女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

SMBCモビットは自営業・個人事業主でも申込可能?

SMBCモビットのカードローンは自営業でも審査に通る?

結論から先に申し上げると、SMBCモビットのカードローンは自営業・個人事業主の方でも利用することが可能です。ただし、利用に際しては2つ条件があり、まず1つは「安定した収入があること」、もう1つは「事業性資金としては利用できないこと」です。

 

SMBCモビットのカードローンの申込条件

SMBCモビットのカードローンの申し込み条件は非常にシンプルで

  1. 1.安定した定期収入がある
  2. 2.SMBCモビットが設定している融資対象年齢の範囲におさまっている

この2点のみです。安定した収入さえあれば、パートやアルバイトの方でも利用できる可能性があります。

 

自営業も安定して収入を得ているかが重要

「安定した定期収入」に関しては、企業に勤める会社員の方の場合は「給料」という分かりやすい基準がありますが、自営業の方には給料という概念はありません。ですので、自営業の方に関しては、「毎月最低限これぐらいのお金は稼げる」という金額を、「安定した定期収入」として考えるのが妥当でしょう。

 

SMBCモビットのキャッシング申込には年齢制限がある

また、融資対象年齢に関しては「満20歳以上69歳以下」となっています。銀行が取り扱っているカードローンの中には、融資対象年齢の上限が「65歳未満」になっているものもありますので、65歳を過ぎても借り入れができというのは大きなポイントです。

 

個人事業主・自営業の収入は不安定?安定収入とは?

しかし、「安定した定期収入」と言っても、具体的に月収何万円、年収何百万円程度が求められているのでしょうか。これに対する具体的な答えはありません。なぜなら、カードローンやキャッシングを取り扱っている会社ごとに、その基準が異なるからです。ですので「自分の収入が安定しているととらえてもらえるかどうか不安だ」という場合は、利用を検討している銀行もしくは消費者金融のホームページに設置してある、「借入診断」を利用してみるのがいいでしょう。その診断結果が全てというわけではありませんが、借り入れができるかどうかの1つの目安にはなるはずです。

 

個人事業主・自営業のカードローン申込に必要な書類

個人事業主・自営業の方がSMBCモビットに申し込みを行う際に提示が必要な書類は以下の3点です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 「営業状況確認のお願い」の書類

 

本人確認書類として優先されるのは、運転免許証(の写し)です。運転免許証をお持ちでない場合には、パスポートか健康保険証のいずれかの写しが必要となります。また、いずれの書類を利用する場合でも、有効期限内もしくは現在有効なものでなければなりません。収入証明書類に関しては、源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書のいずれかの写しが必要となります。個人事業主・自営業の方の場合は、給与明細書以外の4つの中から選択して用意することになります。事前に準備しておいてから申し込みを行うことで、手続きをスムーズに進めることが可能です。また、上記2つの書類は職業に関わらず必要ですが、個人事業主・自営業の方のみこの2種類に加えて「営業状況確認のお願い」という書類が必要になります。SMBCモビットのホームページからダウンロードして、必要事項を記入した上で提出しましょう。

 

SMBCモビットのカードローンは事業資金としては利用不可!

条件さえ満たせば、自営業の方でもSMBCモビットの申し込みが可能なことが分かっていただけたかと思います。しかし、冒頭でも少し触れましたように、SMBCモビットのカードローンは事業性資金としては利用することができません。自営業の方が、ご自身の事業用の資金として融資を受けたいのであれば、SMBCモビットのカードローン以外のローンを利用する必要があります。

 

SMBCモビットにビジネス用のカードローンはある?

では、SMBCモビットでは通常のカードローン以外に、事業性の資金としても利用できるローンは取り扱っていないのでしょうか。実は、残念なことにSMBCモビットではビジネス関連のローンは取り扱っていないのです。ですので、自営業の方が事業性資金の融資を受けたいのであれば、SMBCモビット以外の金融機関を利用する必要があります。

 

SMBCモビット以外の金融機関は自営業の申込ができる?

SMBCモビット以外の他社金融機関でも、カードローンを取り扱っているところはたくさんあります。しかし、基本的に通常のカードローンの資金使途として、事業性資金を認めているケースはほとんどありません。資金繰りが苦しく、事業性資金の融資を受けたいという場合には、ビジネス専用のローンを利用する必要があります。

 

アイフルにはビジネスローンはある?

アイフルでは、通常のカードローン以外に、法人や自営業者向けの「事業サポートプラン」というローンを取り扱っています。無担保と有担保の2つのコースがあり、借り入れできる限度額等が異なります。踏まなければならない手続きは多いですが、即日での借り入れも可能なため、非常に便利です。

 

プロミスにはビジネスローンある?

プロミスでは、自営者カードローンというローンを取り扱っています。事業性資金以外にプライベートな資金としても利用出来るという特徴を持つので、非常に幅広い用途での利用が可能です。アイフルの事業サポートプランと同じく、審査・借り入れを最短即日で行うことも可能となっています。ただし、適用される金利の下限が通常のカードローンよりも少しだけ高くなっている点には注意しておきましょう。

 

アコムにはビジネスローンある?

アコムでも、プロミスやアイフルと同様に、ビジネスサポートカードローンというビジネス用のローンを取り扱っており、個人事業主の方であれば年収の3分の1以上の借り入れも可能であるなど、色々なメリットがあります(本来は総量規制の関係で年収の3分の1以上の借り入れは不可)。また、既にアコムの一般的なカードローンを利用している場合でも、切り替えが可能なので安心です。

 

SMBCモビットの個人事業主・自営業の方の審査まとめ

個人事業主・自営業の方がSMBCモビットを利用する際のポイントは

  • 利用条件を満たしているかを確認しておく
  • 事業性資金としては利用不可
  • 事業性資金の融資を受けたければ他社のサービスを利用

といったところでしょう。経営者の方の私的な利用に関してはSMBCモビットを利用して、事業に必要な資金は他社を利用するというように使い分けることが重要です。どのような利用方法を取るにせよ、返済だけはきっちりすることを忘れないでくださいね。

カードローンやキャッシングによる融資サービスを主とする業務として行っているのがカードローン系事業者がSMBCモビットです。店舗まで足を運ばずとも、近所にあるコンビニや自宅のインターネット上からお金の貸し出し申請が簡単に行え、審査が迅速に終了するため即日での融資が受けやすいことから、その日の内にまとまった金額の借り入れを行いたいと考えている有職者の方が利用者としては多くなっています。 SMBCモビットを利用しているのはいわゆるサラリーマンと呼ばれる会社勤めの方だけでなく、自営業を営んでいる個人事業主の方も多いと言えます。 毎月確実に同じ収入があるサラリーマンと違い月収が定まっていない個人事業主であっても、安定して収入を得ていて、返済能力さえあれば融資受けられるといった利便性が、個人事業主からの支持を集めていると言えるのです。 年収によっては自営業者であっても100万円近い融資を受けることも十分に可能です。しかしSMBCモビットの個人向けカードローンやキャッシングサービスには、貸し出したお金を事業資金に充ててはいけないといった規約があるため、店舗運営を初めとした自営業に借りたお金を使うようなことはできないと捉えておいてください。使い道がフリーなローンサービスであっても、個人向けのものは業務のために使ってはいけないといった点を忘れてはいけないと言えるでしょう。
SMBCモビットの利点としては、日本中どこの地域であってもお金を借りるのに便利な部分だと言えるため、出張が多い個人事業主の方などにとって活用しやすくなっています。北海道から沖縄まで、どの地域にあるATMでも即日でお金が借りられるというのは急な出費を強いられた際の転ばぬ先の杖となりえるため、遠出をするときにこそキャッシング機能付きのカードなどを持ち歩くべきだと認識しておいてください。
個人事業主の方の中には銀行の融資窓口で住宅ローンや自動車ローンの貸し出しを断られてしまったという経験がある方も少なからずいらっしゃるのですが、借り入れ金額が少なめのカードローンやキャッシングに関しては融資が受けられないということは非常に稀だと言えます。大きな会社に勤めていない自営業者だからといったお金が借りられないのではないかと諦めずに、貸し出し審査が厳しくないローンサービスを選択することをお勧めします。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る