プロミスなら即日融資も可能|申し込み時間内なら最短即日!

プロミスで即日融資を受けるための流れ

プロミスは、申込んだその日に必要な現金を受け取れる、最短即日融資に対応しています。
この記事では、プロミスの即日融資について、徹底解説していきます。

 

プロミスで即日融資を受ける方法は、以下の2つがあります。

  • 振込融資にようる口座への入金
  • ローンカードによるATMなどでのキャッシング

 

プロミス

プロミスの特徴
  • 最短1時間で即日融資可能※1
  • 借入から返済までWebで完結
  • 30日間無利息サービス※2
  • 簡単3秒診断あり
  • ローンカードあり・なし選択可能

→プロミスのお申込みはこちら

簡単3項目で事前診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※1

あり

※1 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。
※2 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

 

振込融資とローンカードの差は??

振込融資とは、ここ数年で人気が急上昇しているカードレスキャッシングです。
パソコンや携帯電話、スマートフォンでの簡単操作で、「瞬フリ」を利用なら最短10秒で指定口座に必要な金額を振り込んでもらえます。※

※ ただし毎週日曜日21時~翌月曜日7時までと元旦はサービス停止なので注意!

現金が必要な場合には、振込先の口座のキャッシュカードでお金をおろすことになります。

 

即日融資のもう1つの方法が、オーソドックスなローンカードによるキャッシングです。
プロミス発行のカードを使って、全国のプロミスATMはもちろん、提携金融機関でいつでも好きなときにキャッシングサービスを利用できます。
現金を調達するには便利ですが、クレジットカードなどの引き落としに充てるには、現金を口座へと入金する必要があります。

 

プロミスを最短で契約するにはネットからWEB完結がおすすめ

「今日中はもちろんだけど、なるべく早く借入したい」
「資格試験の受験料入金締め切りが3時間後だから、時間との勝負」

 

このように少しでも早くお金が手元に必要という人は、融資スピードが最短のWEB完結申込がおすすめ※です。
プロミスの申込から審査~契約~融資まで、すべてオンラインで日本全国どこからでも行うことができます。

※ WEB完結での融資の対象金融機関は、200行以上あります。

 

自動契約機のある店舗窓口への来店不要で、郵送物もありませんので、家族や知り合いに内緒で金借したい人にも向いています。
消費者金融からの電話が鳴ると困るという人は、希望連絡先を指定のメールアドレスにすることもできます。

運転免許証といった本人書類は、携帯のカメラなどで撮影した画像データをメール送信できます。
スマホのアプリで送ることも出来ます。
希望限度額が50万円超または希望限度額と他社での利用残高の合計が100万円超の人は、源泉徴収票や確定申告書と言った収入証明書類も同様にWEB提出できるので、手間も時間もかかりません。

 

プロミスのWEB完結で即日融資を受けるには?

プロミスのWEB完結申込の入り口は、公式サイト上ですぐ見つかります。
ほぼ全てのページに、オレンジ色のプロミスカラーで「今すぐお申込み」というボタンが用意されています。「Webでお申込希望のお客様はコチラ!」と、オレンジ色の申込ボタンの上に表示されているページもあります。
プロミスの審査は、業界最短の30分スピード審査です。
審査通過後、すぐにWEB契約を交わして、振込指定先の対応時間内であれば、即振込融資を実行してもらえます。※

※ 平日14時までにWEB契約完了が必要です。

 

>>プロミスのWEB完結申込はこちら

 

プロミスの振込融資のメリット

サイト内機能が充実しているプロミスは、利用開始後も便利で助かるサービスが満載です。
借入・返済の取引履歴照会は、WEB上でいつでも確認できるので安心です。
希望しなければ自宅にプロミスから明細が送られてくることはないので、郵便物で家族にキャッシング利用がバレるといった心配もご無用です。
最近は、通常の銀行振込の場合、1日に振込できる金額に50万円などの制限が設けられるようになりました。
プロミスの振込融資なら、限度額の範囲内であればいくらでも振込が可能です。50万円以上の振込キャッシングも一度で可能です。

 

即日でローンカードを利用したいなら無人契約機が早い

銀行の営業時間外はローンカードが便利

「瞬フリ」対応の銀行以外への振込融資は土日や平日も午後3時以降の申込だとすぐの融資を受けることができません。

 

でも、無人契約機でローンカードを受け取る方法なら、全国の銀行やコンビニのATMで即日キャッシングができます。
振込融資ではなく、カードを使ってキャッシングしたいという人も意外と多いのです。プロミスは利用できるATMの数も多く、プロミスと業務提携している三井住友銀行のATM利用手数料はゼロという利点があります。

 

無人契約機で即日融資を受けるためには、無人契約機の通常営業時間である22時までにローンカードの発行受取をする必要があります。この場合も、自宅などでネット申込をして、審査通過の連絡を受けてから契約機へ出向く方がいいでしょう。万が一審査落ちしたときに、無駄な交通費の出費や時間のロスをしなくて済むからです。

>>プロミスのネット申込はこちら

 

平日じゃない!プロミスで土日に即日融資を受ける際の注意点

平日の即日融資には対応していても、土日祝日は審査対応不可としているカードローン業者も多々あります。
プロミスは、土日祝日も平日と同じ時間態勢で審査してくれるので安心です

土日祝祭日のプロミス申込で、確実に即日融資を受けたい人が注意すべき点がいくつかあります。
まず、振込融資を希望する場合は、「瞬フリ」対応の銀行を振込先に指定する必要があります。
三井住友銀行若しくはジャパンネット銀行に口座がない人は瞬フリができませんので、即時振込融資は平日の所定時間しかできません。

 

一方でローンカードを無人機で受け取ってATMから借り入れをする方法なら、土曜・日曜・祭日に関係なくすぐにキャッシングが可能です。

 

土日・祝日の即日の振込融資も可能なカードローンは他にもある?

プロミスのように、週末申込時の即日での振込みも可能な金融業者の数は、限られています。
同じ大手消費者金融でも、SMBCモビットのWEB完結申込による振込融資は平日のみの対応です。
アイフルもまた、振込予約による銀行口座振込融資が用意されていますが、こちらも銀行の営業時間外は振込をしてもらえません。
アコムについては、楽天銀行口座を振込先に指定した場合のみ、プロミスの瞬フリと同じく24時間振込融資が可能です。

 

ただ、利便性の面では、ネット銀行とメガバンクそれぞれに24時間振込融資対応をしているプロミスには劣ります。

 

カードローン審査では、機械が自動的に行うスコアリング審査と人間の判断が求められる信用調査や在籍確認が行われます。
土日祝日は仕事が休みでキャッシング申込をする人も増えるので、顧客対応が追い付かず、最短時間での審査が難しいカードローン会社もあります。
この点においても、従業員数が多いプロミスは有利です。人間の判断が必要な審査対応にも人手を割けるので、素早い審査回答につながっています。

 

プロミスの土日の審査・在籍確認について

土日も即日審査対応をしているプロミスのフリーキャッシングですが、在籍確認がネックになってしまうこともあります。
在籍確認とは、申込フォーム記載の勤務先に申込者が実際に勤めているかどうかを確かめることをいいます。この在籍確認は、基本的に職場への電話で行われます。
プロミスの場合も、申込書で申告した勤め先の電話番号にかけて在籍確認が行われます。プライバシーには十分配慮して、担当者の個人名を名乗って電話をしてくれます。
社名やプロミスという商品名は絶対に告げることがはないので、「在籍確認で借金が会社にバレてしまうのではないか」といった心配はしなくて大丈夫です。

 

土日祭日が会社の休業日だったり、勤務先店舗の閉店日だったりすると、在籍確認の電話に応対してもらうことができないかもしれません。
休みの日に自由に出勤できる職場であれば、会社に行ってスマホなどでプロミスに申込をして、自分で在籍確認の電話を受けるという方法もあります。
こうした手段も使えない場合は、ネット申込後すぐにプロミスのフリーコールに電話をかけて、電話での在籍確認について相談することもできます。※

※ 必ずしもご希望に添えるわけではありません。

 

どの金融機関であっても在籍確認はマスト?

全てのカードローン審査において、何らかの在籍確認は必ず行われます。
消費者金融やクレジットカードを扱う信販会社は、貸金業法の総量規制が適用されるため、原則として申込者の年収の3分の1を超える融資はできません。
希望額が少なければ収入証明書での確認は省略してもらえますが、さらに在籍確認まで回避することはできません。

 

職業について申込書にウソがあった場合など、利用条件を満たさない人に貸してしまうことになるからです。また、このように審査においては、申込時の申告内容と実際の状況に矛盾がないかの確認がなされます。相違点があると審査が否決される原因にもなりますので、申込書は正確に記入するようにしましょう。

 

総量規制対象外の銀行カードローンも在籍確認はある!

「総量規制対象外の銀行カードローンなら、在籍確認がないのでは?」
残念ながら、銀行の場合はさらに厳しく返済能力の有無をチェックされる傾向があります。

 

もし他社借入があったり、アルバイトやパートの収入面で審査に通るか不安がある人は、気軽に試せる審査シミュレーションの活用がおすすめです。
プロミスの公式ホームページのサイトマップから、「お借入診断」をクリックすると事前仮診断のページに飛びます。生年月日、年収、現在の借入金額の3点の入力のみで、借入可能かの目安がすぐに診断できます。
このシミュレーションサービスは、プロミス独自の審査基準でプログラミングされています。気軽に試せるプロミスのお試し診断で、無事「融資可能」という結果が出たら、そのまま本申込に進めます。この手順で申し込むことで、仮診断時に問われた項目以外の入力で済むので、再び同じ入力をする面倒がありません。

>>プロミスの審査シミュレーションはこちら

 

プロミスの土日の振込融資について

プロミスなら「瞬フリ」サービスを利用することで、土日も含めて24時間365日振込融資を受けることができます。
申込日に振込融資を受けたいときは、プロミスの審査受付終了時間の21時までに、契約と瞬フリ受付を済ませる必要があります。

 

「土曜だけど夕方デートがあるから、振込融資で口座にお金を補充しておきたい。」
こうした希望も、プロミスの瞬フリなら叶えることができます。
在籍確認が気になるかもしれませんが、目的は申込者が間違いなく在籍していることの確認だけですから、予想に反してあっけなく終わったと感じる人も多いようです。

 

プロミスの瞬フリを利用ための条件

24時間365日最短10秒振込をしてくれる、プロミスの「瞬フリ」について説明します。

※ ただし毎週日曜日21時~翌月曜日7時までと元旦はサービス停止なので注意!

 

瞬フリを利用するためには、条件があります。次のいずれかの口座を持っていて、いずれかの口座を振込融資先に指定することです。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

 

プロミスの瞬フリを利用する方法

瞬フリの利用方法は簡単です。

  • カード番号と暗証番号、もしくはWEB-IDとパスワードで会員サービスにログイン
  • 振込先口座情報を登録
  • 瞬フリボタンをクリックして、自身の利用限度額内で借入金額を指定
  • 瞬フリ完了!

 

瞬フリにはメリットが多々あります。深夜・早朝を問わず、いつでも即時融資を受けられることに加えて、利用の度にプロミスポイントが貯まっていきます。
ポイントはサービスログインをする度に10ポイントつくので、カードキャッシングの人よりもポイントが無理なく自然に貯まると評判です。

 

貯まったポイントで提携ATM手数料が無料になったり、無利息サービスを受けることができます。
プロミスには初回30日無利息サービスがありますが、ポイント利用によって何度でも無利息の恩恵を受けられるのです。
こうした無利息サービスを賢く使って計画的な利用をすることで、毎月の返済金額を押さえて、負担を減らすことができます。

 

また、瞬フリならパソコン・スマホ、ケータイから、自分の口座に必要なお金を簡単に補充できます。さらに、手数料はいつでも0円で、カード発行不要なので財布の中身を恋人や家族に見られて困るといったこともありません。

 

女性は特に、消費者金融に出入りしているところを誰にも見られたくない、バレる可能性のあることは極力避けたいと考える人が多いです。
そんな方のために、プロミスはレディースキャッシングも用意しています。
ちょっとした相談も、全て女性が応対してくれるので安心感があります。サービス内容は変わらないので、瞬フリも当然利用できます。
直接自分の銀行口座に入金されるので、いつもの銀行ATMから人目を気にせず、現金を引き出せます。

 

ネット申込・自動契約機で即日審査対応が可能な時間帯

プロミスのネット審査応対時間は、平日に限らず土日祝日も9:00~21:00です。
即日審査回答をしてもらうためには、最短審査時間が30分であることを考えると、
「単純に20時半までに申し込めばいいのでは?」
と思うかもしれません。

 

ただ、21時前となると既に勤め先に誰も人がおらず、在籍確認の電話が行えないケースもあります。
また、夜間常に人がいる会社であっても、たまたま電話中でつながらないこともあるでしょう。そうなると、21時までに審査完了が終わらない可能性も出てきます。
この場合は、審査は翌日に持ち越しとなってしまいます。確実に即日審査回答をもらうためには、時間に余裕を持って申込むことがコツです。

 

プロミスの自動契約コーナーで契約機を利用できるのは、22時までです。※
ネット即日審査を受けて、カードキャッシングで即日融資を受けたい場合は22時までにローンカードを受け取る必要があります。ローンカードさえ受け取れば、ATMは24時間稼働しているところも多いのでいつでもキャッシング可能です。

※ 店舗により営業時間が異なる場合もあります。

 

プロミスで即日融資を受ける方法まとめ

急な支払いが発生したときなど、様々な理由から、「当日中にどうしてもお金が必要」という状況になることもあるでしょう。土日でも即日融資も可能なプロミスは、安定収入があれば、成人を迎えた大学生や主婦でも申込できます。
インターネット申込なら、契約完了・振込融資まで全ての手続きをWEB上で行えるので大変便利です。
在籍確認が問題なくスムーズに進めば、本審査は最短30分で終了します。
プロミスで即日融資を受けるためには、夜21時までに必要な手続を完了させる必要があります。
振込融資ではなく、カードキャッシングを希望する人は、夜22時までに自動契約機でカード発行受取をすれば、当日融資を受けられます。

 

プロミス

プロミスの特徴
  • 最短1時間で即日融資可能※1
  • 借入から返済までWebで完結
  • 30日間無利息サービス※2
  • 簡単3秒診断あり
  • ローンカードあり・なし選択可能

→プロミスのお申込みはこちら

簡単3項目で事前診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※1

あり

※1 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。
※2 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

最近ではたくさんの消費者金融があります。 使い過ぎに気を付ければ、それらの消費者金融はとても役に立ちます。 あまりに使い過ぎてしまうと返済をするのが大変です。 返済をする時には利息を付けて返済をしなければならないので、その辺りに気を付けてお金を借りる必要があります。 消費者金融の中でもプロミスは大変有名な会社です。 プロミスは日本を代表するSMBCグループグループなので、信頼性がとてもあります。 インターネットで申し込むことが出来て即日融資も可能なので、利用している人もたくさんいます。 お金を借りたい人にとってはなるべく早く融資してほしい場合が多いので、即日融資も可能というのはとても魅力のあることです。 またサービスもとても充実しています。 初めて借りる場合には、30日間は利息がかからないのです。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
ですから給料日前にお金が無くなってしまって少し借りたいと思っている人にとっては、大変有難いサービスと言えます。 お金を借りて30日以内に返済をすれば、利息がかからずに借りた分だけ返済すれば良いのです。 その意味でも、上手く利用すればこれほど良いサービスはないと言えます。 プロミスでは、コンビニのATMからでも返済をすることもできます。 返済をする時に遠い場所まで行くのはとても大変です。 それが近くのコンビニのATMからでも返済をすることができるのです。 このようにプロミスは、最短即日融資をしてくれてサービスも充実しているので、借りる方にとってはとても有難い存在であると言えます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る