女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

プロミスの金利を下げたい!利息を安くする方法ってあるの?

プロミスの金利は消費者金融の中では低い?

SMBCグループ「プロミス」の商品のうち、一般的に利用されるカードローン(フリーキャッシング)の金利設定は、4.5~17.8%(実質年率)となっています。他の大手消費者金融と比べてみると、以下のような形です。

  • プロミス「フリーキャッシング」:4.5~17.8%
  • アイフル「キャッシングローン」:3.0~18.0%
  • アコム「カードローン」:3.0~18.0%
  • SMBCモビット「SMBCモビットカード」:3.0~18.0%

最小金利で比較した場合、アコム、SMBCモビットと比べると高めの設定になっていますが、重要なことは最大金利です。この比較においては、他社と比べてプロミスが0.2%低い設定になっています。わずか0.2%の差ですが、「プロミスは低めの金利設定を採用している」といえます。

プロミスは限度額が高額なら金利は下がる?

【フリーキャッシングの基礎(上限金額と金利)】
限度額:500万円まで
金利:4.5~17.8%

 

金利表記に幅がある理由は、「この範囲から審査結果などに応じて適宜設定します」という意味です。主な要因となるのは、「借入限度額の幅」です。プロミスとの契約では、最大500万円までの融資(与信枠)を受けることができます。総量規制の対象となっているため、500万円の融資を受けようと思えば年収1500万円以上必要になりますが、仮に500万円の契約をすることができたとすると、設定される金利は4.5%になる「可能性がある状況」になります。もちろん、500万円未満の限度額設定になった場合でも、プロミスの判断次第で最小金利が設定される可能性もあります。上限金利に関して、利息制限法では「貸付額に応じて15~20%」、出資法では「上限20%」と定められていて、この上限を超えた契約となった場合には、利息制限法は無効、出資法は刑罰の対象になります。

 

カードローンの下限金利が低くても意味がない?!

限度額50万円の契約となった場合には、ほとんどが金利17.8%で契約することになります。そして、限度額100万円の場合は4.5~17.0%、200万円ならば~15.0%、300万円なら~10.0%といったイメージで、段階的に最大金利は引き下げられていきます。ポイントは「借入額ではなく限度額に応じて上限金利が変動する」という点です。限度額が高ければ、実際に利用している金額が少なくとも低い金利で利用できる可能性が高まります。

 

プロミスのカードローンは初めてなら金利0円の無利息期間あり

初めてプロミスと契約する人限定で、30日間の無利息期間が付与されるサービスがあります。無利息期間が付与される条件は以下の通りです。

  • 初めてプロミスと契約する人(単なる新規契約ではなく、過去にも契約したことがない人)
  • Eメールアドレスを登録すること
  • Web明細を利用すること

以上の3点を満たしていれば、初回借入日を起点として、以降30日間は利息が0円になります。金額上限はなく、1万円を借りた場合でも30日間利息0円、100万円を借りた場合も同様です。期間中に完済した場合も無利息期間は継続し、期間内に追加借入をした場合も初回借入日から起算した30日間は無利息で利用できます。

 

プロミスで30万円借りたら利息はいくら?

30万円の借入であれば、ほぼ最大金利(17.8%)が設定されます。利息の計算式は次のようになります。

  1. 1.30万円(元金)×17.8%(実質年率)=53,400円(年間利息額)
  2.  

  3. 2.53400円÷365日≒146.3円(1日当たりの利息額)
  4.  

  5. 3.146.3円×30日(利用日数)≒4,389(30日間の利息額)
  6.  

  7. 4.30万円×17.8%=53,400円
  8.  

  9. 5.53,400円÷12か月=4,450円(1か月あたりの平均利息額)

返済日ごとに上記、支払利息+元金を返済していきます。最低返済額が設定されるため、それ以上の返済を行っていけばいずれ完済することができます。2回目以降は、前回返済後の元金に対する年間利息額を基にして計算することができます。つまり、期間中は常に利息が変動することになり、返済が進むにつれて利息額は減っていきます。

 

そもそも金利と利息って何が違うの?

金利と利息を明確に区別することは出来ませんが、あえて区別するのであれば、「金利は元金に対する利息額の割合を示すもの」「利息は元金に対する具体的な支払い金額を表すもの」といえます。つまり、実際に支払う利息を計算するための基準が金利で、金利によって求められた手数料が利息ということです。

 

プロミスの金利、返済が心配なら返済シミュレーション

計算をすれば、自分で「どのくらいの利息がかかるのか」を知ることができますが、返済ごとに翌返済日の支払利息額は変動するため、その都度、計算しなければいけません。より簡単かつ正確な状況を把握したいのであれば、プロミス公式WEBサイト上のホームページから、「返済シミュレーション」を利用する方法がおすすめです。返済期間をシミュレーションする方法、返済額をシミュレーションする方法、借入可能額をシミュレーションする方法があり、簡単な入力作業だけで試算ができ、非常に便利です。

 

金利優先でカードキャッシングを選ぶならプロミスよりも銀行カードローン?

プロミスの金利設定は、消費者金融系の中では若干低めの設定だという説明をしましたが、「根本的に低金利のカードローンを希望する」ということであれば、プロミスのような消費者金融系カードローンよりも銀行系カードローンを利用した方がメリットが大きくなります。すべての銀行系カードローンがプロミスよりも低金利に設定されているということではありませんが、明らかに低い設定にしているものが多いのは事実です。以下は、主な銀行系カードローンの金利設定です。

  • 三井住友銀行カードローン:4.0~14.5%
  • 三菱UFJ銀行カードローン:1.8~14.6%
  • オリックス銀行カードローン:1.7~17.8%
  • 東京スター銀行カードローン:1.8~14.6%
  • ジャパンネット銀行カードローン:2.5~18.0%

 

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しい?

この通り、単純な金利比較をした場合には、銀行系カードローンの方が優遇される状況が非常に多くなっています。つまり、「カードローンを利用する場合には、消費者金融よりも銀行を利用した方が良い」といえるわけです。ただし、銀行系カードローンは利用環境が優遇されている反面、審査基準が消費者金融よりも高いという懸念もあります。明確に判断基準が開示されている訳ではなく、具体的にどの程度の違いがあるのかははっきりとしませんが、多くの体験談やクチコミなどを参考にして判断すると、少なくとも同じ程度の基準ではないことが分かります。

 

消費者金融の金利|プロミスの金利は低い?

大手消費者金融系カードローンと金利を比較すると、以下のような感じです。

  • プロミス「フリーキャッシング」:4.5~17.8%
  • アイフル「キャッシングローン」:3.0~18.0%
  • アコム「カードローン」:3.0~18.0%
  • SMBCモビット「SMBCモビットカード」:3.0~18.0%
  • ノーローン「カードローン」:4.9~18.0%

若干ですが、プロミスは最大金利が低めに設定されているといえます。

 

プロミスの金利を下げたい!限度額を上げる方法は?

金利を下げるための確実な方法は、限度額を上げることです。仕組みについてはすでに紹介しているので割愛しますが、限度額は契約時にすべて決まってしまう訳ではありません。契約後、任意で増額申請を行うと、利用中の実績を基にして「もっと貸しても大丈夫だ」と判断された場合や、年収の増加や債務総額の減少(多重債務)などの理由で、プロミスとの契約上限金額が引き上げられる可能性があります。

 

キャッシングの枠を増額するには信用と年収が重要

増額申請を行うと、プロミスは増額審査を行います。この審査では、契約時のような基本的な情報も影響しますが、それよりも利用中の実績が重視されます。「返済が適切に行われているのかどうか」などを根拠とし、信用が高まっていれば増額される可能性があります。ただし、総量規制の影響を受けるため、年収との兼ね合いも考慮することが必要です。

 

プロミスのローンの金利

「フリーキャッシング」以外の金利設定は、以下の通りです。

  • 貸金業法に基づく「おまとめローン」:6.3~17.8%
  • 「自営者カードローン」:6.3~17.8%
  • 「目的ローン」:6.3~16.5%

上限金利については、「目的ローン」以外は同一、最小金利はいずれも高めに設定されています。ただし、最大融資限度額が下がっているため、実質的には低金利で利用しやすい状態になっています。

 

プロミスの金利まとめ

  • 大手消費者金融と比較すると金利は低め
  • 銀行系と比べると明らかに高い
  • 審査基準は消費者金融系の方が低めと言われている
  • 金利は「借入限度額(与信枠)」が高いほど下がる
  • 与信枠は契約時だけでなく増額することも可能
  • 初めての契約なら30日間無利息で利用できる
  • 利息の計算や返済シミュレーションは公式サイトが便利

 

総合すると、「消費者金融系カードローンを利用するならばメリットが大きいが、銀行系カードローンを利用できる状況ならばそちらを優先した方がメリットが大きくなりやすい」ということになります。プロミスに魅力がないという訳では決してないのですが、自分自身を取り巻く様々な状況を基にして、利用するべきかどうかを判断することが大切です。

消費者金融から借り入れをしようと考えているときには、消費者として少しでも金利の安いものを選択しようとするものだと言えます。 金利の安い消費者金融として、名前を挙げることができるものにはプロミスがあります。 プロミスは、豊富な財源を使って積極的に幅広い世代の人に融資を行っています。 プロミスでは利用した日数分だけ、返済を行う計算方式が採用されています。 一括で返済するときには1日分に発生する利息の金額がわかりやすいものと言えますが、キャッシングを利用するときには多くの場合で分割払いになりますので、初心者には複雑でどれぐらいの金利分の支払いが発生しているのかわかりにくいものとなります。 キャッシングを賢く利用するためには返済計画を立てて使うことが大切になりますので、プロミスから借り入れをするときにはホームページにある返済シミュレーション機能を活用することをおすすめします。 プロミスを使って初めて借り入れをする人には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですが30日間の無利息サービスを受けることが可能になります。 ホームページ上から会員登録を行うことで、30日以内に返済することによって金利による支払いが発生しませんので、利息分を節約してキャッシングを使えることになってお得です。 プロミスでは利用に応じてポイントが付くサービスが行われていて、一定のポイントを貯めることによってATM手数料が無料になったり、金利が付かない期間があったり、様々な特典が受けられます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る