オリックス銀行カードローンの限度額は年収で決定?増額は可能?

オリックス銀行カードローンの限度額の決定は年収がポイント

オリックス銀行に限らずカードローンの審査において利用可能限度額を決定する際に最も重要視されるポイントは年収であると言えます。年収が高ければ高いほど限度額も高く設定される可能性が高くなります。逆に年収が低くなると返済能力に応じて返済額が負担にならないよう限度額も低めになる傾向があります。

 

オリックス銀行カードローンの契約限度額を確認するには?

カードローンの限度額という言葉はよく耳にしますが、2種類の別々の意味を持つ限度額という言葉があるので注意しましょう。

 

  1. 1.銀行、業者が定めている最大限度額

    コマーシャルや公式ホームページのトップなどで金利とともに大々的にアピールされていることが多いのが、この限度額の表示です。これはそれぞれの銀行や貸金業者などがカードローン商品ごとに設定しているもので「最高でこの金額までの貸付が可能」ということを意味し、極度額とも言われています。
    一般的には消費者金融系カードローンでは300万円や500万円などの設定となっており、銀行系カードローンの方が800万円や1,000万円と高めの設定になっているのが特徴です。しかし、アコムやSMBCモビットなどは800万円と高めになっており、一方、三菱UFJ銀行バンクイックは500万円と低めになっていて、最近ではそれほど違いがなくなってきています。

  2.  

  3. 2.契約者ごとに設定される借入可能限度額

    規定の最大限度額そのままがキャッシング可能な限度額になることはありません。カードローンの申し込み時に申込者が使途に応じた希望の利用限度額を自己申請し、審査において年収やその他の項目により、申込者ごとに貸付可能な金額が決定されます。そのまま自分の希望通りの限度額が設定されることもありますが、年収や勤務年数などの属性スコアなど場合によっては希望した金額よりも低めに設定されることもあります。また、年収などの割に希望限度額を抑えめにした場合などは、希望額よりも高い限度額が可能になる場合もあり、申し込み内容確認の電話の際に「より高い限度額での貸し付けが可能ですがどうなさいますか?」というような相談を受けます。このような申し出があった場合は受けた方が断然お得です。実際にそこまでの金額を借りる予定がなくても限度額が上がると金利が低くなることがある上、先々で予定外の出費に見舞われる可能性もあるためです。限度額は後ほど増額申請もできますが、最初に多めの限度額が設定されると増額申請の手続きをする手間が必要ありません。ただし、限度額が思いのほか高くなったからといって安易に借りすぎないように十分気をつけましょう。

     

    借入可能限度額が自分の希望額と違う場合は、その旨を伝える通知書が郵送されてきます。利用限度額が変わったことで適用される金利も変わることがあり、その場合、適用された金利も通知書に記述されています。

     

    最終的に決定された自分の借入可能限度額は、契約後に送られてくる契約書で確認できます。これは、最終審査通過後にローンカードや規約などとともに簡易書留で自宅に郵送されてきます。借入限度額や金利の確認はもちろん、契約内容全てに目を通して間違いがないかを確認しましょう。

 

 

オリックス銀行カードローンは審査で限度額と金利が決定する?

申込者ごとの借入限度額が審査で決定されることは上述しましたが、もう少し具体的に解説しましょう。
限度額の決定に一番重要な要素は年収ですが、それに加えて勤務年数や年齢、住居形態などから安定性や返済能力が総合的に判断されます。同じ年収の人でも年齢や勤務年数の違いで収入の安定性や将来性が違ってくる上、独身なのか既婚者なのか、家族構成、同居家族の有無などにより、月々の生活費の負担が変わってくると同時に返済に回せる金額も変わってくることから返済能力にも違いが出てきます。これらのすべての審査基準の要素から最終的に利用限度額が決定されます。
また、適用される金利については、あらかじめ公式ホームページなどで提示されている通り、限度額の幅によって金利が決まっています。
オリックス銀行のカードローンでは業界最低水準の1.7%~17.8%という低金利が特徴になっていますが、利用限度額が100万円未満のときは12.0%~17.8%の借入利率となっています。利用限度額が上がれば上がるほど年率は下がります。1.7%~4.8%という最低年利が適用されるのは利用限度額が最高の800万円の場合となります。その他の利用限度額の場合の年率は公式サイトをご覧ください。

 

申込時の必要書類は何が必要?

オリックス銀行のカードローンの申込時に必要な書類は以下となります。

 

  1. 1.運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、個人番号カード、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書
    ※上記の写し、いずれか1通をご用意ください。
  2. 2.所得証明書類
  3. 3.預金口座振替依頼書

    ※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。

 

 

カードローン初回契約時の限度額は低い?

オリックス銀行をはじめ三井住友銀行や楽天銀行など銀行系のカードローンでは最大限度額が800万円や1000万円と高額ですが、それだけの金額が借りられるケースはほとんどないことは上の章でも触れました。特に初めてカードローンを申し込んだ場合に設定される限度額は一般的に低めになる傾向があります。これはまだ金融業者に対して信用や実績がないためです。年収などの属性が高い場合は初回契約でも100万円など比較的高めの限度額に設定されることもありますが、クチコミや体験談の投稿などによると通常は初めてのカードローン契約での限度額の設定はアルバイトやパート、新入社員で10万円から30万円程度、会社員で20万円から50万円程度となることが多いと言われています。

 

自動車ローンや住宅ローンなど、カードローン以外のローンやクレジットカードの利用がある場合は、信用情報がすでにあるのでそれを参考に設定されます。もちろん優良な状態であれば、限度額が上がる可能性があり、金融事故情報や他社借入件数が多い場合などは、限度額がさらに低くなったり、審査が通らなかったりすることになります。

 

 

オリックス銀行カードローンの限度額がいっぱいになった場合にはどうすれば良い?

借入限度額が希望額よりも少なかった場合はもちろん、限度額内での追加融資を繰り返しているうちに借入残高が限度額いっぱいにまで達してしまったというような場合に、さらにまだお金が必要になったとしたら一体どうすれば良いのか心配な方もいるでしょう。そこでぜひ知っておきたい限度額以上のお金を借りる方法が2通りあります。

 

  1. 1.他社のカードローンを新規で申し込む

    メリットとデメリットのどちらもありますが、さらにお金を借りるために活用できる手軽で便利な方法です。

     

      <メリット>

    • より金利の低い業者やプロミスや新生銀行レイクなどのような30日間無利息サービスがあるなど条件のお得な業者を利用することが出来る
    • アイフルやみずほ銀行などネットで申し込みが完結でき最短即日融資可能な業者から即日中の借入ができる

      <デメリット>

    • 借入件数を増やすことになるので今後の借入に不利になるリスクがある
    • すでに数社から融資を受けている場合は審査落ちになる可能性がある
    • 短期間のうちに複数の業者に借金を申し込んでいるとブラックリストにのる場合がある

     

     

  2. 2.オリックス銀行カードローンで限度額の増額を申請する

    最初に決定された低めの限度額はこの先ずっと変わらないわけではありません。借入可能な限度額を増やす方法があるので安心してください。限度額増額申請については下記で詳細を検証していきます。

 

 

オリックス銀行カードローンの限度額を増額する方法

契約時に設定された利用限度額では足りなくなった場合、融資限度額を引き上げる方法があります。利用者本人が自ら申請する場合と、オリックス銀行側から増額可能という通知を送ってくる場合があります。どちらの場合でも新規契約時と同様に保証会社による審査があり、通過した場合のみ増額が認められます。また、増額する金額は30万円だったのが100万円以上になるというように一気に多額が引きあがることはあり得ません。10万円から20万円単位での増額が基礎となります。書類の提出が必要だったり、在籍確認を含む審査に時間がかかったり、再審査の結果、増額ができない場合やできても少額のみとなる場合もあります。また、増額審査では、これまでの借入状況を見直すきっかけともなるので、何度も返済を滞納したり、契約後に他社からも借入をしていたりする場合は、限度額が増額されるどころか逆に減額になるケースもあるので十分注意してください。

 

カードローンの限度額を増額する理由は審査に関係する?

オリックス銀行カードローンでは半年に1度の割合で限度額の見直しが行われており、借入履歴、返済状況などから適当とみなされた場合に、増額案内の通知がメールや郵送などで送られます。この場合、あらかじめ増額可能と判断されており具体的な増額金額の提示もされているため、審査に通る可能性はかなり高くなります。

 

一方、自分から申請する場合は、最初の借入をはじめてからまだ半年以内か、もしくは限度額の見直しで増額融資対象とはみなされなかった場合となるため、審査は厳しくなり結果の保証はありません。審査クリアの対策としては最低でも3ヶ月以上の借入実績があり、返済が一度も遅れていない上に余裕のある時は繰り上げ返済や一括返済をしていたり、他社からの借入が増えていないことなどが挙げられます。それに加えて収入が上がった、他社の借金を完済したなど、申し込み時に比べて属性のスコアリングが有利になった場合は審査通過も十分可能です。申請は公式ホームページや会員専用サイトのメンバーズナビには増額申請の項目がないためインターネットからはできず電話から行うことになります。
オリックス銀行カードデスクに電話をし、オペレーターに限度額の増額を申し入れると、申し込み時から変更のある事項、増額希望額、増額借入金の使途を尋ねられます。
お金の使い道は、事業資金以外なら自由ですが、増枠を自ら申請するくらいなのでお金に困っているのではないかと疑われる可能性が高くなります。限度額を増額して借入金が増えると毎月の返済金額のノルマも増えますが、しっかり返済していけるのかを確認するために細かく質問されることがあります。嘘をついたりごまかしたりせず、きちんと正直に回答しましょう。

 

 

オリックス銀行カードローンの限度額まとめ

  • 審査で限度額決定の最重要要素は年収
  • 規定の最大限度額は公式サイトで確認可能
  • 自分の借入限度額は通知書、契約書で確認可能
  • 審査で限度額が設定され該当の金利が適用
  • 限度額不足には他社新規申し込みか増額申請が可能

 

増額申請は銀行から案内がくる場合と自分で申請する方法があり、自分で申請する場合は利用期間、返済状況、属性、使途などに注意が必要です。

ネット型バンクのオリックス銀行カードローンは低金利で業界最低水準の利率のカードローンです。 ご利用限度額は最高800万円までで、10万円単位での借入ができます。 オリックス銀行カードローンは、申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方で原則として毎月安定した収入のある方、それに日本国内にご在住の方が対象です。 外国籍の方でも、永住者または特別永住者の方ならば申し込み可能です。 また保証会社であるオリックス・クレジット株式会社か新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方が対象となります。 さらには口座開設が不要で、保証人も担保も必要ありません。 オリックス銀行カードローンの審査の申込方法は、WEBサイトからが基本です。 まずはオリックス銀行カードローンのホームページよりダウンロードしたお申し込みフォームへの入力を行い、アップロードを行うと、EメールにてEメールアドレス確認用URLが送付されますので、在籍確認などはそのURLにてやり取りされます。 フリーコールやFAX、郵送、来店での申込方法はありません。 在籍確認が終りますと、ローンカードが発行され、申請者の自宅住所に送付されます。 次に、実際の融資の申込方法ですが、融資審査には、運転免許証、旅券パスポートなどの身元証明の写しが必要です。 また300万円以上の融資では、源泉徴収、確定申告書、納税証明書などの所得証明も必要となります。 この審査にて借入限度額および借入利率も決定されます。 オリックス銀行カードローンが自宅に郵送され到着次第、融資が開始されます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る