女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

銀行系カードローンは審査が通りやすい?即日融資も可能?

銀行系カードローンって何?銀行カードローンとの違い

銀行系カードローンって何?

銀行系カードローンというのは、銀行グループに属する大手消費者金融のカードローンのことです。プロミスや、アコムが銀行系カードローンの代表例と言えます。

銀行系カードローンは「銀行融資」とは異なり、ノンバンク(銀行以外の金融機関)の金融会社からの借入になります。
ただし、経営母体は銀行と同じ銀行グループなので、経営基盤は安定していそうで安心できると感じる利用者も多いようです。
長年、個人向けの無担保融資事業を展開してきた消費者金融系会社がバックボーンなので、利用者のニーズに応える多彩なサービスを展開していて、顧客満足度の高いカードローンです。
安心感は個人差がありますし、消費者金融であっても大手であれば経営基盤の心配は不要でしょう。
つまり、銀行系カードローンのメリットは消費者金融のメリットとほぼ同一ということです。

来店不要で即日融資も可能な銀行系カードローン!

 

銀行カードローンと銀行系カードローンとの違いは?

銀行カードローンは低金利の傾向がありますが、銀行系カードローンは他の消費者金と同様の金利です。
また、銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

銀行カードローンとは、その名の通り銀行が直接サービス提供しているカードローンです。
銀行カードローンの申込みをする銀行の普通預金口座を持っていると、カードローン申込時に本人確認書類が不要になったり、逆に口座開設をしないと借入ができないことがあります。
また、普段使っている銀行キャッシュカードで融資を受けることが可能な銀行カードローンもあります。通常の銀行融資よりも銀行カードローンは審査対応が早く、「最短即日融資可能」という銀行カードローンも増えています。

 

消費者金融だけじゃない!カードローンの種類

大手消費者金融

 

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融カードローンの1番の特徴は、利便性が高いことです。年齢条件をクリアして安定収入が証明できれば、バイトの学生やパートの主婦、水商売や自営業の方も来店不要で申込可能です。
年収の3分の1まで、無担保・無保証で現金融資を受けられます。大手消費者金融なら最短即日融資はもちろん、申込から1時間程度で融資を受けることも可能です。無利息サービスやカードレスの即日振込など、借りる側のニーズに沿ったサービスを豊富に用意しています。

銀行系カードローン・消費者金融のメリットって何?

 

銀行系カードローンも消費者金融

銀行グループに属していても銀行系カードローンは法律的には消費者金融と同じ扱いとなります。
名前に惑わされずにしっかりと、自分にあったカードローンを見つけましょう。

 

大手銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
・住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」
・ソニー銀行カードローン
・イオン銀行カードローン BIG
三井住友銀行カードローン
・りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」
・楽天銀行スーパーローン
新生銀行カードローン レイク
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
・横浜銀行カードローン
・じぶん銀行カードローン(じぶんローン)
・セブン銀行カードローン「ローンサービス」
・東京スター銀行「スターカードローン」

 

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは、カードローンの中で基本的に最も低金利です。
最大の特徴とメリットは、貸金業法の適用がなく総量規制の影響を受けないことです。
貸金業者からは、申込者は年収の3分の1を超える融資は原則として受けられません。銀行カードローンにはこの規制がないので、最高限度額が高く、低金利のおまとめローンで借換えして複数の借金を一本化し、月々の返済負担を軽減することが可能です。
借入金額にもよりますが、原則収入証明書不要で本人書類の提示のみで本審査まで完了するカードローンが多いです。

銀行カードローンのメリットって何?

 

信販系カードローン

三井住友カード ゴールドローン
・オリコ「カードローン CREST」
・オリックスVIPローンカード

 

信販系カードローンの特徴

カードローンを扱う会社は、消費者金融と銀行以外にもう一つ、信販会社があります。
信販会社とは、クレジットカード(クレカ)を発行している会社です。信販会社が発行するカードローンは信販系カードローンと呼ばれ、特徴は金利や借入限度額、審査スピードまで各社幅があることです。
消費者金融並みに審査回答がスピーディーで手軽に融資を受けられる信販会社、銀行カードローン並に借入金利が低く、最大限度額が高額な信販系カードローン、その逆もまたあります。内容を吟味すれば、お得に借りられる信販系カードローンもあるので、選択肢の一つとしてもいいでしょう。
三井住友カード ゴールドローンは長く利用していると金利が下がるという珍しい特徴を持っています。

>>三井住友カード ゴールドローンについて詳しく見てみる

 

銀行系カードローンの気になる疑問

銀行系カードローンは総量規制対象外?

銀行カードローンではなく、「銀行系」のカードローンの場合は、総量規制が適用となります。よって、原則として銀行系カードローンで年収の3分の1を超える借入をすることはできません。
母体が銀行グループなのに、なぜ総量規制が適用されるの?と疑問に思うかもしれません。銀行系カードローンに総量規制が適用される理由は、グループ会社というのは資本は親子関係にあっても、適用される法律は会社ごとに異なるためです。
銀行系カードローンは、あくまでも貸金業者がカードローン事業を行っているのです。

 

わかりやすいように、プロミスを例に説明します。
プロミスというのは、SMBCグループに属します。
このグループ会社には、三井住友銀行、三井住友カード、SMBC信託銀行、SMBC証券、日本総研、Cedynaなど、銀行から消費者金融、信販会社まで様々な会社があります。

 

プロミスの事業内容は、貸金業・保証業となっているので、それぞれの事業を統括する法律が適用されるのです。グループ会社とはお互いの事業は上手くいくように業務提携することが多く、プロミスで契約すると同じグループに属する三井住友銀行のATMの手数料が土日祝日であってもゼロで借入可能になります。利用者からしてみれば、審査期間も短く、口座開設不要の銀行系カードローンで借入をしつつ、メガバンクならではの便利な特典を享受できるメリットがあります。
総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としているので、純粋な銀行本体からの貸付であれば貸金業法が適用されず、総量規制も対象外です。したがって、銀行からの借入や銀行カードローンの借入は年収の3分の1を超えても総量規制には抵触しません。銀行系カードローンに新たに申し込みをする際、すでに銀行カードローンから年収の3分の1を超える融資を受けていたとしてもそれは総量規制の対象ではないため、別途、銀行系カードローンから年収の3分の1を超えない範囲で借入をすることが可能となるのです。

 

銀行系カードローンの審査基準は甘い?厳しい?

銀行系カードローンの審査基準は、銀行カードローンよりも緩やかな傾向にあります。
銀行カードローンは低金利な分、審査基準はどうしても厳しくなりがちです。年収や希望借入額など同じ条件の人が、銀行カードローンの審査には落ちても、銀行系カードローンの審査には通ったというケースが多いことから、業界全体の傾向として審査基準の差はあるといえます。
とはいえ、銀行系カードローンも経営母体は堅実経営の銀行グループなので、やみくもに誰でも審査に通るというわけではありません。20歳以上といった年齢条件や安定収入があることなど、申込条件をクリアーしていることはもちろん、審査においては個人信用情報の照会も必ず行います。信用情報とは、ローンやクレジットカードの利用記録のことをいいます。他社からの借入状況なども、信用情報に記載されている正しい情報と申込フォームに申告された記載内容と相違がないか、必ず確認されます。過払い請求はカードローン利用者の正当な権利とみなされているので、現在では信用情報への記載もされず、審査に影響はしません。ただ、債務整理や3ヶ月以上の返済遅滞が過去5年以内にあると銀行系カードローンの審査は通らないことが多いでしょう。

 

申込フォームの入力内容が事実であるかの確認も、審査において行われます。会社員やアルバイトであれば勤務先への在籍確認が電話で行われます。このとき、「電話に出た職場の人に借入がバレてしまうのでは?」と不安になる人もいますが、その点については安心して大丈夫でしょう。申込者は家族や会社、知人などに内緒で融資を受けたいと考えている場合がほとんどなので、金融会社も個人情報保護に関する教育は徹底しています。在籍確認の電話で要件を仮に会社の人からしつこく聞かれたとしても、「融資審査の在籍確認の電話です」と答えることはまずありません。
気になる収入面については、銀行系カードローンの審査では高年収である必要はありません。銀行系カードローンの審査においては、限度額を決定するためにコンピューターのスコアリングシステムで「いくらまで融資が可能か」を算出するケースが多いです。収入面もスコアリングで評価されますが、年収200万円以上あれば問題ないと考えられています。年収400万円あれば高スコア評価となり、おまとめローンなど限度額が大きな審査も収入面では通りやすくなるでしょう。カードローン審査で重視されることは、収入額よりも安定性です。勤続年数が長い人や、公務員の人は審査において有利に働きます。

 

銀行カードローンの保証会社ってなに?

銀行カードローンの審査は、通常銀行が直接するのではなく、保証会社によって行われます。保証会社は、カードローン利用者の保証を銀行に対して行います。
保証を行うとはどういうことかというと、万が一、利用者が銀行に返済できなくなった場合には、保証会社が代わりに銀行に返済を行ってくれることをいいます。カードローンは、利用者は無担保・無保証で融資を受けることができます。
しかし、銀行カードローンは申込に際して「当行指定の保証会社の保証を得られること」という条件がついています。つまり、利用者は自分で保証人を立てる必要がない一方で、保証会社に保証をしてもらうことになるのです。ただ、利用者が何か保証会社と手続きをしたり、保証料を支払うということはありません。保証会社は、銀行から保証料をもらっているからです。

 

保証会社の多くは、カードローン事業を行っている銀行と同じグループ企業に属する消費者金融又は信販会社(クレジットカード会社)が保証業務を担っています。なぜ消費者金融や信販会社が審査と保証を行っているかというと、貸金業者はすべて指定信用情報機関に加盟しているため、利用者の他社からの借入状況や返済状況といった信用情報を見て確認することが出来るからです。申込者が現在抱えている住宅ローンや自動車ローン、フリーローンやカードローンの残額や支払い状況も個人信用情報を照会することで、確認できるのです。金融機関である銀行は指定信用情報機関に加盟できないため、審査において利用者の過去の融資履歴等を見ることができないのです。借金癖や踏み倒す癖がある人は、繰り返すと考えられています。保証会社である消費者金融や信販会社は、カードローン申込者の収入や勤続年数、年齢といったデータだけでなく、過去の借入れ状況に問題がないか等を調べた上で審査を行い、保証可能かどうかを見極めるのです。ただ、これまで現金主義でクレジットカードの利用履歴等もなく、過去5年間でローンなどの利用歴が一切ない人(こういう人たちのことを業界用語で「スーパーホワイト」と呼びます)であれば、信用情報を照会しても何も記載されていません。審査上の問題は何らありません。

 

では、具体的に銀行カードローン各社の保証会社がどこであるかを、下記一覧で確認してみましょう。

 

・オリックス銀行カードローン
保証会社:オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
・住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」
保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 
・ソニー銀行カードローン
保証会社:アコム株式会社
・イオン銀行カードローン BIG
保証会社:イオンクレジットサービス株式会社またはオリックス・クレジット株式会社
・自分銀行カードローン
保証会社:アコム株式会社
・三井住友銀行カードローン
保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
・りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」
保証会社:オリックス・クレジット株式会社
・楽天銀行スーパーローン
保証会社:楽天カード株式会社または株式会社セディナ
・新生銀行カードローン レイク
保証会社:新生フィナンシャル株式会社
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
保証会社:株式会社オリエントコーポレーション
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
保証会社:アコム株式会社
・スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
保証会社:スルガ・キャピタル株式会社、ダイレクトワン株式会社もしくは株式会社オリエントコーポレーション
・横浜銀行カードローン
保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
・じぶん銀行カードローン
保証会社:アコム株式会社
・セブン銀行カードローン「ローンサービス」
保証会社:アコム株式会社
・東京スター銀行「スターカードローン」
保証会社:新生フィナンシャル株式会社

 

銀行系カードローンは主婦でも申込可能?

主婦が銀行系カードローンに申し込みができるかどうかは、パートやアルバイトなどで定期収入を得ているか、専業主婦であるかによって、変わってきます。パートなどで自分の収入がある主婦の方であれば、銀行系カードローンの申込みは可能です。実際に、パート主婦で銀行系カードローンを利用する人は沢山います。プロミスの「レディースキャッシング」など、女性専用窓口を設けている銀行系カードローンが多く、ちょっとした相談なども全て女性が応対してくれるので安心です。もちろん、女性も通常の銀行系カードローン窓口からの申し込みもできます。
しかし、無職の専業主婦の場合は通常の銀行系カードローンの申込みはできません。これは、銀行系カードローンに適用される貸金業法の総量規制の縛りがあるからなのです。原則として、年齢制限に加えて「申込者に安定した収入があること」が銀行系カードローン各社に共通する申込条件としてあります。また、申込者の年収の3分の1を超える貸付をできないという法律上のルールも定められているためです。収入のない専業主婦が銀行系カードローンで融資を受けるためには、配偶者の身分確認書、所得証明書類、さらに夫の直筆の同意書も必要です。これは申込者自身の手間になるだけでなく、融資する側にとっても面倒な手続きです。このような手間を敬遠して、専業主婦には融資を行わない銀行系カードローンがほとんどです。
夫に安定収入があるのであれば、銀行カードローンから融資を受けられる可能性があります。特に専業主婦でも申込が可能と宣伝している銀行カードローンであれば、審査に通る可能性は高まるでしょう。女性専用のレディースレイクでは、無職の専業主婦でも申込できます。公式ホームページにおいて明確にはされていませんが、電話問い合わせで得た回答によると、配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申込ができるとのことです。この場合、配偶者の収入証明書類などは原則不要です。店舗窓口への来店も不要で、銀行カードローンでありながら銀行口座不要で申込ができます。スマホやパソコンからのカンタン申込でスピード融資が可能なので、急な出費などで「大金でなく10万円以内でいいから借りたい」といった女性のニーズにぴったりです。ただし、銀行カードローンの中には、配偶者が高収入であっても申込者本人に収入がなければ申し込み不可としている銀行もあるので、事前にチェックしておくといいでしょう。

専業主婦でも申し込めるキャッシング!

 

銀行系カードローンの金利は他よりも低い?

カードローンは金利年15.0%~20.0%の間で、借りる金額によって上限金利が法律で定められています。元金(=利息抜きの、融資した元の金額)が10万円未満であれば20%、10万円以上100万円未満であれば18.0%、100万円以上であれば15.0%が法定上限金利です。この上限金利より低ければ、各金融機関が自由に金利設定できます。
全体的な傾向としては、銀行系カードローンの金利は銀行カードローンよりは高く設定されています。金利は、「4.5%~18.0%」というように、幅を持たせた表示方法が通常です。大手消費者金融の場合、最低金利は銀行カードローンと引けをとりませんが(年3~5%)、最高金利は年18.0%であるところが多いです。銀行系カードローンは審査がスピーディーだったり、審査基準も銀行カードローンと比べて比較的緩やかだったりと、利用しやすくサービス内容も充実しています。金利については銀行カードローンのように低金利設定とはなりませんが、無利息期間サービスの提供が多いのもまた銀行系カードローンの特徴です。多くの銀行系カードローンは、「初回融資30日間無利息サービス」を提供しています。融資極度額の範囲内であれば、たとえば40万円超を借りたとしても約1ヶ月間利息は一切発生しません。31日以上借りれば利息は発生しますが、31日目から1日目の利息としてスタートするので返済総額をカットすることができます。無利息期間を上手く活用することで、低金利の銀行カードローンよりも総支払額を抑えることは可能です。また、銀行カードローンが一概に低金利というわけではありません。多くの銀行系カードローンと同様に年18.0%を最高金利として設定している銀行カードローンもあるので、個別にチェックが必要です。

 

 

銀行系カードローンはおまとめに向いている?

複数社からの借入れがあると、毎月の返済額の負担が重いだけでなく、異なる複数の返済日・返済額の管理も大変です。より低金利のまとまったカードローン融資を受けることで、既にある複数社からの借入れを完済し、借金を一つの金融会社に一本化する「おまとめローン」は人気があります。銀行系カードローンのおまとめローンは、審査時間が短く、審査も銀行カードローンと比べると緩やかな傾向があります。また、一番の特徴は追加の借入れができなくなることです。これをデメリットとして捉える人もいますが、確実に今ある借金を減らして、もう借金を増やしたくないと考える人には、銀行系カードローンのおまとめローンは向いています。新たな借り入れができないため、着実に返済は進みます。

 

ほかにも、銀行系カードローンの特徴はいくつかあります。総量規制により通常は申込者の年収の3分の1を超える融資はできませんが、おまとめローンは総量規制の例外として扱われます。つまり、銀行系カードローンから年収の3分の1を超える融資を受けることも、おまとめなら可能です。
また、おまとめ専用ローンについては、通常のカードローン金利とは別に独自の金利が設けられている場合が多いです。
無担保・無保証で借りられる点は通常のカードローンと同じですが、審査や融資における違いもみておきましょう。銀行系カードローンのメリットの1つであるweb完結申込はおまとめローンではできず、店頭窓口や自動契約機のテレビ電話での契約手続きが必要になる場合が多いです。プロミスのおまとめローンの場合、審査結果は無人契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)にてその場で教えてもらえるので、契約のために再び来店する必要はありません。この場合は郵送物などもありません。来店できない場合は、郵送契約も可能ですが、この場合には即日融資はできなくなります。融資方法も通常のカードローンと異なり、契約者本人ではなく、借入先に直接銀行振り込みで返済がされます。この場合の返済者名義は、契約者(申込者)本人の名前になります。プロミスのおまとめローンでは、振込手数料なども発生しません。

 

銀行系カードローンは所得証明書類は不要?

銀行系カードローンの申込みに際しては、所得証明書は必要な場合と不要な場合があります。まず、貸金業法において収入証明書類の確認をしなければいけないと定められている条件があります。次の2点のいずれか、または両方に該当する場合は、所得証明書の提出が必要です。
・申込をする銀行系カードローンからの借入れが50万円を超える場合
・複数の貸金業者からの借入れ合計が100万円を超える場合
多くの銀行系カードローンでは、上記の条件にあてはまらず、50万円以下の融資を希望する人には所得証明書の提出は求めません。運転免許証や保険証といった本人確認書類の提出のみで、申込・契約をすることができます。各公式ホームページの記載例を比較してみましょう。
[SMBCモビットの場合]
申込時に必要な書類として、本人確認書類と収入証明書類が挙げられています。収入証明書類については「現在の収入を証明できる書類として、以下のいずれかの書類をご提出」いただく場合がございます。」と記載しています。有効な収入証明書類としては、源泉徴収票の写し、税額通知書の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し(直近2ヶ月分、賞与支給のある人は年間の賞与額が確認できる賞与明細書も必要)

 

[アコムの場合]
必要書類として、運転免許証(交付を受けていない人は健康保険証など)が挙げられています。「なお、以下に該当するお客様は収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。」との記載が続き、収入証明書が必要なケースとして、次の2点が挙げられています。
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客様
・当社のご利用において50万円を超えるご契約を行うお客様
上記2点は、貸金業法の総量規制において定められている収入証明書類が必要な条件と同一内容です。

 

銀行系カードローンはパート・アルバイトでも借入可能?

銀行系カードローンは、パート・アルバイトをしている人でも申込可能です。年齢条件をクリアーしていて、安定した一定の収入があれば職業や雇用形態に関わらず、申込むことができます。同じ申込条件で銀行カードローンの審査に落ちた人でも、銀行系カードローンの審査には通過したといったインターネット上のクチコミなども多くみられます。
年齢条件はプロミス、アコムの場合「満20歳以上満69歳以下」です。20歳未満の人は、正社員勤務であっても基本的に銀行系カードローンでは申し込みができません。

 

銀行系カードローンは個人事業主でも申し込み可能?

銀行系カードローンは、個人事業主の方でも「事業性資金」以外の目的であれば申し込み可能です。公式ホームページの申込条件においてはその旨は明確にされていないことも多いのですが、カードローンは個人向けの無担保ローンで、生活資金としての利用目的が前提となっています。事業用の資金として融資を受けたいと考えている場合は、ビジネス用のカードローンの利用を検討するとよいでしょう。ビジネスローンは、個人事業者向けのローンです。通常のカードローンとビジネスローンの違いは、使いみちが生活資金であるか、事業資金であるかです。
個人でビジネスをしている人であれば、資金繰りに悩むことも少なくありません。低金利の公的融資や銀行からの融資を時間的制約など諸所の事情で受けられない場合は、銀行系カードローンが展開するビジネスローンは大変便利です。無担保・無保証で必要な金額が借りられて、申込から融資までスピーディ-な対応が期待できます。また、ビジネスローンは総量規制の例外規定に該当します。事業性資金としての利用が目的で、直近の確定申告書や事業計画書などの必要書類を用意できれば、総量規制の対象外となります。事業性資金は一時的な高額融資となる場合が多いので、年収の3分の1までという融資額の限度がある通常のカードローンよりも、ビジネスローンは柔軟に個人事業主のニーズに対応してくれるローンであるといえます。

事業資金も可能なビジネス用カードローン

 

銀行系カードローンまとめ

銀行系カードローンは、経営基盤の安定した銀行グループに属します。審査スピードが早いことが特徴で、お金が必要なその日のうちに融資を受けることが可能なカードローンです。平日に限らず土日祝日も夜まで審査を行っているので、夕方になって突然現金が必要になったときにも便利なカードローンです。無利息期間を上手く活用することで、利息支払い額を抑えることができます。無利息期間内に返済をすれば、利息はゼロになり、必要な金額だけ借りて返せばいいということもポイントです。他にも、気になる返済額や返済期間のシミュレーションを公式ホームページ上で無料で行えたり、全国のコンビニATMからいつでも融資を受けられます。スマホや携帯からカンタン操作で、あらかじめ登録した専用銀行口座に必要なお金が入金される振込融資に対応していることなど、利用者のニーズに沿った多彩でうれしいサービスが豊富に用意されています。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る