女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

プロミスの契約流れ|初めての申し込み安心ガイド

プロミス契約の流れが知りたい!初心者安心申し込みガイド

プロミスに申込をしようと決めたときに、実際に気になるのが契約までの流れかと思います。

 

ここではプロミスの

  • 契約前の準備と必要な書類
  • 契約手続きの種類と違い
  • メリット・デメリットなど

知っておきたい契約までの流れを紹介します。

 

プロミスではじめてのご契約、はじめてカードローンのキャッシングを申し込むという人にも不安がないように、徹底的にわかりやすく解説していきますので、どうぞ参考にしてください。

 

 

 

プロミスで借入申込の流れ

自分はプロミスで借りれる?返せる?シミュレーションしてみる

プロミスの申込をしたいと思ったときに、契約手続きの前に基礎的な準備としてまず実施して欲しいのがプロミス公式ホームページにあるお借入れ診断と返済シミュレーションです。

 

お借入診断

お借入診断は生年月日や年収、他社消費者金融業者での借入があればその借入額を入力するだけで、申込可能かどうかを即座に診断・回答してくれるサービスです。
審査可能であればそのまま申込手続きに進めるので、実際に申込をするならばここから手続きを始めると便利です。

 

>>私は借りれる? お借入診断でチェックしてみる

 

 

返済シミュレーション

返済シミュレーションは借入希望額、返済期間、金利を入力するだけで月々の返済額を算出していくれるサービスです。
プロミスは総量規制の適用対象なので、初回希望限度額は年収の1/3以内で決めなければいけませんが、返済シミュレーションを行うことで自分の希望融資額が具体的なイメージとなるでしょう。

 

>>月々いくら返済すれば良い? 返済シミュレーションを試してみる

 

 

審査申込や契約前に準備すべき必要書類はある?

プロミスの審査をスムーズに行うには、申込前に必要書類を揃えておく事をお勧めします。
必要書類の提出が遅れると、本審査が完了するまでの時間も遅れて、その分融資開始までの時間がずれ込むことになります。
プロミスの契約の際に必要となる書類は以下の2種類です。

  • 本人確認書類

    一般的に自動車運転免許証があれば大丈夫です。
    免許を持っていない方は「健康保険証」+「1点(例:住民票)」またはパスポートをご用意ください。
    ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要となります。

  • 収入証明書類

    原則、希望融資額が50万円超の場合と、他社借入額と希望融資額を合算して100万円超となる場合に提出を求められます。
    提出可能な書類は源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分、賞与含む年収申告には賞与明細書も)のいづれか1つです。
    ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

 

いよいよプロミスに申し込み!選べる申込方法

プロミスの申込の仕方には、大きく分けて3つの方法があります。

  • webからの申し込み
  • 来店契約(窓口・無人契約機)での申し込み
  • 電話での申し込み

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、各方法の詳細と共に紹介していきたいと思います。

 

パソコン・スマホからプロミスにWeb申込する方法

Web契約はプロミスのホームページから申込する方法です。
パソコンやスマートフォン・携帯等でインターネットから申込画面にアクセスし、フォームに必要事項を入力して送信します。

 

プロミスではweb入力の申込は下記の2種類に分かれているため、好きな方を選択します。
また、webからの申込は24時間いつでも受け付けています。

  • カンタン入力

    生年月日、連絡先、年収などの勤務先情報など必要最小限の入力だけで申込を完了できます。
    最短融資を希望のときは、「なるべく早く」を選択することをおすすめします。
    初めて利用する方で、オペレーターの方にサポートしてもらいながら確実に進めていきたい人にカンタン入力はおすすめです。

  • フル入力

    カンタン入力の情報に加えて、運転免許証の有無、他社借入状況などを入力します。
    フル入力であれば基本的に電話での確認はないため、電話をかけてほしくない場合は、フル入力がおすすめです。
    申込内容に不備があったりすると、電話が入る場合があるため注意が必要です。

 

>>自分に合った申込方法で申込む!

 

入力内容で仮審査の後、さらに確認事項がある場合には申込時に指定した希望連絡先にオペレーターから入電があります。
この電話は9時~21時の間で行われますので、申し込みのタイミングによっては翌日の連絡となる可能性があるため申込の時間帯に注意が必要です。

 

本審査後はカード受取の方法が郵送か来店か、あるいはカードレスでの利用かによって、手続きをweb上で続行するか店舗窓口・無人契約機で続けるかを選択できます。

 

Web申込のメリット

プロミスのWeb申込のメリットは、24時間365日、自宅でも外出先でもいつでも好きなタイミングで申込ができる便利さです。
また銀行振込のみのカードレスでの利用ならば、来店不要・郵送物無しのweb完結申込も対応可能です。
さらにプロミスでは初めて利用する人に限り、web明細の利用とEメール登録で30日間無利息サービスがあるので、web申込からだと選びやすくなっています。
インターネットが使える方であればweb申込が有利でしょう。

 

Web申込のデメリット

Web申込のデメリットとしては、まずインターネット環境が必要なことです。
PCやスマホに不慣れな人には少しハードルが高く感じられるところでしょう。
またオペレーターと相談・対話しながら記入項目を埋めたいという方にはかえって時間がかかって向かないかも知れません。
ただしプロミスには重要事項は電話で確認する「カンタン入力」のWeb申込もあるので、そちらであればハードルが低くなることでしょう。

 

WEB申込を利用した場合の融資までの流れ

プロミスでのローンカード発行と受取の方法は来店か郵送、あるいはカードレスでの利用かが選択できます。

 

いづれの方法でも、契約時点でカードが手元に無くても銀行口座への振込の融資を相談できるので、平日時間内(14時まで)であれば最短即日融資・即日振込も可能です。
もちろんカードがあればコンビニ等の提携ATMからキャッシングができます。

 

プロミスに来店(店舗窓口or自動契約機)で申し込む方法

プロミスでは無人契約機や店舗窓口があるので、直接来店して申し込みをする方法もあります。
プロミスの無人契約機の他、三井住友銀行ローン契約機でもプロミスの申込みができますので、店舗は全国各地にあります。

 

営業時間は店舗によって異なりますので個別に確認が必要ですが、おおよそ9時から21時までが多く、場所によっては22時までという印象です。
事前に身分証明書と収入証明書を用意して、当日は必ず持参するようにしましょう。

 

来店契約のメリット

来店契約のメリットとして、カードローン申込からカード受取まで一連の流れで出来るので、契約手続きにかかる時間を少なく済ませることができます。
その場で審査完了しカード発行ができれば、ATMで即日キャッシングも可能です。

 

また、無人契約機では電話でオペレーターと相談しながら、店舗窓口ではスタッフと対面で相談しながら進められるので、申し込み手続きに不安がある人でも安心して契約できます。
契約機の操作はタッチパネルなのでパソコンに慣れていない人でも大丈夫です。

 

来店契約のデメリット

来店契約の大きな障害としては、まず自分の住所近くに来店できる店舗がなければこの方法は選択できないというデメリットです。
比較的大きめの街や都市ならば問題ないですが、それでもコンビニほど何処にでもあるというわけではありません。

 

また、万が一融資ができない場合や、必要書類を完全に忘れてしまった場合など、その日のうちに契約ができず帰らざるを得ないケースもあることが来店の特徴でもあります。

 

来店でカードを受け取りたい場合は、事前にwebや電話で申込と仮審査を受けておくとスムーズでしょう。

 

プロミスに電話で申し込む方法

インターネットに不慣れでも来店不要でプロミスに契約したいという方であれば、電話と郵送での申込という方法もあります。

 

手順は、まずプロミスのフリーコールに電話をして確認事項を口頭で説明します。
仮審査の後、融資可能額の連絡が来て納得できれば契約へと進みます。
契約には来店か郵送のいづれかの手続きが必要です。

 

郵送での手続の場合、カードと契約書類が自宅に送られてきて、記載した必要書類を返送してプロミスが受領した段階で利用開始となります。
カードは先に届きますが、書類提出・書類受理までは使用できないので注意しましょう。

 

なお、コールセンター窓口の営業時間は9時~22時まで、土日祝日でも申込対応可能ですが審査回答は翌営業日となる場合があります。
またフリーコールは通常のプロミスコールと女性スタッフ対応のレディースコールがあるのもポイントです。

 

電話申込のメリット

電話申込はインターネットに不慣れな人でも契約ができるのがメリットでしょう。
郵送でのカード受取を選択すれば来店不要で融資が受けられます。
郵送物は差出人が「事務センター」となっているので借金の家族バレの不安も少ないです。

 

また、フリーコール窓口も一般のプロミスコールと女性専用のレディースコールに分かれているので、特にレディースキャッシングを考えている主婦や女性でも安心できる配慮がされています。
なおフリーコールは申込の他、web契約等でわからないことを相談するのにも利用できます。

 

電話申込のデメリット

電話申し込みのデメリットで一番大きいのが審査時間がかかるという点です。

 

電話での口頭連絡に時間がかかりますし、郵送であれば受取・返送・受領という手順なので融資まで余裕が必要となります。
もし書類内容に不備があれば契約完了までさらに遅れます。

 

また「30日間無利息」サービスを受けるためには、ご利用が初めての方限定で、Eメールアドレス登録とweb明細受取の適用をしなければいけないので、いづれにしてもインターネットが必要となります。

 

プロミスの審査完了までの流れと審査基準

プロミスの審査基準は公開されていませんが、体験談やクチコミの評判をまとめると、安定収入と返済能力を判断して利用可能枠を決定している傾向があります。

 

総量規制の適用対象でもありますので、他の会社や金融機関での借入が無いか信用機関の情報の確認も行っているのは確定的でしょう。

 

申込方法によって審査基準は変わりませんが、審査結果の通知の方法とタイミングは異なります。
web審査申し込みであれば無料診断でお借入診断ができますし、フォーム画面での本審査申込後はメールまたは電話で回答があります。

 

無人契約機または店舗での申し込みであれば、その場で審査結果の回答があります。
電話の場合は口頭連絡で審査回答があり、書類を返送して不備が無ければ利用開始となります。

 

プロミスの契約の流れを知って、初めてでも安心申込

ここまでプロミスの契約の流れを徹底解説してきましたが、大分イメージが掴めたかと思います。あとは実際に申込をするだけでしょう。
自分の状況で契約できるかまだ不安があるようなら、プロミスの公式無料診断を実施してみるのも良いです。
インターネット申込をする場合でも、フリーコールやレディースコールでいつでも相談できますので、困ったことや悩んでいる点があれば活用してみるのも良いかも知れません。いづれにしても、プロミス契約の為にまずは一歩踏み出してみることが大切です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る