女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

カードローンの無利息期間を利用して少額を上手に借りよう

5万円以下の少額のお金が必要なとき

給料日前になってふところ事情が厳しくなってきたとき、あと2~3万円あれば何とか乗り切れるのにと思うことというのは、誰しも経験することでしょう。
急な飲み会であったり、病院に行く必要があるなど5万円以下の少額が必要な場面はかなり多いものです。
親や親せきに借りたり、親友に借りることも考えますが、気を使うことなく少額のお金を借りやすいカードローンの存在はご存知でしょうか。
このページでは保証人や担保不要で少額融資に向いているカードローンの紹介、申し込み方や審査・借入などカードローンの詳細を解説していきます。
このページを読んで、ぜひカードローンを活用していきましょう。

 

 

 

カードローンの少額融資ならば返済も大変楽です

カードローンというと10万円とか100万円といったまとまったお金を借りるイメージを持つ方がいますが、消費者金融のカードローンでは1万円だけといった借入も可能です。
少額ですので利息も安くて返済も大変楽なのです。
また借入限度額を低くすることで審査に通りやすくなり、必要以上の使い過ぎの防止にもなるなどメリットも多いのです。
カードローンは一度だけの借入ではなく限度額の範囲内で借入が自由に行えますので、ローンカードを1枚持っておけばちょっとピンチだという時も切り抜けられます。
少額融資にはカードローンを上手に活用したいものです。

 

 

カードローンには無利息となる期間がある

消費者金融のカードローンにははじめて契約した人やはじめて利用した人を対象に、一定期間利息がいらない無利息期間を設けている金融業者があります。
無利息期間内であれば借りたお金に対して利息が付かず、この期間内に返済してしまえば利息負担が0円で済むのです。
はじめてお金を借りた日または契約した次の日から起算されるなど金融業者によって少しずつ内容が違いますが、最高で30日間無利息でお金を借りることができるのです。

 

無利息期間があるカードローン会社を利用しよう

無利息期間の設定があるカードローンとして人気があるのは、プロミス・アコム・アイフルといった大手消費者金融です。
プロミスの無利息期間はメールアドレスの登録とweb明細の利用が条件で、はじめての出金の翌日から30日間が無利息となります。
スマホやパソコンで申込み・借入・返済ができるweb完結を利用すれば来店不要で自宅への郵便物もなく、ローンカード無しで利用できます。
最低融資額は1000円です。
アコムの無利息期間は契約日の翌日から30日間となり、はじめてアコムと契約した人が返済期日を35日ごとに設定すれば対象となります。
最低1万円からのご利用で、スマホなどweb申込みが可能です。
限度額が800万円と高額なのが特徴です。
アイフルの無利息期間はアイフルをはじめて利用する方が対象で、契約の翌日から30日間となります。
最低融資額は1万円です。
スマホによるweb完結を利用すれば借入までできますし、郵便物は一切なくカードレスでの利用も可能です。
最短30分で審査が完了するのも特徴です。

 

 

無利息期間をはしごして金利負担なしでお金を借りる

大手消費者金融であるプロミス・アコム・アイフルの無利息期間を活用すれば、約3ヶ月間も金利負担なしでお金を借りることができます。
アコムで契約した次の日にお金を借り、アコムの無利息期間が切れる前日にアイフルと契約。
翌日にアイフルからお金を借りてアコムの無利息最終日に返済すれば金利負担はありません。
アイフルの無利息期間最終日までにプロミスと契約しておきます。
アイフルの無利息期間最終日にプロミスからお金を借りてアイフルへの返済に充てます。
プロミスの無利息期間最終日に手持ちのお金などで返済すれば、約3ヶ月にわたって無利息でお金を借り続けられるのです。

 

 

カードローンで5万円借りた時の返済例を見てみよう

5万円を借りた時の返済例をプロミスを参考に見ていきます。
金利は年率17.8%とします。
5回返済の場合の1回あたりの返済額は10,449円で利息負担は2,244円です。
12回返済の場合の1回あたりの返済額は4,579円で利息負担は4,942円です。
月々5,000円ずつ返済するケースでは11回返済となり、利息負担は4,521円となります。
このように少額融資の場合は金利負担も小さく、返済も比較的楽だと言えます。

 

 

少額の融資を希望する場合には即日融資でも審査に通りやすい

融資希望金額が少額であれば審査に通りやすいという噂があります。
この噂の真偽は実際のところ分かりません。
カードローンの審査では個人信用情報をもとに点数化(スコアリング)していき、その点数によって貸し出しても問題がないかを判定し、年収と他の金融業者からの融資残高を確認の上で融資限度額が決定されます。
融資希望金額が少なければ消費者金融にしてみれば貸し倒れのリスクが少ないため、希望額が多い人より審査の通過が容易になると言えるかもしれません。
また年収があまり高くない人の場合には、希望額をできるだけ低くすることで審査が通りやすくなるかもしれません。

 

 

滞納が無ければ他社からの借入があっても審査に通る

お金を貸し出す際の審査とは、確実にお金を返済してくれるかどうかを見極めるためのものです。
また貸金業法の規定に抵触していないかを合わせて確認します。
他社からの融資残高と今回希望する額を足しても年収の3分の1以内に収まり(総量規制)、なおかつ滞納が無ければ審査を通過する可能性は高くなります。
今回希望する額を足すと融資残高が年収の3分の1を超える場合には審査を通過できませんし、滞納など個人信用情報に事故情報や異動情報といった金融事故の事実が登録されていれば審査を通過することはありません。

 

 

カードローンの無利息期間を利用して少しだけ借りよう

お金を借りる方法にはさまざまなものがありますが、消費者金融のカードローンが便利でお得です。
大手消費者金融では30日間の無利息期間を設けており、はじめて利用する方はお得にお金を借りることができます。
少額だけを借りた場合には毎月の返済金額も少なく、利息負担額が少なくて済むので楽なのです。
借入希望額が少ない場合には審査も比較的通過しやすいともいわれています。
また過去に滞納したことが無く、総量規制の範囲内であれば審査通過の可能性がぐっと高まるのです。

 

 

無職でもお金を借りることは可能なのか

消費者金融のカードローンは安定した収入があることが貸し出しの条件の一つとなっており、無職だったり専業主婦の方は審査の対象にもなっていません。
銀行カードローンでは、配偶者に審査通過に必要な収入があれば専業主婦でもお金を借りることができましたが、現在では銀行各行による自主規制によって審査の通過が極めて困難になっています。
無職の方や専業主婦の方がカードローンでお金を借りることは、極めて厳しいといえるでしょう。

 

 

郵便局でお金を借りられる?メリット・デメリットについて

郵便局でお金を借りる方法として一般的なものは、定期貯金や定額貯金を担保にしてお金を借りる方法です。
担保による貸し付けは金利も大変安くて利用しやすい貸付です。
ただし郵便局へ定期貯金や定額預金の預け入れが無ければ利用できません。
郵便局ではゆうちょの商品ではありませんがスルガ銀行の代理業者としてカードローン「したく」という商品を扱っています。
この商品はあくまで銀行カードローンであるため、消費者金融のカードローンより金利が安いというメリットがあります。
しかし最低利用金額が10万円からと高く、即日の融資には対応していないなどデメリットもあります。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る