女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

オリックス銀行カードローンの必要書類まとめ

オリックス銀行カードローンは全国的に知られている業者であり、「毎月の最低返済額や金利・利息の負担が少なくて済む」「最高融資額が高い・返済額がシュミレーション出来る」、「振込融資も可能」といった特徴があります。
SMBCモビットや三井住友銀行、新生銀行、三菱UFJ銀行などの大手金融機関・消費者金融のフリーローンと比べても、有利に借入できることもポイントです。

 

ここでは、オリックス銀行カードローンの申込時に必要となる書類について、詳しく見ていきましょう。

 

運転免許証がない場合の本人確認書類

運転免許証があれば来店不要でオリックス銀行カードの申込は開始できます。
しかし、運転免許証が手元にない場合にはどうすればよいのでしょうか。
こういった際には運転免許証以外の本人確認証明書が利用できます。

 

具体的には、健康保険証やパスポートなどです。
こうした名前、氏名、生年月日が確認できる書類であれば、本人確認書類として認められます。
また、本人確認書類は写しを一枚持っていけばそれで十分です。

 

 

オリックス銀行カードローンで有効な所得証明書類

所得証明書は会社勤めの人と個人事業主で対応が異なります。

 

まず、会社勤めの人であれば所得証明書としては「源泉徴収票や課税証明書もしくは住民税決定通知書」を提出すれば大丈夫です。
こうした書類が手に入らな人は納税証明書を提出しましょう。
個人事業主の人であれば、課税証明書や住民税決定通知書が利用できます。
納税証明書も大丈夫です。

 

また、会社勤め・個人事業主のどちらであっても、確定申告書を代わりに提出することもできます。この際、確定申告書の付表も一緒に提出することが必要です。
また、審査の結果によっては所得証明書以外の書類を求められることもあります。
時には提出した所得証明書が「不鮮明」「必要な部分が記載されていない」とみなされることもあります。
こうした間違いが起きた際には再提出をすることになりますが、それだけ審査は長引いてしまいかねません。
そのため、融資を受けたいと考えている人はしっかりと書類の確認も提出前にしておくと良いでしょう。

 

 

オリックス銀行カードローンの必要書類はネットで提出

オリックス銀行カードローンはインターネット上でパソコン・スマホから入力・申込がができます。
ネットから所得証明や本人書類も提出できますから、大変便利でしょう。

 

申込が終わったら登録したメールアドレス宛に必要書類アップロード用URLが送られてきますが、こちらで必要書類の提出を行うことになります。
必要書類の画像はスマホなどで撮影したものでももちろん構いませんが、しっかりと重要部分が読み取れるように撮影しておきましょう。
このように、オリックス銀行カードローンでは必要書類の提出も素早く出来ます。

 

必要書類とは以下の書類を指します。
例:運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書、個人番号カード

 

オリックス銀行カードローンの審査の流れ

オリックス銀行カードローンの審査の流れについて見ていきましょう。まず、公式サイトの申込フォームから申込を行います。こちらは24時間利用できますから、時間を気にせずに申し込めます。申込時には住所や氏名、勤務先に関する情報、借入残高や状況などについて記載する必要があります。そのため、こうした情報は前もって用意しておくとスムーズに記載が行えます。受付後、登録したメールアドレスに「メールアドレス確認用URL」が送られてきますから、こちらをクリックして受信確認を行いましょう。これを行わないと審査結果などがわからない可能性もありますから、注意しておきたいところでしょう。本人確認書類なども提出する必要性がありますが、メールアドレスに提出用URLが送られてきますから、こちらで提出を行いましょう。この後、審査がになりますが、審査時には本人確認の電話がかかってきます。この電話は早ければ申込をしてから直ぐかかってくることもあります。この本人確認が終わらないと仮審査も進みませんから、しっかりと着信が受けられるようにしておきましょう。本人確認の電話は簡単なもので、「あなたがカードローンに申込をした本人であるのか」といったことを聞いてきます。本人であることを伝えれば基本的には問題ありません。本人確認後、勤めている会社へ在籍確認の電話が来ます。これには申込者本人が出る必要性はありません。また、在籍確認の電話は希望を伝えておけば、希望した時間帯に電話してくれることもあります。そのため、会社が忙しくない時間帯に電話してもらうようにすると良いでしょう。審査が無事に通過すればカードが発行され自宅まで送られてきますが、これでやっとカードローンが使えるようになります。

 

オリックス銀行カードローンの必要書類まとめ

  • 本人確認書類はパスポートなども認められる
  • 所得証明書は会社勤めの人と個人事業主の人で異なる
  • 必要書類の提出は登録メールアドレスに送られてくるURLから行える

 

オリックス銀行カードローンの申込は大変簡単です。必要書類の郵送の手間がないのがメリットです。
そのため、「直ぐに貸付してもらいたい」「なるべく面倒なくカードローンを作りたい」といった人にもおすすめなのです。

 

とはいえ、返済を遅延すると遅延損害金も発生しますから、契約後は目的に応じて計画的に返済金額を支払っていきましょう。
一括返済をして完済するのも賢い方法です。

カードローンの利用をオリックス銀行カードローンにしようと決めたら、申し込みをしていく事になります。 ウェブサイトから24時間いつでも好きな時に申し込みが可能ですが、必要書類も提示しなくてはいけませんのでこれも予め準備しておくと慌てなくて済みます。 オリックス銀行カードローンの申し込みの流れ自体は、申し込みをしてから受付メールが届くので受信確認をします。 それが終われば審査結果などもEメールで届けてくれますので、見落としのないようにして下さい。 審査結果はEメールアドレスまたは電話等で伝えられますので、それが終われば本人意思確認として在籍確認の電話が入ります。 その後、必要書類の提出になります。

オリックス銀行カードローンの必要書類って?

本人確認ができるもの
運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書、個人番号カード ※上記の写しいずれか1通があれば問題ありません。
所得証明書類
原則、ご利用限度額が300万円超の場合は、所得証明書類が必要になります。 また審査の結果、限度額300万円以下の場合でもご提出をお願いする場合もあります。 よほどの事がない限りありませんが、場合によってはそれ以外の書類も必要になる事がありますので、連絡があった時には良く内容を確認しておきましょう。
預金口座振替依頼書
ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。 どこのカードローンを利用する時でも、必要書類の提示が求められるのは変わりありません。 カードローンに力を入れているといわれるオリックス銀行カードローンでもそうなので、申し込みをしようと思ったら必要書類として最低限必要な本人確認書類をまず探しておきましょう。 オリックス銀行カードローンをきちんと使えるように、書類や借り入れ状況の確認などもしておくと、スムーズにカードローンの発行までできるでしょう。

提出書類を準備する際の注意点

大前提として、書類には申込者の氏名と住所、生年月日の記載がないといけません。 運転免許証や健康保険証、パスポートなどが定番の書類として利用が可能です。 オリックス銀行カードローンのホームページでも同じように記載がありますので、有効期限などもきちんとあるかどうかを見ておいて下さい。 また、借入限度額が300万円以上の高額になる場合には、別途収入の証明ができる書類が必要となります。 源泉徴収表などがそれにあたりますが、勤め人なのか個人事業主または経営者かで多少違いがあります。 自分がどちらになるのかを確認した上で漏れのないように必要書類も準備しておきましょう。 審査なども滞りなく進んでいけば、書類の提出になります。これはEメールで必要書類アップロード用のURLがお知らせされますので、そちらを参照して書類を提出しましょう。 書類の確認と最終審査も終われば晴れてオリックス銀行カードローンが使える状態になります。 手元にローンカードが届いているならもう利用ができますし、まだであればカードの到着までもう少し待ちましょう。後は返済計画も立てながら上手に利用していって下さい。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る