女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

銀行カードローンをおすすめするこれだけの理由

銀行からお金を借りる方法とその条件について

お金を借りたい理由にもさまざまなものがあります。
自動車や住宅購入のためのローン、事業費用もあれば生活費や遊興費の場合もあるでしょう。
またお金を借りる相手も親や親戚もあれば、国の教育ローンであったり福祉貸付制度により社会福祉協議会を通じて自治体から借りることもあるでしょう。
しかし一般的には消費者金融やクレジットカードに付帯しているキャッシングを利用するケースが多いのですが、その中でも今回は銀行のカードローンを取り上げてみます。
銀行のカードローンを利用するメリットをはじめ、特徴やその方法などを詳しく紹介していきます。
いつもは消費者金融やクレジットカードのキャッシングを使っている方も、これを読んでぜひ銀行のカードローンへの乗り換えを検討してください。

 

 

 

銀行の個人向けローンはさまざまな種類のものがあります

銀行は個人向け融資もさまざまな商品を用意しています。
銀行でお金を借りるときに真っ先に思い浮かぶのが住宅ローンでしょう。
購入しようとする住宅を担保としてお金を借りるものです。
最近ではより金利が低いローンへの借換えのために、借換え用の住宅ローンを用意している銀行もあります。
また家のリフォームや増改築資金としてリフォームローンも用意されています。
自動車やバイクの購入に利用するマイカーローンは、ディーラーなどが用意するローンより金利が低いことが多いです。
高校や大学の入学金や授業料をはじめ、専門学校や海外留学の費用に利用する教育ローンを利用する方も多いです。
その他には結婚式や新婚旅行の費用に充てるブライダルローンや旅行費用に用いるトラベルローンを用意する銀行もあります。
いま紹介したさまざまなローンは目的別のローンで、使途を限ることで比較的低金利に設定されています。
これに対して金利はやや高いものの、使い道を限定していないローンにフリーローンやカードローンがあります。
このように銀行には個人向けのローン商品も多数の種類が存在しているのです。

 

 

銀行カードローンと消費者金融にはどのような違いがあるのか

まず消費者金融ですが貸金業法という法律の適用を受けており、個人の借入残高は年収の3分の1以下としなければならない総量規制という決まりがあります。
これは1社からの借入残高ではなく、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどによる借入額をすべて足した額となります。
これに対して銀行は貸金業法ではなく銀行法の適用を受けるのですが、銀行法には総量規制という決まりはありません。
このため銀行によっては裁量により消費者金融など金融業者以上の貸出を受けることもありました。
ただし現在では各銀行の自主規制によって、貸金業法の総量規制の決まりにそった貸出を行うように改められています。

 

消費者金融ではなく銀行から借りるメリットとは

以前ならば年収の3分の1を超える借入限度額の設定もできた銀行カードローンですが、現在は自主規制という形で貸金業者の総量規制とほぼ同じ規制が行われています。
このため以前ほど消費者金融との差が無くなりましたが、消費者金融など金融業者からお金を借りるよりも、銀行からお金を借りるほうがイメージが良く安心感を得られることもメリットでしょう。
例えば消費者金融の営業窓口や自動契約機に行くのは勇気がいりますし、入っていくところを親戚や知り合いに見られたくはないものです。
ところが銀行の場合はそのような抵抗感が少なく、借りやすいというのは大きなメリットだといえるでしょう。
また三井住友銀行や三菱UFJ銀行などでは、すでに持っているキャッシュカードでお金を借りることができるなど利便性も非常に高いものとなっています。

 

銀行カードローンの最大の利点は金利が安いこと!

消費者金融など金融業者の金利は利息制限法の範囲内で設定されています。
その法定利率は元本が10万円未満の金利は20%以下、10万円以上100万円未満は18%以下、100万円以上は15%以下となっていて金融業者の大半がその上限金利近くで貸出しを行っています。
それに対して銀行カードローンは利息制限法の定めより安い金利で貸し出しています。
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」14.6%、三井住友銀行カードローンは14.5%、みずほ銀行カードローンは14.0%がそれぞれ最高金利ですので、銀行カードローンの金利がいかに安いのかがお分かりいただけるでしょう。
金利が安いカードローンを選べば同じ金額を借り入れても返済額が安くて済みます。
50万円を借りて36回で返済した場合、消費者金融の18%の金利では総返済額は650,721円ですから利息は150,721円。
同じ条件で銀行から14.5%の金利で借りた場合の総返済額は619,563円ですから利息は119,563円と3万円以上の差となります。
ですので金利ができるだけ安い銀行カードローンを選ぶメリットはやはり大きいのです。

 

 

消費者金融より銀行でお金を借りるほうが難しい

消費者金融でも銀行でもカードローンの申し込みを行うと審査が行われ、審査を通過することができなければお金を借りることができません。
そして消費者金融より銀行カードローンの審査のほうが厳しいものとなっています。
銀行カードローンの審査や保証業務は各銀行が提携する保証会社が行っています。
カードローンの返済が滞った場合には保証会社が延滞した金額を銀行に対して代わりに支払いますが(代位弁済)、このリスクを避けるために保証会社における審査は厳しくなり通過が難しくなるのです。
これは金利の安さも影響しており、消費者金融に比べて利息収入が低い分収益も低くなるためです。
ただし後ほど紹介する個人信用情報などに問題がなければ、審査の通過に関しては特に気にする必要はありません。

 

銀行カードローンの審査に通過するための条件やポイント

審査条件や審査基準は公表されていませんが、審査では信用情報機関が保有するあなたの個人信用情報を参照して行われます。
会社員や公務員で勤続年数が長いほど安定した収入があると判断されるので、審査の際には有利となります。
カードローン申し込み時にはできるだけ希望金額を低くすることで審査は通りやすくなります。
限度額が高くなればなるほど審査が慎重に行われて厳しくなるからです。
逆にマイナスポイントとしては、延滞など金融事故があったり債務整理をしている場合には、5年以上経過して事故情報が消えなければ審査を通過することはできません。
借入先が3社以上あると多重債務の危険性があると判断されるので審査通過が難しくなります。
また1ヶ月に3社以上にカードローンの申し込みを行うと申込ブラックと呼ばれる状況になり、審査の通過が難しいと言われています。
延滞などしたことがなく、借入先や借入残高が少なければ審査では有利になると覚えておきましょう。

 

銀行カードローンを申込むと職場へ在籍確認がある

在籍確認とは、カードローン申し込み時に記入した会社(職場)で本当に働いているのかを確認するためのものです。
安定した収入や記入した勤務先に本当に在籍しているのかを確認するため、勤務先の確認は重要な情報となるからです。
このため銀行カードローンを申込み、審査に問題ない場合に最後に在籍確認を行うケースが多くなっています。
在籍確認は電話で行っており、勤務先へ金融機関から電話が入ります。
ほとんどの場合は個人名で電話をかけてきて、申込本人が電話口に出なくても在籍していることが確認できればそれで終了します。

 

銀行カードローン申し込み時に必要な書類

必ず必要な書類は本人確認書類です。
カードローンの申込を行った人が本当に本人なのかを確認するためのものです。
よく使われる本人確認書類は運転免許証ですがほかにはパスポート・マイナンバーカード・健康保険証・住民基本台帳カードなどです。
なお顔写真のない本人確認書類の場合(健康保険証など)には、本人確認書類のほかに住民票・納税証明書・公共料金の領収証などを併せて提出する必要があります。
顔写真の無い本人確認書類だけでは不十分とされ、家に届くなど本人以外が取得するのが困難な書類を併せて提出することで確認の精度を上げるためです。
また以前は必要のなかった収入証明書の提出が必要な場合があります。
50万円を超える申込や他社を含めた借入残高の総額が100万円を超える場合には、源泉徴収票・給与明細書・市民税県民税額決定通知書・所得証明書・確定申告書などの提出が必要です。
これは貸金業法に定める規定ですが、銀行が自主規制により貸金業法にそった取り扱いを行うようになったため提出を求められるようになりました。

 

銀行口座を開いていない銀行のカードローンでも申込めるのか

銀行のカードローンを利用したいけど、その銀行と取引をしていなければ申込めないのではないかと考えがちですが、結論からいうと銀行口座が無くてもカードローンの申し込みはできます。
三菱UFJ銀行や三井住友銀行など一部の銀行では、口座開設不要でカードローンだけの利用も可能となっています。
多くの銀行ではカードローン申し込み時に口座を先に開設し、その後にカードローンの手続きを進めていくケースが多くなっています。

 

 

銀行カードローンの申込から借入までの流れについて

銀行カードローンの申し込みは、窓口・インターネット・電話・郵送・テレビ窓口(自動契約機)によって行います。
例としてインターネットで申し込んだ場合の流れを説明します。
銀行のカードローン申し込みページにアクセスし、申込フォームに必要事項を入力して送信します。
申込内容確認のために電話がかかってきます。
保証会社による審査が行われ、審査結果が電話やメールで伝えられます。
契約書類が送られてきますので、必要事項を記入し本人確認書類などと一緒に返送します。
契約書やローンカードなどが郵送されてきます。
ローンカードによってATM等を使ってお金を借り入れます。
大まかな流れとしてはこのような感じですが契約書類などを自宅に送付しないようにしたり、ローンカードは自動契約機で受け取ったり、キャッシュカードを使いローンカードなしでお金を借りる方法など、都合が良い契約方法を選ぶことができる銀行が多くなっています。

 

 

即日融資が可能な銀行カードローンはあるのか

消費者金融では申込み当日にお金が借りられる即日融資を行う金融業者が多いのですが、現在銀行カードローンで剃靴融資を行っている銀行はありません。
以前はテレビ窓口などで申し込めば最短即日での融資が可能でしたが、現在は審査結果が最短でも翌日以降にならないと出ませんので即日融資は不可となっています。
これは従来からの保証会社による審査に加え、銀行自身が預金保険機構を介して他の銀行や警察庁にも問い合わせを行い問題のない人物かを確認するため、審査に要する日数が延びたためです。
三菱UFJ銀行のバンクイックでは現在でもテレビ窓口ならばローンカードを即日で発行するのですが、カード発行日の翌営業日以降の審査結果が出てからでないと借入することができなくなっています。

 

 

未成年や学生は銀行カードローンを利用できるのか

カードローンは銀行・消費者金融を問わず満20歳以上でなければ利用することはできません。
学生や主婦でも、20歳以上で安定した収入があれば利用ができる可能性があります。
安定した収入とは正社員による勤務を指すものではなく、契約社員をはじめアルバイトやパートであっても毎月一定の収入があれば良いのです。

 

 

銀行からお金を借りられない人の特徴について

次のような場合はカードローンを申込んでも審査に通らず、お金を借りることができません。
信用情報に異動情報(事故情報)の記載がある、数社のカードローンを申込んだなどがあります。
また申込時に虚偽の記載をした場合にも審査の通過が難しくなりお金を借りることができなくなります。
また最初から多額の申込を行う人は審査に通らないことが多いようです。
ローンカードを持っているのに使えない(借りられない)人もいます。
もっとも多いのは返済が遅れがちの人です。
約定返済日までに返済がなければいつまでに払うようにと通知が来るのですが、通知を無視したり何回も同様なことを起こす人の場合には、カードの利用を止められて借りられなくなります。
また他社を含む借入残高が年収の3分の1を超えた場合には新たな借り入れはできません。
決められた日に返済し、過度な借入をしなければお金が借りられなくなることはまずありません。

 

 

銀行カードローンでお金を借りるときの注意点

まず申込時の注意点ですが、絶対にウソを記入したり入力しないことです。
勤務先や現在のローン残高でウソを書いても、在籍確認や個人信用情報を調べることで全てバレてしまいますし、銀行側の心証を悪くすることで審査の通過が難しくなります。
また借り入れるときは自分の収入と照らし合わせて、無理なく返済ができるよう計画的に利用することが重要です。

 

 

銀行でお金を借りることをすすめる理由

銀行以外にもお金を借りる手段はありますが、銀行カードローンをおすすめするには理由があります。
まず使用目的を限定せず使い道が自由であること、そして同じく手軽にお金を借りられる消費者金融より低金利であることが挙げられます。
金利が安ければ同じ金額を借り入れても、総返済額をぐっと低く抑えることができるのです。
ただし金利が安い分、審査はやや厳しくなる傾向がありますが、過去に延滞など金融事故を起こしておらず、安定した収入があれば十分借りられる可能性があるのです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る