女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

プロミスの限度額の決定は年収・収入が重要?

プロミスなどの消費者金融(貸金業者)に申請した場合に、年収は審査の可否や限度額を決定する重要な要素の1つです。
消費者金融は、「貸金業法」という法律に基づいて運営されていますが、その「貸金業法」における「総量規制」と呼ばれる規定で、「年収の1/3を超える貸付」は禁止されています。
特に限度額を決定するためには必要不可欠な要素と言えるでしょう。

 

プロミスは限度額が5万・10万円の少額でも契約可能!

プロミスは、限度額が低くてもキャッシングの契約は可能です。
貸付条件さえクリアしていれば、限度額が5万円、10万円といった小額の枠でも契約をしてもらえます。
つまり、少額での融資を希望するなら、高額な年収がなければいけないわけではないということです。
自分の年収でも審査に通るかを診断するには、公式サイトの借入診断が便利です。

>>プロミスの公式サイトはこちら

 

プロミスの限度額・極度額はいくら?確認する方法

プロミスから融資を受ける事が出来る限度額は最高で500万円までです。
しかし、契約が出来たからと言って、誰もが500万円まで借入が出来る訳ではありません。

 

プロミスなどの消費者金融は総量規制の対象!

先ほどもお話ししましたが、プロミスはアコムやアイフルと同様、消費者金融という融資会社に属します。
この消費者金融は、「貸金業法」という法律に基づいて運営されています。
「貸金業法」の中には、「総量規制」と呼ばれる規規定があります。
この規定で定められている事は、契約者の年収の1/3を超える融資は行ってはならないとされています。
つまり、年収が300万円の人がプロミスと契約した場合、その1/3、100万円までが契約極度額となります。

 

但し、初めて利用する等といった人の場合は、この1/3の限度額になる事も難しいでしょう。
多くの方の場合、限度額は50万円程度までとなり、その後の利用・返済実績に伴って、金融取引における信用が上がり、増額融資の申請が行えるようになります。
自分が契約した限度額は、プロミスインターネット会員サービスのページ、プロミスコール、自動契約機又は店頭窓口で確認出来ますので、限度額が分からなくなった人は確認してみて下さい。

 

プロミスは審査結果によって限度額・実質年率(金利)が異なる

プロミスの場合、限度額は審査時に申告した年収によって定められます。
この限度額を変更(増額)したい場合は、年収が増えた事を証明し、再度審査を受ける必要があります。
また、金利(年率)も審査時に決定されます。
この金利は審査で決定してしまえば、取引を行っている期間、変動する事はありません。
これを固定金利と言います。
反対に、融資会社の経営状況によって、金利(年率)がある変動する契約方法もあります。
これを変動金利と呼びます。
プロミスは、単一金利を採用していますので、金利が変動する事はありません。

 

限度額によっては収入証明書類が必要

プロミスでは審査時に本人確認書類以外に、収入証明書類の提出を求められる場合があります。
基本的には本人確認書類でよいのですが、次に掲げる条件に当てはまる人は、収入証明書類を提出する必要があります。

  • 希望の借入額が50万円を超える場合
  • 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

です。
審査をスムーズに完結させたいのであれば、しっかりと必要書類を準備しておきましょう。

 

カードローンの初回契約時は限度額が低い

先ほども少しお話ししましたが、例え年収が多い人でも、「総量規制」の最大金額まで融資を受けられる人はいないでしょう。
特に初めて取引を行う人は、限度額50万円以下が妥当なところです。
なぜなら、プロミス側にとってまだあなたがどんな人か(返済をしっかりと行ってくれるかどうか)分からないためです。
あなたがどんなにまじめな人であっても、初めての取引では分かりません。
そのため、限度額は「総量規制」の最大金額ではなく、それよりも低い限度額となるケースが多いのです。

 

プロミスの限度額がいっぱいになった際の対応方法

もしあなたがプロミスから限度額すべてを借りてしまって、借りられなくなった場合はどうしたらよいでしょうか?
主な方法は次の2つになります。

  • 新規カードローンを契約する
  • 契約中のカードローンで追加融資を受ける

 

他のカードローンに申請する人も多いかと思いますが、そんな時は一度プロミスへ増額申請をしてみましょう。
あなたの年収が契約時より上がっている場合、限度額を増額してくれるかも知れません。

 

同じ借入額でも借入件数でカードローンの審査への影響が違う

カードローンは、借入が100万円であった場合、1社から100万円を借り入れているのか、それとも複数社から借り入れているのかによって、あなたの金融取引における信用度が変わるのです。
当然1社から多くの借入が出来るというのは、それだけ信用がおけるという事になります。
そうすると、今後様々なローンを組む時に、その実績が信頼度に変わります。
借りる方としては同じ借入でも、貸す方としては信頼度という観点で大きく異なるのです。
そのため、まずはプロミスで借入残高が限度額になった場合は、他のカードローンよりもプロミスでの増額をまずは、検討してみて下さい。

安易に新規のカードローンを契約するのはおすすめしませんが、低金利の銀行カードローンで、今借りている額を借換えたり、複数の借入をまとめたりするのは利息の面からいって有効です。
少しでも利息を抑えたい方は、銀行カードローンを検討してみるのも良いでしょう。

おまとめ・借換えにおすすめの銀行カードローン特集!

 

プロミスの限度額は増額可能!

プロミスの限度額を増額する方法

プロミスの融資限度額を増額する場合は、プロミスインターネット会員サービスへログイン後、「限度額変更申込」から申請すると一番簡単です。
限度額が100万円を超える場合には、次の書類が再審査において必要です。

 

<収入証明書類>

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)(※賞与がない人は直近2ヶ月の給与明細書を用意。)

 

プロミスの限度額の増額審査にかかる時間

プロミスの限度額増額審査にはそれほど時間がかかりません。
早い人なら最短数十分程度で終わるでしょう。
初めて申し込みを行う場合とは異なり、既に取引が成立しているため、増額が可能かどうかという観点でしか審査されません。
しかし、気を付けておかなければならない事が1点あります。
それは、年収が減額となっている時です。
当初申請した年収金額よりも減額になっている場合、審査申請すると増額どころか減額になる可能性があります。
年収が増えていない以上、あまり無理な要望は出さないようにしましょう。

 

プロミスの増額審査は土日でも受け付けている?

プロミスの増額審査は、平日はもちろん、土日でも受け付けています。
特にプロミスインターネット会員サービスなら、いつでも申請可能です。
もちろん、電話でも無人契約機でも受け付けてくれます。

 

カードキャッシングの限度額を増額する理由は聞かれる?

増額を申請する時、利用者の皆さんには少し不安があると思います。
それは、増額をすると借金癖のある人、返済が出来ない人と捉えられないかという点です。
しかし、安心して下さい。それは利用者側として心配無用です。
これまでの返済に遅延や延滞がない場合は、しっかり返済してくれている人と評価され、逆にプロミスの方から増額の提案をされる場合もあります。
ですが場合によっては、増額を希望する理由が聞かれるケースがあります。

 

しかし、増額だからといってプロミスのカードローンは事業性資金には使用不可である点に変わりありません。
また、カードローンの追加融資の際に、増額の目的がおまとめ・借換である場合にはおまとめ専用ローンを勧められるケースがあるようです。

 

カードローンの限度額の増額審査の内容

先ほども申し上げましたが、増額審査には「これまでの実績(信用)」と「年収の増加」という条件は必須と考えて下さい。
したがって、次の2点を知ることが増額審査に通るポイントになります。

  • 信用情報(取引履歴)について
  • 年収の審査について

 

 

信用情報の確認

新規取引でも、増額申請の場合でも、プロミスは必ず信用情報機関に利用者の照会をかけます。
その信用情報機関は、日本には主に3つ存在します。

  • 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 指定信用情報機関(CIC)

 

と呼ばれるものです。
この3つの信用機関にはほぼ全国の金融取引に関する情報が集まっています。
あなたの取引もこの信用情報機関に登録されています。
この信用情報機関を通じて、あなたの金融事故情報や他社からの借入金額が明確になります。
ここに金融事故に関する情報の登録がある場合は、審査落ちとなるでしょう。

 

勤務先、収入などの変更の確認

増額申請時には、勤務先や収入の増減については確認されます。
特に

  • 増額による金額と、現在の借入残高の合計額が50万円を超える場合
  • 増額した後の契約上限金額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

の場合は、「貸金業法」の元、厳しく確認される可能性があります。
消費者金融からの借入で、他社からの借入がない場合には、最高でも年収の3分の1が限度額になります。
法律による規制なので、この額を超えての借り入れはできない、ということを頭に入れておきましょう。

 

プロミスから増額の電話がかかってくることあるの?

プロミスの増額には、こちらから申請をかけなくても、プロミス側から増額の提案をしてくれる場合があります。
これは、あなたが金融取引の面において、信用度が上がった証拠です。
その機会に申請するのも良いですが、審査に必ず通るというわけではありません。
ただ、客観的に見たときに十分、追加融資の可能性があるとは言えます。

 

プロミスの限度額まとめ

プロミスの増額申請に関しては、次の様なポイントを抑えて下さい。

  • 増額はいつでも申請が可能。
  • 年収が減額となっている場合は申請をしないこと
  • プロミスから増額提案があれば、追加融資を受けるチャンス

このポイントを抑え、増額申請を成功させましょう。

 

プロミスのカードキャッシングのメリットは?特集ページはこちら!

プロミスでは、最初に申し込んだ限度額を申請することで上げることも出来ます。 利用限度額を上げるときには、総量規制に注意が必要です。 年収の3分の1までしか、借りることが出来ません。 また、申請したときには、再度審査がありますが、そのときに収入にあってない家賃の高い家や、職場に勤務していて数日しか経過していないなど、不審な点があると逆に減額されます。 他にも、過去や現在でローンやクレジットなどで延滞などを起こしている場合も減額になる可能性が高いです。 この記録は信用情報に登録されているのでプロミスの審査のときにも必ず確認します。 例えば、既に他社からの借入が3件以上ある場合や、過去に返済の滞納がある、過去1ヶ月以内に他社のローンに申し込んでいる、新情報がないなどの場合、減額になる可能性は高いです。 プロミスでは、利用限度額の見直しを定期的に行っています。 そのときに、増額対象者となる人もいます。 それは、返済日に遅れずに返済している場合、最低でも半年以上利用している人、申込みのときに記入した住所や連絡先、勤務先などに変更があっても迅速に届けている人、他社の借入件数や借金がない人、または他社の返済にも延滞がない人です。 プロミスから、増額の案内が来たときには、条件さえ満たしていれば申請をしても限度額は上がりやすいです。 また、自分から申請するときにも、多めに金額を申し込むよりも、実際に増やしたい金額だけを希望して申し込んだ方が無難です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る