審査の甘い銀行カードローンはある?審査が不安な方必見!

カードローンでお金を借りたいと思ったら、どの金融機関でも必ず審査があります。すべての銀行および消費者金融のカードローンは、申込時に一定の条件をクリアして、審査に通ることが必要とされるのです。審査内容は公開されていませんが、安易な借入を助長するような広告は禁止されているため、審査が甘いと宣伝しているような金融機関には要注意です。
ただ、審査が甘いと書いていなくても、審査に対する不安を解消する方法はあります。

 

甘い審査を探す前に、事前診断

審査が心配な方は、事前診断をしてくれる新生銀行カードローン レイクなら、手続きをする前に審査結果の目安を診断してくれます。
銀行カードローンには、このようなサービスをしている所は少ないのですが、他にも関東に居住・勤務している方を融資対象としているちばぎんカードローンも10秒クイック診断をしてくれます。

 

審査が甘いところを探さなくても、事前診断で解決!

事前診断できるおすすめカードローン一覧

 

なぜ審査が付きまとうかというと、1つに法律の規定があるからです。
賃金業法の改正により、個人が借入れできる金額は原則として年収の3分の1までになりました。これを総量規制といいます。そのため、貸金業者はカードローンの申込があると、指定信用情報機関が保有している個人信用情報を利用して申込者の借入残高を調査します。法律に反する貸出がないようにする必要があるのです。甘い審査をしていては金融機関にとってもリスクがあるので、甘い審査ではなくしっかりとした審査を行う必要があるのです。

 

銀行には総量規制の適用はありませんが、支払い能力に欠ける人に融資をすると銀行側のリスクが高いため、やはり審査は避けられません。カードローンの審査は、金融機関のリスク回避手段でもあるのです。

 

他にも親権者の同意なしに未成年がカードローンの契約をすることは民法で禁じられているなどの規制があります。

銀行カードローンの審査は甘い?審査と金利の傾向

銀行カードローンの金利は、変動金利型であるところもあります。
変動金利とは、お金を借りている間に金利が前後する可能性があるということです。この数年間の各銀行の金利は、上がることはなく、下がるところが数社ありました。日銀の金融緩和政策により市場金利が低迷していることから、銀行カードローンだけでなく住宅ローンなどの金利も同様の傾向がみられます。

実際に、変動金利型の銀行カードローンの金利が大きく変化したり、頻繁に変化したりということは少ないようです。
しかし、銀行カードローンを検討中なら、一応確認しておいたほうが良いでしょう。

 

イオン銀行など、固定金利特約を設けている銀行カードローンもあります。固定金利特約とは、ベースは変動金利型ですが、借入当初の一定期間は金利を固定するという特約です。イオン銀行の場合は、2年間、3年間、5年間、7年間、10年間から選ぶことができます。ただし、特約期間中は利率の変更や変動金利型への変更はできません。

 

また、銀行によっては利息無料期間を設けているところもあります。新生銀行カードローン レイクは、初めての借入の場合30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息です。

新生銀行カードローン レイクについて詳しく見る

 

銀行カードローンの審査については、ここ10年で銀行がカードローン事業に急激に力を入れ始めたことも手伝って、審査期間が短期化している傾向にあります。
以前は銀行の融資といえば大口のものしか取り扱わないところが多かったため、今も銀行カードローンの審査は厳しいと思っている人も少なくありません。
しかし、銀行カードローンには審査の際、年収の3分の1までしか借入れができないという総量規制の適用がありません
それは、銀行カードローンに適用となる法律が賃金業法ではなく銀行法によるためです。
また、金利も銀行カードローンの方が消費者金融と比べ低いことが多いため、消費者金融からのカードローンを借り換える「おまとめローン」は人気があります。そうした点において、銀行ローンは借り手の懐にありがたい反面、貸し倒れのないよう審査は慎重にならざるを得ない傾向があり、消費者金融と比べて借入までに時間がかかる場合があります。

おまとめにおすすめで借入までもスピーディな銀行カードローンをチェック!

 

甘い審査でどんどん融資をしてしまうと、回収不能になるリスクが金融機関にはあります。甘い審査の結果、利用者が返済に困るのは両者によって良い状況ではありません。
はじめての方は審査は不安かもしれませんが、甘い審査がないかと探すことは得策ではありません。

 

審査が早い三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、なんといっても日本3大メガバンクの1社によるカードローンなので、安心感がちがいます。

 

三井住友銀行のATMで、普通預金のキャッシュカードで借入れも返済も可能なので、周囲の目を気にしたり、知り合いに見られることを心配する必要もありません。

 

三井住友銀行カードローンの特徴は、最短審査時間は三井住友銀行の口座の有無に関係なくスピーディな点です。※1
これは消費者金融と比べても引けを取りません。パソコンやスマートフォンからのインターネット申込であれば、毎月第2月曜の深夜1~5時を除き、いつでもカードローンの申し込みが可能です。

 

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%で、最高800万円まで融資を受けることができます。
カードローンの保障は、三井住友銀行が指定する保証会社が行います。
よって、カードローン利用者は担保や保証人を立てる必要がなく、安心できます。

 

※1 審査結果の連絡は、9:00~21:00までです。申込の時間帯によっては、連絡が翌日以降になる可能性があります。

 

銀行カードローン一覧

銀行カードローンには、以下のようなカードローンがあります。
・イオン銀行カードローン BIG
みずほ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク
オリックス銀行カードローン
・住信SBIネット銀行カードローン・MR.カードローン
・りそな銀行カードローン
・楽天銀行 スーパーローン
・ソニー銀行のカードローン
・じぶん銀行カードローン
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
・セブン銀行カードローン

低金利と安心感のおすすめ銀行カードローンをチェック!

 

カードローン審査に通る基準・条件は?収入は重要?

銀行、消費者金融共に共通したカードローンの申込条件は、年齢が20歳以上であることと、毎月安定した収入があることです。未成年者が親権者の同意なく契約行為をすることは民法で禁じられています。また、親権者の同意があっても未成年者への融資はごく一部の消費者金融の学生ローンを除き、行っていないのが現状です。また、申込条件に年齢上限を設けているカードローン会社も多く、これは返済能力を考慮してのことです。申込条件に記載された年齢上限は65~70歳が多く、年金を収入とみなすかみなさないかは金融会社によって異なります。パートやアルバイトであっても安定した一定の収入があれば、申込条件を満たしています。
これは審査が甘いのではなく、収入の多さよりも、安定してしっかりとした収入があるということが重視されるているからです。
どの辺りからが安定しているとみなされるかは、金融機関によるところもありますが、原則として収入がないのに融資を受けられるような甘い審査の金融機関はないでしょう。
融資には利子がつくので、甘い審査で返済に困っては両者にとって不利益になってしまいます。

 

他社からの借り入れがある場合の審査について

既に他社から融資を受けていて、新たに借り入れをしたい場合は、銀行カードローンと消費者金融のちがいを理解しておく必要があります。大きなちがいは、申込者の年収の3分の1を超える融資ができない総量規制が適用されるかどうかです。
総量規制が適応されないなら、銀行カードローンの審査は甘いだろうと思う方もいるかもしれませんが、逆に確実に返済可能かどうかを見極めるために審査慎重になります。

 

銀行カードローンで借入れをする場合は、銀行法が適用となるため、賃金業法が定める総量規制は適用されません。金利も比較的低い傾向にあるため、他社から借入がある人は銀行カードローンのおまとめローンを利用するメリットがあります。ただし、銀行カードローンの審査は消費者金融に比べて厳しいともいわれており、申込時にも通常は他社からの借入額を記載する欄があります。
この他者からの借入額も、信用情報機関を通して金融機関の中で共有されているので、正確に記入しましょう。大雑把でいいだろうという甘い考えでは、自身の信用を落としてしまいます。

 

消費者金融から借入れをする場合は、賃金業法が適用されるため総量規制があります。年収の3分の1を超える借入が既に他社からある場合は、原則として新規の融資を受けることはできません。複数の消費者金融から借入があって新規に融資を受けたいときは、すべての会社からの融資額の合計が年収の3分の1以下である必要があるのです。ただし、住宅ローンや車のローンなど低金利で一般的に長く支払うものとされる借入は、総量規制の対象とはなりません。また、銀行からの融資額についても同様に総量規制の対象外です。

 

専業主婦は審査に通る?融資を受けるためのポイント

自身に収入のない無職の専業主婦でも、カードローンの融資を受けられる場合があります。本来は一定の安定した収入があることがカードローンの共通した申込条件ですが、申込者が専業主婦でその配偶者に安定した収入があれば返済可能と判断してくれるカードローン会社もあるのです。
専業主婦に融資可能なのは審査が甘いのではなく、本人の収入以外の点から総合的に判断しているのです。専業主婦の場合も、審査が甘いカードローンを探すのではなく、公式ホームページに専業主婦の申込も可能と明記してある金融機関で手続きするのが良いでしょう。

 

ただし、総量規制が適用される消費者金融での借入は、申込者本人に安定した収入がなければ融資ができないと法律で定められています。審査が甘い・甘くないに関係なく収入のない専業主婦の審査は残念ながら通りません。銀行カードローンは総量規制の適用がないため、会社独自の審査基準で専業主婦にも融資をしてくれるところが複数あります。

 

つまり、専業主婦がカードローンの融資を受けられる金融機関は、銀行カードローンのみということです。

専業主婦もOKのスルガ銀行カードローンをチェック!

 

ここで気をつけなければいけないのは、銀行カードローンと銀行系カードローンのちがいです。銀行カードローンは総量規制の適用を受けませんが、銀行系カードローンは消費者金融と同じように総量規制が適用されます。ここで銀行系カードローンと消費者金融は同じくくりになるわけですが、「銀行系」という言葉によって利用者に安心感を与えられるといった理由から巷では銀行系カードローンという名称で呼ばれることがあるのです。大手消費者金融では、アイフル以外はすべて銀行系列の消費者金融なので「銀行系カードローン」といわれることもありますが、アイフルと同じ消費者金融であることに変わりはないのです。

 

学生はローンの審査に通る!というのは甘い?

大学生がカードローンで融資を受けたいときは、申込時に20歳に達していて、かつアルバイトなどで一定の安定した収入が確保されている場合には申込が可能です。ただし、ヤフーオークションで売買したことによる収入や、水商売、ギャンブルにより得た利益などは収入とみなされません。
学生の場合にはアルバイトをしていても収入が多くない方がほとんどなので、甘い審査の金融機関を探しがちかもしれません。
甘い審査を探さなくても、アルバイトで毎月安定して給料をもらっていれば、20歳以上の学生も申込可能です。ただ、限度額は少額になることを覚悟しましょう。

 

大手消費者金融では、大学生でもアルバイトなどで一定の収入が確保されていれば融資可能と大々的に宣伝しているところもあります。また、アルバイト先や就職先が決まっていれば(まだ勤務開始前であっても)審査が通ることもあります。
収入が少ないからといって甘い審査の金融機関を探す必要なないのです。

 

一部の消費者金融は学生ローンという名称でカードローンを扱っている場合もあります。
大学生に限らず、審査が心配な方は事前診断で融資の可否の診断をしてくれる金融機関がおすすめです!
審査が甘いとうたう怪しい金融機関を探すよりも、健全で素早く審査の不安を解消できます。

お試し審査あり!のおすすめカードローン一覧

 

ブラックでもカードローンの審査に通ることはある?

ブラックになるとカードローンの審査に取らない、といった話を聞いたことがあるのではないでしょうか。ここでいうブラックとは実は正式用語ではなく、ブラックリストのことを暗に指していますが、実際にブラックリストがあるわけでもないのです。ブラックリストとは一般に、注意や監視を要する人物の名前や住所を記した表のことをいいます。カードローンの審査に関して言われるブラックリストとは、信用情報機関に登録されているカードローン申込者本人の信用情報のことを指していることが多いです。しかし、これはあくまでも個人情報であり、実際にブラックリストが作成されているわけではありません。
信用情報に問題がある方は、甘い審査のカードローンを探すかもしれません。ですが、審査が甘いと謳う所は違法な金利や取り立てを行う可能性があるので絶対に手を出してはいけません。
審査が甘いカードローンを探す前に、まずは信用情報についてしっかりと理解しましょう。

 

信用情報に問題があるいわゆるブラックだと審査は通らない?

信用情報に、他社からの借入の延滞情報(返済が滞った状態のこと)が登録されていると、審査は通りません。
信用情報とは、個人のローンやクレジットなどの契約内容や支払情報に関する情報のことをいいます。
どうやって延滞情報が登録されるかというと、借金の返済が滞ったときに金融機関が、個人信用情報に延滞情報の追加登録を信用情報機関に依頼しているのです。
債務整理や任務整理の情報も登録されます。延滞情報や債務整理、任意整理の事実の登録を、事故情報ともいいます。

 

金融事故の記載があるのに審査に通る甘い金融機関はなし!

事故情報が残っている機関は新たに融資の申込をしても、審査に通らないと考えましょう。
過去に融資されたお金の返済に問題があった方に、再度融資するほど甘いわけではないということです。
信用情報をどう評価するかは会社によりますが、融資を受けるのは難しいといえます。
ただ、これは数年の間で、その後問題がなければまた申し込みができる様になります。しかし、返済に問題があった金融機関については独自で情報を保持している可能性もあるので、過去に審査に通ったからまた審査に通るだろうと考えるのは甘いかもしれません。

 

返済が滞る可能性がある人に融資をする会社がないことは、容易に理解できます。また、延滞していた支払いを本人が後日支払うことで延滞情報は抹消されますが、その後一年間は延滞解消の情報が登録されます。このように、個人の信用情報に事故情報や延滞解消の情報が記載されていると、審査が通らないことが通常で、いわゆる「ブラック」とみなされるのです。事故情報の登録機関は、どの信用機関でも借金返済の延滞情報が5年程度、自己破産などの情報は7年程度とされています。つまり、申し込み時点ではノーローンの完済人であっても、過去5年以内に返済延滞があるとブラックとみなされる可能性があるのです。

 

自分が、ここでいういわゆるブラックという扱いになっていないかを確認することは可能です。その場合は、信用情報機関に対して信用情報開示請求を行います。ネットや書面または窓口から本人が、開示申込書と本人確認書類を提出することで、クレジットカードやローンの利用状況や支払い遅延の有無などを確認することができます。

 

 

消費者金融は審査が甘い?

銀行カードローンは敷居が高く感じられるのに対し、消費者金融は融資を断ることは通常ないのではないか、審査が甘いのではないかと誤解している人が多くいます。しかし、消費者金融には貸金業法が適用されることから、むしろ銀行カードローンよりも法律による制約が多いのです。消費者金融は、総量規制といって申込者の年収の3分の1を超える融資をすることを法律で禁止されています。よって、申込者の他社からの借入状況については慎重な審査が行われます。銀行カードローンには、この総量規制の適用はありません。また、消費者金融も銀行と同様に、返済能力がない人に融資をして貸し倒れになることを防ぐために審査を行います。甘い審査では、融資する側もされる側もリスクが高くなってしまいます。
つまり、消費者金融だから銀行カードローンよりも審査が甘いと一概にいうことはできないのです。

 

一方で、消費者金融は銀行カードローンと比べて、申込時の審査時間が早い傾向にあるのは事実です。
あまりにも早いので、審査が甘いのではないかと考える方もいるかもしれませんが、決して審査の基準が甘いわけではありません。
お金を借りたいという人は、急いで現金を手にしたいという人がほとんどなので、申込から融資までのスピードが速い消費者金融のメリットに魅かれて融資を受ける人は多くいます。カードローンの申込みをした即日に融資を受けられる、つまりすぐに現金を手にできるということは、銀行カードローンではあまり見られません。また、消費者金融の多くは、審査に通るかどうかを数秒で判断してくれる便利なシミュレーションサービスを提供しています。忙しい時間を割いて申し込んだ結果がだめだと落胆は大きくなるので、事前にすぐにわかる簡易審査があるというのは有難いものです。

 

このように、消費者金融は融資を受ける側の様々な事情に配慮した、うれしいサービスを提供しています。そのため、銀行カードローンよりも消費者金融の敷居が低く感じる人が多いのです。

 

審査がスピーディなプロミス

消費者金融プロミスは、審査時間が最短30分と早いのが特徴の1つです。Web申込の場合は、申込から融資つまり現金を手にできるまで最短1時間で可能です。また、3秒で結果がわかる借入診断ができます。生年月日と年収、現在の借入額の3つを入力するだけなので、手間もかからず審査の結果を事前に診断することができます。電車に乗って店舗まで行ったのに審査に落ちるという、無駄な時間や出費を極力省くことができるでしょう。

 

プロミスの融資限度額は最高500万円です。申込時に希望限度額を50万円超で記載しなければ、運転免許証だけで契約ができます。限度額の範囲内の融資であれば、当日キャッシングはもちろんのこと、三井住友銀行かジャパンネット銀行の普通口座があれば、「瞬フリサービス」を受けることができます。瞬フリサービスとは、融資のネット受付から最短10秒で利用者指定の口座に現金が振り込まれるサービスです。24時間365日対応してくれます。こうしたサービスは利用者の真のニーズをくみ取ったもので、他の消費者金融と比べても瞬フリの融資スピードは卓越しています。
また、プロミスを初めて利用してお金を借りる人には、30日間利息がゼロになるサービスが提供されています。※
※メールアドレスとWeb明細書の登録が必要です。

 

プロミスで借入をすると、借入利率は実質年率4.5%~17.8%です。
自分がお金を借りた場合の具体的な利息を知るためには、融資金額×借入利率÷365日×利用日数(融資から返済までの日数)で計算することができます。

プロミスについて詳しく見る

 

アコムの申込基準

三菱UFJファイナンシャルグループの銀行系消費者金融アコムは、消費者金融の中でも審査通過率がトップクラスです。アコムに申込する際の基準は、年齢が20歳以上であることと、安定した収入があることの2点です。主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員であっても、毎月一定の収入が確保されていれば大丈夫です。
上記はアコムが公にしている申込基準ですが、もう1つ注意しておかなければいけないのが総量規制です。既に他の消費者金融から住宅ローンや車のローン以外の借入をしている場合、借入の金額が年収の3分の1を超えている場合は新たな借り入れをすることができないと法律で定められています。これはどこの消費者金融でも同様の扱いです。申込時の自己申告書類に虚偽を書いても、会社は必ず申込者の信用情報を調査しますのでばれてしまいます。これくらい大丈夫だろうという甘い考えは捨て、信用情報に関わることですので丁寧に正確な情報を記入・入力しましょう。

 

モビットの申込基準

消費者金融のモビットは、三井住友銀行グループに属す消費者金融です。モビットに申込みする際の基準は、20歳以上69歳以下であることと、安定した定期収入があることの2点です。民法で定められた下限年齢に加えて、会社独自の上限年齢が設けられています。定期収入があれば、アルバイト、派遣社員、パート、自営業者、フリーターといったでも利用することができます。契約に際して保証人・担保・印鑑は不要です。

 

モビットは消費者金融なので、総量規制が適用されます。上記のモビットが公にしている申込基準とは別に、年収の3分の1を超える融資ができないことは法律で定められています。よって、申込時に他社からの借入額の合計が年収の3分の1に達している場合は、審査に通りません。ただし、車のローンや住宅ローン、また借入が銀行からの場合には総量規制の対象とはなりません。

モビットの申し込みについて詳しく見る

 

クレジットカードのキャッシング審査

クレジットカードには、通常の買い物をするためのショッピング枠と、お金を借りることのできるキャッシング枠があります。ショッピング枠だけでなくキャッシング機能を付けることも希望すると、独立した2つの審査が行われることになります。キャッシング機能付きクレジットカードの申込者が提出する申込書類は1組ですが、ショッピング枠とキャッシング枠で別に審査がなされるのです。ショッピング限度額は希望通り50万円で通っても、キャッシングは審査に通らなかったということも珍しくありません。

 

クレジットカードの審査に通ったのだから、キャッシング機能をつけるのも簡単だと思うのは甘いです!
クレジットカードの審査は、ショッピング枠よりもキャッシング枠の方が審査が厳しいのです。理由は、ショッピング枠の場合は商品の代金を利用者が完済するまではその商品の所有権は会社に属するいわば担保機能があり、リスクが少ないためです。現金を貸すキャッシングでは、もし返済がなされなければ担保として差し押さえるものもなく、貸し倒れになるリスクが高まります。そのため、必然的にキャッシングの審査は厳しくなるのです。

 

銀行カードローンで借りたいなら借入先の選び方が重要

同じお金を借りるという行為でも、消費者金融から借りるのと銀行から借りるのでは安心感がちがいます。実際には消費者金融でも大手はほとんどが銀行グループの傘下に入っているのですが、それでも一般に消費者金融ではなく銀行から借りる方がイメージは悪くありません。
銀行カードローンは利息が消費者金融よりも低い傾向にある分、審査は厳しいという印象があります。
審査に不安はあるけれど、初めての融資は銀行カードローンで受けたい、あるいは、これまでの消費者金融の借入を銀行カードローンでおまとめしたいという人に向けて、解説していきます。

 

口座の開設不要が便利

銀行カードローンでなるべく早く審査に通るポイントは、借入先の銀行カードローンの選び方で失敗しないことです。
銀行カードローンでは、その銀行の普通預金口座を持っていることを条件とするものも多いですが、中には口座開設が不要で来店の必要もなく融資を受けられる銀行カードローンがあります。
口座を新たに開設するとなると印鑑も必要になり、手間と時間がかかってしまいます。既に普通預金口座を保有している銀行のカードローンか、口座開設不要の銀行カードローンを選びましょう

 

提出書類は少ないほうが楽

次に大切なポイントは、書類提出がなるべく少ない銀行カードローンを選ぶことです。
融資希望額が300万円までであれば、源泉徴収票や給与明細書といった収入を証明する書類が不要の銀行カードローンは複数あります。
運転免許証だけで申込ができる銀行カードローンを選ぶと、必要書類を役所に行って入手したり、書類を送るといった手間と時間を省けます。
銀行カードローンの審査が甘いと思っている方の中には、この収入証明書不要というケースを見たからかもしれません。
収入証明書が不要ということは、返済が難しくても融資してくれ、審査が甘い、と言うわけではありません。カードローンに限らず、ローンの審査はいくつかも項目を総合的に判断します。
安定した収入があるというのは、多くの金融機関で絶対条件なのですが、それを確認する手段として収入証明書が利用されています。
ですが、収入証明書以外でも、会社で働いている事が確認できる在籍確認や、会社の保険証の提示などの方法を用いることもあります。

 

スルガ銀行カードローンは審査が甘い?

収入証明書不要というのは審査が甘いのではないということが分かると思います。むしろ、収入証明書で具体的な年収の確認をしない分、審査が慎重になる可能性もあります。
例えば、スルガ銀行カードローンは収入証明書原則不要(申込額500万円まで)となっていますが、年収を考慮しないわけではありません。
これを「審査が甘いのではないか」と勘違いしてしまうと、結局審査に通らずに時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

 

ただ、スルガ銀行カードローンは専業主婦や、正社員以外のパートやアルバイトの方、勤続年数(事業年数)が1年未満の方の申し込みもできるので、比較的申込がし易いと言えます。

スルガ銀行カードローンについて詳しく見る

 

借り入れまでがスピーディ

借入先の銀行カードローンを選定する際の最後のポイントは、申込から融資までのスピードです。自社の融資のスピードが早い、最短即日融資可能などと謳っているところは、たしかに早い傾向にあります。
ただ、現在では以外に多くのところが最短即日を謳っているので、どこの銀行カードローンでもすぐに借りることができると考えるのは甘い考えかもしれません。
最短はあくまでも最短なのです。
クチコミの評判や融資までの体験談を参考にするのもよいでしょう。

電話での本人確認や電話連絡のないカードローンも、その分の時間が短縮されスピーディです。
消費者金融ですがモビットは、WEB完結申込の場合、電話や郵送のやりとりがありません。
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていれば、ネットで銀行口座に振込がされ、融資まで大変スピーディです。

 

初回融資までのスピードだけでなく、カード発行後の利便性も考慮する必要があります。カード発行後は即日融資が可能な銀行カードローンは複数あります。また、全国の提携銀行のATM手数料無料で利用ができるところなど、人目を気にすることもなく利便性も高いので一石二鳥です。新生銀行カードローン レイクは、コンビニなどのATM手数料も無料です。

 

おすすめの銀行カードローンまとめ

銀行カードローンは審査に時間がかかる、手続が煩雑で面倒くさそう、などと思われてしまうことがありますが、口座開設や来店が不要で、提出書類も少ない利便性の高い銀行カードローンであれば、スムーズに融資を受けることが可能です。また、一度手続きをしてしまえば、その後は人の目を気にする時間のロスもなくなります。財布の中にあるのが銀行のキャッシュカードのみであれば、融資を受けていることが家族にバレるといった心配も減ります。借入先を賢く選ぶことで、銀行カードローンで簡単スピーディにお金を借りることも可能になるのです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る