みずほ銀行カードローンは千円単位の少額借入には不向き?

みずほ銀行カードローンは千円単位でも借入ができる?

銀行のカードローンで融資を受けようとするとその多くが1万円以上からというところがほとんどです。
ただし、キャッシングをしたいと考える方の希望の中には、もっと少額の千円単位で借入したいと考える方も多いものです。
千円単位で借入可能であれば、返済額にかかってくる利息分に関してもあまり負担にならない額の為、安心です。
また冒頭でもお伝えしたとおり、銀行カードローンでは一万円超からの借入が多い中、みずほ銀行では千円単位での借入が可能となっているのです。

 

 

千円単位でみずほ銀行カードローンを利用できるATM

みずほ銀行のカードローンを利用すれば、飲み会のお金や冠婚葬祭といった緊急だけど誰かに借りにくい金額を借りられるから便利です。

 

そこで、実際に1万円未満、つまり千円単位で借入が出来るATMについてご紹介します。
みずほ銀行のATMは公式サイトを見ると全国で約1,500か所もあります。

 

お近くのATMは公式ホームページのATM・店舗検索からかんたんにマップでご利用できますので利用してみて下さい。
一部千円単位の借入に対応していないATMもありますので事前に確認することをおすすめします。

 

→公式サイトからATM・店舗を探す

 

お引き出しに利用するキャッシュカードは大きく分けて2種類あります。
いずれも最低金額1,000円からの借入は可能ですが、最大限度額に違いがあります。
ちなみに最大限度額はカードの種類にもよりますが200万円まで変更が可能なため、様々なニーズに対応してくれるカードローンであると言えるでしょう。

  • 生体認証対応のICキャッシュカード

    ICキャッシュカードに対応しているATMであれば100万円まで借入が可能。

  • 通常の磁気ストライプカード

    50万円まで借入が可能。

 

みずほ銀行カードローンのATM手数料

次にみずほ銀行カードローンのATM手数料についてチェックしていきましょう。
カードローンを契約して借入をするときも、借り入れ手続き後、金利を含め返済を行う際もATM手数料は無料です。

 

ただしこれにはいくつか注意点がありますのでご紹介しておきます。

  • 利用する時間帯やATMによって手数料が発生する

    みずほ銀行のATMを利用した場合:平日(月~金)8時45分~18時の間は手数料が発生しません。それ以外は1万円以下で108円、1万円を超えると216円かかる。

     

    ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートといった提携金融機関のATMを利用した場合:時間帯に関係なく1万円以下で108円、1万円を超えると216円かかる。

     

    微々たる額ですが、借入額が数千円の場合は無視できない金額となるでしょう。
    ちなみに利用できるコンビニはイーネットマークを掲示しているところであれば間違いありませんので、覚えておいてください。

  •  

  • 返済方法によって手数料が発生する

    借入残高を早く減らしたいがために、まとまったお金が手に入った際に任意返済を行うと、借入も返済も手数料が発生する。
    借入金利と支払い時に発生する手数料の合計をご自身でシミュレーションしてお得な方法を選ぶのがベストでしょう。

 

→返済シミュレーションで自分に合った返済方法を探す

 

みずほ銀行カードローン千円未満の小銭の利用は難しい??

みずほ銀行カードローンの特徴として千円未満の小銭を返済時に利用できるという点があげられます。
返済方法に口座振替を選択している方は、自動的に毎月の返済日に引き落としがされます。
その為、前日の午前中までには口座残を確認しておけば問題ありません。

 

みずほ銀行カードローンは口座振替が基本ですが、提携ATMからの返済も可能です。
ただしこの場合は任意返済に当たるため、提携ATMから支払ったとしても毎月10日の引き落としはなされます。
ここで口座に残がないと延滞扱いとなる旨はご留意ください。

 

また、ATMからの返済を行う場合、返済を行う時間帯に気を付けましょう。
ATMには24時間利用できるという便利さはありますが、平日であっても銀行の営業時間外15時以降、土日祝日など銀行業務がお休みの場合は、返済が翌営業日扱いとなるため要注意です。

ATMにて返済を行う場合に、硬貨を利用できる機械がありますが、全てのATMが対応しているわけではないため、事前に確認は必要です。

 

千円以下も借入できる?

残念ながら千円単位が最小単位であり、千円以下の何百円という額での借入は行っていません。
よって、借入額が千円以上であっても千円未満の端数を含む額の借入も難しいのが現状です。
つまり、みずほ銀行では小銭及び小銭を含む借入はできないということになります。

 

みずほ銀行カードローンは自動引落だから千円未満の端数の返済も可能!

カードローンのご利用がはじめての方は意識していないかもしれませんが、借入単位は千円単位からであっても利息が付いてくる為、最終支払額には1円単位のお金が発生します。

 

最終支払い後に残る端数は利息が付いてくるものではないため、残しおいても問題はありません。
しかし、カードローンも借金の一種であることには間違いない為、きっちりと支払いを済ませておきたいと思うものです。
そこで最終的に完済する際は、どうにかして1円単位までの支払いをする必要があります。

 

振込を行うことで支払いをする方もおられますが、その場合は手数料が発生してきます。一方、みずほ銀行カードローンの場合は非常に安心です。

 

自動引き落としがメインの返済方法をとっているため、口座に残さえあれば、きっちりと完済ができるのです。
また前述したとおり、一部のATMでは硬貨利用が可能であることから、任意返済にはなりますがATM返済も可能です。

 

ただし、硬貨を扱えるATMがお近くにない場合や、調べる手間を考えると自動引き落としにしておき、引き落とし額に余裕を持たせた口座残確保に努める方が賢明でしょう。

 

ちなみに消費者金融系のカードローンは完済しづらいというデメリットがあり、それは消費者金融側が手間をかけたくないという意図と、完済されることで利息と言う名の収入源を失いたくないという考えがあるようです。

 

みずほ銀行カードローンの金利・返済額は少額での利用に向いている?

ご紹介してきた通り、みずほ銀行は大手銀行であるという安心感もさることながら、少額の借入ができるというのも大きなメリットでしょう。

 

お金を借りるということ自体が多少なりともストレスを伴うものです。
そこで、できるだけ少額ですぐに返済を行いたいと思う方も多いでしょう。
そういった意味からも、千円単位から借り入れが出来、返済額にかかってくる最低金利2%と言う数値は良心的であり安心感があるものです。

 

 

みずほMyWingも少額からの借入に対応!

続いてご紹介したいのが、女性に嬉しい女性専用の「みずほMyWing」というお得なサービスです。
「みずほMyWing」には2種類のローンが存在します。
いずれもインターネットを利用し、パソコンやお手持ちのスマホからもしくは店頭にて申し込みが出来ます。

 

  1. 1.わたし応援ローン

    資格取得など将来的な自分への投資をする場合にサポートしてくれるものです。

  2.  

  3. 2.わたし応援住宅ローン

    マイホーム取得をサポートしてくれるものです。

 

さらにお金に何かとシビアになりがちにも関わらず、将来的な返済に関するシミュレーションが苦手な女性にうれしいサポート機能もついています。
それが借入前の返済シミュレーションです。
これを事前に行うことで、ご自身の収入状況に応じた返済プランをイメージすることができることから、安心して夢に向かうことが可能です。

 

ご利用残高に応じてですが、プレゼントが抽選であたる「ココロきらめくプレゼント」にも応募無しで参加できます。

 

さらにそこまで大きなお金が必要でないという女性には千円単位から借り入れができるというのも大きなメリットとなっています。
お借入の金利も10万円~100万円未満だと年14%と、消費者金融の平均的な金利18%に比べて低い設定となっています。

 

→みずほMyWingについて詳しく知る

 

みずほ銀行カードローンを千円単位の少額で借入するポイント

では最後に、みずほ銀行カードローンのご利用を検討しているあなたに、千円単位の少額で借入するポイントについて以下にまとめてご紹介します。

  • 千円単位での借入、返済にも手数料は基本的に不要(自動引き落としのみ)
  • みずほ銀行ATM利用の借入・返済は銀行営業時間内に限りは手数料無料
  • 提携ATM利用の借入・返済は、時間に関係なく手数料が発生
  • ATMを利用しての返済は、営業時間外に行うと翌営業日扱いとなる
  • 自動引き落としての返済は千円未満の端数も完済可能
  • 女性特有の「みずほMyWing」も千円単位での借入が可能

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る