今すぐお金が必要!今日中に身分証だけでお金を借りられる?

すぐにでもお金が必要!そんな時は、カードキャッシングを検討してみましょう!
消費者金融のカードローンは審査がスピーディで、少額であれば身分証だけで手続きをすることも可能です。
免許証だけで借りれるカードローンなんて本当にあるのと思うかもしれませんが、大手消費者のプロミスは希望額が50万円以下であれば、原則収入証明書不要で申し込めます!
口座への振込での融資であればWeb申込で最短1時間で融資を受けることができます。もし、銀行の営業時間を過ぎて今日中の振込が難しい場合でも、自動契約機でカードの発行ができるので安心です!
ただ、どちらの方法でも深夜などは対応時間外となるので早めに手続きをするのが良いでしょう。

→プロミスのWeb申し込みはこちら

 

【至急】今すぐお金が必要!審査なしですぐお金を手に入れる方法

様々な事情があって、貯金も財布にお金もないけれど、「どうしても今すぐお金が必要」という時もあるでしょう。

家族・知人から借りる

そんなとき、一般的に真っ先に頭に浮かぶことは「誰かに借りられないか?」ということのようです。
家族や親戚であれば、頭を下げてお願いすれば、最初の1回は貸してもらえるでしょう。ただ、実際には身近な家族には知られたら困る事情があって、仲の良い学生時代からの友達や職場の友人・知人に借りる人が多いです。
その場合は、身内のように簡単には貸してもらえず、怪訝に思われたり、不信感を抱かれてしまうこともあります。お金の貸し借りが原因で、長年続いた友人関係が切れてしまうこともあります。

家族、知人から借りるメリット・デメリット

メリット
比較的気軽に頼め、担保や書類を求められる事が少ない
デメリット
人間関係にヒビが入る危険性がある

 

頼まれた方も断りずらく、仕方なしに貸したはいいものの、なかなか返してくれないと不安が募ってきます。我慢の限界が来ると、突然、「すぐにお金返して、今すぐ返してもらわないと困る」などと言われてしまうケースが多いのです。家族の場合も同様で、借りた方にしてみれば「必要に迫られて頭を下げて借りたのに、すぐに返せるわけがないじゃないか」と思うものですが、貸した方は日に日に、「もしかしたら踏み倒されるんじゃないか」と不安と焦りが募るものなのです。
このように、家族や友人・知人からお金を借りる方法は手っ取り早いのですが、大切な信頼関係にヒビが入る可能性があります。頭を下げてお礼を言って、気を遣って食事をご馳走するなどした挙句、気が変わられてすぐに返してと請求をされ、何の意味もなかったというケースも多いのです。

 

リサイクルショップを利用する

その他の金策として、ブランドウォッチや貴金属・アクセサリーなどをリサイクルショップに買取りしてもらうという方法があります。女性は特に、昔の恋人からもらったお宝が家に眠っていることもあるでしょう。これなら、誰にも迷惑はかけません。金やプラチナは値上がりしていることもあるため、結婚指輪などを売却すると予想以上の現金が手に入ることもあります。ただ、至急お金が必要という足元を見られて買い叩かれてしまって、後悔するケースの方が多いかもしれません。必要な金額には足りないので解決には至らず、数千円など少額だけが手元に残っても外食等ですぐに消えてしまい、かけがえのない思い出の品を失ってしまった喪失感に駆られることも少なくありません。

リサイクルショップを利用するメリット・デメリット

メリット
不要品でもお金に変えることができる
貴金属は高額な売値がつくケースもあり
デメリット
何を売るかによって用意できる金額がバラバラ
買値よりも売値が下がるケースがほとんど
お店に持ち込む手間がかかる

 

質屋を利用する

物を手放さずに現金を借りる方法には、質(しち)屋による貸付けもあります。質屋とは、相応の価値ある物を担保として預かることで融資をするという事業を行う事業者または店舗のことをいいます。「お金を借りられて、返済すれば預けていた物も返してもらえるなんて、質屋さんにメリットはあるの?」と単純に疑問に思う人もいるでしょう。質屋さんは質入れをした人から、毎月利息の支払いも受けられるので、それで利益を十分確保しているのです。万が一返済が3ヶ月間滞った場合は、値打のある質草(しちぐさ・担保物)を自分のものとすることができるため、貸し倒れのリスクもありません。むしろ、心配すべきは質屋さんではなく質屋を利用してお金を借りる利用者のことです。質屋でお金を借りた場合は、適用される法律が「質屋営業法」になります。上限金利はなんと、年109.5%という超高金利です。良心的な大手の質屋さんであっても、年利40%程度は請求するようです。貸金業法が改正されて、キャッシングによる利息の上限金利が15%~20%となっていることを考えると、質屋での借入はかなりの金利が発生することがわかります。

質屋を利用するメリット・デメリット

メリット
物を担保にお金を借りることができる
デメリット
適用される金利が高い
利用したことがないと相場が分かりにくい

 

キャッシングなら今すぐお金が必要なときもOK?

質屋よりもずっと低金利で借りられるカードローンは、申込んだその日のうちに融資を受けられます。カードローンには、主に銀行カードローンと消費者金融のキャッシングがありますが、大手消費者金融であれば申込みからお金を受け取るまで最短1時間程度で可能です。審査に時間がかかるイメージのある銀行カードローンでも、最近は個人融資に力を入れているため、審査がスピードアップされています。メガバンクであっても、申込みから現金融資まで最速1時間程度のところもあります。アルバイトでも安定した収入があれば審査に問題はありませんし、無職の専業主婦でも配偶者に収入があれば自分名義で家族にバレずに借りられる銀行カードローンが用意されています。毎月の法定利息を支払うことで誰に気兼ねすることもなく、早急に必要なお金を借りることができます。

今すぐお金を借りるための借入先選びのコツ

キャッシングで今すぐお金を借りたい!というときは、最短時間で申込みから現金受取りまで完了できる借入先を選ぶことが重要です。キャッシングの申込手続きをしてから当日中に現金が入手できないとなると、時間と労力のロスになります。

 

確実にその日中、しかもなるべく早くお金を借りられる所を選ぶコツは、次の2点の確認をすることです。
①審査が早いこと
②運転免許証や保険証など、身分証だけで申込みができること

 

今すぐにお金が必要なら、審査時間が重要

審査が早い金融機関は、公式ホームページに最短審査時間が記載されていることが多いです。大手消費者金融や審査スピードが早い銀行カードローンでは、「30分」が最も早い審査時間の目安になります。セブン銀行カードローンなど、最短10分と宣伝しているところもありますが、その場合は最大融資金額も低い傾向があります。セブン銀行カードローンでは、初回限度額は10万円になることが多いです。また、融資を受けるためには口座開設が必要なため、セブン銀行の預金口座を既に持っていて少額のみ借りたいという人以外は、当日お金を受け取ることができないため不向きです。
来店不要・郵送物なし、と宣伝されているカードローンも、たいてい審査が早いです。郵送でのカード受取が必要な金融機関では、申込んだ当日中に融資を受けることはできません。カード受取が全国に多数設置されている無人契約機で可能なところや、振込みでの融資が可能なカードローン会社を選ぶと間違いありません。

今すぐにお金が必要なら、必要書類が重要

一定の限度額(お金を借りられる金額の枠)以内なら収入証明書が不要で、運転免許証などの身分証明書だけで申込みができることも重要なチェックポイントです。お金を借り過ぎて苦しくなってしまう人をなくすため、平成18年に貸金業法が改正され、総量規制という新たな制度が設けられました。原則として、年収の3分の1以上の金額を消費者金融から借りることはできなくなりました(住宅・自動車ローンや銀行借入は除外されます)。そのため、一定の金額以上の限度額を希望する場合には、提出書類として収入証明書を求められることがあります。源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書は、身分証明書とちがって手元に用意してあることが少ないでしょう。奥さんが管理しているようなケースでは、家族に借金がバレるきっかけになることもあります。そのため、収入証明書が不要で、身分証だけで借りられる金融機関を選ぶ方が、早く確実に借りることができるのです。
改正貸金業法の規定によって、消費者金融からの初回借入には収入証明書の提出が義務付けられていますが、金額が少ない場合には不要となります。希望する利用限度額が50万円を超えず、かつ、他の消費者金融などからの借入額の合計が100万円を超えない場合には、収入証明書の提出は不要とされています。ただし、消費者金融によっては金額に関わらず収入証明書の提出を求めるところもあるため、事前確認が必要です。銀行の場合は、収入証明書の提出について法的な規制はありません。とはいえ、希望限度額が高額のときは、自主的に収入証明書の提出を求める銀行も多いです。100万円を超えない限度額の場合は、ほとんどの銀行で身分証だけで借りることができます。

今すぐお金が必要!カードローンで即日融資を受ける手順

 

審査が早い消費者金融のカードローンサービスがおすすめ

本日中にお金が必要!というニーズに最もバランス良くスピーディーに応えてくれるのは、消費者金融のカードローンです。
キャッシングサービスの中でも、総合的にみて最も審査対応が早いのが消費者金融です。個人への少額融資を長年専業にしてきたため、蓄積されたデータによる独自の審査システムで最適な限度額の算出をすばやく行います。全ての手続きが迅速に進みますので、まだかまだかと、何時間もやきもきせずに済みます。
大手消費者金融の多くは、一定期間利息が無料になるという、利用者にうれしいサービスを提供しています。今すぐお金が借りられて、30日程度で返せば利息が不要で借りた金額のみでいいので、急場をしのぐにはありがたいサービスです。転職したばかりで収入が低かったり、パートスタッフを始めたばかりで審査に不安がある人でも、消費者金融ではスピーディーに融資を受けられた、というクチコミや体験談も多いです。

 

今すぐお金が必要なときにおすすめの消費者金融

プロミス

消費者金融業界大手「プロミス」の最短即日融資の内容

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
最短審査時間 30分
最短融資時間 約60分(Web完結の場合)
必要書類 ①「運転免許証」、「健康保険証」+「1点(例:住民票)」、「パスポートなどの本人確認書類1点」

②希望する借入額が50万円を超える場合または希望する借入額と他社からの利用残高の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類(最新の源泉徴収票や確定申告書など)が必要

即日融資の条件 振込融資:平日14時までに契約、振込依頼を完了する

ローンカード:21時までに契約完了すれば22時まで自動契約機での現金受取りが可能※自動契約機の営業時間は設置場所によって異なります

プロミスについて詳しくはこちら

 

SMBCモビット

SMBCグループ「SMBCモビット」の最短即日融資の内容

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
最短審査時間 30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
最短30分で審査を完了するためには、ネットからの申込後、フリーコールへ電話して急いでいる旨を伝える必要があります。
最短融資時間 即日融資

※電話連絡をしない場合は通常2~3時間程度、朝9時に申込手続きをすれば通常午前中には融資を受けられる可能性が高いです。

必要書類 ①運転免許証・健康保険証などの本人確認書類のコピー

②源泉徴収票のコピーや確定申告書の控えなどの収入証明書類

即日融資の条件 21時までに契約を完了して自動契約機でカードを受け取れば、その後はいつでもATMから現金融資を受けれます。原則24時間最短3分で振込可能。

SMBCモビットに電話確認をしたところ、通常の審査時間は1~2時間は最短でかかるとのことでした。ただ、審査に落ちる場合は10分程度で連絡をすることも多く、審査に通った場合には限度額の設定などで時間を要するようです。急ぎの場合はネット申込の後、フリーコールに電話をすると確実にスピードアップしてもらえます。

SMBCモビットについて詳しくはこちら

 

アイフル

大手消費者金融「アイフル」の最短即日融資の内容

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
最短審査時間 最短30分

※融資を急いでいるときは、パソコン・スマートフォン・ケータイで申込後、フリーコールに電話をすると、優先して審査をしてくれます。

最短融資時間 1時間程度

※電話で急ぎの旨を告げた場合

必要書類 ①運転免許証、各種保険証など本人確認書類

②利用限度額が50万円を超える場合または他社を含めた借入総額が100万円を超えるときは、収入証明書が必要

即日融資の条件 21時までに契約を完了させて、22時までに自動契約機でカードを受け取れば、ATMからいつでも現金融資を受けることが出来ます。※自動契約機の営業時間は設置場所によって異なります。

アイフルについて詳しくはこちら

 

審査が早くて即日融資も可能な銀行カードローン

金利が低い銀行カードローンによる融資は、一般的に消費者金融よりも審査に時間がかかる傾向があります。

 

ただ、意外に思われるかもしれませんが、消費者金融と同等の審査スピードの銀行カードローンも増えています。
例えば、銀行系の大手消費者金融を傘下に持つ三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」の審査はアコムがそれぞれ実質対応しています。
このため、最も審査の早い大手消費者金融と同等のスピード融資が可能なのです。

 

その銀行の普通預金口座の開設が不要な銀行カードローンを選ぶこともポイントです。
審査スピードが早く、口座開設不要の銀行カードローンであれば、最速融資の消費者金融と同じスピードで低金利の銀行融資を受けることが可能です。

 

低金利(年2.5%~13.8%)と高限度額(800万円)、早い審査で定評があるソニー銀行のカードローンは手続きがWeb完結できて便利ですが、即日融資を受けるためにはソニー銀行の口座が必要です。
もし翌日まで待てるのであれば、最短翌日に初回のみ振込サービスが利用できます。
その後は5~7日程度で本人限定受取郵便で届くカードを用いてATMで借入をしたり、パソコンやスマホのサービスサイトからソニー銀行の普通預金口座に振込キャッシングをすることができます。

 

最短で融資を受けるにはネット振込が早い

いつでも必要なときに最短時間でお金を借りられる方法が、ネット振込のキャッシングサービスです。銀行の営業時間内に契約を完了して振込依頼をすれば、すぐに指定の口座に振込をしてくれます。パソコン・ケータイ・スマートフォンなどから、銀行の営業時間にかかわらず休日・深夜でも24時間、口座へ振込キャッシングしてくれる大変便利なサービスを提供している金融機関もあります。
自宅や職場にいながらにして、自分の口座に必要なお金を補充できるので、習い事の月謝引き落としの入金忘れや旅行前の現金補充、アフターファイブの合コン前の資金調達にも役立ちます。

 

ネット振込融資に対応した金融会社
プロミス

プロミスには、手数料ゼロ最短10秒であらかじめ指定した口座へ振込キャッシングしてくれる、「瞬フリ」サービスがあります。瞬フリの利用の流れを説明します。
①会員サービスにログインします。※カード番号と暗証番号、もしくはWeb-IDとパスワードでログイン
②振込先口座を登録します。
③瞬フリボタンをクリック※会員サービスのキャッシングメニューに「瞬フリ」ボタンがあります。
④借入金額を入力
⑤最短10秒で振込完了!
振込先が三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座の場合は、休日夜間でも24時間最短10秒で融資を受けられます。その他の銀行への即日振込みの場合は、平日14時50分までに申し込みを完了させる必要があります。14時50分以降に申込をしたときは、翌営業日の朝9時半頃に振り込まれます。

→プロミスのWeb申し込みはこちら

 

SMBCモビット

SMBCグループのSMBCモビットにも、ATMまで出向かなくても指定の金融機関口座に振り込み融資をしてくれるサービスがあります。原則24時間最短3分で振込可能です。
即日振込融資を受けるための流れを説明します。
まず、審査通過後の契約においてあらかじめ銀行口座を登録します。
その後、SMBCモビットの会員専用サービスMyモビからログインをして、振込キャッシングを選択します。カード番号、暗証番号、希望の金額を入力して送信するだけで、平日9時~14時50分の間は最短3分で自分の口座に必要なお金が振込まれます。
ネットキャッシングの振込手数料は無料ですが、ATMを利用すると1万円以下の金額に対して108円、1万円超では216円の手数料が発生します(この手数料の支払いは次回の返済時)。
つまり、SMBCモビットは振込キャッシングを利用する方が手数料もかからず、お得にお金を借りられるのです。
Myモビは、インターネットから申込をした場合に利用が可能となります。電話やローン申込機での契約の場合は、別にMyモビの利用登録が必要です。

→SMBCモビットのWeb申し込みはこちら

 

土日・祝日だけど今すぐお金が必要!平日じゃなくてもすぐ借りられる?

平日に限らず土日祝日でも審査対応していて、即日融資が可能なカードローンは複数あります。大手消費者金融ではほとんど対応していますし、銀行カードローンでも一部対応しています。ただ、審査において職場の在籍確認が必要なカードローンがほとんどです。勤め先が休みだと在籍確認ができないために審査回答もできず、すぐの借入は難しいことがあります。
しかし、奥の手的な裏ワザもあります。休日出勤が自由にできる職場であれば、会社からネット申込をして、在籍確認の電話を自分で受けるという方法もあります。
また、電話連絡による在籍確認の代わりに、会社名入りの給与明細や会社の保険証などの書類提出で、在籍確認をしてくれるケースもありますが、必ずできるというわけではないので注意しましょう。
このように、在籍確認の電話連絡に対して希望がある場合はフリーコールを利用して、相談してみるのが良いでしょう。

 

今すぐお金が必要!借金を返済したい!

今すぐお金を借りたい!というときは、実はすでにある借金の返済のため・・・というケースがよくあります。
当月分の返済は何とかまかなえても、来月、再来月とまた返済日は迫ってきます。月々の支払いに追われていると、精神的にも相当なストレスになります。
自分の収入で支払いが困難なときは、返済のための新たな借り入れは基本的におすすめできません。その場しのぎの金策を繰り返すと残高がどんどん増えてしまい、借金地獄に陥る可能性があります。
複数社からの借入れにより毎月の返済が苦しいときは、金利の低い銀行カードローンでのおまとめをおすすめします。「既に借金があるのに、金利が低く審査の厳しい銀行で借り換えなんてできないのでは?」と不安に思うかもしれませんが、おまとめローンは複数社から借り入れがあっても責任を持って返済している人のためのローンです。低金利のおまとめローンで借金を一本化することで、毎月の返済金額が減少して利息分も減るため、負担が軽くなります。
毎月の返済日も複数あると、金額面だけでなく管理も大変です。うっかり返済が遅れてしまって、信用情報に傷がついてしまうと、低金利の銀行カードローンでおまとめをすることができなくなります。
複数社から借り入れがあって返済が苦しいときは、新規で借入をするのではなく、負担を軽減できる低金利のおまとめローンへの借換えが正しい対処法です。
借入件数が4社以上になると、おまとめローンの審査通過も厳しくなってくるので、返済がきちんとできていて借入件数が少ないうちに、低金利の銀行カードローンに借り換えて一本化することをおすすめします。

おまとめ、借り換えにおすすめのカードローン

 

信用情報に問題があるけどすぐにお金が必要

「ブラックリストに載っていると審査に通らない」ということを聞いたことがありませんか?実際にこのようなリストが存在するわけではありませんが、過去5年以内にカードローンやクレジットカードの返済を3ヶ月以上怠ったことがあったり、任意整理をしている場合、または過去10年以内に自己破産や個人再生など債務整理をしている場合には、その旨が個人信用情報に記載されています。これがいわゆるブラックと呼ばれる状態で、残念ながら銀行カードローンや大手消費者金融は申込んでも審査落ちの可能性が高いです。消費者金融や銀行カードローンの申込みをすると、審査において必ず、信用情報機関に保存されている申込者の信用情報の照会があります。過去一定期間以内の延滞履歴や債務整理などのいわゆる事故情報は、すべての信用情報機関において共有されます。つまり、カードローンの申込時に虚偽申請をしても、必ず審査段階でバレてしまうのです。

 

税金の滞納や過払い請求などは信用情報に記載されませんが、不安な人もいるでしょう。自分の信用情報がどのような状態にあるのかは、開示請求をすれば確認することができます。もし、信用情報にまだ過去の延滞や債務整理の記録が更新されず残っていれば、大手消費者金融や銀行カードローンなど低金利キャッシングはまず受けられません。特定の地域で小規模の融資事業を行っている、いわゆる街金では、過去に延滞等のトラブルがあっても、対面など慎重な審査を行った上で信用して貸してくれるところもあります。ただ、街金の中には闇金が潜んでいることもあるので、厳重な注意が必要です。

 

ブラックの場合は安易な借り入れによる金銭工面を考えず、他の方法で状況を改善する方法を見出す方が賢明です。これまでの生活における出費やライフスタイルを見直すことも大事です。外食が習慣になっていれば自炊に切り替えたり、お金のかかる趣味をお休みするとかなりの節約になります。テレビ通販などでどうしても買いたいモノがある!というときも、衝動買いをせず、本当に必要な物かどうか、1日置いて考えてみると冷静になれます。月1万円で楽しく節約生活できるというコラムや、雑誌の節約生活特集などを見ると、参考になることがたくさんあります。雑誌は新しく買うのではなく、図書館を利用すれば無料で読めますし、自宅の光熱費も節約できます。

 

自宅にある不用品をすべて売却すれば、まとまったお金になることもあります。今は個人でネットオークションが簡単にできますので、少額の手数料で気軽に利用できるヤフオクなども検討すると良いでしょう。がんばり次第で高収入を得られる可能性のある職業に、本気で挑戦するというのもおすすめです。不動産営業の求人募集は年中ありますし、努力と結果次第で早々に高収入を得る人もいます。収入をアップさせることが、一番の解決方法ともいえます。
お金が必要なのに借りられないという状況では、切羽詰まっているため詐欺などの被害に遭いやすいと注意を促す専門家もいます。入会金を支払ってくれたらあなたのスポンサーになるからすぐ50万円手に入るよ、少額投資で100万円以上儲かるなど、あり得ない話でも追い詰められているときは信じてしまうことがあります。人の弱みに付け込んでくる、詐欺の特徴的な手法に惑わされることのないよう、くれぐれも注意してください。

 

クレジットカードですぐにお金を手に入れる方法ある?

既にお持ちのクレジットカードにキャッシング機能がついていれば、ATMで現金融資を受けることができます。キャッシング機能はクレジットカードの申し込みによって自動的に付くものではなく、申込と審査を受ける必要があります。少額の現金が必要となったときのために、キャッシング機能を付けている人もいますが、金利は法定最高金利が適用されている場合がほとんどです。クレジットカードは、あくまでもショッピングなどの支払いがメインで、キャッシングはサブ的機能に過ぎません。クレジットカードのキャッシング限度額がカードローンよりも低いのも、このためです。
街で、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」などと書かれた看板を持って立っている人を見たことがありませんか?お金に困っているとき、過去に見た看板の内容を思い出し、ネット検索して業者に連絡を取ってしまう人が後を絶ちません。現金化の利用者は、業者に言われるがままにクレジットカードのショッピング枠で商品を購入して、その商品を業者に引き渡すことで、実際にカードで支払った金額よりも少ない金額を現金で受け取るようになっています。このビジネスの実態は、非常に問題視されています。クレジットカード会社は、このようなショッピング枠を現金化する行為を禁止しています。中には、クレジットカードでショッピングだけさせておいて現金を渡さなかったり、数十万円のショッピングをさせて数万円の現金のみを渡すような悪徳業者も存在します。利用者もグレーな行為であるという認識があるので、警察や行政に相談しにくいという面もあり、実態の見えない被害も多いといわれています。グレービジネスをする業者に個人情報も知られてしまうなど、リスクの多い行為ですので絶対にしてはいけません。

 

絶対今すぐ1万円が必要!10万円が必要!そんな時は?!

数万円でいいからお金を借りたい、そんな少額融資を希望している人もいるでしょう。
「金額も小さいから、利息も大して変わらないだろうし、どこで借りても同じだろう」と考えていませんか?

 

希望する融資額が少ないため、高額融資を希望する場合よりは審査のハードルは低くなると予想されます。
だからこそ、目的に合った条件の良いカードローンを選んだ方が絶対にお得です。
5万円以内でいいから借りたい、というときにイチオシのカードローンは、30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の新生銀行カードローン レイクです。
5万円を超えるようであれば、消費者金融はレイク以外にも初回融資30日間無料のサービスを行っているところが多いので、そうした無利息期間を活用することをおすすめします。
消費者金融は銀行カードローンと比べて金利は若干高くなるものの、少額融資の場合は銀行カードローンでも自社規定の最高金利が適用されることが多いのです。
銀行カードローンはある程度まとまった金額を長期間借りる際には安心ですが、利便性の面では消費者金融の方が優れている面が多々あります。
インターネット申込で融資まで最短1時間程度のところが多く、銀行のように口座開設について気にする必要がありません。
借入や返済方法も豊富なので、利用し始めてからも便利さを実感できるでしょう。

 

今すぐお金が必要!今日中に身分証だけでお金を借りるには

今日中にどうしてもお金が必要というときは、申込から融資までのスピードが早くて安心なカードローンがおすすめです。
有名どころの大手消費者金融なら、Web申込から最速1時間程度で必要なお金を入手でき、無利息期間もあるプロミスがおすすめです。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

審査が不安な人は、審査結果の目安を教えてくれるネット診断をまずは受けてみると良いでしょう。

→プロミスのWeb申し込みはこちら

 

30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の新生銀行カードローン レイクもおすすめです!
審査時間も早く、即日での借り入れも可能ですが、振込での融資は初回のみ可能なので、カードレスで融資を受けたい方はプロミスが良いでしょう。

→新生銀行カードローン レイクのWeb申し込みはこちら

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る