女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

みずほ銀行カードローンの限度額は年収によって決まる?

みずほ銀行カードローンの限度額は年収で決まる?

カードローンに限らず、金融機関が融資をおこなう際に重視する事柄に「返済能力」があります。
「返済能力」とは「借りたお金をちゃんと返すことができるひとか」という判断基準です。
返済能力の程度により融資の可否のみならず、限度額や融資期間などが決められます。
返済能力には年収、年齢、勤務先、配偶者の有無、住居が持家か否かなどさまざまな要素がありますが、そのなかでも特に年収は重要なポイントです。
ただし年収が単純に高ければ良いというものではありません。
ある月だけたまたま臨時収入があったからということであれば、その年収はあまり意味をなしません。

 

>>みずほ銀行カードローンの詳細ページへ

 

みずほ銀行カードローンの契約限度額を確認するには?

みずほ銀行カードローンの最大限度額は業界最高水準の800万円です。
最大限度額とはみずほ銀行カードローンという商品でひとりに融資できる上限のことで、誰もが800万円まで借りられるということではありません。
利用者個人の契約限度額は返済能力などを考慮して個別に設定されます。
契約限度額はみずほダイレクト[インターネットバンキング]や銀行ATM、
コンビニATM(イーネット・ローソン)から借入する際に表示される「お借入可能残高」で確認することができます。

 

みずほ銀行カードローンは審査で限度額と金利が決定する?

みずほ銀行カードローンなどのカードローンはローン申込み時に必ずローン審査がおこなわれます。
ローン審査とは主に申込者の「返済能力」と「個人信用情報」を審査するものです。
先にご説明したとおり「返済能力」とは「借りたお金をちゃんと返すことができるひとか」ということの判断基準で、
「個人信用情報」とは信用取引の実績、つまり「借金や返済の状況」を指します。
借金は滞りなく返済されているか?、借入残高はどのぐらいか?などを確認します。
ローン審査は各金融機関で独自の基準を設けており、その結果によって限度額が決められ、限度額によって基準金利が決定する仕組みになっています。

 

カードローンは利用実績がないと限度額は低くなる?

カードローンとは無担保融資ですから、金融機関と利用者の信頼関係のみで成り立つものです。
たとえみずほ銀行カードローンのように最大限度額を高く設定している商品であっても、
口座開設すらしておらず申込者の利用実績が確認できない場合は、初回契約時の契約限度額は低く設定されるのが一般的です。

 

みずほ銀行カードローンの限度額がいっぱいになった場合にはどうすれば良い?

ところで、カードローンで限度額いっぱいまで借りてしまった場合にはどうすればよいのでしょうか?
もちろんすぐにいくらかでも返済できればそれが一番よいのですが、それ以上に借入の必要がある場合もあるでしょう。
まず最初に思いつくのは、消費者金融など他の金融機関で新規のカードローンを申し込むという方法ですね。
しかしみずほ銀行カードローンですでに利用実績を積んでいるのならば、契約しているカードローンの限度額を増額する方法も選択できます。

 

みずほ銀行カードローンの限度額を増額する方法

みずほ銀行カードローンの場合、増額申請はカードローンの再申込みをすることで可能です。
パソコン・スマートフォン・電話、または、銀行窓口で直接申込みます。

 

カードローンの限度額を増額する理由は審査に関係する?

みずほ銀行カードローンの場合は増額といえども、再申込みという方法になります。
これは実質、新規申込みと同じで、手順も新規と同じです。
基本的に申請時に増額の理由を確認されることはありません。
ただしローン審査についても新規の場合と同等かそれ以上の条件でおこなわれますので、返済の遅延など不利になる情報が確認できれば、審査に影響が出る可能性は高いです。

 

カードローンの限度額の増額審査に重要なポイントは何?

みずほ銀行カードローンで限度額の増額を申請する場合に最も気をつけなければならないのは、
新規の場合と同等かそれ以上の条件で再審査がおこなわれるということです。
新規申込み時よりも返済能力が低下していたり、個人信用情報が延滞などで汚れている場合は、増額されないばかりか減額される可能性さえあります。
また他社のカードローンを利用している場合は、利用限度額を増額することはできませんので注意してください。

 

【みずほ銀行カードローン限度額増額審査重要ポイント】

  • 他社のカードローンを利用していない
  • 返済を遅延、滞納していない
  • 利用実績が少なくとも半年以上ある
  • 収入が極端に減少していない、不安定になっていない

 

みずほ銀行カードローンの限度額まとめ

  • 限度額は独自の審査基準に基づき、主に申込者の「返済能力」と「個人信用情報」から判断して個別に設定される。
  • 基準金利は設定された限度額に従って決められる。
  • 初回契約時の限度額は低く設定されるのが一般的。
  • 限度額の増額はカードローンの再申込みをすることで可能。
  • 限度額増額審査は新規の場合と同等かそれ以上の条件でおこなわれる。
  • 勤務1年未満は見込み年収で申告
  • 在籍確認は実労の職場で実施
  • 在籍確認でカードローン利用はバレない
  • 口座所有かつネット申込は書類不要、その他は本人書類が必須
  • 場合により収入書類も必要
  • 申込条件は20歳から65歳までで安定収入があり、オリコの保証が受けられることなどです。

みずほ銀行カードローンの限度額はどれくらいなのでしょうか。限度額がどの程度なのか、これは利用する人からしてみればとても重要です。なぜならお金を借りるにあたって、自分が希望する金額が借りれなければ意味がないからです。どうせ借りるのであれば、自分が借り入れたいと思っている金額すべてを借り入れできるところで借りたいですね。

一般的な消費者金融の小口のカードローンの場合は50万円とか、多くて300万円前後です。もちろんこれは人によっても違いがありますので、誰でもこの金額を借り入れることができるとは言えないのですが、一般的な相場はこのようになっています。しかしみずほ銀行は違います。なんとカードローンで最高1000万円も借り入れることができるのです。これはかなりの大口の融資ということになります。先ほど紹介した消費者金融の300万円の3倍以上も可能なのです。

ですから、少しまとまったお金を借りたいと思っている人でも、安心して申し込むことができます。あちこちからはしごして融資を受ける必要はないのです。一箇所から借り入れることができればそれが一番ですね。なぜならあちこちから借入をすれば、返済場所もあちこちに広がりますので、それだけ返済も大変です。そしてそれぞれに金利もかかってきますので、とても返済総額が大きくなる可能性もあるのです。

多重債務はそれだけで大変ですが、一箇所から借り入れをすることができるのであれば、利用者からしてみればとても便利でしょう。こうした理由から選ばれているカードローンです。1000万円借り入れをすることができるとしていますが、総量規制の問題は大丈夫なのかと心配になる人もいるでしょう。総量規制は年収の3分の1以上の借り入れはすることができないという規制です。これは返済できずに自己破産したりする人が増えていることから、国が救済措置として考えました。そうなると年収が3000万円なければ、1000万円借りることができない計算になりますね。しかし安心してください。銀行系は、総量規制の対象外なので、年収の3分の1位以上でも借り入れることができるのです。

つまり年収が3000万円なくても1000万円の融資を受けることは誰でも可能です。もちろん審査に通らなければいけませんので、絶対に誰でもというわけではありませんが、所定の条件をクリアして、審査に通り、返済能力があるとみなされれば融資してもらえます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る