女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

ノンバンクなら融資可能?ノンバンクの意味とメリット・デメリット

ノンバンクとは何?その意味は?

ノンバンクとは、「銀行ではない」という事を指します。
簡単に言うと、預金を扱わないで、貸金業務などの金融サービスを行う銀行以外の金融機関をノンバンクと呼びます。

 

ノンバンクの種類

ノンバンクに属する金融機関の代表的な機関は、

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード
  • 事業者金融会社
  • 不動産金融専門会社
  • リース会社

 

となります。

 

ノンバンクの中でも、主に消費者に向けてサービスを行う金融機関と、法人などの事業者に向けてサービスを行う金融機関に分かれます。
一般の消費者がノンバンクからお金を借りようと考えた場合には、消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシング枠を利用することになります。
消費者金融大手のアイフルプロミスは、消費者への融資業務が専門なので融資までがとても早く、審査や返済のシミュレーションツールも充実しています。
すぐにお金を借りたい方・初めてで審査や返済に不安がある方には、おすすめと言えます。

 

消費者金融でお金を借りることのメリット・デメリットについてはこちらを参考にしてください。

消費者金融カードローンのメリットとは

 

消費者向けのノンバンク

ノンバンクに分類される消費者金融会社の主な業務

ノンバンクと呼ばれている金融会社である消費者金融は主に消費者へ融資を行い融資をする事で発生する金利を利益として収入を得ています。
代表的な消費者金融では、

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アコム

などが有名です。
一般的にカードローン、フリーキャッシングと呼ばれているもっともポピュラーな商品です。

 

ノンバンクに分類される信販会社の主な業務

ノンバンクと呼ばれている金融会社である信販会社は主に商品購入における費用の分割払い等を行う事で発生する金利を利益として収入を得ています。

 

代表的な信販会社では

  • 三菱UFJニコス
  • ジャックス
  • セディナ
  • オリコ
  • アプラス

などが有名です。
消費者金融と同じく、貸金業法が適応されていますが中には銀行カードローンのような低金利をメリットとしているものもあります。
三井住友カード ゴールドローンは、金利が年3.5%~9.8%と低金利で、返済実績に応じて翌年以降の利率を0.3%ずつ引下げてくれるので長期で利用する方にもとてもおすすめです。(最大1.2%まで)

 

ノンバンクに分類されるクレジットカード会社の主な業務

ノンバンクと呼ばれているクレジットカード会社は主に商品後払いサービスを行う事で発生する金利を利益として収入を得ています。

 

代表的なクレジットカード会社では
 ・三菱UFJニコスのマスターカード
 ・三井住友VISAカード
などが有名です。

 

クレジットカードには、ショッピング枠とは別にキャッシング枠がついている場合があります。
クレジットカードの発行の審査とは別で、キャッシングの審査に通過することでクレジットカードでも融資を受けることができます。
審査は、クレジットカードの審査よりも厳しい傾向にあるとされているようです。
ショッピング枠での買い物は支払が終わるまでは購入した商品が担保となっていますが、キャッシング枠での融資は無担保であることがその一因であると言われています。

 

ノンバンクのメリットとデメリット(個人向けローン)

ノンバンクのメリット(個人向けローン)

ノンバンクから個人ローンとして借入れする場合のメリットは次の様な点です。

  • 審査が早く、融資までのスピードが早い
  • いつでもどこでも24時間申込が可能
  • 即日融資に対応している

といった点でしょう。

 

事業資金ローンの場合と同様、審査・融資スピードは銀行と比較し、格段に早いと言えるでしょう。最近では、インターネットの普及に伴い24時間いつでも申請が可能になっており、いつでも気軽に申請出来るという点でも、メリットがあります。また、特に大手の消費者金融では、即日に融資対応を可能としており、直ぐに融資を受けたい人には打ってつけの金融商品となっています。

 

ノンバンクのデメリット(個人向けローン)

では、ノンバンクから個人ローンを利用して借入れする場合のデメリットは何でしょうか。

  • 銀行と比較し、年率3~4%金利が高くなる
  • 総量規制の対象となるため、融資限度額は年収の1/3まで
  • 残高スライド方式による返済のため、元金が減りにくい

 

申請の手軽さ、融資までのスピードがノンバンクの個人ローンは、そのサービスの反面金利は銀行より高くなる傾向があります。また、ノンバンクからの借入は、貸金業法に基づく融資を受ける事になりますので、その融資限度額は年収の1/3までと法律で定められています。それ以上の借入は出来ません。ノンバンクから融資を受ける場合、返済は残高スライド方式という手段で行なわれる事がほとんどです。この返済方法は、借入残高により返済利息が増減します。借入金額に対して、月々の返済金額が低く抑えられますが、元金に充当される費用も少なく、完済までに時間を要してしまうという点がデメリットと言えるでしょう。
返済に関して言えば、消費者金融のホームページには返済シミュレーションがあることが多いので、それを使ってしっかりと返済計画を立てることが重要になります。
大手消費者金融では、アイフルなどで返済シミュレーションを行うことができます。

 

ノンバンクからの借入のコツ

ノンバンクへ個人ローンとして借入申請を行うにあたり、特に知っておいて欲しい事は次の通りです。

  • 持参のクレジットカードに遅延・滞納がないか
  • 審査に落ちたからと言って、むやみやたらに申請をする事は避けること
  • 虚偽の申請は絶対にしないこと

 

個人ローンを申請する上で、必ず審査に通らない条件があります。
それが金融事故を起こしている人(ブラックリストに載っている人)と、申込ブラックの人です。ブラックリストに載っている人は、過去にクレジットカード等で返済遅延を繰り返していたり、3ヶ月以上の滞納をしてしまっている人は該当する可能性があります。
また、1ヶ月に3社以上の金融業者に申込み融資不可の結果が出ている人は、申込ブラックと言われています。
この様な人は、どの金融業者に申請しても審査に通る可能性はありません。そして、審査では虚偽の申請はしない事。あなたの与信状況は、信用情報機関を通じて、すべてお見通しです。
あなたが虚偽申請をした場合は、その信用を失い、審査に通る事が難しくなってしまいます。
審査が心配な場合には、まずは「事前診断」で借入可能かどうかの目安を知ることが重要です。
→あなたは大丈夫?事前診断で審査シミュレーション!

 

ノンバンクについてのQ&A

ノンバンクでお金を借りたい人が特に疑問に思う事について、お答えします。

保証人が必要なのでは?

ノンバンクでは保証人は必要ありません。ノンバンクの場合は、信用貸付と言って、消費者の与信状況を信用し、貸付を行います。そのため、保証人を立てる必要はありません。

 

利用明細などが家に届くのが心配

ノンバンクでお金を借り入れた場合に、利用明細などが自宅に届く事はありません。希望すれば別ですが、それ以外で自宅に郵便物が届くという事もありません。但し、振込融資を受けた場合は、その振込証明として明細が送付されてきますので、注意が必要です。

 

ノンバンクってサラ金という怖いイメージがあるのですが

消費者金融がサラ金というイメージを持っている人は少なくありません。実は、2006年の貸金業法の改定前までは、ノンバンクと呼ばれる消費者金融は、実に高い金利を設定し、消費者へ融資をしていました。しかし、法が改定された現在では、誰でも利用し易い便利な金融業者となっています。

 

ノンバンクの融資の種類

ノンバンクで融資を受ける方法には、主に事業資金で融資を受ける場合個人向けローンとして融資を受ける場合の2つの種類があります。基本的に事業融資として借入をする場合は、その借入資金は会社の財務諸表などに反映する必要等が発生し、課税対象にもなります。消費者金融の個人向けフリーローン等はその様な使い方を禁止している場合が多いです。
但し、事業資金ローンとしてのローン商品を用意している事も多くあり、大手消費者金融のアコム、アイフル、プロミスなどは事業資金ローンの商品を展開しています。

 

事業者向けのノンバンク

ノンバンクに分類される事業者金融会社の主な業務

ノンバンクと呼ばれている金融会社の一つに事業者金融会社というものがあります。
これは、個人商店や中小企業の経営者に短期間で比較的高い金利で事業融資を行う業者です。

 

これらの代表的な会社には

  • ビジネクスト
  • ビジネスパートナー
  • オリックス銀行株式会社

などが有名です。

 

ノンバンクに分類されるリース会社の主な業務

消耗品等といった部品代を、消費者に立て替わって支払いし、消費者にはリースという形で貸出を行う業者をリース会社と呼びます。
このリース会社もノンバンクに属する業種となります。
リース会社にはファイナンスリースとオペレーティングリースという形があります。
ファイナンスリースは消費者の代わりにお金を借り、消費者へ車や家を貸し与えるという形となります。
オペレーティングリースとは、賃貸借として消費者に貸出を行い、途中解約も可能といった形となります。

 

代表的な会社には

  • 三井住友ファイナンス
  • トヨタファイナンス
  • 住信松下フィナンシャルサービス

などが有名です。

 

ノンバンクに分類される不動産金融専門会社の主な業務

不動産金融専門会社とは、個人向けの住宅ローンを専門に扱っている金融会社です。
住宅ローンを専門に扱っている主な金融会社は

  • 住宅ローンサービス
  • 日本ハウジングローン
  • 第一住宅金融

などが有名です。

 

ノンバンクのメリットとデメリット(事業向けローン)

ノンバンクのメリット(事業資金ローン)

ノンバンクで事業資金ローンを借入れするメリットは次の様な点になります。

  • 銀行と比較し、審査が早く、融資をすぐに受けられる
  • ・ンバンクで事業融資を借り入れる場合は、総量規制対象外となる

大きくはこの2点がメリットと言えるでしょう。ノンバンクは融資をする事を主な業務としていますので、銀行より審査スピードは格段に早く、また融資までの時間も早ければ即日融資といった対応を行っています。消費者第一の考え方です。
また、フリーローンで規定されている総量規制も、事業資金ローンでは対象外になります。事業拡張や運営資金のために、素早く、短期間で融資を受けたい方はノンバンクでの借入をお勧めします。

 

ノンバンクのデメリット(事業資金ローン)

反面、ノンバンクで事業資金ローンを借入れした場合のデメリットは次の様な点になります。
・銀行と比べ、利息が高い
・限度融資額が低い
やはり、銀行と比較すればノンバンクは、その利息が高くなってしまいます。
大口の資金融資を希望する場合は、この利息が大きいため返済が厳しくなるという事態にならないよう、注意が必要です。また、ノンバンクでの借入は、銀行と比べ限度額が低いという点でもデメリットでしょう。多くの場合、300万円程度の上限金額を設けています。

 

ノンバンクから借りてみた!体験談

ノンバンク|消費者金融からの体験談

会社員 男性 35歳
私が消費者金融から借入をしたのは、兼ねてから行きたかった海外旅行に行くためでした。旅行をするための時間や金がなかなか確保できなかった私は、思い切って消費者金融から50万円程お金を借りて、海外で思いっきり遊びたかったのです。私の場合は、最大手のアコムに申込みしました。インターネットから申請、Web契約を行いました。手続きは早く、審査結果はその日のうちにあり、融資も即日で振込みがありました。おかげで、楽しい旅行が出来ました。今は計画的に返済しています。返済が終われば、また旅行でもしようと思います。

 

アルバイト 男性 22歳
私は現在、アルバイトで生計を立てています。ある時、生活に困った私はどこかに融資してもらえないか色々と調べました。そしたら、プロミスではアルバイトでも融資してもらえるという事をインターネットで見ました。安定した収入という程、月々の収入は定まっていませんでしたが、ダメ元で申請。その結果、上限20万円までで融資を受ける事が出来ました。ありがとうございました。

 

ノンバンク|事業者の融資体験談

自営業 男性 42歳
私は自営業を営む42歳の者です。自社の事業拡大のため、事務所を新たに増築したいと考えた私は、銀行に融資の申請を申し込みました。しかし、審査に通過する事が出来ず、融資を受ける事が出来ませんでした。しかし、どうしても諦めたくなかった私は、ノンバンクであるビジネクストに再度融資申請をしてみました。その結果、見事融資可となりました。300万円の融資を受け、念願の事務所増築が実現しました。これから一層努力し、事業を盛り上げていきたいと思っています。

 

ノンバンクについてまとめ

如何でしたでしょうか?
ノンバンクは、審査が早く、融資も早いという点から消費者にとっては、非常に利便性の高い金融業者です。
どこでも身近に融資を受けられ、返済も出来るという点から、今後とも更に需要が高まるでしょう。
しかし、金利も高いので借入をする時は十分に返済計画を立て無理のない範囲で賢く利用する事が、ノンバンクを上手に利用する秘訣です。

 

ノンバンクのカードローンのメリットとは

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る