女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

プロミスは個人事業主・自営業でも審査に通りますか?

プロミスのカードローンは個人事業主の審査は厳しい?

プロミスのカードローンは安定した収入のある方であれば個人事業主でも利用可能です。通常はカードローンの利用目的は生計費に限られますが、プロミスは個人事業主であれば事業費としても利用できます。会社員などの給与所得者と比べて個人事業主は審査が厳しい傾向もありますが、継続的な収入があることを証明できれば融資を受けることは十分可能です。

 

プロミスのカードローンの申込条件

プロミスの申込み条件は安定した収入があることと、年齢が20~69歳の範囲内であることです。パートで働く主婦やアルバイトをしている学生でも、ある程度の期間、安定した収入がある方であれば申込みが可能です。本人確認書類があれば申込みができて、50万円以下の借入れ希望額であれば所得証明書も不要です。

 

安定した収入とは?

プロミスの申込み条件である安定した収入というのは最低でも3ヶ月以上は同じ勤務先で働いていることが望ましいです。収入の少ないアルバイトでも借入れは可能ですが、収入が多くて勤務期間が長い方が審査ではより有利に働きます。職業も正社員や公務員などの安定した身分である方が審査では評価され、利用限度額の上限も高くなる可能性があります。

 

プロミスのキャッシングサービスの年齢範囲は?

プロミスのカードキャッシングの対象年齢は20~69歳となっています。年齢制限をもうけるのは端的にいって申込者の信用力をチェックするためでもあります。未成年者や高齢者は働き盛りの年齢層の人よりも返済能力が乏しいと判断され、貸付対象からは除外されることになります。

 

個人事業主・自営業は安定収入を証明しよう!

プロミスのカードローンの申込み条件は個人事業主・自営業者の方でも20歳~69歳の安定した収入があるという条件となります。一般的には、個人事業主の方は会社員などの給与所得者に比べてカードローンの審査は厳しいと言われています。しかし、事業において安定的に収入を得ていることを証明できれば融資をうけることは十分可能です。

 

審査シミュレーションなら融資可能かどうか即判断!

自営業者で収入面などの審査が心配な方は、公式ホームページの審査シミュレーションを試してみましょう。審査シミュレーションは、生年月日・年収・他社借入額の3項目を入力するだけで融資が受けられるかどうかを簡易的に診断できます。
※本審査ではより詳細な情報をもとに審査されるので、希望にどおりではない場合もあります。

 

 

個人事業主・自営業のカードローン申込に必要な書類

個人事業主・自営業の方がプロミスに申込みするのに必要な書類は以下の通りです。

  1. 1.本人確認書類として運転免許証
    • 運転免許証がない場合はパスポートもしくは健康保険証+1点(例:住民票)
  2. 2.収入証明書
    • 確定申告書(証明年度が前年分のもの)
    • 青色申告決算書または収支内訳書
  3. 3.事業実態を疎明(そめい)する書類

    例1:営業許可証
    例2:受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細など

 

プロミスは個人事業主であれば事業費にも使える!

プロミスのフリーキャッシングは収入や年齢などの条件を満たせば利用可能です。ただし、会社員などの給与所得者のキャッシングの利用目的は生計費に限られ、個人事業主の方は生計費および事業費への用途が認められています。

 

プロミスは事業資金に利用可能な商品はある?他のサービス商品をチェック!

プロミスには通常のフリーキャッシングだけではなく、いくつかのローン商品があります。複数ローンをまとめるおまとめローン、自営業者向けのローン、使い道の決まっている目的ローンなどがあります。

 

プロミスの自営者カードローン

プロミスの自営者カードローンは最大300万円の融資限度額で利用可能です。事業資金として、お急ぎの融資を希望される方にも即日での借入れも可能です。現在必要なくても、融資枠だけでも作っておけば運転資金に困ったときにも安心です。プロミスATM、提携ATMから、限度額の範囲内で何度でも出し入れ可能です。希望限度額が50万円以下の場合は、申込者の条件によっては確定申告書などが不要なときもあります。

 

お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

プロミスの目的ローン

プロミスの目的ローンは、用途の決まっている資金に対して融資をおこないます。例えば子供の教育資金や結婚資金、自動車ローン、住宅購入資金など使い道が限定されたローン商品となります。実質年率6.3%~16.5%という比較的低い金利が特徴です。来店不要で、毎月一定額を口座引落で融資を受けられます。

 

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンは、複数他社からの借金をひとつにまとめることで月々の返済額や利息額を軽減できるメリットがあります。おまとめは総量規制の例外貸付にあたり、年収の3分の1を超える借金のある人でも借入れ可能です。

 

プロミス以外の金融機関は個人事業主の申込可能?

金融会社が提供する通常のカードローンは、生計費などの個人的な使用目的に限られ、事業資金としての利用はできません。そのため、金融会社はビジネスローン専用の商品を提供していて、事業性のローンは総量規制の例外貸付にもなるので使い勝手もいいカードローンです。銀行や公的機関から融資をうけるには時間がかかることも多いため、事業運営上の急な出費にも消費者金融のビジネスローンであれば即日融資にも対応しています。

 

アイフルにはビジネスローンはある?

アイフルには事業サポートプランという事業向けのローンがあります。無担保ローンと不動産担保ローンの2種類があり、年収の3分の1を超える融資・即日融資にも対応しています。無担保ローンは限度額が1万~500万円、個人向けと法人向けのプランが用意されています。不動産担保ローンは限度額が100万円~1億円、実質年率が6.8~12.0%と低くなっており、返済は元金一括返済方式となります。

 

アコムにはビジネスローンある?

アコムはビジネスローンとしてビジネスサポートカードローンという商品を提供しています。自営業者であれば年収の3分の1を超える借入れも可能、即日融資にも対応しています。アコムの通常のカードローンを利用している方でも切り替えすることもできます。

 

プロミスの個人事業主・自営業の方の審査まとめ

プロミスのカードローンの申込み条件は20歳以上69歳以下の安定した収入のある方となっています。カードローンの資金使途は通常、生計費に限られていますが、個人事業主の方であれば生計費・事業費としても利用可能です。会社員などと比べて個人事業主は収入面で安定性が不安視されがちですが、公的な収入証明書が提出できれば借入れすることも十分可能です。プロミスには事業者向けの自営者カードローンの商品も用意されています。審査次第では総量規制の制限よりも多く融資を受けられる可能性もあるので一度検討してみるのもいいでしょう。

小規模な会社を経営している個人事業主にとって、会社の運転資金を調達することは、大変なことです。なぜならば、小規模な会社が銀行から会社の運転資金を調達するために、融資を申し込んだとしても、希望通りの資金を調達することができないからです。そのことで、小規模な会社を経営している個人事業主は頭を抱え、残りの資金調達の方法に追われることになります。プロミスは小規模な会社を経営している個人事業主が会社の運転資金に必要な融資を厳正にし、個人事業主が社会のためにより良い商品を提供することのサポートをしています。なぜならば、良い商品案があったとしても、社会に流通しなければ、社会により価値があるサービスを提供できないからです。しかし、個人事業主の中には既にメインバンクから融資を受け、新規事業のために会社の運転資金が必要という場合もあります。プロミスは、そのような時、既に取引としているメインバンクからプロミスへ乗り換えて頂くことは考えず、メインバンクとプロミスを使い分けて頂くことを提案しています。しかし個人事業主は、朝早くから夜遅くまで仕事に追われ、銀行の窓口が開いている時間に、店舗に出向くことができないこともあります。しかし、プロミスは有人店舗もありますが、無人店舗もありますので、都合の良い時間に無人店舗に来店し、融資を申し込みして頂くことができます。そして無人店舗において、ご不安なことやご心配なことがある時には、担当者が対応しています。もし、会社の運転資金が必要な時には、プロミスに相談されてみてはいかがでしょうか。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る