女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

1万円だけ借りたいときのおすすめの方法を知りたい

1万円だけ借りるよい方法が知りたい

「どうしても今すぐに1万円が必要」という場面って意外と多いですよね。
生活費や交際費のために必要だったり、遊ぶお金が欲しいということも多いでしょう。
でも1万円を今すぐに入手する方法って、自分の銀行口座からATMを使って引き出すくらいしか、すぐには思いつかないのではないかと思います。
そこで今回は1万円を借りる方法についてみていきます。
この記事を読んで頭の片隅に置いておけば、いざという時に助かることになりますよ。

 

 

1万円だけ借りるさまざまな理由

1万円だけ借りる理由としてもっとも多いのは「生活費が足りない」でしょうか。
実際には競馬やパチンコで負けたり、飲み会が続いたことなどが原因なのですが、遊んだことを理由にはしにくいものです。
また冠婚葬祭を理由とすることも多いです。
葬儀に出席するというのは予定されていたものではないので、ピンチをアピールしやすいのです。
結婚式でのご祝儀は予定されているものですが、急に二次会へ誘われたからという理由もあります。
そして財布を落としたという理由もよくあります。
大変だなといった同情を引きやすい点からもよく理由とされます。
どの理由にも共通しているのは、次の給料日までのつなぎだということでしょう。
その他にはデート代が足りない、特売されている商品を購入したいといった理由もあります。

 

 

1万円を借りる方法を見てみましょう

では1万円を借りる方法を見ていきましょう。
もっとも手軽なのが友人や同僚をはじめ身近な人に借りることです。
とにかく頭を下げてお願いしましょう。
貸してくれるかどうかは、あなたの日ごろの行動次第といった面もありますが、普段から親しく接しておれば借りやすいでしょう。
クレジットカードには多くの場合キャッシング枠が付帯しています。
このキャッシング機能でコンビニや銀行などのATMを使ってお金を借りることができます。
元々所持しているクレジットカードでのキャッシングですから、はじめて利用する人でもすぐにお金を借りることができます。
そしてカードローンを利用することでも1万円を借りることができます。
どこのカードローンとも契約していなくても、消費者金融のカードローンならば審査回答も早くて申し込み後すぐに1万円を借りることも可能です。

 

身近な人からお金を借りるメリットとデメリット

1万円を借りる手段として最も使われる方法が、友達や同僚、家族など身近な人から借りるというものです。
メリットは仲が良ければ頼みやすいということです。
1度か2度ならば快く1万円くらいならば貸してくれるかもしれませんが、回数が増えると自己管理能力が欠落している人という烙印が押されてしまいます。
また貸した側はずっと忘れることはありませんが、1万円借りた側は比較的少額のためかつい返済を忘れがちに。
そういったところから信用を落とす結果となり、お金を借りた相手以外からの評価も落とすことになるので、必ず忘れずにお礼の言葉とともに返済しなければいけません。

 

クレジットカードのキャッシングのメリットとデメリット

多くの方がクレジットカードを所持していますが、ふつうはショッピング枠とは別にキャッシング枠が付帯しています。
コンビニなどのAMを利用すれば簡単にお金を借りることができ、急にお金が必要になったときには重宝します。
その反面、はじめてキャッシングを利用するときは抵抗があったり慎重だったのに、一度利用すると借金だという自覚も薄らいで気軽に使ってしまうのはデメリットです。
また金利が必要で借りた日数に対する利息の支払いもしなければなりません。

 

カードローンを利用する場合のメリットとデメリット

カードローンはコンビニのATMなどで簡単に借りることができ、大変便利なものです。
消費者金融のカードローンならば、申込みから実際に融資されるまでが短時間ですし、担保や保証人なしで借金ができます。
またweb完結ならば申込から契約までが可能です。
しかし、簡単に借りられることで借金の感覚がなくなり、まるで自分の口座から引き出している感覚に陥るのはデメリットです。
お金を借りれば金利負担があり、月々の返済額を抑えると総返済額がかなり高くなる可能性もデメリットだといえるでしょう。

 

 

1万円だけ借りるときのおすすめカードローン

一万円だけお金を借りるたいときのおすすめカードローンをいくつかご紹介します。
まずは消費者金融大手のアイフルです。
融資が可能かどうかが1秒で分かる1秒診断、申し込み後最短30分で審査が終わり即日融資が可能という便利さに加え、初回出金の翌日から30日間は無利息などサービスが充実しています。
大手消費者金融のアコムは3秒診断で融資可能なのかが分かり、土日祝日も申し込みが可能で審査は最短30分で完了。
契約の翌日から30日間は金利0円というサービスも行っています。
SMBCモビットでは三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を開設している人が、健康保険証の画像をアップすることでweb完結とすることができ、来店不要となります。
消費者金融では会社など勤務先に在籍確認のため電話を入れますが、web完結を利用すると電話連絡やカードの発行を省略しカードレスで利用することができます。
また各社とも契約書や明細書などの郵送物をなくすことで、カードローンの利用が周囲にバレにくくもなっています。

 

1万円だけ借りるなら銀行より消費者金融がおすすめです

かつてサラ金とよばれた消費者金融からお金を借りるより、銀行から借りるほうが安心感を覚える人が多いでしょう。
いまは大手消費者金融の多くが大手都市銀行の傘下に入っており、昔のような怖いというイメージは払拭され、気軽に使えるカードローンへと変貌しています。
銀行カードローンは利用限度額の最低が10万円に設定されていることが多く、申込み時には10万円で申し込むことになります。
これに対して消費者金融のカードローンの最低利用限度額は1万円です。
借入限度額が低いほど審査は早く通りやすくなることから、1万円といった少額融資を受けるならば消費者金融がおすすめなのです。

 

 

利息負担額を少しでも小さくして返済するには

消費者金融のカードローンもクレジットカードのキャッシングも、利息は利用した日数分付加されます。
10万円を実質年率18%の金利で借りた場合、1日当たりの利息は49円、30日間借りれば1479円になります。
借りてから返済までの日数が長くなればその分、利息負担も大きくなっていきます。
カードローンでは返済日までに返済することが可能です。
給料日の3日前に1万円を借りて、給料日にすぐ返済すれば利息負担額は小さくなるのです。

 

無利息のサービスを活用してお得にキャッシング

消費者金融のカードローンの中には、30日間無利息でお金が借りられるサービスを行っている金融会社があります。
大手消費者金融ではアコム・アイフル・プロミスなどです。
アコムの30日間金利0円サービスは、契約した日の翌日から30日間が無利息となります。
契約してしばらくお金を借りなければ、無利息期間が短くなってしまいます。
アコムでの契約が初めてで、返済期日「35日ごと」を選択した人が対象です。
アイフルの利息0円サービスも契約の翌日から30日間が無利息で、はじめてアイフルを利用する人が対象です。
プロミスの30日間無利息サービスは他の業者とは違い、はじめての利用日の翌日から30日間が無利息となります。
契約日の翌日ではないため、無利息の期間は30日から短くなることはありません。
メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件となります。

 

 

少額融資の場合は審査に通りやすくなるのか

カードローンの審査では収入・職業・勤続年数のほか、他社からの借入額や今までの返済履歴などが記録されている、信用情報機関が保管する個人情報を参考に点数化(スコアリング)して融資の可否を決定します。
たくさん借り入れたい場合には高いスコアリングが要求されますし、融資希望額が低くなるほど必要なスコアリングは低くなるといえます。
新入社員で勤続年数が短かったり、年収が低いなどの理由でスコアリングが低い場合でも、少額融資ならば審査通過率が良くなるといえるでしょう。

 

 

できるだけ早く1万円を借りられるキャッシング先は

いますぐに1万円が必要だという場合には、どこでキャッシングするのがもっとも早く借りることができるでしょうか。
もしクレジットカードを持っていてキャッシング枠があるのならば、クレジットカードでコンビニ・銀行・郵便局のATMから借りるのが最短です。
すでに契約してカードを持っているのですから、これ以上早く借りられるキャッシング先はありません。
クレジットカードやカードローンの契約がない場合、消費者金融で即日融資が可能なカードローンに申し込むことになります。
アコムやアイフルなど大手消費者金融の場合、パソコンやスマホなどインターネットで申し込みを行ったあと、自動契約機で契約をしてカードを受け取れば最短1時間で融資が受けられます。
振込の場合は15時以降になると翌営業日にならないと入金されませんので、急ぐ場合は自動契約機でローンカードを受け取ります。

 

 

1万円を借りるおすすめの方法のまとめ

さまざまな理由で1万円だけ借りたい場合ですが、友人や同僚などからはすぐ借りられるかもしれませんが、信用を落とすきっかけとなることがありおすすめできません。
クレジットカードのキャッシング枠があればATMを使ってすぐに借りられますし、消費者金融のカードローンならば申し込みから融資実行までが大変早いのでおすすめです。
銀行のカードローンは融資実行までにやや時間がかかりますし、少額融資の対応からも消費者金融のカードローンがおすすめなのです。

 

 

1万円を稼ぐ方法について

1万円を手っ取り早く稼ぐ方法としては自己アフィリエイト(セルフバック)があります。
クレジットカードの申込などによって、現金が返ってくるものです。
FX口座の開設なども自己アフィリエイトでは返金額が多くて人気があります。
また家の中にある不用品をフリマアプリで売って現金にする方法も人気があります。
オークションとは違い、自分で売値を決められるのが良いところです。
手堅い方法としては日雇いアルバイトで稼ぐ方法もあります。
日雇いではなくても、給料の日払いが可能な仕事ならば毎日収入が得られます。

 

 

千円だけ借りるのは1万円を借りるより難しい

消費者金融のカードローンを申込む際の最低限度額は1万円となっています。
1万円で申し込み千円だけ借りることは可能ですが、コンビニや銀行のATMでは1万円以上でないとキャッシングできないことがあります。
各金融会社のATMを使用ないと千円だけの出金に対応していないのです。
銀行カードローンは申し込みは10万円以上、融資額は1万円以上の場合がほとんどです。
このため千円だけを借りる場合は、金融機関や貸金業者ではなく友人や同僚を頼る以外にないかもしれません。

 

 

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る