女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友カードのゴールドローン返済方法をチェック!

ゴールドローンは元金定額返済で毎月返済する方法を採用

元金定額返済方式の返済はどういったしくみになっている?

元金定額返済方式というのは、返済する元金、つまり借入れている分の返済が一定の返済方法です。
三井住友カードのゴールドローンは毎月元金定額返済方式を採用しているため、毎月一定の元金プラス利息を返済していくという形になります。
なお、ゴールドローンの毎月元金定額返済金額は原則2万円です。
毎月、2万円と利息分を合わせた額を返済していくとイメージすると良いでしょう。
年間にすると24万円プラス利息が返済額になります。
ただし、一定額を超える場合は、返済金額が多くなってしまうため、注意が必要です。
ゴールドローンでは、締切日時点で利用残高が一定以上を超えた場合、以下の金額を支払う必要があります。

 

・利用残高110万円超え 3万円+利息
・利用残高170万円超え 4万円+利息
・利用残高200万円超え 5万円+利息
利用残高が高いと毎月の返済金額も高くなるので注意しましょう。

 

 

元金定額返済はお得?メリット・デメリットとは

元金定額返済に限らず、カードローンの返済は、残高に対して利息が計算されます。
毎月元金定額返済の場合、毎月一律に元金が返済されるため、初期の返済は利息が高くなりがちですが、徐々に利息が減っていくのが特徴です。
毎月一定額の元金が返済されるため、利息と元金を含めた返済を一定にした元利定額返済よりも元金の部分が早く返済されていくことが分かります。
つまり、初期の返済の負担が大きいという点はデメリットになりますが、長期的に見ると早く返済できて利息分も浮かせられるという点では、元金定額返済の方がメリットがあるのです。

 

返済期間や毎月の返済額は?実際の返済をシミュレーション

三井住友カードゴールドローンでは、原則毎月2万円の元金定額返済だということをご紹介しました。
それでは、100万円を借りて、毎月2万円と利息を返済していく場合でシミュレーションしてみましょう。
まず確認したいのが、三井住友カードゴールドローンの利率。
利率は、3.5~9.8%。
貸金業でも高めのアコムやプロミス、レイク、アイフルなどの消費者金融はもちろん、楽天やイオンなどを含めた銀行系のローンと比較しても、やや低金利で設定されていることが分かりますね。
290万円以下で借り入れる場合は、利率は最高金利の9.8%で計算されます。
100万円を毎月2万円で9.8%の利率で返済した場合の返済期間は51回、返済額は約121万6千円です。
4年3ヵ月かけて返済していくことになります。
ただし、三井住友カードゴールドローンの場合、支払い状況が良ければ適用利率引き下げサービスと言って、毎年0.3%、最大1.2%まで利率の引き下げが可能です。
利用状況によっては、実際はもっと短期間でかつ、返済額も抑えることができます。

 

自身の状態にあった返済額や返済回数は公式でチェック!

ゴールドローンの返済額や返済回数について、ある程度のイメージはできたかと思いますが、実際のところ、借りる金額も返済額も人によって違いますよね。
自分の借入額に見合った金額や返済回数を知りたいという方は、三井住友カードの公式サイトにある「キャッシング返済シミュレーション」がおすすめです。
借入金額、実質年率、毎月の元金返済額を入力するだけで、簡単にシミュレートすることができます。

 

気になる!ゴールドローンの返済締め日と引き落とし日は?

ゴールドローンのカードローン引き落としは毎月10日と26日です。
引き落とし日については、どちらか好きな方を選ぶことができます。
また、返済の締め日は、10日を選択した場合前月15日、26日を選択した場合は前月末です。
締め日から約1ヵ月たたないうちに支払うとイメージしておくと良いでしょう。
なお、引き落とし日に関しては自動引き落としで、他のカードローン会社などと同様、休日などに差し掛かる場合は、銀行の翌営業日です。
引き落とし日が土日に被った場合は月曜日、祝日に被った場合は次の平日になります。

 

ゴールドローンの返済は元金定額返済のみ?

三井住友カードゴールドローンの返済は元金定額返済のみで、他の返済方法に変更することはできません。
元金定額返済に基づいて、引き落とし日に指定の銀行口座から元金分と利息分が自動で口座引落とされることとなります。

 

繰上げ返済や一括返済はゴールドローンでできる?

三井住友カードゴールドローンの繰上げや一括返済は可能です。
三井住友カードの臨時返済同様、方法は指定口座への振込、ATMでの入金の2つがあります。
指定口座振込を希望する場合は、事前にインターネットまたは電話での申し込みが必要です。
申込期限は原則三井住友銀行なら支払日の2営業日前、ゆうちょ銀行や楽天銀行なら支払い日の4営業日前または、26日払いの場合当月4日までと規定があります。
振込を実行する銀行や金融機関にもよりますが、10日払いなら最大前月20日まで、26日払いなら当月4日までになるので、余裕をもって連絡をするか、三井住友カードの公式サイトで該当の金融機関を調べてから申し込みをすると良いでしょう。
なお、指定口座への振込の場合、最短即日振込可能で、手数料も無料での振込となります。
一方ATMでの返済は手数料がかかるものの、事前申し込みなしに自分の都合で返済できるのが特徴です。
三井住友銀行の他、提携金融機関であるみずほ銀行・三菱UFJ・イオン銀行・りそな銀行・ゆうちょ銀行などのATM、ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどコンビニのATMで返済できます。
ちなみに、繰上げ返済のような一時の返済額の増額ではなく、将来的に基礎の返済額自体を増やしたい場合は締切日までにインターネットで申し込むことで、増額することが可能です。
翌月の返済から変更された額が反映されます。

 

返済日に残高が足りなかった場合や返済が間に合わなかった場合

三井住友カードゴールドローンに限ったことでなく、カードローン全般に言えることですが、返済が間に合いそうにない場合、遅れてしまった場合は、とにかく電話で連絡することが先決です。
電話での受付は、東京または大阪の担当部署で可能。
平日9時から17時までの対応となります。
年中無休・携帯とPHSを含む通話料無料のカード紛失のサポートや入会時の電話番号とは異なるので注意しましょう。
返済額の調整や振り込みなどは個別対応になりますが、最悪カードローン解約という事態を防ぐことができます。
なお、返済が遅れてしまった場合は、ゴールドローンの魅力でもある「適用利率引き下げサービス」の実施が行われないこともありますので注意したいです。
また、サービスだけでなく返済が遅れた場合、年間20.0%の損害遅延金が適用されます。

 

コツコツ返済で金利の優遇がゴールドローンの魅力!

三井住友カードゴールドローンは、金利自体も魅力的ですが、より金利を魅力的にさせているのが、「適用利率引き下げサービス」。
返済実績に応じて適用されるサービスで、借入後、遅延がなければ次年度に一定の金利を引き下げますよというサービスです。
毎年0.3%、最大連続5年で1.2%まで金利を引き下げることができます。
ゴールドローンの通常金利は、290万円以下で9.8%、300~490万円で7.8%、500~690万円で4.5%、700万円で3.5%になりますから、毎年金利の優遇が適用された場合の5年後の金利は、2.3~8.6%にまで下がるということです。
高額の借入を長期に渡って計画している方にとってはありがたいサービスですね。
ちなみに、カードの発行がない振込専用のゴールドローンカードレスの場合は、3.5~9.2%が通常金利なので、サービス適用で2.3~8.0%にまで金利を抑えることができます。
郵送での手間を省きたい、ATMでは借入をしないという場合は、検討してみても良いかもしれません。

 

 

三井住友カードゴールドローン返済方法と特徴

年率3.5~9.8%、限度額も700万円までと業界でもトップクラスのカードローンである、三井住友カードゴールドローン。
返済方法は、元金定額返済と元金の返済がより分かりやすいのが特徴です。
さらに、返済額もやや低額なので、将来的な返済計画も立てやすいカードローンだと言えます。
そして、年率や返済を抑えて、注目すべきなのが、利用状況によって、年間の入り率が下がる適用利率引き下げサービス。
条件は、返済に遅延のない場合と対象の範囲も広いので、金利やサービス面を重視するならぜひ視野に入れたいカードローンです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る