女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

みずほ銀行カードローンの必要書類は口座の有無によって違う?

みずほ銀行カードローンの申込に必要な書類

本人であることを確認できる運転免許証などの身分証明書が必要ですが、みずほ銀行に口座を持っている場合は、口座開設時に確認済みのため提出不要となります。

 

みずほ銀行カードローンについて詳しく見る

 

みずほ銀行カードローンは申込方法によって必要書類が異なる!

みずほ銀行でカードローンを利用する際にはみずほ銀行の口座を持っていることが条件となっています。

 

必須である返済方法が口座引き落としとなっているのがその理由で、前月の借入金額残高がスライドされ、利息を含めた返済額が決まり、毎月10日に自動引き落としされるので返済日を忘れる心配がなく安心です。

 

口座がない場合はカードローンの契約が完了するまでに必ず口座開設を行っていなければなりません。
ちなみに任意での返済も行え、みずほ銀行ATMの他、ローンカードでは手数料がかかりますがローソンやセブン銀行など提携コンビニATMやゆうちょ銀行、イオン銀行など提携金融機関のATMでも随時返済が行えます。

 

【必要書類が決まるポイント】

  • インターネット、電話、郵送、銀行窓口での申込み

それぞれのケースでの具体的な必要書類についての詳細は以下で詳しく検証していきます。

 

みずほ銀行カードローンの口座を持っている方(WEB完結申込)

希望限度額が10万円~200万円の場合

口座があるので本人確認書類は不要です。
パソコンやスマホなどからインターネットにて申込む場合、口座を持っているとスムーズな融資が可能なWEB完結での申込みができることが最大のポイントです。

 

>>インターネットで融資を申込む!

 

みずほ銀行カードローンの口座を持っていない方

運転免許証の用意ができる方

カードローンの申し込み時にみずほ銀行の銀行口座を持っていない場合は、以下の方法で申込むことができます。

  • カードローンと口座を同時申し込みをする場合

    【インターネットによる申し込み】
    カードローンの申込書はネット上で入力、送信し、本人書類の運転免許証はスキャナーで取り込むかカメラで撮影した画像を取り込んでアップロードします。
    収入証明書類も同様にアップロードして提出します。
    口座開設の申し込みは、インターネットではできないので、店舗、電話、郵送のいずれかにて下記の要領で行うことになります。
    キャッシングを始められるまでに2週間ほどかかります。

     

    【店頭窓口による申し込み>】
    カードローンの申込書と口座開設の申込書をもらってその場で記入し、運転免許証、口座開設用の印鑑を提示します。
    収入証明書類も同時に提出します。
    カードローンの審査結果の回答は通常翌日になりますが、早ければ当日中、遅くても2~3日間中に得られます。その後、自宅に通帳とキャッシュカードが届きますが、カードローン機能が付加されたキャッシュカード兼用型となっています。
    キャッシングを始められるまでに申し込みから2~3週間かかります。

     

    【電話、郵送での申し込み】
    カードローンと口座開設の申込書が郵便物で届き、記入後、返送します。
    この時に運転免許証のコピーも同封して提出します。
    収入証明書類も同時に提出します。
    その後の手順は店舗窓口の時と同様ですが、審査に一番時間がかかる方法となるため、キャッシングが始められるまでに申し込みから3~4週間かかります。

  •  

  • カードローン審査通過後に口座を申し込みをする場合

    基本的には同時申し込みと同じようなプロセスになりますが、銀行窓口や電話、郵送で申し込む場合に、カードローンのみ先に申し込む方法は不自然なため、ここではインターネットで先にカードローンを申し込む方法を解説します。

     

    【カードローンの申し込み】
    インターネットで公式ホームページから申込書を入力、送信し、本人書類の運転免許証はスキャナーで取り込むかカメラで撮影した画像を取り込んでアップロードします。
    収入証明書類も同様にアップロードして提出します。
    審査通過を確認した後、口座開設の申し込みをしますがインターネットでは出来ないため、店舗、電話、郵送のいずれかにて下記の要領で行うことになります。キャッシングを始められるまでに2週間ほどかかります。

     

    【カードローン審査通過後口座開設の申し込み】
    店舗窓口による申し込みでは口座開設の申込書をもらってその場で記入し、口座開設用の印鑑を提示します。
    通帳はその場で発行され受け取れますが、キャッシュカード、およびローンカードは約1~2週間後に自宅に届きます。
    通帳を受け取った時点で口座振り込みによる借入ならキャッシングを始められます。

     

    カードタイプをキャッシュカード兼用型に指定した場合はキャッシュカードにカードローン機能が付加されるのでローンカードの発行はありません。
    カードローン専用型をオーダーした場合は、キャッシュカードとローンカードがそれぞれ届きます。
    カードを使ったキャッシングを始められるまでには申し込みから2~3週間かかります。

     

    電話、郵送での申し込みは、口座開設の申込書を郵便で受け取り、記入、返送します。

     

    その後1週間ほどで本人限定郵便受取として通帳が届き、通帳の受け取りが確認されたら、キャッシュカード、およびローンカードが郵送されます。
    ローンカードタイプと受け取るカードの種類については店舗窓口での申し込みと同様です。
    ローンカードを使用したい方にはこの方法しかありませんが、問題は審査時間が最長となることで、キャッシングが始められるまでに申し込みから3~4週間かかります。

 

同時申し込みをして審査に落ちてしまった場合は同時申し込みをしていた口座も開設されないポリシーとなっています。
そのため少しでも時間を短縮するために同時申し込みをする方をお勧めしますが、カード種類をカードローン専用型にしたい方は同時申し込みでない方法を選んでください。

 

 

運転免許証の用意ができない方

カードローン審査時の本人確認書類として最も一般的な身分証明書が運転免許証です。
所有している方はわざわざ他の書類を用意しなくてもいつも持ち歩いているので手軽に利用でき便利ですね。

 

ただ、提出する前に有効期限が切れていないか、裏面に変更事項の記録が更新されているかなど、最新状態であることをしっかり確認しておきましょう。
それでは、運転免許証を持っていない方はどうすれば良いのでしょうか?
本人を確認できるものなら何を提出しても良いのでしょうか?
みずほ銀行カードローンの申し込みで認められている規定の本人確認書類については次で説明します。

 

運転免許証以外の本人確認書類

みずほ銀行のカードローンの申し込みをする時に必要な本人確認書類は、本人であることや現在の住宅状況、20歳以上65歳以下という年齢条件などのチェックのために提出します。
運転免許証の他に以下の書類が認められています。
いずれも有効期限内もしくは最新状態のもので、氏名、住所、生年月日の基礎情報が記載されているものに限られます。提出はいずれか1点のコピーとなります。

  • 運転経歴証明書(2012年4月1日以降の発行のもののみ有効)
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 住民票(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 

みずほ銀行カードローンで有効な収入証明書類

収入証明書類として認められるものは以下のもので、いずれか一点のコピーを提出します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書(名称は各地方自治体によって異なる)
  • 納税証明書(名称は各地方自治体によって異なる)

自営業運営者の方は源泉徴収票を受け取らないのでそれ以外のものになります。
確定申告書の控えや給料明細書などは、改ざんしやすくトラブルの元になるデメリットがあるためみずほ銀行では受付られず、公的機関の発行した地方税関連の書類のみが認められていますので注意してください。

 

みずほ銀行カードローンの必要書類の提出はウェブ上で可能

申し込み方法でスピードが最も早く最も便利な方法が、ウェブ上で申し込みから契約まで来店不要、郵送不要で行えるWEB完結であることは上の章でも触れましたが、WEB完結はあらかじめみずほ銀行に口座を持っている場合のみ選べる申込み方法です。

 

WEB完結での申し込みでは、口座を持っているので本人書類は必要ありません。
収入書類を提出する場合は、スキャナーで読み込むかデジカメで撮影した画像を取り込んでメールで指定されたURLリンク上にアップロードします。

 

口座がない場合でも、WEB完結ではありませんがインターネットで申し込みができます。その場合も必要書類はWEB完結と同様にアップロードして送ることができます。

 

>>みずほ銀行インターネットで申込む!

 

 

みずほ銀行カードローンに印鑑やキャッシュカードが必要?

みずほ銀行のカードローン自体の申し込みには印鑑もキャッシュカードも必要ありません。
ただし、口座開設も行う場合は、口座開設用に印鑑が必要になります。
また、キャッシングの際には、ローンカードの種類でキャッシュカード兼用型を選択した場合は、お手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能が付け足されることになりますが、みずほダイレクトやインターネット支店を利用している方は、口座振込による借り入れと、口座引落としによる返済が行えるため、キャッシュカードは必要ありません。

 

みずほ銀行カードローンの必要書類まとめ

  • 申込は基本的に本人確認書類と収入証明書類が必要
  • 本人書類は事前に口座があると提出不要
  • 申込はみずほ銀行口座がない場合、新規開設が必要
  • 新規口座開設は口座申込書や印鑑が必要
  • 書類提出方法はアップロード、窓口持参、郵送のいずれか
みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

金利 年2.0%~14.0%(※)

最大限度額

800万円
申込受付時間

WEB完結申込なら24時間可能

特徴

みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能

※住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げることができます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る