女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

お金がない!家族から借りるのは問題あるの?

家族からお金を借りるのって正直どうなの?他に良い方法ってある?

お金に困ってしまったときの金策方法には色々な手段がありますが、最初に頼ってしまうのが家族の存在ですよね。
実際にピンチの時に、家族にお金を貸して貰ったという人は多いのではないでしょうか。
友人にお金を借りるのは何となく気が引けるし、その後の付き合いに影響が出てしまうかもしれないけど、家族ならばそんな心配はないから安心してお金を借りられる。
こんな風に気楽に考えている人はいませんか。
実は家族だからこそ安易にお金を借りるべきではない理由もあるのですよ。
この記事では、家族からお金を借りるのは賛否両論があることや、家族に知られずにお金を借りる方法などについて詳しく紹介していきます。
いつも家族にお金を借りているという人は要チェックの内容となっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

家族からお金を借りるメリット・デメリットを解説

▲家族からお金を借りるメリット
・友人や知人に借金を頼むよりも圧倒的に気が楽。

 

特に両親には借金のお願いをしやすいと感じている人は多いようです。

 

・利子がつかない
一般的に家族間でのお金の貸し借りでは利子を取らないということが多いのではないでしょうか。
この点もメリットといえます。
しかし、家族間のお金の貸し借りであっても1年間に110万円を超えるときには、贈与税が必要となることもあるので注意が必要です。
(贈与税を発生させないためには、借用書を作製したり、利息を払ったりする必要があります)
・返済期限に追われることがない
家族間の借金の場合は返済期限に関してもルーズであることが多いようです。
これはお金を借りている立場の人間からすると大きなメリットですね。

 

・煩わしい手続きが必要ない
銀行や消費者金融からお金を借りるという手もありますが、家族から借りる場合は手続きの手間や審査落ちなどの心配なくお金を借りられるというのもメリットです。

 

▲家族からお金を借りるデメリット
・大きな心配をかける
友人や知人ならば黙ってお金を貸してくれるようなこともありますが、家族の場合はそうはいきません。
本人のことを心配するあまり「お金に困っている理由」を詳しく聞かれることは避けられません。

 

・悪い癖がつく
人間は誰しも家族に対しては甘えのような部分が出やすい傾向があります。
これはお金を借りる方、貸す方どちらにとっても言えることです。
家族間のお金の貸し借りでは、この甘えから何度も借金を重ねてしまったり、返済する気さえ無くしてしまったりという悪い癖がつきやすいというデメリット面があります。

 

・介護・相続問題への影響
家族に借金があるような場合、それを理由に兄妹から親の介護を押しつけられたり、親の遺産を相続するときに思わぬ問題が発生する可能性も十分に考えられます。

 

 

家族に上手にお金を借りる為のコツとは?

ここでは家族から上手にお金を借りる為のコツを、父や母、兄妹といった借りる相手別に紹介していきます。

 

▲父親からお金を借りるコツ
一家の大黒柱である父親は、家族にお金を借りようと思ったときに一番頼りになる存在です。
お金が必要な理由や返済する意思があることなどを、きちんと説明すればきっと力になってくれるはずです。
父親から上手にお金を借りるコツは、機嫌の良い日にお願いしてみたり、夜の晩酌に付き合ってご機嫌をとってから借金を申し込んでみるという手段がおすすめです。

 

▲母親からお金を借りるコツ
家庭の財布を預かっている母親もお金を借りやすい相手といえます。
それほど大きな額でなければ父親に内緒で手助けしてくれるはずですが、大きな額ともなると母親の一存では難しい場合もあります。
そのため、母親を味方につけてしまうことが、結果的に家族からお金を借りられることに繋がります。
母親を味方につけるコツは「とにかくお金に困っていることをアピールすること」。
多少大げさでも「食べるのにも困っている」「電気やガスが止まりそうだ」と言えば、お腹を痛めて産んだ我が子に手を差し伸べない母はそうはいません。

 

▲兄・姉からお金を借りるコツ
兄・姉にお金を借りるコツは「頼る相手が兄・姉しかいないということをアピールすること」。
弟や妹に頼られると兄や姉はそれほど悪い気はしないものです。
そういった兄・姉のプライドを上手に刺激しましょう。
また、「親に心配をかけたくない」というのをアピールするのもおすすめです。
このあたりの気持ちは兄妹・姉妹なら共感できる感情なのできっと力になってくれるはずです。

 

▲弟・妹からお金を借りるコツ
弟や妹にお金を借りる為のコツは「返済日を明確にしておくことです」。
幼い時から兄や姉にいいように扱われていた弟や妹は、兄や姉に対してはどこか逆らえない気持ちがあるものです。
心のどこかで「貸したお金を返して貰えないのでは」と疑念を抱きやすい傾向があるので、「何時いつ迄に必ず返す」ということを明確に伝えて安心感を与えるようにしましょう。

 

 

これでバッチリ!家族からお金を借りるときに便利な言い訳を紹介

ここではお金を借りるときに使える便利な言い訳をいくつか紹介します。

 

・言い訳1:冠婚葬祭でお金が必要になった
急な出費が必要になる冠婚葬祭は借金の言い訳としては使い勝手もよく便利なフレーズですね。
この言い訳を使う時には共通の知人の名前を使うことは避けましょう。
結婚式のお祝金ということであれば3万円~10万円程度必要といっても不自然ではありません。

 

・言い訳2:飲み会の費用が足りない
1万円~2万円程度借りたいときに便利な言い訳ですね。
特に、会社や友人のお付き合いでどうしても出席しなければならない酒の席があるなどアピールすると効果的です。

 

・言い訳3:電気・ガス・食費代などの生活費が足りない
確実にお金を借りたいときに便利な言い訳です。
携帯代などを理由にするのは、1万円くらい借りたいときに便利です。
特に電気・ガス・水道などの公共料金が足りないとアピールすると、困窮具合が相手に伝わりやすいのでお金を貸して貰いやすくなります。
この言い訳はお金を貸して貰える可能性が高いですが、その分心配かけてしまうことになるので使う時には注意しましょう。

 

・言い訳4:子供の教育費が足りない
お子さんがいる人であれば、ご両親に「子供の塾の費用が足りない」「給食費が足りない」など孫への援助をお願いするのもお金を借りる言い訳としては便利です。

 

・言い訳5:勉学に集中したい
あまり高額なお金を借りるには向きませんが、まだ大学生や専門学校生の場合に便利な言い訳です。
「今は勉強に集中したいのでバイトをしている時間はない。
就職したら必ず返す」と言えばお金を借りる理由としてはなにも不自然ではありません。

 

お金を借りるときの便利な言い訳の代表例をいくつか紹介しました。
注意点としては家族といえど、あまりに悪質な嘘をつくと詐欺罪に問われてしまう可能性があるということです。
大げさな嘘はトラブルの原因ともなりますので、お金を借りるときの言い訳はよく考えてくださいね。

 

 

家族から借金するときに気を付けたいポイントを解説

ここは家族から借金をするときの注意点をいくつか紹介します。

 

▲贈与税に注意!
1年間(1月1日から12月31日まで)に110万円を超える額を借りると、家族間であっても贈与税がかかるので注意しましょう。
※仮に年間110万円以上の額を家族から借りた場合でも、借用書を作製する、利子を払う、手渡しでなく通帳でお金のやり取りをするなどの方法を取れば贈与税を発生させなくすることも可能です。

 

▲共倒れに注意!
家族間のお金の貸し借りでは共倒れに注意しましょう。
家族の絆が強ければ強い程困っている相手を身捨てられないものです。
しばしば家族間では、無理してでもお金の工面をしてしまうケースが見受けられます。
例えば、親が貸してくれたお金が老後の資金であった場合、もし借りたお金が返せないと親の老後の生活が厳しいものになってしまいます。
兄妹が貸してくれたお金も、あるいは借金して作ってくれたお金であるかもしれません。
家族からお金を借りるときにはそういったことをよく考えましょう。
1人の借金が結局家族みんなを苦しめてしまうことになるかもしれませんよ。

 

▲家族であっても借りたお金は返す。

 

あたりまえのことですが、これが一番大切なことです。
困ったときには一番に手を差し伸べてくれるのが家族ですが、そこの部分に甘えていつまでもお金を返さないでいると関係がこじれてしまうことがあります。
家族間で一旦関係がこじれてしまうと、他人以上にややこしい問題となってしまうこともあるので十分気をつけましょう。

 

 

友人にお金を借りるのは避けた方がいい理由とは?

友人にお金を借りるのは避けた方がいい一番の理由は「友人関係が悪化しやすい」からです。
これは多くの人が友人関係であってもお金の貸し借りを嫌うことの大きな理由となっています。
人によっては「貸すくらいならあげたほうがまし」というような人もいるほどです。
なぜこのようなことを言う人がいるのかというと、そういう人はそれだけお金を貸している立場・借りている立場という間柄が、人間関係を悪化さやすいということを知っているからです。
困ったときに手を差し伸べてくれる友人がいるということは、とても嬉しいことではありますが、なるべくならば友人にお金を借りるのはやめておきましょう。
借金によって一度でもギクシャクした友人関係というのは、なかなか元のようには戻りません。
大切な友人はけっしてお金で買う事はできないのですよ。

 

家族・知人に知られることなくお金を借りる方法を紹介

これまでの説明から、家族や友人からお金を借りることのリスクについてよくお分かり頂けたと思います。
家族であれば何よりも心配をかけてしまいますし、友人ならば関係の悪化・解消といったリスクを背負ってしまいます。
それでは家族や知人に知られることなくお金を借りる方法はあるのでしょうか。
答えはずばり、消費者金融会社や銀行の「カードローンやキャッシングを利用する」ことです。
意外に思われるかもしれませんが、いくつかのポイントに気を付けるだけで、周囲の人間に知られることなくお金を借りることは可能なのです。
それでは次からは、家族や知人にバレずにお金を借りる方法について詳しく解説していきます。

 

 

カードローンやキャッシングを利用したら家族にバレる?

消費者金融会社や銀行のカードローンやキャッシングを、家族や職場の人間に知られることなく利用することは十分可能です。
ただし、何も対策をせずにカードローンやキャッシングを利用しているだけでは、隠しておくことが難しいのも事実です。
カードローンやキャッシングを、家族や職場の人間に知られることなく利用するためのポイントは後ほど説明するとして、まずはカードローンを利用するメリット・デメリットを簡単に紹介します。

 

カードローンを利用するメリット・デメリットを解説

それではカードローンのメリット・デメリットを家族と借りる場合と比較しながらみていきましょう。

 

▲カードローンのメリット
・限度額の範囲であれば何度でも借りられる
家族であれば前回の借金が返済されていないのに、新たにお金を借りるのは難しいですがカードローンは限度額の範囲内であれば何回でもお金が借りられます。

 

・24時間いつでも利用できる
最近ではコンビニATMなどから24時間いつでもカードローンを利用してお金を借りることができます。
家族に借りる場合は、さすがに24時間いつでもというわけにはいかないので、この点もカードローンのメリットといえます。

 

・理由を問われることがない
カードローンは申し込み条件さえ満たしていれば、お金の使い道はまで問われることはありません。
家族に借りる場合には、「なぜお金が必要なのか?」を説明しなければなりません。

 

・担保や保証人は必要ない
カードローンの場合は特に担保や保証人は必要ありません。

 

▲カードローンのデメリット
・借りているお金に利息がかかる
カードローンを利用した場合年間3%から18%ほどの利息がかかります。
これにより、借入期間が長期に及ぶほど利息が膨らみ返済総額が大きくなってしまいます。
家族間のお金の貸し借りではあまり利息まで取るようなことはないので、この点はカードローンの大きなデメリットといえます。

 

・審査に落ちてしまうことがある
カードローンを利用する為には審査に通らなければなりません。
仮に過去にカードローンの返済を滞納したことがあったり、スマートフォンの端末代の支払いが遅れたりしたことがあるような場合には、カードローン会社の審査に通らずにお金が借りられないということもありえます。
※スマートフォンの端末代の分割払いも立派なローンになります。

 

・返済が遅れると信用情報に傷がつく。
滞納が続くと財産が差し押さえられる可能性もアリ
カードローンの返済が何ヶ月も遅れてしまったような場合には、信用情報機関にその情報が記録されてしまいます。
これがいわゆる金融ブラックリスト入りと言われる状況ですが、こうなってしまうと将来に渡って住宅ローンや教育ローンをはじめとして、あらゆる新規の借入れが難しくなってしまいます。
それどころか最悪の場合は、カードローン会社から訴訟を起こされてしまい財産を差し押さえられてしまう可能性もゼロではありません。

 

カードローンをバレずに利用するためのポイントを徹底解説

カードローンを利用していることが家族に知られてしまう原因として考えられる理由は主に2つ。
1つは審査の際に行われる本人確認の電話。
もう1つがカードローン会社から自宅に送られてくる郵便物です。
このうち本人確認の電話は申し込み書に自宅の電話番号ではなく、自分の携帯電話の番号を記載しておくことで回避できます。
勤務先への在籍確認は、カードローン会社の担当者が個人名で電話をかけてきてくれるので、バレてしまう心配はありません。
自宅への郵便物には注意が必要。
カードローン会社から自宅に郵便物が届くのは、審査に通りカードが発行された時、契約書が送られてくる時、カードローンの利用明細が発行された時、カードローンの滞納などがあった時の主に4つです。
この4つのうち、カード発行時の郵送、契約書の郵送、利用明細の郵送は直接店舗で受け取ることで郵送物なしにすることが可能です。
しかし、カードローンの返済を滞納してしまった場合に送られてくる督促状などは防ぐことができませんので、家族に知られたくないのであれば絶対に返済に遅れないように注意しましょう。
最近では「社名入り健康保険証」や「直近の給与明細」を提出することで、勤務先への在籍確認の電話をすることなく、申し込みから借り入れまでをWEB完結できるような消費者金融会社も存在します。
どうしても勤務先へ在籍確認の連絡をして貰いたくない人は、そのような金融会社を利用するのがおすすめです。

 

家族にバレずにお金を借りるならどこがおすすめ?【銀行・消費者金融】

それでは家族にバレることなくお金を借りたい場合に、おすすめの消費者金融会社と銀行系カードローンをいくつか紹介します。

 

・おすすめ1SMBCモビット
誰にもバレずにお金を借りたいならばSMBCモビットが一番おすすめ。
SMBCモビットは「WEB完結申込み」を最大の特徴としている消費者金融会社です。
WEB完結申し込みならば、自宅への電話連絡や郵送物は一切なし(カードレスなので)。
「社名入り健康保険証」「直近の給与明細」「源泉徴収票」を提出することで、勤務先への電話連絡なしで融資を受けることも可能です。

 

・おすすめ2アイフルやアコムなどの大手消費者金融会社
どの消費者金融会社を利用しても基本的には職場への在籍確認の連絡は必要です。
アイフルやアコムも同様ですが、どうしても在籍確認の連絡をして貰いたくない時は担当者に理由を説明すれば、書類を提出することで在籍確認の代わりとして貰える場合もあります。
※アコムの場合は、「社会保険証・社員証・給与明細」の3つを提示することで勤務先への在籍確認の連絡なしの審査が可能です。
また、郵送物が発生してしまった場合であってもアイフルの場合は「AIセンター」、アコムの場合は「ACサービスセンター」など自社の名前を記すことなく郵送してくれるので、家族にバレる可能性を抑えられます。
アイフル、アコム共に契約時に書面の受取方法を「ホームページで確認」などにしておくことで、自宅に利用明細などが郵送されるのを避けることができます。

 

・おすすめ3スルガ銀行リザードプラン
スルガ銀行のリザードプランは銀行系カードローンでは珍しいWEB完結申し込みができるカードローンです。
来店不要でPCやスマホから日本全国どこからでも24時間申し込みが可能。
申し込みの流れもWEB入力⇒本人確認書類のアップロードの2つだけ。
審査に通ったあとに発行されるカードは、ご自宅と勤務先の両方から選べるので、家族にバレたくない人は勤務先を選択しておきましょう。

 

以上が家族にバレずにお金を借りたいときにおすすめのカードローン会社です。
大手消費者金融会社ならば利用者のプライバシーには十分に配慮してくれているので安心です。
銀行系のカードローンを利用するときには、その銀行に口座を開設しておくなどすれば利用明細などが自宅に郵送されてしまったときでも家族に疑われずにすむのでおすすめですよ。

 

 

家族の名義で消費者金融会社や銀行からお金を借りることはできる?

消費者金融会社や銀行のカードローンを利用するには審査があります。
過去にローンの滞納などがあり審査に通らないという場合は、家族の名義で消費者金融会社や銀行からお金を借りることはできるのでしょうか?結論から申し上げますとそれは「可能です」。
実際過去には、消費者金融会社から家族名義でお金を借りる人が続出して問題になったことがありました。
2006年の賃金法改正により「貸金業協会の自主規制機能の強化」「指定信用情報機関制度の創設」の2つが盛り込まれたことにより、本人確認などのあらゆる面で審査が厳しくなり他人名義での申し込みは難しくなりました。
とはいえ家族であれば、本人確認書類などを用意することは比較的容易です。
近年ではWEB完結申し込みなどを行っている消費者金融会社なども増えてきているので、審査に通ること自体はそれほど難しくありません(職場への在籍確認の連絡をなしにもできるので)。
しかし家族とはいえ無断で名義を使用してお金を借りる行為は犯罪です。
けっしてそのようなことは行わないようにしましょう。
あまりおすすめではありませんが、どうしてもお金が必要な場合は家族に正式な手続きを踏んで消費者金融会社と契約して貰い、自分の代わりにお金を借りて貰うという方法もあります。

 

 

家族に内緒で名義を使われた!その借金に返済義務は発生する?

前述したように、自分の名義では審査に通ることができないので、家族の名義を内緒で使って消費者金融会社などから借金をしているという人も存在します。
ある日突然身に覚えの無い借金の督促状が届き、原因を調べてみると家族が内緒で名義を使って借金をしていた。
このような場合は名義を使われた本人に借金の返済義務は発生するのでしょうか。
このようなケースでは名義を使用された家族に返済義務は発生しません。
本人はカードローンを申し込んだ覚えも、その借金を認めたわけでもないので当然です。
家族だからといって返済義務があるというわけではないのです。
これは、紛失した免許証などで第3者に勝手にカードローンを利用されてしまった場合も同様です。

 

 

お金がない!家族から借りるのは問題あるの?まとめ

家族からお金を借りることのメリットやデメリット、おすすめのカードローン会社などを紹介してきました。
この記事の要点をまとめると以下の通りです。

 

・家族にお金を借りる最大のメリットは利息がかからないこと
・家族にお金を借りると心配させてしまう、共倒れの危険性などのデメリットもある
・家族に内緒でお金を借りたいなならカードローンやキャッシングがおすすめ
・家族とはいえ内緒で名義を使用して借金をするのは犯罪行為
あまり大きな額を家族から借りると色々とデメリット面が発生します。
どうしてもお金が必要な場合はカードローンなどを利用して、毎月きちんと返済していくようにしましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る