女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

オリックス銀行カードローンのシミュレーションを活用しよう!

オリックス銀行カードローンのシミュレーションで分かること

オリックス銀行カードローンの公式サイトには返済シミュレーションツールが用意されています。利用限度額のコースを選んで、借入れ希望額を入力するという簡単な作業で瞬時に計算される便利なツールです。返済シミュレーションでわかるのは「返済回数」「総返済額」「利息額」の3項目です。シミュレーション結果はあくまでも目安となるもので、実際の返済内容とは異なる場合があります。

 

オリックス銀行カードローンでシミュレーションしてみると返済回数が多い?

オリックス銀行カードローンの返済は「残高スライドリボルビング方式」です。借入れ残高に比例して、毎月の返済額が決定されます。例えば借入れ残高が、30万円以上50万円以下であれば1万円、100万円以上150万円以下であれば3万円というように月々の最低返済額が決まります。つまり、この返済方式では借入れ額が少ないほど、月々の返済の負担が軽減できるというメリットがあります。しかし、オリックス銀行カードローンの約定返済額は業界最低水準であるため、毎月決定された最低返済額だけを返済していたのではなかなか借入れ残高が減らないというデメリットもあります。返済期間が延びるということは、それだけ利息総額の支払いも多くなり、最終的な返済総額が膨らんでしまうということになります。

 

シミュレーション結果よりも早く完済するなら随時返済がポイント!

オリックス銀行カードローンは、「約定返済」と「随時返済」の2つの返済方法があります。約定返済は、毎月の決まった約定日に融資額に応じた最低返済額を返して行く方法です。約定日は毎月10日と月末のどちらかで選択することができます。随時返済とは、月々の約定返済とは別に任意の金額を返済することです。余裕があるときに約定返済金額以上を随時返済していくことで完済までの期間を早くすることができます。繰上げて返済することで、借入れ残高が減り、その分利息の負担を軽減する効果があります。

 

オリックス銀行カードローンで随時返済する方法

オリックス銀行カードローンの返済方法は3通りあります。

  • 所有の銀行口座からの引落し
  • 提携ATMでの返済
  • 銀行口座への振込

    毎月の約定返済を口座引落しでおこなっている方は、毎月の返済金を増額するかたちで随時返済をします。もちろん一括返済も可能です。増額返済をしたい場合は、公式サイトのサービス「メンバーズナビ」から申込みをすることができます。提携ATMから随時返済するにはローンカードを使用します。提携ATMでの返済による利用手数料は夜間・土日にかかわらず終日無料です。主な提携ATMは以下のとおりです。

  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-net

 

オリックス銀行の返済専用の口座に振込みすることで随時返済することもできます。返済専用口座は会員サイトの「メンバーズナビ」から確認することができます。

 

オリックス銀行カードローンには審査シミュレーションはない?!

カードローンの申込みでは、仮審査として簡単に審査のシミュレーションをおこなえる項目が用意されていることが多いです。年収や他社借入れ額などを入力すると、融資が可能かどうかをその場で審査してくれる機能があります。仮審査で通過しても本審査で通過するとは限りませんが、基本的な通過ラインを知ることができます。仮審査で落ちるようでは本審査にも通らないので、カードローンの申込み手続きも進める必要がなくなります。オリックス銀行カードローンには消費者金融のような審査シミュレーションは用意されていません。しかし、キャッシングの利用条件としては、満20歳以上69歳未満で、毎月安定した収入がある方となっています。また、保証会社であるオリックス・クレジット株式会社もしくは新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられることも必要です。審査にかかる時間は申込み状況によって違いますが、最短で2、3日間かかります。また、土日祝日は審査を受け付けていないので、週末をまたぐと審査回答はさらに時間がかかることになります。審査結果は、希望した連絡先に電話で通知されることになります。審査に通らなかった場合は、メールあるいは書面で通知されます。

 

オリックス銀行カードローンの返済シミュレーションのメリット

カードローンでは借りることは比較的簡単ですが、月々しっかり返済していくには完済までのイメージをもつことが重要です。借金をすると月々利息を支払うことになりますが、最終的なトータルの利息額をイメージすることは難しいです。シミュレーションでは、計算結果からトータルの返済額のうちの総利息額が具体的にわかるので、「返済回数を減らすようにしよう」というような認識をもつことができます。「完済するまでに何ヶ月かかるか」 「いくら利息を支払うのか」ということが具体的にわかります。繰上げ返済などをすると、シミュレーションとは異なってくることもありますが、おおまかな目安として返済内容を把握することができます。シミュレーションすることでわかる計算結果が、自分の経済状況から考えると無理のあるものであれば、借入れするのをやめるという選択肢もあります。カードローンの利用では返済することを第一に考え、無理のない範囲で融資を受けることが重要です

 

オリックス銀行カードローンのシミュレーションまとめ

  • 公式サイトには返済シミュレーションがあり、返済計画の目安とできる
  • 簡単な入力作業で「返済回数」「総返済額」「利息額」が計算される
  • 計算結果は概算なので、実際の返済内容とは異なる
  • 最低返済額だけの返済では利用期間が長くなって利息額が増える
  • 支払い利息の総額などがわかるので、返済計画をイメージしやすい

 

オリックス銀行カードローンは利用限度額に応じて最低返済額が決まります。最低返済額だけを返していたのでは、借入残高がなかなか減らず利息の支払いもかさんでいきます。余裕のあるときに随時返済を加えることで完済までの期間を早め、トータルの返済額をおさえることができます。返済シミュレーションを利用することで返済内容が具体的にイメージでき、返済計画をたてる目安とすることができます。

オリックス銀行カードローンのサイト上には返済シュミレーションが用意されています。返済シュミレーションを利用してコース選択(限度額)を行って借入金を入力すれば、毎月の返済金額と返済回数、総返済金額を簡単に知ることができます。返済シュミレーションは誰でも利用でき、実際にローンを利用する前に支払う利息を知ることができるのでオリックス銀行カードローンから借りるのか、それとも他の金融会社から借りるのかを決めることもできます。さらにオリックス銀行カードローンのシュミレーションでは返済毎月の返済プラン(新残高スライド返済または元利込定額返済)の選択やボーナス時加算返済額の入力も可能で、複数の返済計画を比較検討することができる機能があります。返済シュミレーションを活用することで煩雑な利息計算の手間を省くことができ、支払う利息を減らして効率的に返済計画を立てることができます。毎月、最低金額の返済を漫然と続けている人であれば、月々の返済額を上げて返済期間を短縮したり、ボーナス時の繰上げ返済やコース変更により金利を下げることで総支払い金額を比較することができるので、一度試してみる価値があるでしょう。会員専用サイトの中では一括返済のシミュレーションも可能なので、簡単に全額返済することもできます。オリックス銀行は店舗も専用ATMも持ちませんがネット上での取引や利用状況の照会が充実しており、他の銀行であれば店舗に出向いて窓口で問い合わせをしなければならないような事であってもネット上で事足りるようになっているのです。

オリックス銀行カードローンでは、申し込みをする前に、返済シュミレーションをすることが出来ます。返済シュミレーションを行うことにより、毎月の返済額や返済回数、利息の金額を事前に知ることが出来ます。返済シュミレーションはオリックス銀行カードローンの公式ホームページより、無料で何度でも利用することが出来ます。 なお、オリックス銀行カードローンに申し込みをすることが出来るのは、お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満で毎月安定した収入があるという人です。日本国籍ではないという場合でも、永住者や特別永住者であり所定の書類を用意することが出来るという場合には、利用することが出来ます。
オリックス銀行カードローンでは、仮審査と本審査の2つの審査を通過する必要があります。希望融資額が少額であれば、比較的早い回答を望むことが出来るようですが、100万円以上の融資を希望する場合には、審査に時間が掛かる事が多く、申し込んだその日の内に審査結果を得ることは難しい可能性もあります。
オリックス銀行カードローンは、低金利が設定されており、同じ金額を借りたとしても返済金額を他の銀行のカードローンと比べると低く抑えることが出来ます。ただし、無理な借入は毎月の返済が大きな負担となる可能性がありますので、事前に返済シュミレーションを利用しておおよその返済額を事前に調べておくようにしましょう。なお、返済シュミレーションで算出された返済額はおおよその目安ですので、注意が必要です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る