女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

オリックス銀行カードローン~仮審査と本審査の比較まとめ~

 

オリックス銀行カードローンの仮審査ってなに?

銀行カードローンにネット申込をするときは、まず最初に住所、氏名、勤務先といった個人情報を申込フォームに入力します。
オリックス銀行カードローンの審査では、この申込書記載の内容をもとにした仮審査と、申込内容に誤りや虚偽がないかの確認をする本審査があります。
仮審査段階で問題があれば、本審査には進まず、早々に審査回答があります。
それぞれの審査を行った上で、最終的な融資の可否と借入限度額が決定されます。

オリックス銀行カードローンの特集ページはこちら

 

 

 

オリックス銀行カードローンの本審査との違いは?

オリックス銀行カードローンの仮審査と本審査のちがいを、わかりやすく徹底解説します。

 

まずは、申込後の仮審査が行われる

まず、最初に行われるのが仮審査です。
仮審査といっても、正式申込受付後に行われます。

 

この点において、アコムアイフルといった大手消費者金融の「お試し診断」や「借入診断」などとは異なるので注意しましょう。

 

オリックス銀行の場合はお試し診断はなく、本申込からスタートします。
オリックス銀行カードローンの申込方法は、ネット申込のみとなっています。
申込フォームの入力項目には、次のような項目を入力します。

  • 生年月日
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家賃・住宅ローン返済の有無
  • 月々の住宅費
  • 仕事に関する情報(年収や雇用形態、勤続年数)

などなど

 

コンピューターによって、こうした必要事項への申込者の回答をもとに、情報を処理する場合もあります。
信用機関に対する個人信用情報の照会も、仮審査段階で行われます。
そのため、オリックス銀行カードローンに申込をすると必ず在籍確認が行われる、というわけではないのです。

 

本審査では申込内容・情報の裏付けを行う

申告された会社に実際に勤務しているかどうかを確認する在籍確認は、仮審査通過後の本審査において行われます。
仮審査は機械が中心にチェックするのに対して、本審査は人の手によって行われます。
在籍確認は通常、職場への電話連絡によって行われます。

未成年者や永住権のない外国人など、申込条件を満たしていない場合は仮審査段階で審査落ちとなります。
申込内容が真実であると仮定しても融資条件にあてはまらない人は、本審査で裏付け確認をする必要がないことが理由です。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの特徴
  • 来店・口座開設が不要のネット申込
  • 提携ATMの手数料が0円
  • 限度額最高800万円

→オリックス銀行カードローンのお申込みはこちら

金利はいくら?

返済額をチェック!

>>コース毎の金利を確認

>>返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンのスペック

実質年率

限度額

自動契約機

1.7%~17.8%

最高800万円

なし

 

オリックス銀行カードローンの審査の流れ

カードローン申込から必要な現金を受け取るまでの流れは、金融機関によって異なります。
オリックス銀行カードローンの場合は、おおまかには次のステップで進みます。

 

オリックス銀行カードローンの申込、審査、借入の流れ

STEP1.ネット申込 オリックス銀行カードローン公式サイトで、必要項目を入力して申込を行います。
STEP2.ローン審査の開始 保証会社による仮審査が終わると、いったん申込者に連絡があります。
STEP3.在籍確認・本人意思確認 本審査では、勤め先への電話確認が行われます。
STEP4.ローンカードの発行 在籍確認と本人の意思確認が取れれば、ローンカードが発行されます。
郵便物として送付されます。
STEP5.必要書類の提出 必要書類もWebで提出できるので、銀行窓口に出向く必要はありません。
メールでWebアップロードによる提出方法が案内されます。
STEP6.キャッシング 手元にローンカードが届いたら、振込融資若しくは提携ATMでキャッシングができます。

 

STEP1.ネットから申込

初めてのネット申込で不安な人のために、丁寧に説明します。
ネット申込は、オリックス銀行カードローンの公式サイトから行うことができます。

 

ネット申込は平日に限らず、24時間365日いつでもできます。まずは、「お客さま情報入力」を行います。
氏名、生年月日、性別、居住状況などの個人情報を入力します。郵便番号を入力すれば、大まかな住所は選択できるなど、入力の手間がかからないように工夫されています。
タイピングが苦手な方でも、十分対応できます。
入力に基本的な不備があると、次のステップには進めないようになっています。不備がある項目の色が変わるようになっているので、わかりやすいです。

 

次に、「勤務先情報」を入力します。
職業や勤務先の電話番号(携帯電話不可)、収入形態や業種・職種、税込年収等を入力します。
最後に、希望利用限度額やカードローンの利用目的、返済口座情報を申告すれば完了です。

 

限度額の申告は必要最低限で!

「源泉徴収票が手元にあるから、最高800万円の融資希望としてみようかな」
こうした軽い気持ちで高限度額を希望すると、審査落ちの原因となり得るので要注意です。
余裕のある限度額を希望する人もいますが、オリックス銀行カードローンに限らず審査は慎重に行われます。
オリックス銀行カードローンの利用限度額入力欄は、選択式になっています。
「〇〇万円コース」の横には適用金利が示されていて、限度額が高くなるほど低金利になっています。
これを見てカードローン初心者の方は、低金利で借りたいからという理由で高限度額を選択してしまうことがあります。

 

限度額は後からの増額も可能

でも、希望限度額が上がるほど、審査ハードルも高くなるということを覚えておきましょう。
「100万円未満コース」で、最低限必要な金額がカバーできるのであれば、こちらを選ぶことをおすすめします。審査に通ってから、増額申請をするという方法もあるからです。
必要額のキャッシングをして完済するという利用実績を作れば、後々の増額申請にも通りやすくなります。
最後にこれまで入力した全ての情報が表示されます。内容を確認して問題がなければ、「この内容で申し込む」を押して、申込完了です。

 

STEP2.ローン審査の開始

ネット申込完了後、登録したEメールアドレスに確認用URLが送付されます。
URLをクリックして受信確認を行うと、審査結果連絡もメールでもらえるようになります。
これを行わない場合は、電話若しくは書面での審査結果連絡となります。
申込後はすみやかに、ローン審査が開始されます。

 

オリックス銀行カードローンの保証会社はどこ?

オリックス銀行カードローンの保証会社は、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社です。
保証会社とは、万が一カードローン利用者が返済できなくなってしまったときに、代わりに銀行に支払いをしてくれる保証機関です。
この保証会社の保証を受けられることが、カードの利用条件の一つとなっています。そのため、審査も実質は保証会社が担当するのです。

 

オリックス銀行カードローンだけでなく、銀行カードローンの殆どはこのように保証会社を付けています。メガバンク三社でいえば、みずほ銀行は信販会社、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行は提携関係にあるプロミスが、それぞれのカードローンの保証会社となっています。
カードローンは、無担保・保証人不要のスピード融資が特徴です。
保証会社が用意されている銀行カードローンだからといって、保証料などの余計な出費は一切ありません。全て銀行負担なので安心です。

 

 

STEP3.在籍確認・本人意思確認

勤務先への在籍確認などは本審査として、仮審査を通過した場合にのみ行われます。
信用情報に問題がないことの確認など、基礎的な審査はパスしている状態です。
あとは、申込内容に間違いがないことが証明されれば、審査は無事終了となります。
オリックス銀行カードローンの在籍確認は、基本的に電話で行われます。
カードローン申込者の殆どが、家族や知人友人に内緒で申込をしていることは、カード会社も理解しています。
審査担当者はプロですから、在籍確認の電話であることが職場の上司や同僚にバレることのないよう、細心の注意を払ってくれます。
銀行名や審査担当の金融業者名は出さず、個人名を名乗って電話をかけてくれます。

 

電話での在籍確認の内容

また、本人が不在の場合でも、次のような応対があった場合には在籍確認が取れたものと見なされます。
「〇〇は席を外しています。」
「〇〇は外出しておりまして、〇時頃に戻ります。」
通常はこの在籍確認の後、本人の意思確認の電話が入ります。
これは、携帯電話若しくは自宅の、どちらか希望した方にかけてくれます。
携帯電話がなく自宅への電話となる場合も、本人以外が出る可能性もあるので、個人名を名乗ってくれます。用件を残されるといったこともないので、安心です。
在籍確認は基本的に申込者全員に行われるので、自営業や派遣社員、公務員の方なども在籍確認はあると思っていいでしょう。
申込フォームの「ご勤務先電話番号」に入力した電話番号にかかってくるので、代表電話ではなく自分の部署の番号にかけてもらうことも可能です。

 

STEP4.ローンカードの発行

仮審査・本審査共に無事通過すると、ローンカードの発行となります。
ローンカードは、申込者の自宅住所へ郵送物として発送されます。送られてくる封筒の中には、ローンカードのほか、手続き完了の案内、インターネットログインIDと仮パスワード、利用ガイドなどが入っています。送付先に勤務先を指定した場合でも、ローンカードは自宅住所への送付となるので注意が必要です。カードの利用開始は、本人確認書類等の確認完了後となります。書類は審査後に送られてくるメールに指定されたURLにWebでアップロードするだけなので、スムーズに対処することで、カード到着後スグのキャッシング利用も可能となります。

 

STEP5.必要書類の提出

オリックス銀行カードローン申込においては、必要書類の提出もWeb上で完結できます。仮審査・本審査完了後、申込時に登録したPCメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送付されます。そのURLをクリックして、必要書類をアップロードします。
オリックス銀行カードローンの必要書類は、以下の通りです。

 

1.本人確認書類
全ての申込者に提出が求められます。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

※上記の写しいずれか1通をご用意ください。

 

2.所得証明書類
所得証明書類は、下記のいずれか1点のコピーを提出します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書(付表含む)

※確定申告書は、税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書のコピーと受信通知が必要。

 

3.預金口座振替依頼書
ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。

 

必要書類の提出のについて

本人確認書類によって、年齢条件(満20歳以上69歳未満)を満たしているか、国内在住の日本人もしくは永住者・特別永住者であるかといった申込条件の適合性が審査されます。
また、源泉徴収票や確定申告書は、家族が管理しているケースも多いのですぐの提出が難しいこともありますので、早めに準備をしておくのが良いでしょう。

 

STEP6.限度額内でキャッシング可能

必要書類の提出が完了し、ローンカードの郵送受取が完了すれば、早速キャッシング利用が出来ます。
カードローンの特徴でありメリットの、限度額内での自由な融資を受けられます。
カード到着後は、指定口座へのカードレス振込融資にも対応しています。

 

提携ATMによるキャッシングであれば、夜間早朝でも可能です。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、その他全国のコンビニの提携ATMで、借入・返済共に手数料無料で利用できます。
すべての提携ATMで1,000円単位で借入可能です。利用可能な提携ATM数は全国99,000台以上(2018年2月末現在)です。

>>オリックス銀行カードローンのお申込みはこちら

 

オリックス銀行カードローンの仮審査の時間はどのくらい?

具体的な時間は公式サイト上に明記されていません。
しかし、オリックス銀行カードローンにかかわらず、キャッシングの審査に落ちる人は、すぐに連絡が来る傾向があります。

 

また、土日祝日および年末年始は審査対応をしていないため、銀行休業日のWeb申込の場合は翌営業日に審査が開始されます。
できるだけ早く借りたいとお考えなら、早めに申込をしておくのが良いでしょう。

>>オリックス銀行カードローンのお申込みはこちら

 

オリックス銀行カードローンの仮審査の内容・審査基準は?

オリックス銀行カードローンは、最大限度額800万円、金利は業界最低水準です。

 

審査内容は、通常のカードローン審査と同様です。
属性審査と信用情報に基づく審査により、申込者への融資の可否と、融資限度額を算出します。
最初に決定された融資額が一括で支払われて、後は返済のみとなるフリーローンなどとちがって、カードローンは「融資枠」の範囲内で自由にキャッシングができます。
そのため、申込者一人一人の返済能力に応じた、適切な融資枠=限度額を審査において決定するのです。

 

属性とは、簡単に言い換えると個人情報のことです。
特に年収・勤続年数・雇用形態・職業・他社借入状況などが重視されるポイントです。
これらの属性審査は、基本的に機械による自動スコアリング評価となります。

 

次に信用情報ですが、個人信用情報の照会は、どのカードローン審査でも必ず行われます。
特に消費者金融の場合は、貸金業法の総量規制が適用されるため、申込者の年収の3分の1を超える融資は原則としてできません。
このことから、正確かつ詳細な他社借入金額を審査で把握する必要があるのです。

 

収入に見合わない額の借入れをしている人に多額の融資をしても、貸し倒れのリスクが伴います。
オリックス銀行カードローンも、申込者の現在の借入状況はしっかり見極めています。
信用情報に、、いわゆる金融事故情報が記載されていると、カードローンの審査通過はできないと思いましょう。

 

オリックス銀行カードローン審査には、申込者にとって有り難い特徴もあります。
それは、保証会社が2社ついていることです。1つの保証会社が保証できないと判断しても、もう一方の会社が保証可能とする場合もあります。

 

オリックス銀行カードローンは、残念ながら専業主婦への融資は行っていません。

専業主婦でも申し込めるカードローンについて

 

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた理由は確認できる?

銀行カードローンに審査落ちした理由は、申込者本人であっても教えてもらえません。
これはオリックス銀行カードローンに限らず、どのカードローンでも同様に非開示となっています。
各社共通してこの姿勢を取ることには、ワケがあります。それは、審査落ちの理由となった原因を隠すなど、その情報を悪い対策に活用されて、別のカードローンに申込まれる可能性があるからです。
こうなると、業界全体にとって良くありません。
最低限の情報は、自分で調べることもできます。
それは、信用情報機関に対して、自分の信用情報の開示請求をすることです。
金融事故情報には全く覚えがない人は、収入に見合わない利用限度額を希望していることがあります。
ほかにも、申込ブラックといわれる、複数のカードローンに同時申込している場合も審査落ちの要因となります。毎月遅れずに返済していても、借入額が大きかったり、借入件数が3社以上だと懸念材料が多く、審査落ちにつながります。

 

他社借入は仮審査に影響する?

オリックス銀行カードローンに申込をする際、他社借入がある場合は問題があるケースとないケースがあります。
借入額が年収に見合わない高額だったり、借入件数が多いと問題が生じます。
高限度額低金利の銀行カードローンは、自身の収入で返済能力がある人を審査で見極めるので、他社借入状況は審査に少なからず影響してきます。

 

また借入額や件数が少なくても、毎月の返済に滞納や延滞があると、オリックス銀行カードローンの審査通過はできないと思いましょう。
1~2社程度の他社借入があっても、安定収入で月々の返済額に対応出来ていれば特段問題ない場合が多いですが、しっかりと返済計画を立てるようにしましょう。

 

オリックス銀行カードローンの仮審査・本審査まとめ

オリックス銀行カードローンは、安心の低金利と銀行ならではの高限度額設定です。
仮審査においては、年齢制限は大丈夫か、クレジットカードなどの返済遅延の有無、他社借入残高などの項目審査が機械中心で行われます。
問題があれば、この時点で審査は否決されます。
対して、仮審査後の本審査は、人間の手で行われます。
籍確認や本人確認は、機械任せではなく慎重に行う必要があるからです。
オリックス銀行カードローンは来店不要で、パソコンやスマホから気軽かつ便利に、ネット申込ができることも魅力の一つです。
振込融資対応、提携ATMでの借入・返済の手数料がいつでもゼロという、優れた利便性も人気の銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの特徴
  • 来店・口座開設が不要のネット申込
  • 提携ATMの手数料が0円
  • 限度額最高800万円

→オリックス銀行カードローンのお申込みはこちら

金利はいくら?

返済額をチェック!

>>コース毎の金利を確認

>>返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンのスペック

実質年率

限度額

自動契約機

1.7%~17.8%

最高800万円

なし

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る