審査なしでキャッシングできる?すぐにお金を借りたい!

キャッシングでお金を借りる人は、急いで現金が必要なケースがほとんどです。
そこで、審査や面倒な手続きがない借入先を探したくなる気持ちはわかりますが、どの金融機関のキャッシングサービスにも必ず審査があります。
銀行だけでなく、審査の敷居が低いイメージのある消費者金融でも同じです。
「審査に不安がある」、「とにかく急いでいる」という方は、事前診断があり、即日融資も可能なカードローンを選ぶのが良いでしょう。
アイフルプロミスは、それらの条件をみたしています。
銀行のカードローンを希望する場合には、新生銀行カードローン レイクなら、借入診断も即日融資も可能です。

 

急いでいる方必見!即日融資も可能なカードローン

 

審査が避けて通れないのは、お金を借りる人の身元確認をしなければ貸し倒れも起こってしまい、融資事業が成り立たなくなってしまうからです。
また、収入によって最大で融資できる金額も変わるため、審査をしないでお金を貸してくれる合法的な金融機関はないのが現実です。

プロミスはWebからなら最短1時間融資も可能!

プロミス

スピード重視の方におすすめ!
とにかく早めに融資を受けたいという方ならプロミスがおすすめ!
WEBからの申込で、融資までが最短1時間ととてもスピーディ!

振込融資が便利!
メールアドレスとWEB明細書の登録で、初めての方なら30日間利息0円!
ローンカードを発行せずに振込で借入する、カードレスも選択できます!

金利

限度額

審査時間

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

消費者金融のプロミスは、平日14時までにWebで契約を完了すれば最短1時間程度で即日振込による融資が可能です。
来店不要で、郵送物の送付もなくお金を借りられるので、プライバシーも守られます。

 

プロミスの審査時間は最短30分で、迅速な審査をしてくれると定評があります。
24時間いつでも申込み可能で、カンタン入力とフル入力を選ぶことができます。※

 

申込時に、借りるお金の受け取り方を選択します。
ATMでの借入だとカード発行が必要ですが、口座振込を選択するとカード発行や受取の手間なく審査完了後すぐに融資が受けられます。
取り急ぎ必要なお金を振り込んでもらってから、後日カード発行の手続きをすることも可能です。手数料なども一切かかりません。

 

また、自分が融資を受けられる可能性があるのか審査申込前に知りたい方は、数秒で診断結果が出るプロミスのお借入診断を行うことができます。
生年月日と年収、現在の借金の金額を入力して、診断ボタンを押すだけで結果がわかります。
最低条件をクリアしているかの確認が瞬時にできるので、審査が不安な方も安心できます。
→プロミスのお借り入れ診断はコチラ

 

気になる土日祝日の即日融資は、銀行振込ではなくカード発行による融資であれば可能です。土日祝日でも夜22時までは自動契約機で申込から現金受取までできます。

 

※ 融資までのスピードがより早いのはフル入力で、Webで全ての手続きを完結できます。
カンタン入力では入力項目が少なく審査に最低限必要な項目のみとなっており、一次審査完了後に電話で残りの項目を口頭で聞かれます。
疑問点を直接言葉で解説してもらって、理解しながら手続きをしたい人におすすめの方法です。本人確認書類もWebでの送付も審査が通ってからなので、万が一審査が通らなかった場合の無駄な労力を省けます。

 

無審査キャッシングできる?すぐにお金を借りる方法まとめ

現金を借りたいとき、キャッシングサービスを行っている会社は4種類あります。
消費者金融、銀行、信販会社、クレジットカード会社です。
それぞれの特徴を簡単に説明します。

 

消費者金融の特徴

消費者金融は銀行よりも金利は高くなる場合もありますが、スピーディーな融資が期待できます。
金融機関によりますが、審査や返済のシミュレーションが充実していたり、初めての方限定で一定期間利息がかからないサービスをしていたりします。
審査・返済シミュレーション、無利息期間ありの消費者金融:

 

銀行カードローンの特徴

銀行は、審査基準が最も厳しいといわれる分、金利が安いので万が一借入れが長期化しても安心して借りることができます。
返済が中期・長期にわたる予定の場合や、より金利を安くするために借り換え・おまとめする場合におすすめです。
少額でも低金利で借りるのにおすすめのカードローン:

 

借り換え・おまとめにおすすめのカードローン:

  • じぶん銀行カードローン

 

信販会社の特徴

信販会社とは、主な事業を販売信用(クレジットカードのように買い物代金を立て替えて払うこと)としている会社で、貸金業登録を行っていると融資サービスも展開しています。
銀行カードローンは消費者金融と違い銀行法が適応されますが、信販会社のカードローンは消費者金融と同じく貸金業法が適応されます。
金利などは信販系の中でも様々ですが、三井住友カード ゴールドローンは金利が低く、長く使っていると金利が下がるという珍しい特徴があります。

三井住友カード ゴールドローンについて詳しくはこちら

 

クレジット会社のキャッシング枠の特徴

最後のクレジットカード会社は通常信販会社でもあるのですが、一般的な現金融資と異なりクレジットカードに付随するキャッシング機能による貸し出しが特徴です。キャッシング専用のクレジットカードはなく、あくまでもキャッシングはサブ機能です。
したがって、クレジットカード発行の審査とは別にキャッシング利用のための審査があり、発行の段階よりも審査が厳しいと言われています。

 

合法的にお金を貸してくれるこれらの会社は、いずれの場合も何らかの審査は必ず必要です。
審査に要する時間や実際に現金を受け取るまでの流れは会社によって異なりますが、少なくとも審査無しで現金を貸してくれる会社はありません。

 

友だちや家族から借りるなら審査はないでしょ??

だからといって、友人や家族からお金を借りることはトラブルの元になるため、おすすめできません。
審査はありませんが、実際には金融機関から借りるよりもさらに時間と労力を要します。
念のため一筆書いてほしいと言われて結局は時間がかかったり、返済し終わった後も何かと恩に着せられたり、身内や共通の知人にも噂で借金が知られてしまう可能性が大きいです。

 

金融機関は審査があるといっても、審査通過までそれ程時間はかかりません。
大手消費者金融は申し込んだその日に最短で1時間程度で現金を受け取れますし、銀行でも即日融資可能な場合があります。
金利も現在はかなり下がっていて、金利が高いといわれる消費者金融でも10万円から100万円以下の借入では18%が上限です。
金利18%で30万円を借りて毎月5万円ずつ返していった場合、完済するまでの約半年間で16625円の利息※を支払うことになります。
身内や知人から借りた場合は、利息がなくても結局はお礼に食事くらいはごちそうするでしょうし、後々の影響というデメリットを考えても金融機関から融資を受けて対処する方がスマートです。

※ 実際に、発生する利息は借入額や金利、返済方法によって異なります。

 

自分は審査に通らないと思い込んでいる人もいますが、現在収入があって返済できる目途があれば、審査に通る可能性はあります。
年齢が高いから無理だとあきらめてしまう人もいますが、79歳まで融資可能な消費者金融もあります。怪しい会社ではなく、テレビショッピングで40年以上の実績を持つ、日本文化センターのグループ企業のプランネルです。来店も不要で、ネットや電話での申し込みができます。

 

即日希望、お急ぎの場合はキャッシング審査なし?

面倒な手続きがわずらわしいし、急いで現金が必要だから審査がないところでお金を借りたいと考える人もいます。でもお金を無条件で貸してくれるところはありません。消費者金融、銀行、信販会社どこであっても必ず審査はあります。返済能力を確認せずにお金を融資するような危険な会社は、経営がうまくいくはずもないのです。

 

少しでも早く融資を受けるためには、あれこれ交錯して金借策を考えるよりも、即日融資に対応していて審査の早い消費者金融に申し込む方が目的達成への近道です。
アイフルやプロミス、アコムといった大手消費者金融は、審査時間が最短30分です。
申し込みから実際に現金を受け取るまで、最短1時間程度で可能です。

 

審査無しでお金を貸してくれる金融機関はありませんが、審査が早く即日融資が可能な消費者金融、銀行(一部)はあります。
とにかく急いでお金を用意したいときは、即日融資に対応していて審査も早い、合法的で安全な消費者金融を検討することをおすすめします。

急いでいる方必見!即日融資も可能なカードローン

 

少額融資を希望する場合は審査なしでキャッシングできる?

数日後の給料日まで、1万円だけお金を借りたい!というときにも審査はあるのでしょうか?
少額融資であっても、金融会社には必ず審査があります。安い商品だからとタダで売る店舗がないのと同様に、少額融資であっても返済可能かどうかを見極める審査は必ずあります。

 

ただ、少額の融資を希望する場合には審査の敷居は低くなります。少額の方が返済の目処が立ちやすいからです。
加えて、提出書類も少なく済むことがあります。
消費者金融からお金を借りるには、原則として収入証明書が必要です。総量規制といって、消費者金融は申込者の年収の3分の1を超える融資をすることができないという法律があるためです。
会社勤めの人は源泉徴収票、個人事業主は確定申告書の控えなどが収入証明書となります。
しかし、プロミス、アコム、アイフル、といった大手消費者金融のように、希望限度額が50万円以下であれば収入証明書が原則不要となる場合もあります。

 

キャッシングの審査なしは闇金のリスクが!大手のカードローンが安心♪

審査なしでお金を貸してくれる金融機関はないって本当?探せばあるのでは?と思うかもしれません。
本当に、審査をしないで融資をしてくれる合法的な金融機関はありません。

 

しかし、インターネット上では、一見審査なしで貸してくれるようなことを宣伝文句にしている業者があることは事実です。
これらは闇金である可能性が非常に高いです。
住所氏名一切不要、匿名申込OKなどと恐ろしいことを堂々と宣伝している業者を信用してしまうと、あとで大変なトラブルに巻きこまれる恐れがあります。
闇金で借りて、高金利の返済ができなければ、常識では考えられない違法な取り立てをしてきます。
きちんと返済をしていても、借りた金額の何倍も取り立てられる可能性もあります。
法律を守らない業者から借りる以上、どのようなリスクもあり得ます。

 

キャッシングで審査なしは怪しい!お金に困っている時こそ冷静に

また、路上で目ぼしい人にチラシや宣伝用ティッシュを配っている無名な街金業者にも、詐欺グループのような違法業者が混ざっていることがあります。
お金に困っているときは、わらにもすがる思いで、夢のような話を信じたくなってしまうものです。
騙されて闇金や違法集団に弱みを握られてしまっては、人生を棒に振る可能性もあります。
相談だけなら、という軽い気持ちで足を踏み込んでは絶対にいけません。そうした違法業者は、最初は丁寧で物腰も柔らかです。
素人が見極めることは到底できません。一見信頼できそうな優しい人から、「多重債務者はどこへ行っても断られますよ」「延滞が過去に一度でもあれば大手消費者金融からは借りられない」といった誤った情報を吹き込まれて、洗脳されてしまう人も多いのです。

 

無審査キャッシングなどの宣伝に注意!

大手金融機関から借りるのが安心!

違法なブラック金融機関にだまされないためには、無名な街金や中小消費者金融は避けた方が無難です。
銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングサービスは、万が一返済が滞ってしまった場合でも違法な取り立ては一切ありません。
違法な取り立てによって人生を左右されたり、家族に取り立てがいって迷惑をかけるかもしれないという不安もなく、安心して融資を受けることができます。

 

キャッシングの審査の不安

キャッシングを利用したいけど担保がない!

キャッシングサービスでお金を借りる際、物的担保を用意したり、保証人を立てる必要は基本的にありません。

 

銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングは、無担保が基本です。
昔は、お金を借りるときには金融機関の窓口に行って必要な書類を提出して、保証人を探さなければいけませんでした。
時代は変わり、今では自動契約機やWebで24時間365日申し込みができます。多くの消費者金融と一部の銀行では、即日融資も可能です。
銀行が無担保で融資をするということは以前は考えれないことだったので、現在では大手銀行の多くが無担保で現金を融資しているという事実に驚く人が多くいます。

住宅ローンでは土地などを担保に入れて、将来返済ができなくなったときの損失をカバーできるようになっています。
担保とは、お金を借りた人が返さない場合に備えて、お金を貸す側がいざとなったら返済の代わりとして確保できるものをいいます。
土地や建物などは物的担保、保証人は人的担保といいます。

 

審査のときの収入証明書の提出は必須?

キャッシングを申し込むときは、収入証明書は不要な場合があります。
意外に思われるかもしれませんが、銀行カードローンであれば100~300万円、消費者金融は50万円までは収入証明書なしで借りることができるケースもあります。
中には、500万円の融資まで収入証明書不要の銀行もあります。

 

仕事を始めたばかりの人は前年の収入がないため、審査に通らないのではないかと不安になる人も多いです。
現在安定した収入があることが融資の条件なので、そういう方でも審査には通る可能性はあります。
フリーターやパート、アルバイトでも同様で、現在仕事に就いて収入が確保されていることが書類や会社への在籍確認でわかれば問題ありません
そうはいっても、収入証明書の提出が不要だと、余計な心配もいりませんね。

 

 

個人事業主、経営者の所得証明は?

個人事業主や経営者の場合は事情が異なるため、注意が必要です。借入金額にかかわらず、収入証明書の提出が必要なケースが多いです。サラリーマンよりも収入や先行きが不安定なため、金額が小さくても金融機関は経営の実態を確認する傾向があります。

 

本人に収入がない無職の専業主婦の場合は、法律上消費者金融からお金を借りることはできません。ただし、配偶者に安定した収入があれば銀行から借りることができます。この場合は、限度額が30~50万円と少額なことが多いので、ご主人の収入証明書も必要ありません。

 

キャッシングに保証人は必要?

銀行や消費者金融でキャッシングサービスを受けるときは、保証人は必要ありません
理由は、銀行カードローンの場合は審査の際に、信用会社が保証をしてくれることの確認が取れているからです。ほとんどの銀行のローン商品説明書には、担保・保証人が不要であることと「所定の保証会社の保証を受けられる人」という内容の条件が明記されています。

 

消費者金融の場合は保証人も保証会社もなく、消費者金融自体がリスクを負っています。万が一返済が滞ったり、自己破産した場合の保証が一切ないため、消費者金融の金利は銀行よりも上げざるを得ないという事情が垣間見れます。

 

いずれにしても、キャッシングでお金を借りるときに保証人は必要ないので、家族や友人に借金を知られる心配はありません。

 

借金があるけど、キャッシングの審査は大丈夫?

既に他社からの借入があって、新たにキャッシングの申込みをした場合の審査について説明します。
まず考えなければいけないのは、申込時の入力フォームにある「他社からのお借入状況」の記載です。すでに借りているお金の借入件数(融資を受けている会社の数)と、借入総額を入力する必要があります。ここで注意すべき点は、決して嘘を書かないことです。審査においては、自己申告をそのまま信用することはなく、必ずCIC、JICC、全国銀行協会といった各信用情報機関を通じて正確な情報を把握されます。審査で把握される情報は、利用履歴、限度額、利用残高、残債額、支払い状況(いわゆるブラックの状態も含む)です

 

虚偽の内容で申し込んでも、個人信用情報機関に登録されている借入情報で簡単にバレてしまいます。
現金の借入だけでなく、住宅・自動車ローンや携帯電話本体の分割払い契約などの情報もわかるため、審査に通りたいがために虚偽の内容を書いてはいけません。
他社からの借入があっても、借金の総額が年収の3分の1を超えない金額までは新たな借り入れが可能です(銀行の場合はそれ以上も可能)。
しかし、虚偽申告をしてしまうと「嘘をついたり借金額を正確に把握していないだらしない人は、返済管理もできない可能性が高い」と判断されて審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

 

他社から既に多くの借入をしている場合には、今後の返済計画の見直しも必要です。複数の消費者金融からの借入であれば、金利の低い銀行カードローンのおまとめローンを利用することも検討するとよいでしょう。金利の低いローンに借換することで、毎月の返済額を減らし、余裕を持って計画的に安心して返済していくことが出来ます。既に借金がある場合に新たな申込をするときは、「正確な情報を正直に申告」することが審査に通るポイントです。

おまとめ向けローンについて詳しくはこちら

 

収入が少ないけどキャッシングの審査は大丈夫?

収入に不安が!アルバイト、パートでも審査は通る?

正社員ではなく、アルバイトやパートで働いている人でもキャッシングサービスを利用することができます。ここ数年で消費者金融も銀行もずいぶん状況が変わりました。
銀行がカードローンに力を入れ始め、審査スピードが早まりました。消費者金融も金利の引き下げや、緩和を進め、借り手にうれしいサービス競争が行われています。

 

法律上も、雇用形態にかかわらず安定した収入があれば年収の3分の1までは融資を受けられることになっています(銀行の場合は借入額の上限なし)。
主婦や学生でも、アルバイトやパートで安定した収入があれば、キャッシングサービスでお金を借りることができます。
ただし、学生の場合は20歳以上である必要があります。

アルバイトやパートの人が審査でネックになるのは、雇用形態よりも、勤続年数が短かいことにあります。正社員でなくとも、長期間一つの職場で勤務していれば、審査にとってはプラスになります。

 

専業主婦の場合の審査について

自身に収入のない無職の専業主婦は、銀行カードローンの審査であれば申し込みができる場合があります。
消費者金融は、「年収の3分の1までしか貸し付けができない」という総量規制の法適用があるため、本人に収入がない専業主婦の申込みは原則として審査を通すことができないのです。とはいえ、原則があれば、例外もあります。配偶者貸付といって、配偶者の同意書と、配偶者との夫婦関係を証明する書類を提出することで、配偶者の年収の3分の1までは借りることができるのです。これは法律上、「例外の貸付」といいます。ただ、専業主婦がお金を借りたいときは夫に内緒であるという場合が多いので、配偶者の同意書や職場確認は困ることもあります。

 

銀行には総量規制の適用がありません。よって、専業主婦からの申込であっても夫に収入があれば、配偶者の同意書も不要で申し込みが可能な場合があります。

 

本当に専業主婦でも審査に通るの?と疑問があるかもしれませんが、現在の銀行カードローンは専業主婦の申込についてしっかりと明記している金融機関もあります。イオン銀行カードローンBIGは、専業主婦または専業主夫で本人に収入がなく、配偶者に収入がある場合には限度額が50万円までと明記しています。
ほかにも、スルガ銀行カードローンは専業主婦の申込が可能になっています。

スルガ銀行カードローンについて詳しくはこちら

 

無職の場合の審査について

配偶者がいなかったり、配偶者にも安定した収入がない無職の方は、キャッシング申込みをしても審査に通りません。お金を融資する金融会社は、審査において返済能力がある人かどうかを見極めます。無職の人がお金を借りても、きちんと返済する術がないことは誰の目にも明らかなので、審査に通らないのです。

 

どうしてもお金が必要だからといって、クレジットカードのショッピング枠を現金化しますと宣伝する違法業者やヤミ金には、決して足を踏み入れてはいけません。無職の人が合法的にお金を借りるためには、アルバイトに就くことが近道です。お金を借りなければいけないほど切羽詰まっているときは、仕事の選り好みをしないで、ひとまずアルバイトで稼ぎながら足りない分をキャッシングで補いましょう。金銭的な焦りがなくなると、将来を冷静に見据えることができます。毎月きちんと返済していかなければという責任が伴うことで、自分に合う、より高収入な仕事にチャレンジする意欲も出てきます。

 

過去に金融事故があるブラックの場合

過去に返済の遅れや、債務整理の経験があると、金融業界ではいわゆるブラックリストに載っているとされます。
実際にはブラックリストが作られているわけではなく、キャッシングの審査で開示される個人の信用情報に審査で不利にある情報が記載されていることを意味します。
このような状態を、ブラックともいいます。ブラックの人は、銀行や大手消費者金融の審査には通りません。

 

ただ、返済の遅れや債務整理があったからといって、いつまでもブラックでお金が借りられないわけではありません。いずれの情報も、5年以内などの一定期間で削除されます。つまり、借金返済のトラブルがあってから一定期間以上経っていれば、新たに融資を受けることは可能です。もうブラックではありませんので、申込時に過去のことを告げる必要もありません。

信用情報の登録期間と登録内容について詳しくはこちら

 

まだあまり知られないことですが、奨学金の滞納もブラックの要因になります。奨学金を拠出している独立行政法人日本学生支援機構は、平成20年11月から全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。そして、3ヶ月以上奨学金の返済を滞納している人を登録すると公表しています。

 

過払い請求をしたことでブラックになるの?

以前は、過払い請求をすることによって、「契約見直し」という情報がJICCなどの信用情報機関の信用情報に登録されました。この情報があることによって、過払い請求をしたことが金融会社にバレてしまいます。しかし、この登録は2010年4月19日に廃止されました。つまり、過払い請求をしたことでブラックになるということは基本的になくなったのです。

 

中小消費者金融は危険ですか?

消費者金融は銀行とちがって、保証会社も担保もないため、返済がなかったときのリスクを自社で負わなければいけません。
大手消費者金融はアイフル以外は銀行系消費者金融で、銀行の傘下にあります。知名度もあり申込も多いため、データで返済能力の有無を判断せざるを得ないところがあります。
しかし、中小の消費者金融は対面で審査を行うところも多く、人柄や現在真面目に仕事をしている状況を考慮して審査をしてくれます。
ただし、中小の消費者金融には違法業者が紛れている可能性が高いので、ご自分で探すときにはきちんとした会社であるかを見極める必要があります。

 

無審査でキャッシングはできないけど、事前診断はできます!

審査なしで至急お金を借りたい!審査不要の会社はないの?と思う人は、審査に通らないのではないかという不安があるものです。
また、急いでお金が必要な人ほど、審査に落ちたらその時間も無駄になってしまうという心配もあります。
その場合は、融資を受けられる可能性を数秒で診断してくれる、事前診断がある金融機関に申し込むことをおすすめします。

事前診断・即日も可能なおすすめカードローン

アイフル

おすすめ1位の万能カードローン!
無利息期間で最大30日間利息0円!
1秒診断で審査結果を診断できたり、毎月の返済額を計算してくれる返済シミュレーションがあったり初めての方でも安心♪

審査が早くて、内緒の借入も可能!
審査は最短30分ととてもスピーディ!
ばれない申込手続きも人気でローンカードのお届け時間帯も指定可能!

金利

限度額

審査時間

4.5%~18.0%

最大500万円

最短30分

事前診断では、高度なスコアリングのシステムによる自動診断が行われ、早ければ3~10秒ほどで結果がわかります。モビット、アコム、プロミス、アイフルといった大手消費者金融がサービス提供をしています。以前は銀行では事前診断は行っていませんでしたが、最近では、新生銀行カードローンレイクやイオン銀行カードローンBIGが事前借入診断を行っています。

 

事前診断はあくまでも簡易審査なので、融資を受けるためにはやはり本審査に通ることが必要です。
そこで、数秒の仮診断で審査条件をクリアしていることがわかったら、最短即日で融資をしてくれる金融会社にWeb申込をしましょう。
現金の受取をカードではなく銀行振込で申し込むと、早く確実に手元に現金を入手することができます。
自動契約機で手続きをする方法もありますが、申込後は最低30分はその場で待機しなければいけませんし、万が一審査に落ちたときは交通費などの出費も無駄になってしまいます。
手軽で便利なWeb申込がおすすめです。
事前診断をしている会社は本審査も早い傾向にありますが、銀行カードローンは即日融資ができる条件が銀行によって異なるので事前にチェックしましょう。

 

無審査で合法的にお金を借りることは無理ですが、最短即日融資をしている消費者金融や銀行はあります。申込から最短1時間で現金を受け取ることも可能です。
即金が必要な人は、あれこれ画策するよりもWebで簡単に申し込みができるので、まずは審査を受けることをおすすめします。

事前診断できるおすすめカードローン一覧はこちら

 

無利息期間があれば返済も楽に!

事前診断で安心できて審査が早い上に、無利息期間もあるカードキャッシングだと借り入れ後も得をします。
無利息期間があるキャッシングローンでは、既定の実質年率にかかわらず、一定期間は利息が一切かかりません。30日後のボーナスで一括返済できるけれど、今どうしても50万円という大金が必要という人は、特に知っておきたいサービスです。

無利息期間あり!のおすすめカードローンはこちら

 

銀行で年率10%という低金利で50万円を借りたとしても、30日間の利息は4110円です。初回利用では30日間の無利息期間があるプロミス、アコム、新生銀行カードローンレイク、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、女性専用の新生銀行カードローンレディースレイクであれば、50万円借りても利息は0円です。
これは驚くほど大きなちがいで、返済の目処がある借り手に大変便利な仕組みです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る