レディースレイク
レイクは現在、新生銀行を母体としています。
そのため銀行系のレディースカードローンとなっています。
初めての借入で借入額が5万円まで180日間無利息が特徴です。
セブンイレブンやローソンなどのATMで借入や返済の手数料が無料なところも嬉しいサービスだといえるでしょう。
夜遅くしかATMが使えない水商売の女性でも、便利に借入や返済が可能です。

 

・その他、みずほ銀行のマイウィングという商品や、じぶん銀行、楽天銀行でも女性専用のレディースローンを設けています。

 

レディースローンにはどんな審査がある?経験者の口コミを分析

レディースローンも通常のローンと同様に、審査があります。
よくレディースローンは審査が甘いなどという噂がありますが、審査はしっかりとされます。
レディースローンの審査基準で大切なことは、定期収入があるかどうかです。
インターネットの口コミによるとアルバイトやパートでも安定した定期収入があれば、問題なく審査に通るケースがほとんどです。
収入が低いのにいきなり高額な融資を申し込んでも通らない可能性が高いといえますが、10万~30万円程度であれば年収200万円未満でも、簡単に審査に通ったというレビューを書いている女性が数多くいます。
しかし収入が無かったり、不定期で不安定な職業の女性は審査が厳しいといえるでしょう。

 

カードローンは夫に内緒で利用できる?こっそりお金を借りるコツ

カードローンは、夫や家族に内緒で利用することが可能です。
特にレディースローンは夫にバレないように細やかな気遣いをしてくれるので、より安心だといえます。
在籍確認や本人確認でも、女性スタッフから電話がかかってくるため「職場の同僚からの電話だ」などと言えば、旦那から不審がられることもありません。
オンラインで申込みをして、月々の明細もネットで確認できるように設定すれば、ローン会社からの手紙で家族にバレる心配もありません。
借金は個人の名義でするものなので、女性が借入をしても夫や家族の信用情報に傷が付いたり、家族が住宅ローンの申込みができなくなることはないので安心です。

 

 

カードローンはパート主婦でも利用できるの?

主婦でもパートなどで働いていれば、プロミスやアコムなどの消費者金融系でも比較的容易にカードローンが利用できます。
年収100万円以下のパート主婦のかたでも、総量規制で年収の3分の1まで借入が可能なので、30万円程なら大丈夫だといえるでしょう。
パート主婦のかたなら、金利が優遇されて特典も付いているレディースローンのほうが普通のカードローンよりお徳に利用出来ますが、年収の低さから借入額も低くなります。
そのため、希望借入額が多い場合は銀行系レディースローンのほうがよいといえるでしょう。

 

無職で収入のない専業主婦でもお金は借りられるの?

専業主婦でまったく収入がない女性でも、借入は可能です。
ただ、消費者金融系のカードローンは総量規制によって年収の3分の1までの借入しかできないため、そもそも収入の無い専業主婦は消費者金融から借入をすることは不可能と考えておいたほうがよいでしょう。
しかし、銀行には総量規制の縛りがありません。
そのため、銀行系のレディースローンなら専業主婦でも利用出来ます。
専業主婦のかたは、配偶者貸付(夫の収入にプラスして同居家族の収入を審査基準にしているローン)を行っている銀行系カードローンへの申込みを検討しましょう。
三菱UFJ銀行や、楽天銀行、イオン銀行などが専業主婦に人気の銀行系カードローンとなっています。

 

 

ここが違う!消費者金融と銀行のレディースローン比較まとめ

消費者金融のレディースローンは金利の優遇や無利息期間などの特典も多く、即日融資やコンビニのATMなどからも利用出来る利便性を売りにしているのが特徴です。
銀行系のレディースカードローンは総量規制で制限されないため、収入が低い女性や収入が無い専業主婦のかたでも利用可能となっています。
正社員や派遣など、フルタイムで働いていて定期収入がある女性には、スマートフォンで簡単に申込みできて収入証明書の審査も通りやすい消費者金融のレディースローンがおすすめです。
パートやアルバイトで年収が100万円以下の女性は、借入額が低い場合は消費者金融系のレディースローンの審査通過も出来ますが、借入額が多い場合は銀行系のレディースローンのほうが審査が通りやすいといえます。
収入が無い専業主婦のかたは、総量規制により消費者金融系のローンは利用不可能です。
そのため、配偶者貸付の商品がある銀行系のレディースローンを利用しましょう。

 

 

カードローンと【レディースローン】の簡単なまとめ

・レディースローンもカードローンもやり取りをするオペレーターは女性だが、レディースローンのほうが細やかなサポートをしてもらえるため、借金相談がしやすい。
・レディースローンもカードローンも、スマートフォンやパソコンで申込みできて入店不要。
・レディースローンは本人確認書類の他に、収入証明書を求められることがある。
・アルバイトやパート主婦でもレディースローンをはじめカードローンの利用が可能だが、融資限度額は低くなる。
・担当者が全員女性のレディースローンのほうが、在籍確認などで家族にバレにくく内緒で借金出来る可能性が高い。
・総量規制の制限があるため、専業主婦は消費者金融系のレディースローンの申込みはできないが、銀行系レディースローンなら申込める可能性がある金融機関もある。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る