女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

SMBCモビットの限度額は年収によって決定されるって本当?

SMBCモビットの限度額は年収に比例する??

SMBCモビットなどのカードローン会社の審査結果や限度額の決定には申込者の情報が重要な判断基準となっています。そのなかでも年収は審査結果や限度額に大きな影響をもたらす重要なポイントになっています。

 

SMBCモビットの契約限度額を確認するには?

SMBCモビットには「SMBCモビットの商品そのものの限度額」と「契約者が借入することができる限度額」の2種類の限度額が存在します。SMBCモビットの公式ホームページを確認すると限度額が800万円と明記されていますが、これはあくまでも「SMBCモビットの商品そのものの限度額」のことです。そのため、申し込み時の審査によって最大800万円を上限とした、利用者それぞれの利用限度額が決定されます。また、SMBCモビットで契約した限度額を確認するためには、SMBCモビットの会員ページである「Myモビ」にログインして確認する方法や、コールセンターに電話して確認する方法、またはATMの画面上から確認する方法などがあります。

 

SMBCモビットは審査によって限度額や実質年率が決まる!

SMBCモビットなどのカードローンは申し込み時の審査によって利用限度額や実質年率が決定されます。審査の内容は詳しく公表されていませんが、申込者の年齢・勤務先・勤務年数・年収・家族構成など、申込者が申告した情報や金融機関が共通で観覧できる個人の信用情報などをもとに審査が行なわれます。

 

SMBCモビットの申込には収入証明書類は必要?

SMBCモビットの申し込みには本人確認書類と収入証明書類が必要になりますので事前にしっかり準備をしておきましょう。SMBCモビットでは申し込み時に本人確認書類である下記の書類の提出を求められます。

  • 有効期限内の運転免許証(各種変更がある場合には裏面も)の写し
  • 健康保険証(氏名・生年月日・住所の記載のあるページ、カード型の場合は両面)の写し
  • パスポート(顔写真と住所のページ)

また、収入証明書を提出する場合には下記の書類が有効になります。

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 直近2ヶ月分の給与明細書の写し

賞与の支給がある場合には、賞与明細書の写しも一緒に提出しましょう。

 

初めてのキャッシング契約だと限度額は低い?

SMBCモビットのカードローンそのものの限度額は800万円と非常に高額ですが、一般的に初回契約時に借入できる限度額は低くなるケースが多いです。通常限度額を決定するためには、申込者の信用度や返済能力をチェックしますが、新規申し込みの場合、過去の実績がありません。そのため信用度や返済能力をはかるには申込者の情報をもとに決定するしかないため、実績を積んでいる人に比べて限度額が低くなる傾向があります。

 

SMBCモビットの限度額がいっぱいになった場合にはどうすれば良い?

SMBCモビットの審査によって決定された限度額は、基本的に限度額に達するまで何度でも追加融資が可能です。しかしキャッシングを何度も繰り返しているといつかは限度額がいっぱいになってしまいます。限度額がいっぱいになってもさらにキャッシングをしたい場合には、他の消費者金融や銀行のカードローンに新規申し込みして借入を行なう方法があります。また、新規申し込みをしなくても、SMBCモビットで限度額を増枠してもらうという方法もあります。

 

SMBCモビットの限度額の増額申請ができる

SMBCモビットの限度額を増額する方法

SMBCモビットで限度額を増額する場合には改めて審査が必要になります。増額の申請はSMBCモビットのコールセンターから行ないます。増額の希望をコールセンターの担当オペーレーターに伝え案内に従って増額の申請をしましょう。

 

SMBCモビットの増額審査は土日でも可能?

SMBCモビットの増額の申し込み自体は土日でも受け付けていますが増額審査は平日しか行なわれません。そのため土日に増額申請をしても、増額の審査結果が出るのは月曜日以降になっていまいますので注意が必要です。

 

カードローンの限度額を増額する理由は聞かれる?

カードローンの限度額の増額申請をするタイミングで増額の理由を聞かれる場合があります。実はこの増額の理由も増額審査の重要な項目となっています。通常増額の理由に「旅行の資金にあてる」「家電を購入する」「子どもの習い事に使う」などの増枠利用目的であれば問題がありませんが、「会社の事業資金として利用する」などの事業資金として使うような回答をすると、審査通過はできません。また「他社の借金を返すため」などと回答した場合にも「お金に困っている」と判断され審査通過は難しくなりますので気をつけましょう。

 

カードローンの限度額の増額審査に重要なこと

信用情報のチェック

増額審査では、信用情報機関に記録されている個人の信用情報をチェックされます。信用情報機関とは、金融業者が共通で見ることができる個人の金融界者の取引の履歴です。どの会社であっても、滞納や返済トラブルをおこしている場合には信用情報に履歴としてしっかり残っていますので、増額審査の可否に重要な役割を果たしています。過去に1度でも滞納などのトラブルを起こしている場合には、信用不安と判断され、審査落ちしてしまう可能性があります。

 

職場や収入の変更のチェック

また、増額審査の時には、新規申し込み時の勤務先の変更や収入の増減なども合わせて確認されます。転職などで勤務先が変更になってまだ日が浅い場合には、返済能力に不安があると判断され審査落ちする可能性があります。また収入が減少している場合なども「増額しても返済する能力がない」と判断されてしまいます。逆に収入が増加している場合や勤務先で役職が昇格している場合などは、増額審査ではプラスのポイントになり、審査に通過しやすくなりますので、しっかりとアピールするようにしましょう。

 

SMBCモビットから増額の電話がかかってくることあるの?

SMBCモビットの利用者のなかには、申請をしなくてもSMBCモビットから「増額しませんか?」というような案内の電話や通知がくる場合があります。このようなお知らせが来る方はおよそ半年?1年以上SMBCモビットとの取引実績があり、返済期日もしっかり守っているSMBCモビットから優良顧客と認識されている利用者です。SMBCモビットから増額のお誘いが来た場合には、高い確率で審査に通過できますので、ぜひ増額申請することをおすすめします。ただし、案内が来た全ての人が増額申請に通過するわけではありません。増額審査の時に改めて取引実績や信用情報、勤務先や収入などをチェックされ、不備があれば審査落ちする可能性もあります。その場合には、増額の案内はしばらく来なくなります。

 

SMBCモビットの限度額まとめ

今回はSMBCモビットの限度額について調べ下記のような結果がでました。

  • SMBCモビットの商品自体の借入限度額は800万円までだが、申込者の年収などにより個人の限度額が決まる
  • 限度額は審査によって決まるが、初回申し込みの場合は限度額は少額になる傾向がある
  • 一定期間の間に取引実績を積んでいくと限度額が増枠できる増額申請が行なえる

SMBCモビットでは、最高限度額が800万円と高額なのが魅力ですが、最初からこの金額の融資が受けられる方はほとんどいません。最初は収入に見合った額で限度額が少なめに設定されがちですが、しっかりと実績を積むことで増額が可能です。利用額を増やすためにも、定期的に借入や返済をしっかり行なうことが大切です。

カードローンには、利用限度額が設定されています。
まずは会社で決めている全体の利用金額の幅ですが、消費者金融のカードローンですと上限額は100万円~800万円ぐらいで決められています。小口の客も多いので、意外にも低めの設定です。下限額は1万円~10万円ぐらいですが、こちらも少額から借りられるようになっています。
そして次に個人の限度額です。これは借りる本人の信用情報によります。勤務先の安定度、勤続年数、収入、他社からの借り入れ状況などによって制限されます。
SMBCモビットの場合は、利用限度額は、1万円~800万円以内と設定されています。
まずは申し込みをする際の必要事項の入力の流れで、この範囲内で融資を希望する金額を申告するのです。
その後にSMBCモビットが、希望の金額を融資できるか審査を行います。
審査は単純に、希望の融資金額を貸せるか貸せないかのみでなく、幾らまでだったら貸しても良いかというのも同時に判断されます。
そのため審査に通ったとしても、それは最低利用額の1万円からとなります。新規契約の際は、その会社との信用情報がないため慎重になるのは当然となります。そのため希望額よりも低い金額になってしまうこともあります。
ただずっとそのままということではなく、返済実績を上げて、信用情報を作っていけば上がるでしょう。
そして消費者金融の利用限度額が低く設定されているのは、理由があります。貸金業法という法令に守られているからです。この法令の中の総量規制というのが重要です。総量規制というのは、利用者の年収の3分の1までしか借り入れを受けることができないというものです。
これは銀行のカードローンは対象外で、かつて見境なく貸し付けていた消費者金融に対するものです。これにより返済が見込める金額しか貸し付けができなくなりました。SMBCモビットも消費者金融ですので、貸金業法の規制を受けます。
ですので上限の800万円を借りるには、年収1800万円ないとダメなのです。
とはいっても、年収の3分の1よりも低い金額しか最初は借りることができないことが多いでしょう。その時は、前述の内容通りにとりあえずは借りて返して信用度を上げるか、どうしてもという時はもう1社申し込んで同様の金額を借りることになります。
例えば年収300万円で、SMBCモビットから50万しか借りられなかったら、枠があと50万円残っていると見ていいでしょう。2社目では、審査の結果さらに低く借り入れになることと思いますが、そういった方法も取れます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る