女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

みずほ銀行カードローンは郵便物なしで契約できる?

みずほ銀行カードローンを郵送なしで契約・借入するポイント

WEB完結による申し込み方法では、すでにみずほ銀行に口座を持っているため本人確認書類が不要な上、インターネットでアップロードできるため自ら郵送する物はありません。またキャッシュカードにカードローン機能を付け加えて使用するためローンカードが送られてくることもありません。契約完了後に1度だけ契約内容確認用の書類が自宅に届きますが、その後も利用明細はインターネット、電話、窓口のみでの確認になるので郵送はありません。

 

みずほ銀行カードローンは申込方法によって郵送物が違う!

家族に内緒でキャッシングしたい場合、自宅へ郵便で書類などが届くのが困るという方が多いですが、みずほ銀行のカードローンは、申し込み方法によって郵便物の種類や頻度が違います。以下に詳しく解説します。

 

  1. 1.WEB完結による申し込みの場合

    WEB完結ができるのは、すでにみずほ銀行の普通預金口座を持っていて、パソコンやスマホからインターネットにてカードローンの申し込みをする場合です。この場合カードタイプはキャッシュカード兼用型のみ適用となります。口座所有者は本人書類が不要な上、収入書類等が必要な場合もインターネットでアップロードできるため、来店不要、郵送不要で申込者自らがみずほ銀行に対して送る郵送物はないのがポイントです。すでに持っている銀行のキャッシュカードを使用してキャッシングするためローンカードの発行、受け取りも不要です。ただし、契約完了後、みずほ銀行から契約内容確認用の書類が郵送で届きます。自宅へ届く郵便物はこの1回のみとなります。

  2.  

  3. 2.WEB完結以外による申し込みの場合

    <すでにみずほ銀行口座を持っている場合>
    自動契約機のないみずほ銀行では銀行窓口、電話、郵送のいずれかの申し込み方法になりますが、どれでも少なくとも2回以上は郵便物が届くことになります。口座を持っていて窓口で申し込んだ場合は、カードタイプをキャッシュカード兼用型と指定していれば早ければその場で、もしくは遅くとも翌日には契約が完了するところですが、カードローン専用型を指定すれば後日郵送で届くことになります。電話、郵送による申し込みの場合は、みずほ銀行から申込書が郵送で送られ、記入して返送しなければいけません。その後、カードタイプをカードローン専用型に指定した場合は、カードも郵便で届くことになります。どの申し込み方法も契約完了後には契約内容確認用の書類が郵送で届きます。

 

<カードローン申し込みと同時に口座開設をする場合>
インターネット、店頭窓口、電話、郵送で申し込みができますが、いずれも口座開設申込書がみずほ銀行から送ってこられるので記入して返送、もしくは窓口へ持参する必要があります。カードローンの申込書や必要書類(本人確認書類、収入証明書類など)の用意、郵送も必要です。口座開設には数週間かかることもあり、通帳やキャッシュカードが後日自宅へ送られてきます。それに加えてカードローンの申込書や契約書類、カードタイプに専用型を選んだ場合はローンカードも郵送で送られてきます。契約完了後には契約内容確認用の書類が自宅へ届きます。郵便物が自宅へ届く頻度が最も多い申し込み方法となります。

 

みずほ銀行カードローンはWEB完結申込なら郵送なし!

あらかじめみずほ銀行の普通預金口座を持っていて、パソコンやスマホからインターネットにてみずほ銀行カードローンの公式ホームページで申し込みをする場合に、カードタイプをキャッシュカード兼用型カードとすれば、WEB完結での申し込みができます。コチラが最も早く最も便利な申し込み方法です。銀行のキャッシュカードにローンカードの機能を付け足して使うため、ローンカードの発行、受け取りがありません。

 

WEB完結申込で自宅に書類が届くことある?

みずほ銀行のカードローンは無利息期間はないもののクチコミや体験談でも低金利で限度額が大きく、郵送不要という評判があります。確かにじぶんから送る郵送物はありませんが、実はみずほ銀行から自宅へ届く郵便物は1回のみ発生します。契約完了後、契約内容確認用の書類が郵送物として届きます。差出人はみずほ銀行となっていてカードローンとは書いていないので、家族には資料請求をしたかクレジットカードの申し込みをしたかと思われるくらいでカードローンの申し込みをしたとバレることはほとんどないと言えます。契約内容をよく確認して間違いや疑問があれば、Eメールや電話、窓口で問い合わせましょう。

 

みずほ銀行カードローンの口座同時申込の郵送物とは?

みずほ銀行のカードローンを利用するにはみずほ銀行に普通預金口座を持っていなければいけないので、持っていない方は新規で開設することになります。カードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みをする場合と、カードローンの仮審査を通過したことを確認してから口座開設を申し込み方法の2通りがあります。それぞれの方法での郵送物を検証してみましょう。

 

<カードローンの仮審査までに送られてくる郵送物>
申込書、本人確認書類、収入証明書類が必要となり、インターネットや窓口で申し込んだ場合はスムーズに審査を受けることが可能です。郵送の場合は2週間程度かかります。

 

<カードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みも行った場合>
そのため、利用開始までに2週間程度は必要となります。

 

<カードローンの仮審査通過後口座開設を申し込んだ場合>
審査に落ちたら新しい口座が不要なので仮審査に通ったことを確認してから口座開設の手続きを始めるという場合は、申込書の送付、その後通帳とキャッシュカードの送付で利用開始までに2週間程度は必要となります。

 

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード兼用型がおすすめ?

みずほ銀行のカードローンの特徴の一つにキャッシュカード兼用型という物があります。これはすでに持っている口座のキャッシュカードにカードローンの機能を付け足して使えるようにするもので、カードローン専用のローンカードの発行、送付、受取が必要ありません。本審査通過後すぐにお手持ちのキャッシュカードでキャッシングが始められるうえ、人に見られてもカードローンの利用が知らせる心配がないので安心です。キャッシュカード兼用の他にカードローン専用型のローンカードも選択できます。

 

みずほ銀行カードローンは利用明細の郵送ある?

みずほ銀行ではカードローンの利用明細は発送されません。以下の方法で借り入れの明細を確認できます。

 

  1. 1.みずほダイレクト(インターネットバンキング)

    みずほダイレクトの利用は別途申し込みが必要となります。24時間いつでも利用できます。

  2.  

  3. 2.カードローン専用ダイヤル(電話)

    本人確認のため、みずほダイレクト利用カード、もしくは普通預金口座通帳が必要となります。個別取引に関する照会は受付時間が決まっているので注意してください。
    午前9時から午後5時(年末年始、祝日、振替休日を除く)

  4.  

  5. 3.窓口(みずほ銀行店頭)

    取引明細証明書が発行されます。3ヶ月分は無料発行、3ヶ月を超える場合は手数料が必要となります。

 

郵便物で家族にキャッシングがバレることってあるの?

カードローンの申込書やローンカード、契約内容確認書類は普通郵便で届きます。差出人はみずほ銀行となっているので、それだけを見てカードローンを申し込んだことが知られるということはありません。
カードローンと同時に口座開設を行なった場合、通帳は本人限定受取郵便で、キャッシュカードは簡易書き留めで送られてきます。通帳は自宅に本人限定受取郵便の到着通知書が届きますがこれは差出人は郵便局になっていて銀行名などの記載はありません。本人が身分証明書を持って郵便局、もしくは自宅で受け取り、捺印もしくは署名をします。同居家族でも本人でなければ受け取れません。
通知書だけではどこから何の目的で届いたのかはわからない上、本人しか受け取れないので、家族に知られる心配がないのがメリットです。「あの通知書何だったの?」と聞かれて新しく開いた口座の通帳と正直に言ったところで、カードローンの利用とまで推測できる場合はほとんどないと言えるでしょう。
また、キャッシュカードは簡易書留なので家族でも了承され受け取れますが、印鑑や署名が必要です。コチラの差出人はみずほ銀行となっています。

 

みずほ銀行カードローンの郵便物の差出人でカードローンはバレる?

両親に知られずに借りたい方など、同居している家族に借金がバレないか不安な方が多いですね。普通郵便や簡易書留で届く郵便物は差出人がみずほ銀行となっています。カードローンとは明記されていないので、銀行名だけでカードローン利用がバレることはほとんどないと言えます。通帳は本人限定受取郵便で届き、通知書は郵便局名のみ書かれているので差出人がわかりません。アコムやアイフルなど消費者金融系などでも利用者のプライバシー尊重という理由のため、金融機関の業者名を直接書かずにACサービスセンターやAIセンターなどと名乗って郵送してきますが、三井住友銀行や三菱UFJ銀行バンクイック、新生銀行レイクなど銀行の場合は、口座や保険、クレジットカードなど商品が多岐にわたっているので、銀行名だけでカードローンを疑う人はあまりいないはずです。

 

みずほ銀行カードローンに申し込むと職場や自宅に在籍確認の電話がある?

他のカードローン商品を提供するプロミスやSMBCモビットなどの消費者金融業者やオリックス銀行、イオン銀行などの銀行と同様にみずほ銀行でも勤務先への在籍確認の電話は必ず行われます。みずほ銀行カードローンの在籍確認は保証会社である株式会社オリエントコーポレーション株式会社(オリコ)が行い、平日の審査対応時間内にかかってきます。在籍確認の電話ではオリコの社名ではなく「みずほ銀行の鈴木です」というようにみずほ銀行の名前と担当者の個人名でかかってきます。申込者本人が在籍しているかどうかをチェックするのが目的なので、「佐藤さんはご在席ですか?」という質問で1分もかからず終わることがほとんどです。本人が不在でも応対した職場の人が「佐藤はただいま席を外しております」というように在籍を確認できる返答をすれば、それでOKとなります。在籍をしていなかったり、長期休職中などを疑われた場合は、他にもいくつか質問されて、時間が長苦なります。在籍確認ができなかった場合はその他の審査基準をクリアしていても審査落ちになるでしょう。本人が電話口に出た場合は、生年月日や住所を聞かれる場合も稀にありますが、普通は「みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話です。今後の手続きについて追ってご連絡差し上げます」などど言われるので「はい」と答えれば大丈夫です。在籍確認で職場にカードローンの利用がバレないか不安に思う方は実際多いのですが、自分が絶対電話に出られるように日時を細かく指定したり、携帯番号にかけるよう頼んだりすると、アリバイの対策を講じているのかもと思われデメリットとなる場合があるので注意しましょう。

 

返済の滞りは自宅への郵送物の原因になる!

みずほ銀行のカードローンの返済は毎月自動口座引落としとなりますが、前月からのスライド式借入残高によって返済額が決まり、残高不足になると返済が出来なくなります。返済が遅れると利息とは別に遅延損害金が発生し、新たな融資が受けられなくなりますが、家族に借金がバレたくない人にとって困るのが、催促状が自宅に届いたり、電話がかかってくることでしょう。通常は電話が先にあり、それでも返済をしない場合に郵送物での催促がありますが、電話が繋がらない場合など、郵送物で先に知らされる場合もあります。電話は携帯電話だとみずほ銀行からだとわかれば出ない人もいるため自宅へかかってきます。電話に応対した家族にはカードローンのことまでは話しませんが、「確認したいことがあってお電話いたしました。」などと伝言があるので勘のいい人にはカードローンの滞納かもとわかってしまう可能性があります。郵送物の場合は、返済を催促する督促状が通常ハガキで送られてきますが、内容はシールで隠されています。隠されていないところは銀行名などだけなので一見怪しまれることはありませんが、勘のいい家族の人が不審に思ってシールをめくってしまうとカードローンを利用していること、返済が遅延していることがすぐにわかってしまいます。なお、督促状は最後通告のようなものなので、無視し続けていると法的手段を取られる可能性が高くなります。返済できる目処がたったら、翌月の引き落としを待たずに、提携金融機関のゆうちょ銀行やローソン、セブンなどコンビニのATMで振込による返済をしましょう。ローンカードの場合はスルガ銀行など地方銀行などの提携銀行ATMでも支払い可能です。申し込む前に公式サイトから返済のシミュレーションを行い、無理のない計画的な借入、返済ができるようにしましょう。

 

みずほ銀行カードローンで郵送物なしで契約・借入するポイントまとめ

 

  • WEB完結は自らの郵送物はなく契約後に1度の受取のみ
  • 他の方法は申込書、本人書類、ローンカードの郵送も必要
  • 口座同時申込は口座開設申込書、通帳、キャッシュカードの郵送も必要
  • 通帳は本人限定受取郵便で届く
  • キャッシュカード兼用型はローンカード郵送不要
  • 利用明細はインターネット等で確認でき郵送なし

郵送物や在籍確認で周りにバレるリスクは低いですが返済遅延は自宅への電話や督促状でリスクが上がります。

一人でカードローンの利用を決める時は、契約後の郵送物が気になりますし、明細が届けば家族に知られる可能性があるので、この点を先に調べて解消する事が重要です。 契約がインターネット内で完結したり、明細確認が画面上で行えるサービスも存在しますが、全く郵送物が送られない金融会社は限られますから、前評判で油断せず申し込み前に確認する事が大切です。

みずほ銀行カードローンなら取引明細の郵送なし!

みずほ銀行のカードローン契約では、取引き時の明細は基本的に発送されないので、郵送物として自宅に届くのを悩む必要はなく、利用が発覚に結び付く確率は低いと考えられます。 借入や返済の履歴をまとめて確認したいときは、みずほダイレクト(インターネットバンキング)を利用しましょう。 みずほダイレクトの利用には、カードローンの申込とは別途で申込が必要になります。 したがって、必要に応じてみずほダイレクトの利用も検討するのが良いでしょう。

みずほ銀行カードローンは郵便物なし?

ただ、契約段階ではみずほ銀行からカードや資料が届くので、これに関しては知られずに受け取る方法が欠かせないといえます。 消費者金融の場合は、消費者金融名ではなく~カスタマーセンターなど、キャッシング契約に関するものとはすぐにわからないようになっていますが、やはり郵送物に関する不安はあると思います。 しかし、みずほ銀行カードローンなら郵送物の差出人は銀行名なので、家族と同居していても特別怪しまれる心配はないでしょう。 一度受け取りを成功してしまえば、次からはカードローンをどれだけ利用したとしても、自宅に明細が配達される事はありませんから、安心してみずほ銀行の便利な機能が活用出来ます。 みずほ銀行カードローンは、申込方法によって次のような郵送物が届きます。
  • ローンカード専用型でお申込みの方: ローンカード
  • キャッシュカード兼用型でお申込みの方: 契約内容の確認書類
さらに、契約時の限度額がお申込み時と異なる場合には、契約内容を確認するための資料が届きます。 ローンカード専用型で申込!何が届いた?? みずほ銀行カードローンの借入レポートはこちら! 明細が書類として発行されなければ、逆に把握が不便になったり不安を感じる理由になりますが、みずほ銀行はインターネットで情報の提供を行いますし、個人のカードローン状況の把握も簡単ですから、特別に悩まなくても安心して使う事が可能です。 郵送物が届かなければ、家族に発覚する心配は一切不要ですが、うっかり契約が漏れてしまう切っ掛けはどこにでも潜みますから、情報は油断しないで厳重に管理する心構えが大切です。 スマートフォンは個人で所有する物ですし、一般的に見られる心配はありませんが、無断でチェックされる場合も想定されるので、手元から離れる際にはロックを忘れずにかける必要があります。 落し物をして取り扱われ、拾った人が届け家族が受け取る状況も想定されますから、重要な情報はスマートフォン内には残さず、他人に見られても問題ない状態で使用を行います。 カードローンを利用する以上は、何らかの方法でみずほ銀行と接点を持つ必要があるので、郵送物の心配だけにとらわれるのではなく、様々な可能性を想定して行動する配慮次第で結果は変わります 物理的な書類の受け取り場所を変えられるなら、自宅以外に変更を行えば安心出来るので、とりあえず当面は発覚のリスクを持たずに済みます。 保管は必要最低限に留める為に、不要な物は処分を済ませ、管理場所には鍵が付けられれば理想的ですが、少なくても使い勝手は損ねない工夫が価値を維持する方法ですから、家族に内緒でも快適に使える方が便利です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る