女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

学生必見!プロミスなら親やバイト先にバレずに借りられる!

プロミスなら学生でも借りられる?

プロミスの公式WEBサイトにある申込み条件によると、以下の指定があります。

  • 満20歳から69歳までの安定した収入がある人
  • 安定した収入があれば、アルバイトやパートの主婦や学生でも申込みが可能

上記は、あくまでも申込み条件であり、融資は審査によって判断されます。ただ、特定の職業や雇用形態(正社員など)に限定している訳ではないので、年齢が指定の範囲内で収入を得ている人ならば、十分に融資を受けられる可能性があります。

 

プロミス審査の条件

プロミス審査の条件|1.20歳以上であること

前項でも紹介した通り、プロミスへ審査申込みをする年齢制限は「20歳~69歳まで」です。70歳以上になると融資を受けられない可能性があるものの、基本的には「成人ならば申込みが可能である」という認識で問題ありません。学生でも申込み可能ですが、高校生や大学1~2年生の様に、年齢が20歳未満(未成年)の場合は、申込みをすることができないと考えた方が賢明です。

 

プロミス審査の条件|2.一定の収入があること

また、もう一つの条件である「安定した収入」の基礎知識として、「明確な収入制限がある訳ではない」ということを覚えておきましょう。年収100万円以上ないと審査申込みが出来ないということではなく、年収に関係なく融資を受けられる可能性があります。ただし、年収が少ないと総量規制の影響で希望額を借りられなかったり、「基本的な生活が送れない(貸付けリスクが高すぎる)」と判断される可能性が高くなってしまいます。収入を水増しして申請したとしても、後からその事実が発覚した場合のペナルティのリスクがあります。また、希望する借入金額が50万円を超える場合と、2社以上から合計100万円を超える借入れを希望する場合には、収入証明書の提出が必須となるので、実質的に収入の水増しは行えません。

 

学生も収入証明書類はアルバイト先でもらう?

収入証明書として利用できる書類は、以下の通りです。

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2ヶ月分の給与明細書(賞与がある場合は1年間の賞与明細書)

学生アルバイトの場合、アルバイト先から毎月発行される給与明細、もしくは源泉徴収票が必要になります。これらの書類は、基本的に自分で管理しておくべきものである為、プロミスへ申込みをするためにアルバイト先に発行を依頼するといったことは必要ありません。もし、給与明細書を処分してしまっている場合は、再発行を依頼する必要があります。

 

学生がプロミスで借りると学校やバイト先に在籍確認がある?

審査の過程で行われる在籍確認は、基本的に申込み情報として申告(口頭、入力)したところへ電話で行われます。つまり、「学生アルバイトの場合はアルバイト先に在籍確認が行われる」ということです。在籍確認の目的は、申込み者が申告した内容が事実であることの確認と返済能力の確認です。なので、アルバイト先へは電話が入りますが、学校へ電話が入ることはありません。その際には、プロミスの担当者が個人名で電話を掛けるため、会話の内容だけで申込者がカードローン利用を検討していることがバレる心配はほとんどありません。

 

学生が親バレせずにプロミスで借りるポイント

親バレせずにプロミスを利用するポイントとして、以下の項目を意識しておきましょう。

  • 申込み時の電話もしくは店舗来店時(自動契約機など)に見つからないようにする
  • 在籍確認の際、あらかじめ言い訳(電話がかかってくる上手な理由)をしておくか、自分で電話に対応して不信感を持たれないようにする
  • 契約後、契約書類、利用明細書やカードの管理をしっかりと行う
  • 郵送物の受け取りに注意する

以上のことを意識して対策すれば、基本的なリスクを軽減することができます。ただ、書類や郵送物などの管理については、本人がいくら意識していても不測の事態が訪れる可能性がある為、あらかじめ「WEB完結」というサービスを利用して契約しておく方法がおすすめです。

 

【WEB完結のメリット(カードなし選択時)】

  • ネットだけで手続きが完了する
  • 郵送物なし
  • カードレス契約

【WEB完結のデメリット】

  • カードレス契約を選択しなかった場合はローンカード(キャッシングカード)の郵送がある
  • 「口フリ(口座振替)」を利用しなければいけない
  • 口フリ」で指定できる金融機関が限定される(三井住友銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、新生銀行、セブン銀行、その他都市銀行などの一部)

 

奨学金をを借りている学生はプロミスの審査に通らない?

奨学金は借金であることに違いはありませんが、消費者金融業者(アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクなど)、信販会社やクレジットカード会社などに関係する総量規制の対象には含まれないという特徴があります。つまり、「奨学金を借りて学費を支払っている状態でも、総量規制の対象となる年収は変わらない」ということです。また、奨学金を債務者は学生本人ではなく家族(主に両親)となっていることも多いので、カードローン契約において極端なデメリットはないと考えても大丈夫です。ただし、本人名義で借入れている場合かつ滞納や延滞が多い場合は、審査時に不利に働く可能性があります。

 

学生がプロミス審査に通過するコツ

例えば、一般的な社会人(正社員)として雇用されている場合には、長期的な収入の安定性がある程度保証されます。実際の収入には増減があるにしても、少なくとも基本給分は確実に受け取ることができます。少し極端な表現をすると、「雇用されてさえいれば、期間に関係なく収入(返済能力)が保証できる状態」となるため、勤続年数が短い場合でもアルバイトの人よりは有利になります。大学生アルバイトの場合には、働いた日数分(時間数)しか収入を得ることができないため、長期的な収入の安定性が確保しづらい状態です。その為、「ある程度の期間にわたって雇用されている」という実績が必要になります。「具体的にどのくらいの期間働いている実績があれば良いのか」という基準はないものの、おおむね1年程度働いている実績があれば、審査でポジティブに評価してもらいやすくなります。

 

【学生がプロミスの審査をパスするためのポイント】

  • 収入の安定性を強調するために、できるだけ長く働く(勤続1年以上が理想的、半年程度でも可能性はある)
  • 働き方を整える(「シフトが多い月と少ない月の差を小さくする」など)
  • 債務状況を確認し整理する(不安な時は「個人信用情報機関」で遅延や延滞の有無を確認する)
  • 保証人や担保となるものを準備しておくと可能性が高まることがある

 

学生がプロミスで借りた場合の金利や限度額

プロミスは総量規制対象カードローンですので、借りられる金額(限度額)は「年収に対する1/3まで」です。学生アルバイトの場合、収入は月5万円以下から10万円以上まで幅がありますが、仮に月8万円とする場合の金利設定や限度額設定は以下のような形になると考えられます。

 

【月収8万円(年収96万円:賞与なし)の場合】
限度額:30万円(年収96万円の1/3=32万円以下)
金利:17.8%(50万円以下の限度額設定時はほぼ最大金利が適用される)

 

プロミス学生のまとめ

学生がカードローン(フリーローン、フリーキャッシング)を利用する場合、特に大きな問題となるのは「借りられるのか」「親バレしないか」の2点です。プロミスをはじめ大手消費者金融他社でも、学生融資(学生特化ローンがある場合も)を行っていますが、借りられるかどうかに関しては、実際に審査を受けてみないとはっきりとしたことは言えません。自身にどの程度の可能性があるのかを推測する手段として、「自分と出来る限り状況が近い人の体験談や口コミ」といった情報を参考にする方法がおすすめです。特に、「WEB完結(商品名ではなく実態)」が利用できるカードローンの場合は、郵便物などから利用を悟られてしまうリスクを回避できるので非常に有効です。

 

【プロミス学生のまとめ】

  • 学生でも安定した収入があれば審査通過が可能
  • 土日祝日でも即日融資の可能性がある
  • WEB完結なら親バレのリスクが低い
  • 初めての契約なら「30日間無利息サービス」が利用できる
  • 借りられる金額は総量規制に準じる

 

プロミスは、SMBCグループの一員として主に個人向けの小口融資を行っています。
プロミスの申し込みは、スマホやパソコンなどを使ったインターネットからのほか、電話や郵送、また全国各地にある窓口店舗や自動契約機の置かれた店舗で行うことが可能です。特に窓口や自動契約機であれば、即日審査で即日融資も可能です。
一方でスマホやパソコンなどインターネットを使った場合も素早い対応を行ってくれ、近年では必要書類はデジタルカメラやケータイで撮影したものを電子メールで送るものや、専用のスマホアプリを使って送ることも可能です。また銀行口座を用意して、その口座を通じて借り入れと返済のやりとりを行う場合にはカードレス(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます)なので、郵送物も発生せず、周囲に借り入れを知られにくいメリットがあります。
プロミスでお金を借りられる対象者としては、20歳から69歳までで安定した収入があれば審査の対象になります。そのため、アルバイトなどを行っているフリーターや学生なども十分に審査の対象になるので、プロミスからお金を借りることが可能です。ただし、貸金業法では原則として収入の3分の1の借り入れしかできないので、フリーターも学生もその範囲内での借り入れになります。またフリーターも学生も収入を得ている職場への在籍確認が行われますが、このさいには担当者が個人名で掛けてくるので、勤務先にはわからないようになっています。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る