女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

SMBCモビットの金利は高め?利息を抑えるポイントは?

SMBCモビットと他の消費者金融の金利を比較するとどう?

SMBCモビットの金利はほかの消費者金融会社とくらべてどうでしょうか?例えばプロミスは4.5%~17.8%、アコムは3.0%~18.0%となっています。ほぼ同じような金利水準にあるといえます。SMBCモビットは銀行カードローンとくらべても上限金利は高い傾向があるので、低金利で融資を受けるには利用限度額を引き上げる必要があります。増額や金利の設定は審査にもよるので、信用情報・収入・利用実績の評価を高めることを心がけましょう。

 

SMBCモビットの限度額と金利の関係は?

カードローンでは通常、利用限度額が高いほど低い金利が設定されることになります。また、利用限度額とカードローンの利用状況によって金利は変化します。基本的にキャッシング契約した最初の段階では上限金利が適用されることが多いです。上限金利といっても20%を超える金利が設定されることはないので安心してください。SMBCモビットの上限金利は利息制限法と貸金業法によって規制されています。利息制限法では

  • 貸付金額が10万円未満の場合で年利20%
  • 貸付金額が10万円~100万円未満の場合で年利18%
  • 貸付金額が100万円以上が年利15%

という上限金利が設定されています。
貸金業法でも上限金利が規制されていて年利20%を超えた貸付は禁止されています。利息制限法では上限金利を超えた貸付をしても罰則規定はありませんが、貸金業法では刑事罰の規定があります。

 

カードローンは利用当初は低い金利設定はむずかしい?

SMBCモビットの下限金利は、ほかの大手消費者金融とくらべても低い傾向があります。しかし、利用実績のない契約の最初の段階では基本的に利用限度額は低く設定され、上限に近い金利が適用される可能性が高いでしょう。

 

SMBCモビットには無利息期間はある?

大手消費者金融の中には無利息期間サービスを提供しているところがあります。例えば契約した最初の30日間は無利息で融資を受けることができるなどのサービスがありますが、残念ながらSMBCモビットには無利息サービスは提供していません。消費者金融ではアコム、プロミス、新生銀行レイクなどが無利息期間サービスを実施しているので、気になる方は一度各ホームページでチェックしてみてはどうでしょうか。

 

 

SMBCモビットで50万円借りたら利息はいくら?

SMBCモビットのカードローンで50万円を30日間借りた場合の利息はいくらになるでしょうか?
SMBCモビットの実質年率は3.0%~18.0%となっています。
SMBCモビットの金利の計算方法は、
借入残高×実質年率÷365×返済期日までの利用日数
で算出されます。
契約当初で、利用限度額が100万円以下の場合は、最高の金利である18%が適用されることになるでしょう。
ということは50万円×18%÷365日×30日という計算式となり、1ヶ月間に支払う利息は7,500円です。

 

 

SMBCモビットの返済シミュレーションなら毎月の返済額がわかる

SMBCモビットの返済に関して心配な方は、公式ホームページに返済シミュレーションが用意されているので是非活用してください。シミュレーションでは2つのパターンで計算できます。

  • 借入れ希望額を指定の期間で返済した場合の毎月の返済額
  • 借入れ希望額を毎月一定の金額で返済した場合の返済月数

※計算結果はあくまでも参考値なので実際とは異なる場合もあります。

 

SMBCモビットよりも銀行カードローンの方が金利は低い?

カードローンでは通常、消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低く設定されています。借入れ先を選択するポイントを金利におくなら銀行カードローンの方が優位です。一方の消費者金融にはサービス面での優位性があります。無利息期間を設定したり、審査から融資までのスピードを重視したりと、サービスに対して柔軟に対応しています。

 

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しい?

銀行のカードローンは消費者金融に比べて、限度額が高くて金利水準も低いという特徴があります。そして総量規制の年収の3分の1より多く借りることができるなど、それだけ審査が厳しい傾向があります。
消費者金融では、アルバイト・パートなどの収入の少ない人や信用度の低い人にも10万円以下の利用限度額を設定して融資をすることもあります。また、金利を高く設定するなどのリスク対策を取ってでも契約者を増やすという傾向が消費者金融にはあります。

 

SMBCモビットの金利を下げたい!限度額増額のために必要なことは?

SMBCモビットで利用限度額をあげたい場合は、改めて審査に通過することが必要です。契約時に決められた限度額は、一定期間の返済実績を積むことで増額にも応じてもらえます。一定の収入があり、確実な借金返済をしている人には増額してもいいと判断されます。

 

増額審査は年収と信用力がポイントに!

SMBCモビットの利用限度額を増額してもらうには信用力と年収が重視されることになります。カードローン契約をしてから半年以上経過していて、その間に返済遅延や滞納がないように優良な契約者として認めてもらうことが大切です。また、契約当初よりも他社での借入れが増えているなどはマイナス評価につながります。総量規制は他社を含めた借金の合計が年収の3分の1を超えないように規制しています。そのほか、正社員という身分や、ある程度の収入があるなど、信用力や収入、総量規制の問題をクリアしていることなどが増額審査でプラスの評価をしてもらえる要素となります。

 

SMBCモビットカードローンの金利についてのポイント

  • SMBCモビットの金利水準は3.0%~18.0%
  • 金利は利用限度額が高くなるほど低く設定される
  • 新規契約では18.0%の上限金利になる可能性が高い
  • 返済シミュレーションで借入れ額に対する利息が計算できる
  • 金利を下げるためには増額申請をして利用限度額を上げる
  • 返済実績などの信用力によっては増額も十分可能

SMBCモビットは他の有名消費者金融とくらべて下限金利は比較的低めですが、上限金利は同じ程度の設定です。銀行カードローンにくらべて金利は高めですが、SMBCモビットはサービス面で優位性があります。SMBCモビットの金利は、利用実績のない新規契約で、100万円以下の利用限度額であれば上限金利の18%が適用されることになるでしょう。利息を抑えるには高額な限度額で融資を受ける必要があります。契約から一定期間、確実な返済実績を積むことで増額にも応じてもらえる可能性があります。

SMBCモビットでお金を借りるなら、金利についてよく理解する必要があります。カードローンの宣伝をみていると、金利が大々的にアピールされている例が多いですが、これは金利が低いほど、お得に借入ができることを、たくさんの人が知っているからです。
カードローンは住宅ローンやマイカーローンと同じく、手数料を支払うことで、融資を受けられるようになっています。手数料は利息ともいわれており、サービスに設定された金利をもとに、算出されます。多くの融資を希望したり、長い時間をかけて返済する場合には、金利の高さが後々利息の大きさとして響いてきますので、注意しましょう。
SMBCモビットのカードローンの金利は、実質年率3.00%~18.00%になっています。この金利は他の消費者金融に比べると、若干高くなっていますが、1万円から利用限度額が設定できるようになっており、借り過ぎを防ぐという意味では利用しやすい消費者金融だと判断できます。
金利の低さばかりに目が行きがちですが、返済を困難にするのはどちらかといえば、借入額の多さです。自分自身の収入と比較して、無理な借入をするのが返済が滞る一番の原因であることを、予めよく覚えておいてください。
最低の3.00%という金利は、借入限度額が最大の800万円に近い設定になっている人ほど、適用される可能性が強まります。しかし、利用限度額に応じて金利が低くなるばかりでなく、利用状況によって少ない利用限度額でも金利を優遇してくれる可能性がありますので、SMBCモビットからお金を借りたなら、期日までにきちんと返済をし、優良な顧客であることをアピールしておきましょう。
SMBCモビットの金利に応じた利息の計算は、年365日の日割り計算が適用されます。うるう年に関しては、年366日に調整され、計算されます。現在の借入残高に適用中の金利をかけて、365日で割り、最後に返済期日以前の利用日数をかけることで、必要な利息が判明するようになっています。
最後にかけることになる利用日数とは、借金を開始した日からの経過日数のことを指します。自動引き落としされる口座振替を利用中であれば、自動引き落としの日が返済期日にあたりますので、この前日までの日数をかけた分が、元本に加算され、返済する仕組みになっています。
いっぺんに返済する額が大きいほど、借入残高が早く減りますので、支払う利息が減るようになります。できるだけお得にカードローンを利用するためにも、短い期間で完済することを心がけましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る