女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

SMBCモビットのお得な返済方法と毎月の最低返済額について

SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?

SMBCモビットでは、毎月の返済額が申込者の借入残高によって変動します。借入残高が10万円以下の場合には毎月の最低返済額は4000円です。もっと具体的な返済金額や返済回数が知りたい場合には、SMBCモビットの公式サイトにある「返済シミュレーション」を利用してみることをおすすめします。借入額や金利を入力するだけで具体的な返済プランをシミュレーションしてくれますので借入の前に返済計画が立てやすくなりますよ。

 

SMBCモビットの返済方法は3種類!

SMBCモビットには下記の3種類の返済方法があります。

  • 銀行振込による返済(SMBCモビット指定の預金口座に振り込む)
  • 口座振替による返済(申込者の三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座から引き落とし)
  • 提携ATMでの返済(ローンカードを利用してATMから支払う)

この3種類のどの返済方法で返済していくかは、最初の申込を「カード申込」にしたか「WEB完結」にしたかで選択できる返済方法が変わります。
まず、「カード申込」にて申込をした場合は、銀行振込による返済もしくは提携ATMでの返済となります。三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っているのであれば口座振替の利用も可能です。また、「WEB完結」の申込をした場合には、ローンカードを受取っていないため、提携ATMでの返済はできません。そのため、口座振替による返済か銀行振込による返済になります。

 

SMBCモビットの銀行振込による返済について

SMBCモビットの銀行振込での返済方法とは、SMBCモビットの指定する三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座に振り込みをする方法です。そのため、インターネットバンキングなどを利用すれば家にいながら返済を行なうことができて非常に便利です。またSBJ銀行や新生銀行などに口座をもっている方であれば月に数回は無料で他社への銀行振込が利用できますので、SMBCモビットの銀行振込を振込手数料無料で利用できる可能性があります。銀行振込の返済日は5日、15日、25日、末日の4つの日にちから選ぶことができます。

 

SMBCモビットの口座振替による返済について

SMBCモビットの口座振替での返済方法とは、申込者の三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座から自動引き落としにて返済をする方法になります。毎月自動的に返済額が引き落とされますので、返済日をうっかり忘れて滞納してしまう心配がありません。また、引き落としでは手数料がかかりませんので毎月無料で返済ができます。口座振替日は5日、15日、25日、末日の4つの日にちから選ぶことができます。

 

SMBCモビットの提携ATMによる返済について

SMBCモビットの提携ATMでの返済方法とは、SMBCモビットのローンカードを利用して提携ATMから支払いをする方法です。SMBCモビットには専用ATMがないため提携ATMのみで返済となります。提携ATMから返済をするメリットとしては、コンビニなどのATMでも返済が可能なため返済日の夜や営業時間ギリギリに入金しても返済日に間に合うということです。提携ATMからの返済では返済日が5日、15日、25日、末日の4つの日にちから選ぶことができます。

 

SMBCモビットの返済ができる主な提携ATM

SMBCモビットの返済はおもに全国的に設置されている下記の提携ATMから利用できます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ファミリーマート、デイリーヤマザキ、スリーエフ、ミニストップ、セーブオンなどに設置されているコンビニATM イーネット
  • ローソン
  • ゆうちょ銀行

 

提携ATMでの返済にかかる手数料

SMBCモビットの提携ATMにて返済をする場合には、三井住友銀行ATMを利用すると手数料が無料になりますが、その他の提携ATMで返済を行なう場合には手数料がかかります。1万円以下の取引では1回につき108円かかり、1万円超過の取引には216円の手数料がかかります。

 

コンビニのマルチメディア端末でも返済可能?

これまでに「銀行振込」「口座振替」「提携ATM」での返済方法を解説してきましたが、実はSMBCモビットではコンビニのマルチメディア端末を利用しての返済も可能です。ファミリーマートのFamiポートやローソン・ミニストップに設置してあるLoppiが利用できます。
【Famiポートを利用する場合】

  1. 1.「金融サービス」をタッチし「SMBCモビット」をタッチしてローンカードを挿入します。
  2. 2.その後返済金額を入力するとFamiポート申込券が発行されます。
  3. 3.Famiポート申込券を受取レジに持っていき支払いを済ませて完了です。

 

【Loppiを利用する場合】

  1. 1.「各種お支払いサービス」をタッチし「各種代金/クレジット等の支払い」をタッチします。
  2. 2.「カードローン・キャッシングのご返済」をタッチしSMBCモビットを選択して金額を入力し確認ボタンをタッチします。
  3. 3.申込券が発券されるのでレジへもっていき支払いを済ませて返済完了です。

コンビニのマルチメディア端末を利用すると手数料が無料で利用できるというのもポイントです。

 

SMBCモビットは硬貨での返済はできる?

SMBCモビットの提携ATMを利用して支払いをする場合には、硬貨での返済はできません。そのため全て紙幣での返済になります。ただし、コンビニのマルチメディア端末を利用して返済をする場合にはレジにて硬貨で返済をすることができます。

 

SMBCモビットで返済額よりも多めに入金したらどうなる?

SMBCモビットで返済額よりも多めに提携ATMなどから入金をした場合、硬貨が使えないのでおつりがその場ではでません。そのため次回の取引(借入)のタイミングで金額を相殺する形で返却されるか、または銀行振込にて過払い分を返却してもらいます。この多めに入金した分に関しては「預かり金」としてSMBCモビット公式ホームページにある会員専用サービス「Myモビ」の「利用状況照会」から確認することができます。

 

カードローンは繰上げ返済・一括返済で利息がお得になる?

SMBCモビットでは月々の定額で返済をしていく他にも、「繰り上げ返済」や「一括返済」を選択して返済していくことも可能です。SMBCモビットでの繰り上げ返済や一括返済を行なった場合、通常通り毎月定額で支払っていくよりも支払い回数が減少します。SMBCモビットの場合、借入残高に対して金利がかかっていますので、借入残高が少なければ少ないほど利息も安く済みます。そのため、繰り上げ返済や一括返済を行なうと、毎月支払い予定だった利息を節約することができます。

 

一括返済・繰上げ返済する方法|口座振替でもできる?

繰り上げ返済をする場合には特にSMBCモビットへの連絡は不要です。繰り上げ返済をする場合には銀行振込か提携ATMから好きな金額だけ追加返済が行なえます。ただし口座振替は利用できません。また、一括返済の場合には、返済をするまえにSMBCモビットのコールセンターに連絡を入れる必要があります。これは返済金額が借入残高に対して金利がついているため、日々一括返済の金額が変動する可能性があるためです。そのため、まずはSMBCモビットに連絡を入れオペーレーターに一括返済を希望していることと、返済予定日を伝えます。するとオペレーターが利息を計算し、返済金額を伝えてくれます。返済金額が確認できたら、予定日に銀行振込か提携ATMから伝えられた金額を返済すれば完了です。事前に連絡をして金額を聞いていたのに返済予定日がずれこむ場合には、支払い総額が変更になる可能性があるため、コールセンターに電話をして再度振り込み予定日を伝えて計算をし直してもらう必要があります。

 

返済が滞るとSMBCモビットから電話がある?

返済日に返済がでずに滞納を起こしてしまうと、SMBCモビットから電話連絡や郵送などで督促通知がくる可能性があります。家族などに内緒でSMBCモビットを利用している場合、延滞を起こすと電話や郵便物で借金バレてしまう可能性もあるので注意が必要です。また返済期日を過ぎてしまうと延滞利息として遅延損害金が発生してしまうため、通常よりも高い金利を支払わなくてはなりません。万が一返済が遅れてしまう場合には、事前にSMBCモビットへの電話確認をしてSMBCモビット側に返済の相談をすることが必要になります。こちらから事前に連絡しておくことでSMBCモビットから督促の連絡が来るのを未然に防げます。また返済日の変更や返済金額の減額についてもSMBCモビットに電話で相談すると、ある程度対応してくれますので、返済が遅れてしまいそうな時には約定返済日がくる前にしっかりとSMBCモビットに相談することをおすすめします。

 

返済の実績は審査にも影響する?

返済の遅れは、たとえたった1度の遅れであっても信用の低下や、信用情報にキズがくつ可能性があり、消費者金融や銀行のカードローンの融資を受けられなくなったりクレジットカードを作れなくなったりなど他社の金融機関が利用できなくなるリスクがあります。また、他社への影響だけではなく、SMBCモビットで追加融資を受けられなくなったり限度額を増枠する増額申請を希望した場合でも増額審査に通過できない可能性があります。滞納をずっと無視し続けていると、最悪の場合裁判沙汰になることさえあります。そのため、今後の金融取引を考えると返済期日は必ず守った方がよいでしょう。

 

SMBCモビットの返済方法と返済金額まとめ

今回はSMBCモビットの返済方法や返済額について調べて下記の結果がでました。

  • SMBCモビットでは10万円以下の借入で毎月最低4000円ずつ返す必要がある
  • SMBCモビットでは「銀行振込」「口座振替」「提携ATM」の3つの返済方法がある
  • 繰り上げ返済や一括返済をすると利息を節約できる
  • 滞納を起こすとSMBCモビットから催促の連絡が来たり信用情報にもキズがつく

SMBCモビットでは支払い方法も複数選択ができ提携ATMも全国に設置されてるので、返済のしやすいカードローン会社です。SMBCモビットに限らず返済が滞ってしまうと、今後の金融取引に支障をきたしてしまいます。SMBCモビットでは返済が遅れそうな時に事前に相談することで返済金額を減額したり返済日を変更したりすることも可能ですので支払い期日がくる前にしっかり返済計画を立直し対策することが大切です。

生活をしていて、お金に困ったときには解決策を持っておきましょう。知人や友人に借入を申し込むのもひとつの手段です。しかし、お金の貸し借りは人間関係に簡単にヒビをいれるので、知り合いから借入をするときには細心の注意をしましょう。人間関係を気にすることなく、借入ができるのは消費者金融です。企業と契約書を交わして、お金のやり取りをするのでトラブルに発展する確率は格段に少ないです。また希望する金額を借入ができるケースが多く、資金に関する問題を解決できます。周囲の人にばれたくないといった要望にも応えてくれます。

消費者金融の数は無数にあります。選び方をしっかりと知っておけば、上手に借入ができます。消費者金融は規模によって特徴があります。全国展開している大手企業もあれば、地域に密着した中小企業もあります。大手企業の場合には、全国で借入ができるのが利点です。それ以外には、利用者数が多く、実績が豊富なので安心して借入ができます。中小企業では面談によって審査を行っているところもあります。利用者の細かいニーズに対しても対応してくれる場合があります。借入の理由によって審査に通過することもあります。

消費者金融を活用するなら、SMBCモビットを使いましょう。申込の方法は、インターネットや無人契約機や電話など多種多様です。利用者の状況に合わせて選択ができます。借入のためには、個人情報と必要書類の提出をしなければいけません。虚偽の情報を提出すると、それだけで審査に通過しないこともあるので注意しましょう。借入をする前に情報に関して確認しておくといいです。すべての審査が終われば、カードが発行されて利用できる状態になります。カードを使って、コンビニのATMや専用のATMで借入ができます。

融資を受けた後は、返済をしなければいけません。毎月、支払期日に返済をする必要があります。支払い最低額に関しては、SMBCモビットのホームページで確認ができます。借入額が大きい人は、元本を減らすために返済期日以外でも返済をしっかりとしていきましょう。随時返済を受け付けており、コンビニのATMから返済のボタンをおして、入金すると返済ができます。また、振込みによる随時返済も受け付けており、移動中でもSMBCモビットの口座に振り込むことで返済が完了します。臨時収入が入ったときには、いつもより多くの金額を返済することで、少しでもはやく完済することができます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る