カードレスの振込融資ならカードなしで簡単キャッシング!

カードローンというくらいだから、ローンカードを使って借入・返済を行うのが一般的でした。

しかし、最近ではカードを発行しなくてもカードレス(口座への振込)で融資をしてくれる金融機関も増えてきています。
振込融資には、融資までのスピードが早いこと以外にも様々なメリットがあります!

 

ですが振込融資に対応しているカードローンでも、金融機関によってその条件は違うのでしっかりと比較する必要があります。

 

カードレスで即日融資も可能なプロミス
プロミス

プロミスの特徴
  • 最短1時間で即日融資可能※1
  • 借入から返済までWebで完結
  • 30日間無利息サービス※2
  • 簡単3秒診断あり
  • ローンカードあり・なし選択可能

→プロミスのお申込みはこちら

簡単3項目で事前診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※1

あり

※1 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。
※2 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

※プロミスはカード有りか、カード無しかを選べます。また、WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。

 

カードレスでキャッシングってどういうこと?

多くのカードローンでは、契約を完了すると郵送や無人契約機で発行するなど方法は様々ですが、ローンカードを手にすることができます。
このローンカードは融資を受ける、つまり現金を引き出すのにも、返済するのにも使います。
各金融機関によって違いますが、借り入れや返済をその金融機関のATMだけでなく、コンビニなどの提携ATMでも使用できるのでほぼ24時間、お近くのATMで借入・返済が可能です。

 

カードレス・振込キャッシング・振込融資など呼び方は様々ですが、このローンカードを発行しない・使用しないで借入・返済を行うことができるカードローン商品が増えてきています。

 

カードレスの振込融資のメリット・デメリット

振込融資のメリット

  • 融資まで最短
  • 周りにバレにくい
  • カードの紛失の心配がない
  • 店舗への来店などが不要

 

カードレスキャッシングは、申込だけでなく借入までネットで完結できるので多くの場合には最速の申込方法となります。
即日での融資が可能なカードローンで、午前中に手続きを開始してしまえば即日での融資も可能になるでけでなく、早ければ1時間程度で融資を受けることもできます。
また、スマホやパソコンでインターネットから手続きできるので、店舗や契約機に入る必要がなく、ローンカードもないのでそこから家族や同僚に知られる危険性がなくなります

 

振込融資のデメリット

  • 銀行の営業時間外には弱い
  • 銀行口座が必要

 

カード無しでのキャッシングが、多くの場合最短であるというのは銀行の営業時間と関係があります。
振込融資は、銀行口座への振込なので、土日・祝日や平日の営業時間外の振込依頼は翌営業日へと繰り越されてしまいます

 

つまり、午前中の内に契約を完了させたとしても、口座への振込依頼を行うのが、営業時間外であればその日の内に借りることができなくなってしまいます。
また、融資を受けるには各金融機関が指定する銀行口座が必要な場合もあるので、申込前に必要な口座を持っているかも確認するようにしましょう。

 

振込キャッシング可能な消費者金融

カードなしでの借入が可能な消費者金融としては次の金融機関が挙げられます。

  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

 

ただ、それぞれのカードローン業者の振込融資には、条件や特徴が違うのでしっかりと自分の希望にあったカードローンを選ぶ必要があります。

 

振込融資の条件を比較

プロミス

Web完結による申し込み
・口座振替での返済、カードの発行をしないを選択

アイフル ローンカードの受け取りが必要
・インターネットで振込予約を行う
SMBCモビット

WEB完結による申し込み
・指定の銀行の口座、指定の種類の保険証が必要

 

カードなしでのキャッシングに対応しているこの3つの消費者金融ですが、完全にローンカードなしで利用できるのはプロミスとSMBCモビットのみです。
アイフルも振込での融資には対応していますが、ローンカードの受取が必須となっています。

 

手元にローンカードが無いほうが良いと言う場合には、プロミスとSMBCモビットの2択となります。
ですが、SMBCモビットでカードレスで契約するためにはWEB完結での申し込みが必要であり、これには条件があります。

プロミスでカードの発行をしないを選択しても、後からローンカードを発行することはできます。

 

SMBCモビットのWeb完結申し込みの条件

SMBCモビットのWeb完結申し込みには、指定の口座と保険証が必要となります。

 

Web完結申込の指定口座

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行

 

このどちらかの口座が必須なので、持っていない場合には先に口座を作っておく必要があります。
ですが、口座の開設にも時間がかかるので、少しでも早い融資を希望ならアイフル、プロミスを検討しましょう。

 

Web完結申込に必要な保険証

  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)
  • 組合保険証

SMBCモビットのWeb完結申込は、カードなしで融資を受けることができる以外にも郵送物・電話連絡なしで手続きできると言うメリットがあります。
通常であれば電話連絡は、本人確認、お勤め先確認に必要なのですが、電話の代わりに保険証の提出によって確認を行うため会社などに属していることを証明できる社会保険証、組合保険証が必須となります。
保険証は口座のように簡単に作ることができないので、指定の保険証でない場合には、他のカードローンを選択しましょう。

 

SMBCモビットのWEB完結申込の条件を満たしているなら

→SMBCモビットの申込はこちら

 

カードレスで無利息期間ありなら

→プロミスの申込はこちら

 

振込融資で即日融資を受けるには

振込融資を受けるには、銀行の営業時間内に借り入れの依頼をする必要があります。
カードローンによって、即日融資に対応できる時間に差があるので申込前に確認しましょう。

アイフルの振込での即日融資の場合

アイフルの振込融資は平日14:00までとなっています。
その時間をすぎる翌営業日になる可能性が高いのですが、アイフルはローンカードの受取が必須なのでお近くの契約機とATMを利用すれば即日融資自体は可能です。
契約機は設置場所によって利用できる時間が異なる場合がありますが、朝8:00-夜22:00まで平日だけでなく土日・祝日も利用できます。
審査に時間が必要なので、遅くても夜19:00までには申込をし、審査通過の連絡があれば、営業終了の1時間前の21:00くらいでもその日の内にカードを無人契約機で受け取ることができます。

→アイフルの申込はこちら

 

プロミスの振込での即日融資の場合

プロミスの振込融資もアイフル同様、平日14:00がタイムリミットとなっています。
プロミスが便利な点は、瞬フリというサービスが利用できる点です。
瞬フリなら、タイムリミットを過ぎても、即座に口座への振込をしてもらえます。
ローンカードを発行するのなら、契約でのカード受け取りが可能で、その後すぐにコンビニATMなどから現金の引き出しができます。

 

プロミスの瞬フリとは?
瞬フリとは、名前の通り瞬く間に口座への振込をしてくれるサービスです。
土日・祝日関係なく24時間、受付完了から最短10秒で振込をしてくれます。
※ただし毎週日曜日21時~翌月曜日7時までと元旦はサービス停止なので注意!

 

瞬フリの利用には、次のどちらかの口座が必要です。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

→プロミスの申込はこちら

 

SMBCモビットの振込での即日融資の場合

SMBCモビットの振込融資は平日14:50までに手続きを完了させる必要があります。
ただ、できるだけ早めに振込依頼をした方が安心でしょう。

→SMBCモビットの申込はこちら

 

振込キャッシング可能な銀行カードローン

銀行カードローンでも振込での融資に対応しているカードローンはいくつかあります。

  • オリックス銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

 

銀行カードローンの振込融資の条件を比較

新生銀行カードローン レイクも振込での融資はできるのですが、振込での融資に対応しているのは初回の借入のみで、その後はローンカードでの借入になります。
だから、実際に振込での融資ができるのは大手銀行の中ではオリックス銀行カードローンということになります。
ただ、オリックス銀行もカードの発行自体は必須のため、完全にカードレスで融資を受けることは今のところできません。

 

オリックス銀行カードローンで振込融資を受けるには、会員専用のメンバーズナビにログインして、そこから振込融資を選びます。
あとは、借入の希望額と振込先の口座を選択すれば振込での融資が受けられます。

 

→オリックス銀行カードローンの申込はこちら

 

銀行カードローンが良いけど、ローン専用カードはちょっと…

プロミスやSMBCモビットのように、ローンカードなしでキャッシングできるサービスは限られており、銀行カードローンの場合には基本的にはローンカードが必須となります。
なぜ「基本的には」かというと、一部の銀行カードローンではキャッシュカードと一体型のローンカードがあるからです。

 

キャッシュカード一体型のカードローンは三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンで利用できます。
簡単にそれぞれの特徴を紹介します。

みずほ銀行カードローン(キャッシュカード兼用型)

みずほ銀行カードローンのキャッシュカード兼用型の一番の特徴は、審査に通り契約が完了すれば、お手持ちのキャッシュカードですぐにお金を借りることができることです。
カードローン専用型の場合には、契約完了後に、ローンカードが郵送されるので、どうしても1-2週間カードの到着までかかってしまいます。
少しでも早く借りたい、自宅へのローンカードの郵送を避けたい場合には、キャッシュカード兼用型が良いでしょう。

→みずほ銀行カードローンの申込はこちら

 

三井住友銀行カードローン(キャッシュカード兼用型)

みずほ銀行カードローンは、どちらのタイプでもみずほ銀行の口座が必須でしたが、三井住友銀行カードローンは通常であれば三井住友銀行の口座は不要で申し込めます。
しかし、キャッシュカードでカードローンを利用するには、三井住友銀行の口座が必須となります。
インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込になりますので、来店での手続きが不要になるのが特徴です。

 

キャッシュカード一体型はローン専用カードを持ちたくない方には便利ですが、普段使っている銀行の口座を利用していることを忘れてはいけません。
例えば、三井住友銀行の口座を家族で使用していれば、キャッシングによる借入などが知られてしまう可能性が非常に高くなります。
三井住友銀行カードローンについては、全国にローン契約機が多く、原則として土日・祝日でも申込ができるので利便性の面からも、カードローン専用で申込をすることをおすすめします。

 

三井住友カードゴールドローンカードレス
消費者金融と銀行カードローンの振込融資について説明してきましたが、クレジットカード会社などの信販会社のカードローンにもカードレスでの融資ができる金融機関があります。
三井住友カードゴールドローンカードレスなら、カードの発行が不要です。
ただ、すでにカード発行タイプの三井住友カード ゴールドローンを利用している方の申込は不可となっています。

 

カードなしローンはネット完結でバレにくい

カードを発行しないタイプのキャッシングサービスは、ネットのみで手続き、借入が完了するので家族や同僚に知られるリスクが非常に低いといえます。
ただ、現金が必要な場合には、カードなしのタイプであってもキャッシュカードで現金を引き出す手間は変わりません。
特にローンカードを持つことに抵抗がなければ、利用スタイルや借入までの時間などから都合が良い方を選択するのが良いでしょう。

 

カードレスの振込融資まとめ

消費者金融、銀行カードローン、信販系カードローンそれぞれで振込での融資は可能です。
しかし、ローンカードを発行するかしないか、キャッシュカード一体型でも良いのか、振込は銀行の営業時間外でも可能かなど、どの点を優先するかで選ぶべき金融機関が変わります。

 

まず、完全にカードレスで融資を受けたいならプロミスか、SMBCモビットがおすすめです。
無利息期間や土日の申込・利用も可能である点からもっともおすすめはプロミスです。

カードレス・土日の申し込みも可能なプロミス

プロミス

  • ウェブ申込みで最短1時間融資
  • カードレス申込可能
  • 後でのカード発行も可
  • 即日融資可能※1
  • 無利息期間あり※2
  • 土日の申込、借入も可能※3

実質年率

限度額

審査時間

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

※1 平日14時までに契約完了が必要になります。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※3 土日などの銀行の営業時間外での振込での融資は「瞬フリ」サービスの利用が必要です。

 

カードレス・電話連絡なしならSMBCモビット

SMBCモビット

  • 郵送物・電話連絡なしのWEB完結申込
  • カードレス申込可能
  • 即日融資可能※1
  • 電話連絡なし・郵送物なし

実質年率

限度額

審査時間

3.0%~18.0%

最大800万円

最短30分※2

※1 平日14時までに契約完了が必要になります。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合があります。

 

銀行カードローンで振込融資希望ならオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

  • 限度額に対する金利が低い
  • 振込融資対応の数少ない銀行カードローン
  • 口座開設不要
  • 土日の振込にも対応※2

実質年率

限度額

1.7%~17.8%

最大800万円

※1 土、日、祝日が間に入る場合は、2~5日間程度かかる見込みです。
※2 振込指定口座にジャパンネット銀行が必要です。

 

キャッシュカード兼用型ならみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 来店不要
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能

→みずほ銀行カードローンのお申込みはこちら

金利はいくら?

返済額はいくら?

>>金利をチェック!

>>返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンのスペック

金利

限度額

受付申込時間

自動契約機

2.0%~14.0%(※1)

最大800万円

WEB完結申込なら24時間可能

なし

※ カードローン口座開設には、みずほ銀行普通預金口座の開設が必要となります。
みずほ銀行の口座をお持ちでない場合は、お申し込みの時間帯により、仮審査結果のご連絡が2週間程度かかります。
※1 住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げることができます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る