女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友カード ゴールドローン|シミュレーションで計算!返済額は?

三井住友カード ゴールドローンシミュレーションで解ることは何?

三井住友カードゴールドローンは金利・実質年率が低い・最短即日融資が出来るといった点が人気です。
プロミス・三菱UFJ銀行・みずほ銀行などの同業他社のキャッシングサービスよりも借入額も高く設定しやすいといった魅力もあります。
しかし、手数料が高くかかりがちなのは特徴として知っておきましょう。
そんな三井住友カードゴールドローンを賢く活用するならば活用したいのがホームページから利用できるシュミレーションです。
シュミレーションを利用すれば返済額・返済期間などが直ぐに解り、返済計画も建てやすくなります。
それだけ計画的に返済が出来、返済に困ることも少なくなるというわけです。
このように便利なシュミレーションですが、基礎的に余り有効活用されているとはいえません。
人によってはその存在を知らない人も多いのですが、この記事ではそんなシュミレーションのポイントを紹介していきましょう。

 

 

 

どれくらいで返済可能?返済期間のシミュレーションをしてみよう

三井住友銀行のインターネットシュミレーションはカード発行前から利用できます。
そのため、使用感を試してみたいという人もスマートフォンなどから気軽に利用できるのが良い点です。
シュミレーションには主に「毎月返済額シュミレーション」「返済期間シュミレーション」「借入可能額シュミレーション」の3つがあり、それぞれを活用することで約定返済金額や返済期間などを知ることができます。
これは携帯からも利用できるだけでなく、利息計算ももちろん可能です。
 こうしたシュミレーションは色々な場面で活用できます。
例えば、実際にお金を借りる前に「毎月の最適な返済額」を知る目的で利用することも可能です。
また、ボーナスが入った際に、「どのような方法で返済すれば最も賢く返済できるのか」といったことも解ってきます。
返済期間シュミレーションを使用すれば「どれくらいの期間が返済完了するのか」ということもわかり、次に借り入れができる大まかな時期も目星が付きます。
 また、何かギモンがあったら専用受付窓口であるローンプラザに電話して色々と話を聞くこともできます。
こちらのヘルプデスクは年中無休であることも便利です。

 

賢い返済計画の立て方を知ろう

カードローンは気軽に高額が借りれることもあり、利用時には気をつけておかないといけません。
実際、個人の債務整理体験談などを読んでもカードローンの借金による債務整理体験者が如何に多いかが解ります。
そのため、三井住友銀行ローンカードを利用する際には返済計画をしっかり立てることが必要となります。
これは楽天銀行やアコム・SMBCモビットなどの他社からお金を借りる際も同じことです。
 そんな返済計画を建てる際のポイントはいくつかあります。
 まず、借りる使途をはっきりさせておくべきです。
これによって余計にお金を借りることがなくなるだけでなく、「ちょっと手持ちのお金が少ないから借りる」といった借入も防げるようになります。
 返済計画も現実的な内容にしておきたいところ。
返済計画に余裕が無いと破綻する可能性が高くなります。
 また、自分だけのルールを作って借入を制限するのも良いでしょう。
例えば、「店頭窓口でしか借りないようにする」といった制約を設けることで、気軽にカードローンを使わないようになるはずです。
 他にも、カードによって使途を分けることもオススメです。
例えば、「カードローンは緊急時の借入にしか使用しない」「自動車の購入にしか使わない」と制限しておくことで、カードローンを余計に使ってしまうことが防げます。
とはいえ、余りにもカードローンを使わないと増額申請をするのも難しくなることは知っておきましょう。

 

 

ゴールドローンの毎月の返済額が決まる仕組み

返済は無理のない範囲で行っていくこととなりますが、返済額は利用残高によって決まってきます。
例えば、200万円超えの場合、5万円、170万円超えの場合、4万円といったように毎月元金定額返済金が決まってきます。
もちろん、ボーナスなどでまとまった収入が入れば一気に返済を行うことも可能となっています。

 

ゴールドローンの返済が可能な場所

約定返済期日は毎月10日または26日です。
これは申込時に選べます。
もしも祝日などで銀行休業日の場合にはその翌営業日となります。
返済場所はコンビニATMを始めとして、三井住友銀行本支店、ゆうちょ銀行、提携銀行ATMなどから選択可能です。

 

 

ゴールドローンの借入可能額が決まる仕組み

借入額・契約限度額は総量規制の適用を受けることも

ゴールドカードローンの適用利率や借入可能額は様々な条件で変わってきます。
基本的に安定収入のある人でないと加入できませんが、借入額は総量規制の影響をまず受けることを知っておきましょう。
総量規制とは「年収の3分の1以内の金額しか借りれない」という制限のことであり、消費者金融などに適用されます。
三井住友銀行は銀行ですが、それでもこの総量規制のルールを取り入れており、実質的には年収の3分の1以上は借りにくくなっています。
他にも、職業や勤続年数などもポイントとなってきます。
それまでのクレジットヒストリーが良ければ、高額が借りれることも。
このように色々な要素で借入額の上限は変わってきますが、「どのくらい借りれるのか」といったことが知りたい場合には審査シュミレーションを利用してみると良いでしょう。

 

三井住友カード ゴールドローンは審査のシミュレーションも可能

三井住友カードゴールドローンのシュミレーションを利用すれば審査診断や借入可能額も調べられます。
審査診断とは「収入・職業」などの基本的な情報を入力することで、審査に受かるかどうかを検証してもらえるものです。
これはあくまで診断であり、このシュミレーションを利用して「融資可能」と判定が出ても、実際の申込時にブラックリストに載っていることなどが判明してしまい、契約できないこともあります。
そのため、診断結果を完全に鵜呑みにすることはできませんが、かなり役立つことは確かです。
 そのため、始めてカードローンを作るといった人はまずは審査診断によって金融機関からお金が借りれるかどうかも確認しておきましょう。

 

 

ゴールドローンの返済シミュレーションを利用しよう

・シュミレーションをすることにより借りれる額が解る ・返済計画を立てるのにも役立つ ・シュミレーションはブラウザから簡単に利用できる ・わからない時のサポート窓口もある ・返済が苦にならないようにするためにはコツが有る ・借りる目的をはっきりさせることが賢く借りるコツ 返済額は借入残高によって変わってくる ・返済は自動契約機・ATMなどから可能 ・最大借入額は収入などによって決まってくる ・申込時には本人書類など用意易が求められる 以上のように三井住友銀行のローンカードについて説明しましたが、シュミレーションはかなり役立つものです。
これから契約するという場合にもこちらを利用して「どれくらいの金利がかかるのか」といったことを理解しておくと良いでしょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る